合コンでの社会人の立ち振る舞いは?嫌われる発言と好かれる発言を紹介!

 

社会人になってから初めての合コン・・・

会社で働くようになり出会いの機会が少なくなった今、新しい出会いのキッカケとなる合コンは是非とも成功させたいですよね。しかしかつて学生だった頃とは違い、今はもういっぱしの社会人。大人としてのルールやマナー、話題などどうしたらいいのか?

今回は、合コンで嫌われる発言と好かれる発言を紹介します。社会人として働くようになった今、節度ある行動とマナーをしっかりと守った上で好印象を与えられるよう注意しましょう。

社会人として話題にすべきでないこと

学生の頃は「ノリ」で許されていたような話題も、社会人になった今は控えるべきかもしれません。

自分の立場の違いを理解した上で発言に気を付けて合コンを楽しみましょう。

  • 過度の忙しいアピール

    社会人になって生活が一転し、急激に忙しくなったという人はかなり多いでしょう。

    「大学時代はバイトに明け暮れ、単位をギリギリで取得し、3ヶ月にも及ぶ夏季休暇を謳歌していた」。そんな生活が入社と共に一変し、早寝早起き、定時出社、残業が続くような状態であれば、自ずと不満も出てくるでしょう。おそらく周りの参加者たちも同じように忙しい生活を送っています。そんなメンバーが集まってお酒が入れば、自ずと話題はそう行った「不満」へと流れていくものです。しかしここで過度に忙しいアピールをするのは避けることをオススメします。

    「忙しくてやりたいことが出来ない」「残業が長くて睡眠時間が足りない」と行ったネガティブな発言は共感を呼びやすい反面、誰もが直ぐに頼りがちです。しかし、文句ばかり垂れ流しながら、その会社から離脱するつもりも勇気もない、そんな男性は果たして魅力的でしょうか?

    学生時代に「勉強してない」「寝てない」と自分の忙しさをアピールしている人が居ましたよね。でも冷静に考えてみましょう。忙しいのはやるべき事を回せていない無能な自分の責任でもあるのではないでしょうか?任せられたタスクを効率よく消化出来ず、「この量では多すぎます」といった主張も上司へ出すことができない。そんな無能っぷりを発揮している男性に、果たして魅力など感じるでしょうか?

    こういったネガティブトークはしばしばお酒の席でも盛り上がります。しかし、大声で自分の無能っぷりを叫ぶのは醜態です。ニコニコしながら共感したふりをして、話の流れが過ぎるのを待ったほうが良いでしょう。

    会社や同僚、先方の悪口

    所属する会社や同僚の悪口ほど格好悪いものはありません。

    言葉には私たちが認識している以上のパワーがあって、ポジティブな言葉を使う人は本当に明るくなるし、ネガティブな言葉ばかり使う人は暗くなっていきます。怖い話を聞くと背筋がゾッとしたり、痛い話を聞くと体調がすぐれない気がしてきたり、それらは全て言葉による影響です。例えその場にいない相手の悪口だったとしても、耳から入った悪口は聞いた人の幸福度を下げます。あなたの周囲の人で、楽しく幸せそうに暮らしている人は悪口を言いますか?おそらく他人を蔑むような発言はほとんどしないのではないでしょうか?

    どうしてもお酒が入ると「愚痴」や「文句」を吐き出してストレス解消!といった流れに向かいがちですが、そもそも陰口を叩いているだけではストレスの原因は無くなりません。ただの弱虫の井戸端会議でしか無いのです。

    加えて「◯◯会社の専務が〜」「うちの上司の◯◯が〜」と声高々に社名や人名を口にしてしまうのは、社会人としてあるまじきNG行為です。コンプライアンスを問われれば問題になりますし、こういった場での発言は誰がどこで聞いているのか分かりません。特にスーツの襟元に光っていた社章から会社を特定されて情報がリークされて・・・なんて事も実際に起きる可能性があります。

    「人の悪口は言ったらいけない」と子供の頃に習いましたよね?社会人として大人になった今、そういう基本中の基本を今一度考え直す必要があるでしょう。文句しか出てこないような会社であればさっさと離れた方があなたのためでもあります。

  • 年収をひけらかしてマウンティング

    社会人に成り立ての新入社員がやりがちなのが、この年収マウンティングです。

    これまで時給1000円前後の居酒屋でしか働いた事のなかった人間が、月に20万円〜というまとまった収入を手にする事で調子に乗ってしまう痛々しいケースですね。「初任給を何に使ったか」と言った定番の話題で盛り上がるまでに留めておけばいいものを「来月の給料で時計を買う」とか「数年働けば年収が500万円になるからローンでいい車を買う」とか、収入を武器に大きな顔をし始めます。

    弛まぬ努力と就職活動で大手企業に入社したまではよかったものの、誰も頼んでもいないのにキラキラの時計を振りかざして「◯◯万円したんだ」と誇らしげに自慢をして悦に浸るその姿、正直言ってかなり痛いです。お金で女性の気を引こうとする見え見えな魂胆も正直かなり印象が悪いです。仮にそのアピールが実って新しい出会いがうまく言ったとして、あなたはただのATMとして見られているかもしれません。

    「お金持ってますアピール」をする成金よりも、例えば会計時に少し多めに支払う気遣いが出来る人間の方がウケがいいので勘違いは程々にしておきましょう。

    とにかく不幸自慢

    自虐的なネタはその度合いを見誤ってしまうと一気に空気を乱すので注意しましょう。

    「おみくじを引くたびに大凶が出る」とか「いつも目の前で電車のドアが閉じる」とか、かわいらしくユーモアのある自虐は合コンでウケる為の有効な武器です。いじりがいのあるちょっと不幸なキャラクターというのは場の雰囲気を和やかに出来るので、幹事からも召集のお声が掛かることが多いのではないでしょうか。

    しかし、自虐にも限度があるという事をしっかり認識しておいてください。せっかくの出会いの場で、あなたの笑えない不幸話なんて誰も聞きたくありません。ジョークとして捌けないレベルの悲しい話や辛い過去を暴露したいのであれば、女性と仲良くなって信頼を築き上げてからにして下さい。

    不幸話はみんなに笑ってもらうために話すのであって、同情してもらうために話すのではありません。この前提を間違え、自らを悲劇のヒーローだと誤認するのはやめましょう。

    また女性との出会いの場にも関わらずヘラヘラしながら「女運が悪い」などと発言する行為も、場合によっては失礼と捉えられる可能性があります。これまでの恋愛遍歴を話すのは大いに結構ですが、あくまでも前向きに「今日は素敵な人ばっかりなので女運が上がってきたようです」くらいのジョークを交えて明るく話すよう心掛けましょう。

    初対面で「暗くてネガティブな人」と「明るくてポジティブな人」では、明らかに後者の方がウケがいいですよね。合コンのために陽気な人間になれとまでは言いませんが、せめて暗い話題を控えるくらいの努力はして下さい。

  • 酒の勢いに任せた下ネタ

    「お酒の席は無礼講」などという風潮はとっくに廃れています。現代の飲み会に際しては「親しき仲にも礼儀あり」というようにマナーを重んじる必要があります。

    お酒が入って夜が深まればどうしてもアダルトな話題になりがちですが、しっかりと参加者の雰囲気を読む力が重要です。誰もが誰もそのような話題が好きなわけではありませんし、特に女性は下ネタを不快に感じる方も多いでしょう。

    すっかり酔いの回った、大盛り上がりの二次会会場であればまた少し話が変わって来ますが、一軒目のお店で自分一人だけがアダルト路線に走ってしまわないよう十分に注意しましょう。ただでさえ夜の飲み会であれば「お持ち帰り」の思考がちらつきます。それは男女共に同じでしょう。不用意に下ネタを連発する行為は、あなたの品位を乏しめるばかりか「この人は真剣な出会いではなくワンナイト目的だ」とあらぬ誤解を持たれる原因にもなりかねません。

    武勇伝を意気揚々と語る

    女性ウケの悪いワード上位に食い込む「武勇伝」。こちらも社会人としては避けるべき話題でしょう。そもそもかつての栄光にすがっているようなみみっちい男はモテません。しかもそのほとんどが「昔は悪だった」というしょうもない話題なんですよね。これはもう本当にどうでもいいです。女性たちだって、そんな信憑性がない上に面白くもなんとも無い話を聞きにきた訳ではありません。この時点であなたは恋愛対象から抹消されると思ってください。

    そもそも大切なのは過去ではなく今この瞬間です。昔の自分をキラキラアピールしているあなたは、今の自分が当時以下の成長のないダメ人間だと自らアピールしているようなものです。世間一般的にはそういった行動を「自爆」とよびます。

    語るのであれば今現在の自分のことか、これから先の未来の自分のことを話しましょう。遠い目をしながらかつての栄光を語る男と、目をキラキラさせながらこれからの目標や夢を語る男、どちらが魅力的かなんて言わなくても分かるでしょう。

  • 社会人として話題にすべきこと

    社会人として話題にすべき内容についてもご紹介します。学生の頃の「俺にはなんでも出来るんだ」という根拠のない高揚感も徐々に失われていき、現実的な思考能力が高まった今だからこそ話すべき内容です。この内容をスマートに話すことで、合コンでのあなたの評価は必ず上がります。冷静な大人の一面と、無邪気な子供の一面、どちらも見せられる男性は非常に強いでしょう。

    自分の将来についての展望

    合コンの場では、参加者はみんな新しい出会いを求めています。もしかするとこの先の時間を共にする相手とそこで出会うことになるかも知れません。綿密な人生計画を立てる必要はありませんが、社会人として大人になった今、これから先を考えているアピールをするのはかなり効果的です。

    例えば「地元が◯◯だから最終的にはそっちで暮らしたい」とか「一軒家を立てて家族で生活したい」とか、学生の時にはあまり話す機会のなかった大人っぽい話題のような気がしませんか?もちろん、そこまで具体的である必要はありません。実際のところ先のことなんて考えている人は少ないでしょう。ただ、合コンの場でさりげなく「将来のことも少しずつ考えている」というアピールをしておくことが重要なのです。

    社会人になって大人の世界を痛感している者同士、学生の頃に比べて「未来」のイメージが具体的になっています。そういった現実についても考えが及んでいるというアピールをすることで「しっかり者」としての評価を得ることが出来ればあなたの好感度は上がるでしょう。

    これからやりたいことについて

    物心ついた頃には「ウルトラマンになる」「おもちゃ屋さんになる」と将来の夢をキラキラした目で語っていたあなたも、今では立派な大人です。いつからか「夢」とか「目標」を恥ずかしいもののように思ってはいませんか?

    でも社会人として責任を負い日々働いている中で、忘れていた夢や目標が再燃するケースというのはかなり多くて、新しくやりたいことが見つかる可能性だってありますよね。考えなしに日々のやりたいことや物欲へと給料をつぎ込んでいるよりも、何か些細なことでも目標や夢を持っている人の方が好感が持てます。

    そんなに大げさでなくてもいいので、あなたもやりたいことについて少し話してみましょう。そんなに大袈裟だとかえってふざけているように捉えられてしまいますので、「全都道府県旅行で制覇」とか「来年までに10キロ痩せる」とか、実現可能そうな目標を話してみるのが良いでしょう。「やりたいこと」を話すことで、ただ日々に忙殺されているだけではないという姿をアピールしましょう。

    まとめ

     

    いかがでしたか?

    社会人としてのNG行動に当てはまる節はございませんか?

    もしも「やっちゃってるかもしれない」と思うものが一つでもあれば、速やかに悔い改めましょう。合コンは初対面の相手と交流を深める場所です、ここで悪い印象を持たれてしまうとおそらくリカバリーをする二度目の機会は永遠にやって来ません。また「合コンの時だけ気をつければいいや」というような考え方も絶対にNGです。話し方や口調、そこから滲み出る雰囲気というのはそう簡単に変えられるものではありません。

    日々の会話や考えから改めて、社会人として恥ずかしくないような立ち振る舞いを勉強しなければ合コンでの勝利もまだまだ遠いでしょう。

    あなたの合コン成功を願っています!

  • 関連記事

    1. 3回目のデートは関係を進展させる!男性の心理や準備すべきことまで

    2. 彼氏が連絡をくれない!別れの予兆?忙しいだけ?彼氏の心理と対処法

    3. 結婚前提で付き合うならこんな男性を選びたい!NG男性と注意点

    4. 【最強の男友達】仲良くなるべきはスーパーコネクター系ハイスぺ男子

    5. 試し行為とは?原因と解決策を知って恋人と仲良く付き合おう!

    6. 運命の出会いは本当にある?引き寄せるコツと確実に気がつく方法を紹介!

    7. 合コンで緊張ちゃう!緊張しいでも話せる会話のテクニック

    8. いい匂いで彼をメロメロに♡なりたい自分の演出する匂いの選び方とは