誕生石「オパール」の魅力や特徴とは?

オパールは誰もが欲しがるオパールをはじめ、「ファイヤーオパール」や「ピンクオパール」など様々な色があります。

色の美しさや多さも特徴の1つですが、オパールといえば美しい虹色の斑が最大の特徴でしょう。

パッと思い浮かべた際に斑も一緒に浮かぶことが多いですね。

美しい斑はどのようにしてあの虹色を生み出しているのでしょうか。

そんなことも今回は紹介していきます。

 

その他にも生産地や歴史、特徴についても併せて紹介していきますね。

オパールのことについて今以上に知って、より違った楽しみ方を見出してみましょう。

 

そもそも誕生石とは?

誕生石とはなにか知らない人もいるので基本的な部分から解説していきます。

誕生石とは月ごとに決められた宝石のことです。

サファイアやエメラルドなど世界的に有名な宝石が各月に設定されており、オパールもその中に入っているということになります。

 

誕生石の始まりはポーランドの宝石商で今から約200年以上も前に誕生したと考えられました。

宝石商ということで、狙いは宝石の普及でしょう。

日本にもバレンタインのように企業が売上を上げるために考えられた施策がいくつかありますね。

それが世界中に広がり、今でも親しまれているというわけです。

 

年数で見るとそれだけ宝石というのは、長く世界中の人から愛されていることが分かります。

実際、誕生石の普及により今まで手にしたことのなかった宝石を手にした人は多いでしょう。

世界中の宝石商としてもアプローチがしやすいのでありがたいですね。

 

日本には1950年頃に誕生石が伝わってきました

日本の誕生石はアメリカの誕生石を参考にしており、アメリカに近い誕生石の設定がされています。

誕生石は世界に広がっていますが、それぞれの国で若干の変更点あり国によって違うのです。

宝石の中には希少なものも多いので、手に入れられる宝石で設定されているのも納得ですね。

誕生石は月に1つであることが始まりでしたが、同じ月であっても複数個の誕生石が設定されている月もあります。

必ず誕生石にしないといけないということもありませんが、やはり誕生石に設定されている宝石は気になるもの。

実際、月の誕生石を選ぶ人が多いです。

 

誕生石はアクセサリーとして身につけられることが多く、女性が身につけることの方が多くなっています。

もちろん男性も身につけることができますが、その場合はアクセサリーではなくお守りなんかにして身につけることが多いです。

この辺については次の章でもう少し詳しく触れていきますね。

 

他にもオパールの意味や歴史なんかも紹介していくので、ぜひ読んでみてください。

 

誕生石の楽しみ方・取り入れ方

誕生石には取り入れ方が2つほどあり、1つは月ごとに宝石を取り替えて身につける「月替わり利用法」、もう1つは自分が誕生した月の誕生石を通年で身につけるという「固定式利用法」があります。

月替わり利用法は、その名の通り月ごとに設定されている誕生石を身につける方法です。

 

昔は、この月替わり利用法で宝石を楽しむことが多く、それが一般的だと考えられていました。

しかし、この月替わり利用法は全種類の誕生石を集めなければなりません。

全部で12か月あるので数にして12個以上、考えるだけでも相当な手間とお金がかかるでしょう。

それだけのお金を宝石にかけるのは一般人にとっては困難ですね。

 

そこで考案されたのが固定式利用法で、一般の人にも浸透しやすくなっています。

各月にそれぞれ誕生石が設定されており、生まれた月のものをずっと身につけ続けるというものです。

必要な宝石は1つで、これであれば誰しも気軽にできるでしょう。

誕生石を身につけると幸せになるということは、瞬く間に一般の人に誕生石を普及させました。

 

身につけることが多いのは女性で、アクセサリーとして身につける人が多いです。

男性にはあまり浸透しませんでしたが、お守りとして持つ人が一定数います。

ブレスレットとして身につける人も男女で多くなっていますね。

パワーストーンとしても活躍しているので多くの人が知っているのではないでしょうか。

パワーストーンとは、宝石貴石半貴石)の中でもある種の特殊な力が宿っていると考えられているのこと。その石を身に付けるなどしていると良い結果がもたらされると愛好家などから信じられている。

引用:ウィキペディア

 

このように誕生石の楽しみ方や取り入れ方は様々です。

誕生石の話をしてきましたが、オパールはいつの誕生石なのでしょうか。

続いて解説していきます。

 

日本・海外ともに10月の誕生石とされていることが多い

オパールは日本でも世界でも10月の誕生石として設定されていることが多いです。

 

誕生石の中には世界で設定されている月が違うものもありますが、オパールは同じ10月に設定されています。

唯一フランスでは10月の誕生石がオパールではなく、真珠とアクアマリンとなっていることが確認されているくらいですね。

 

ただ、このオパールは発祥の際には誕生石には設定されていなかったというのが通説です。

オパールの代わりにアクアマリンが設定されていましたが、15世紀~20世紀にかけてオパールが追加されました。

なぜここでオパールが追加されたのかは定かではありませんが、他にも同じように変わってきている誕生石はいくつかあります。

誕生石によってどのような歴史があるのかも知っておくと楽しいですね。

 

365日の誕生石としては複数設定されている

誕生石は月で設定されていると先述しましたが、日ごとに設定されている誕生石もあります。

 

日ごとに設定されているということは365日それぞれ宝石が割り当てられており、種類も細かく分けられているので聞き慣れない宝石も多いです。

 

オパールはどの日に割り当てられているかですが、以下のようになっています。

  • 1月21日は「クリスタルオパール」
  • 2月14日は「ピンクオパール」
  • 3月2日は「シェルオパール」
  • 6月24日は「ウォーターオパール」

というようにいくつか設定されていますね。

 

同じオパールという区切りですが、色や特徴によって分類されているのが分かります。

 

他の宝石だとパールであったりアメジストなんかも種類ごとに分けられていることが多いのが365日の誕生石です。

全日を把握することができませんが、自身の誕生日の誕生石は知っていてもいいかもしれませんね。

月の誕生石を知るのはもちろんですが、日ごとの誕生石も知っているとより誕生石を楽しむことができるのでぜひ調べてみてください。

 

オパールの魅力

オパールの最大の魅力は虹色に輝く遊色効果がある点であると言えるでしょう。

遊色効果(ゆうしょくこうか、英語:play of color)は、宝石などが示す光学効果の一種[1]で、表面に近い結晶の層状構造により、干渉光が反射しているため、のような多色の色彩を示す現象である。多色は、物質内部の結晶構造や粒子配列によって光が分光され、多色の乱反射が生じる事で引き起こされる。

遊色効果を示す鉱物の代表例がオパールである。オパールは非晶質であり、珪酸粒子の六方最密充填構造を主体とする含水コロイド(シリカゲル)である。ここに光が入射すると、珪酸粒子の大きさに応じた波長の光が回折を起こし、波長毎に分かれた光が虹色を呈する。

引用:ウィキペディア

 

石の中にある細かい亀裂の中で、光の波が重なり作り出す色はなんとも言えない美しさです。

まさに自然が生み出した芸術ですね。

オパールはその遊色効果から長年人工的に再現するが難しいとされていました。

それだけ貴重なものなわけです。

 

色や特徴

オパールにはベースの色がいくつもあります。

ピンクやグリーン、ホワイトなどあまりにも多いのでどれが本来の色なのかというのは難しいですね。

 

ただ、最も馴染みのあるオパールはライトオパールと呼ばれているものです。

白っぽく黄色がかったなんとも言えない色ですが、多くはホワイトオパールとされており、その中でも特段遊色効果があるオパールをライトオパールとしています。

メキシコオパールは赤っぽい暖色系のオパールで、別名ファイヤーオパールという風に呼ばれていてこれまた美しいです。

他にもウォーターオパールなんかもあり、種類は多くなっています。

中でも貴重なのがブラックオパールです。

ブラックオパールはオーストラリアでしか採ることができず、黒い色の中に虹色を美しく鮮明に表してくれます。

種類が多いことから一言でオパールと言っても多きな違いがあることは忘れないでくださいね。

 

歴史や言い伝え

オパールは大まかに2つのクラスに分類されます。

一般的に遊色効果のあるオパールをプレシャスオパール遊色効果のないオパールをコモン

オパールとして分類するのが一般的です。

球体のサイズと積み重なり具合により、現れる色と彩度が決まります。

 

オパールの名前の由来は古代ローマで付けられ「貴重な石」という代名詞の「opalus」から取られました。

当時から七色に輝く不思議な宝石として知られていたわけですね。

 

多くの国ではオパールには自然的な起源と力があると考えられています。

とある国の話によると、オパールは雷と共に天から落ちてくるものだという話もあるほどです。

古代ギリシャでは病気から持ち主を守ってくれると信じられ、病気持ちの人に持たせたと言われています。

このようにオパールは力の根源として考えられ、多くの人と国に親しまれてきました。

 

また、オパールはすべての色を表示することができるので、ほとんどの歴史を通じて全ての宝石の中で最も幸運で魔法的な宝石と考えられています。

そのため熱狂的なファンも多く、コレクターからの支持を今でも得ているようです。

 

宝石言葉と意味

オパールの宝石言葉は

  • 「幸運」
  • 「希望」
  • 「歓喜」

というもので、身体の底から湧いてくるようなパワーがあると考えられています。

 

ポジティブなパワーを持ち主に与えてくれるので、憂鬱になりやすい人なんかには最適でしょう。

身につけている人の内なる才能を開花させてくれ、人を引き寄せる力もあります。

アンチエイジングの象徴の宝石とも言われているので活躍できるシーンは多そうですね。

アンチエイジング

アンチエイジングとは心身老化を少しでも抑えできるだけ若さ若々しさを保つこと、および、そのため取り組みのことである。

引用:weblio辞書

 

オパールの選び方

オパールの分け方は様々ですが、価値的な面で見ると産出国で分けるのが一般的です。

産出国はほとんどがオーストラリアでメキシコやエチオピアなんかもあります。

オーストラリアが断トツで多いですが「ホワイトオパール、ブラックオパール、ボウダーオパール」の3種類は他の産出国よりも高く評価される傾向にあると言えるでしょう。

これらはできるだけオーストラリアのものを選ぶようにしたいところです。

 

色で言うと遊色効果が大きいものの方が良いオパールですね。

多くの色を1つのオパールの中に見ることができます。

 

オパールのお手入れ方法

オパールのお手入れ方法は基本的には他の宝石とあまり変わりません。

日常的に使い終わった後に柔らかい布で全体をやさしく拭きます

これだけでも十分ですが、気になるようであれば中性洗剤を溶かしたぬるま湯にオパールを入れ、毛先の柔らかいブラシでやさしくこすって洗うと効果的です。

終わったら真水でよくすすぎ、柔らかい布で水気を拭き取ります。

オパールは乾燥に弱いため、保管時はなるべく日光の当たらないところに置いておくことが大切です。

乾燥を避けるために箱に入れたり、布に包んだりすることも効果的なので覚えておいて損はないでしょう。

 

オパールと相性の良い宝石

オパールと相性の良い宝石はアクアマリンが代表的です。

オパールには色が何種類もあるので、色によっても合わせ方が変わってきますが効果的に考えるとアクアマリンがトップになります。

組み合わせると恋愛運が大きく上がり、癒しを招き入れてくれるでしょう。

このときのオパールの色はできればピンクが望ましいです。

ピンクオパールであればさらに効果が期待できるので、意識しておくといいですね。

その他にはピンクトルマリンやオニキスもオパールと相性の良い宝石になっています。

宝石を組み合わせる際の参考にしてくださいね。

 

まとめ オパールは光の屈折でいろいろな輝きを楽しめる宝石

オパールは光の屈折で様々な表情を楽しむことができる宝石です。

宝石の個性を見抜くのはなかなか難しいですが、オパールであれば比較的簡単に見分けることができるでしょう。

 

角度によって違う宝石に見えるのはオパールの楽しみの1つです。

色も豊富なことから選ぶ楽しさも味わうことができますね。

効果も多く、ポジティブになりたい人にはうってつけでしょう。

 

今回紹介したオパールの効果をまとめると以下のようになります。

  • 憂鬱を追い払う
  • 幸運を呼び込む
  • 内面の才能を引き出す

これらの恩恵を授りたいと考えるのであればオパールはおすすめです。

 

かつてオパールは不幸の石と呼ばれた期間もありましたが、オパールほどポジティブなエネルギーを持つ宝石は多くありません。

単体で身につけることはもちろん、組み合わせて身につけても魅力を発揮してくれるので積極的に取り入れていきたいですね。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. 付き合う前のデート場所オススメ10選!誘い方や付き合うコツを紹介

  3. 髪を切る夢!夢占いが暗示する意味とは? 髪を切る夢!夢占いが暗示する意…

  4. いじめられる夢!相手でわかる夢占いの意味

  5. 赤ちゃんの授乳でちくびが痛い時の対処法

  6. 利き手や利き足だけじゃない!利き目とは?

  7. ドライブデートで行きたいスポット12選!女性がすべき対策とは?

  8. 【当たる】名前だけで片思いの行方が占える!無料おすすめサイト8選