【オリーブの植木の恋愛相談室】飽きられない女性になるには?

あなたは自分が魅力的な女性だと思うか?

男性から飽きられない自信があるか?

このような問いを投げかけられた時に、思わず答えることから逃げてしまう女性は多いであろう。

このコラムで僕は「飽きられない女性」について文章を書くのだが、これは僕のラジオで一番好評だった内容だ。

でも、あの時は特に原稿を作らずに喋ったので、情報があまり整理されていなかったし、内容も薄かったと感じる。

そこで、今回はその内容をさらに充実できるように試みた。そしたら、前回話した内容と全く違うものになってしまった。

(もちろん同じところもある)

でも多分本質的なところは変わらないと思う。

初めに言っておくが、この記事を読んだところであなたに何も変化はないと思う。

この記事を読んで内省し、これからどうしていくかを考え行動設定をし、実際に行動をして初めてあなた自身に変化が訪れる。

自分を変えるということは容易いことじゃない。なぜなら、何も変わらないことは楽だからだ。

何も悩まなくて済む。でも、あなたは変わることを望んでいる。

その証拠にこの記事のU R Lをクリックして今まさにこの文章を読んでいる。

これは価値ある一歩である。

どうかこの一歩を無駄にしないでほしい。このくどくどしい前置きを最後まで読んだあなたなら大丈夫であろう。では、本題に入っていく。

飽きられない女性の特徴とは?

一貫して自己世界を生きている女性。

もうこれで全てである。もう語ることはない。

この言葉が全てを包括しているように思う。

他人の目なんてどうでもいい。社会的な価値など無視。

人のニーズなんて知らない。私は私の好きなように生きる。

こういう女性だ。

 

このような女性は人に好かれたいなど思ってない。

人に好かれることが自分の価値を決めるという発想がないからだ。

そもそも自分に価値があるとかないとかくだらないと思っている。そんなことはどうでもいい。

一貫して自分の目に映る世界にしか興味がない。私が何を感じ、どう考えるか、そこに神経が注がれている。

人に会う理由もその人に興味があるからでない。

その人に会って自分がどう感じるか、その人に会って私がどう変容するか、そこに興味があるからである。

そもそもなぜ女性が飽きられるかというと、他者世界を生きようとするからである。

相手に好かれるためにはどうするか、相手に嫌われないために自分をどう取り繕うか、そういうところに精神を浪費している。

では、あなたは誰なのだ。僕は誰と今一緒にいるのだろう。

一緒にいる男はそう思う。あなたそのものを感じることができないからだ。

そこにあるのは、僕のニーズを満たそうとする物体。人ではない。

物体なのだ。人というのは意思をもつ生き物である。

意思がない、或いは意思を表出できない人と関わるのはひどくつまらない。

綺麗であることは絶対条件か?

綺麗であることを放棄した時点で女性的価値はゼロになる。

しかし、勘違いをしてはならないことがある。

それは、男からモテるために綺麗になってはダメだということだ。

男にモテることを目的とした途端、綺麗かどうかの評価基準は「男からどう思われるか」になる。

その場合、男から評価されるために男に依存し、結局「男ありきの美しさ」に終始してしまう。

綺麗は自己生産するものだ。例えば、顔の構造的に整っていない女性でも「綺麗だな」と思うことがある。

反対に、綺麗な顔のはずなのに心が揺さぶられない女性もいる。

この違いは、「自分が自分を綺麗だと思っているか否か」である。

女性は、自分が思う綺麗を追求すればいい。自分にあるものを磨いて輝かせればいい。

ブスなのにモテる女はそこが違う。これは、科学的根拠もある。

バイオフォトンと呼ばれる目には見えない極微弱な光である。

これがいわゆる一般的に言う「オーラ」の正体である。

バイオフォトンは内面の豊かさが関係しており、日常が充実していたり、セルフイメージが高かったりする女性はバイオフォトンが発生しやすいらしい。

他人の目を気にするより、自分の目を気にした方がよっぽど生産的だ。

動きがあるということ

見ていて飽きない女性とは、動きがある女性だ。男は本能的に動くものが好きである。

これは女性と異なる部分である。車、ベーブレード、ミニ四駆、靡く髪、揺れる胸。これらは全て男が本能的に好むものなのだ。

そうなると、女性はいかに動きを作ることができるか、というところが大事になってくる。例えば、

・話を頷きながら聴く

・真顔と笑顔を対比的にする

・喜怒哀楽を言語だけでなく表情で示す

・はしゃぐ

・髪の状態をよくする

などが挙げられるであろう。また、変化があるというのも一つの動きだ。

髪型や化粧、服装を定期的に変えることも有効なのかもしれない。

そもそも、今のファッションが絶対的に自分に一番適合するものかどうかなど分からない。いろいろな自分に挑戦していくことは、自分の新たな良さや価値に気づくことにつながるのである。

飽きられない女性になるために実践すること

飽きられない女性になるために実践することは4つある。

順番に説明しよう。

自分にお金を使う

 自分に変化を与えるものであれば、とにかく自己投資すればよい。くだらない飲み会なんか断れ。好きでもない友達と飯に行くな。タバコを吸うな。酒を断て。浮いた金で趣味や美容に注ぎ込め。そうすれば、少しは綺麗になるし可愛くもなる。金はあくまで手段だ。

とにかく暇な時間を減らす

 暇というものが一番厄介で、どんな人であれ暇が訪れると病んだりするものだ。おそらく人間を一番苦しめるものは退屈だと思う。人は暇になると、退屈しないように悩みを作り出す。それも悩んでも仕方がないような悩みだ。悩む前に行動しろ。自分の日常をやりたいことで埋め尽くせ。

やったことないことをやり続ける

 特に行動もしてないくせに、自分の可能性を勝手に潰すな。せめて、「やってないことがもうありません」ってなってから絶望しろ。絶望するのが早すぎる。何もやってないのに世界を知った気になるんじゃない。

自分の悪い部分と向き合う

 自分の悪い部分から目を背けるな。だから、いざ恋愛すると無意識に悪いところが顔を出すんだよ。猫を被るな。自分を曝け出せるようになるまで自分を磨き続けろ。まずは、自分が認めたくない部分を自覚しろ。自覚した後は、自分がもつ悪い部分と真逆な生き方を心がけるとよい。例えば、

ネガティブなのが悪い部分だったらポジティブな言葉を心がける

・逃げグセがあるのであれば逃げない

・人に嫌われることを恐れているのが悪い部分なら人に嫌われてもいい覚悟をもつ

といったことだ。そういう風に毎日を有意識で生きていくと自分で自分の人生をコントロールしているという感覚が得られる。自分と向き合うことができない人間は他人とも向き合うことができない。

終わりに

ディズニーランドが人々から飽きられないのは2つの理由がある。

1つは、1日で全て回りきれないこと。2つ目は、常にアップデートを繰り返していること。

訪れた人たちは「時間なくて全て回れなかった。あのアトラクションに乗りたかったのに。また来よう」となる。

しかも次に来園した時は、前回訪れた時にはなかったイベントやアトラクションが増えていたりするので飽きない。

飽きられない女性というのは、1日でその人の全てを知ることはできない人である。

それは、一貫して自己世界を生きているからに他ならない。

 

あなたがあなたの世界を生きないで、誰が生きるのだ。

自分が自分の人生の手綱を握らないで、誰が握るのだ。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. 懐石料理から焼肉まで!接待・会合におすすめしたい店〜東京駅〜

  3. 【女性必見】キープ女と本命彼女の違いって!?あなたは大丈夫?

  4. 喧嘩の夢が暗示する夢占いの意味を診断!

  5. 浮気じゃない?あなたの彼はどのタイプ?LINEで病まないためのタイプ別…

  6. ゆっくりできる デートスポット

    【お疲れのカップルに】東京でゆっくりできるデートスポット10選!

  7. 東京の夜景を一望!接待・会合におすすめしたい店〜新橋編〜

  8. 好きな男に一生愛されるたった1つの方法が判明