港区女子のインスタは何故キラキラしているのか?元港区女子に聞いた実情

目次

港区女子って「港区に住んでいる女性のことじゃないの?」とずっと疑問を抱いているパーヤンです。
いまだにインスタグラムを開くと目にする、インスタキラキラ系女子の高級なブランド品の写真海外リゾートに遊びにきている投稿。
もはや「裏には港区おじさんがいるだろ…」と匂わせ感さえも気にしない彼女達のメンタルには見習う部分さえあります。
そもそも「#港区女子」に疑問を抱くのが「何を基準に彼女たちは港区女子と名乗っているのだろうか?」ということです。
港区(六本木・青山・麻布十番・西麻布)などに住んでいる女性が、自分のことを言うならわかりますが…。
港区に住んでいる女性たちはきっと自分のことを港区女子だとは思っていません。
少し話が脱線してしまいましたが、港区女子の女性はなぜあんなにまでインスタグラムでブランド品や海外リゾートでの水着の写真を必ずと言って良いほど載せるのでしょうか?
今回は過去に港区女子だった女性に港区女子のインスタの闇の真相について聞いてきました。

元港区女子に聞いた!港区女子のインスタグラムの真相


SNSが便利になった時代で、良くも悪くも人々の生活行動がわかるようになってしまいました。
きらびやかな友人のSNSを見て、自分とは遠くの世界にいると感じることもあれば、上から見下ろしているようなことも。
そんな中でも、港区女子はインスタグラムでマウントを取りたがることが非常に多いです。
正しく言うなら、港区女子だけなのかもしれません。
高級寿司を食べれば一貫ごとに綺麗に写真を撮ったり、「ブランド品と表参道で歩く私」的な写真は、もはや港区女子の定番です。
でも、彼女たちがどんな意図で撮っているのか?までは気にしたことはないでしょう。
そして、なぜ港区女子のマウンティングをインスタグラムで取りたがるのか?
元港区女子で今は広尾に住むハイスペと付き合って、港区から渋谷区に移動したエリ(仮名)さんに話しを聞いてきました。

港区女子インスタグラム×ブランド品の写真を載せるワケ


──港区女子の人ってブランド品を載せるイメージがあるんですけど、あれってどういう意味なんですか?
結論から言うと私の場合は「他の男性へのアピール」でしたね。
お金持ちの男性は日頃から気に入った女性にはプレセントなんかをしてくれるので!
彼らの中には少なからずプレゼントをあげれば女性の気を引くことができると考えている人が多いです。
でも、実際そうなので需要と供給という形で、港区女子に憧れる女性のほとんどは「お金持ちへの憧れ」が人よりも強くあるのかもしれません。
 
 
──あれって周りの友達に向けてとかじゃなくて男性に向けてアピールしているんですか?
私はあくまでそういう目的で投稿していましたね(笑)
確かに、中には「私こんなブランド品持っているんだよ」という理由でアピールしている子もいますが、そういう子はなんて言うか港区女子で長続きはしないですね。
結局のところ、周りの女友達に自慢なんかしても裏で陰口を言われて誹謗中傷や妬みの嵐ですから後から地獄を見ると思いますよ。私の場合は、フォロワーの中に某有名企業の社長とかがいたりしていたわけで、そういう人って案外恋愛は下手なんで、ブランド品を載せると「今度俺がさらに良いの買ってあげるよ」と連絡がきたりしていましたね。
 
 
──投稿するときのコツとかあるんですか?
目立ち過ぎず目立たせることですかね!
表向きはファッションのコーデを撮っているような投稿なんですけど、しっかりブランド品のバッグを持っていたりして、そのブランドのタグ付けとかはしていましたねww
ただ、身につけているブランドの全てにタグ付けをしていると少しいやらしいので、欲しいものの商品をあえてタグ付けするようにとかはしていました!
 

港区女子インスタグラム×高級料理の写真を載せるワケ


──港区女子の人ってなんでお寿司を一貫ごとに撮って投稿するんですか?
あれに関しては友達に対してのマウンティグの意味合いが強かったです(笑)
当時は私もかなりとがっていたので、大学の友達がおしゃれなカフェの写真やサークルでの飲み会なんかの写真を見ると「こいつら下級市民だな」とか思いながらこれ見よがしにお寿司の写真をストーリーに投稿していました。
──投稿じゃなくてストーリーなんですね!
美味しいお寿司やさんに関しては投稿もしていたんですけど、全部載せると「こいつ寿司スタグラマーじゃん」と思われるのもいやだったんで、適度にストーリーに載せたりいていましたね。
あとは高級焼肉や割烹料理なんかも同じように写真に撮っていましたね。
きわめつけは、「美味しかった!」と投稿したお店が実は予約が撮りらいお店だったり、お金持ちの会員制しかいけないとことかなんて時は必ずと言って良いほどアピールしてました。
 
──もう一つ気になることがあるんですが、なんでアフタヌーンティーの写真を載せるとき皆さんオバショットなんですか?
(*オバショットとは、おばさん達が手を下に合わせて撮るポーズのこと)
あれは周りのお金持ちっぽい港区女子がそれで撮っていたので真似しました。
なんでオバショットなのかはわかりません。今考えてみると「究極にダサかったな〜」と後悔しています。
 

港区女子インスタグラム×リゾート地の写真を載せるワケ


──なんでリゾート地で水着で写真を撮るんですか?
まあ、すごく嫌味ですけど「私はこんなに自由な生活しているのよ」というアピールでしたね。
やっぱりリゾート地の開放感とか感じちゃうと、どうしても女子は写真を撮って載せたくなっちゃいますよ(笑)
 
──港区女子の人ってみんなリゾート地に行くものなんですか?
いえ。リゾート地に行けるような港区女子は正直ラッキーです。
ブスの子はやっぱり港区おじさんも連れていきたくはないそうなので、私はその点に関しては人脈に恵まれましたね。

港区女子に多いタイプ


──なんとなく港区女子のインスタについてはわかったんですが、そもそもなんでエリさんは港区女子になったんですか?
目指したとかはなくて、ことのはじまりは”ギャラ飲み”でした。
*ギャラ飲みとは、お金を持っている男性がお金を出して女性を呼び素人の女性と飲むこと
ギャラ飲みでたまたま気に入ってくれた港区のお金持ち男性が不動産をいくつも所有している人で、その人の彼女みたいなことしていたらプレゼントとかお寿司とか行くようになって、気づいたらって感じですね。当時は港区女子なんて言葉は知りませんでした。
もらった高級ブランドとかを最初のうちはインスタとかにのせてたら友達に「エリ港区女子みたいだね」って言われて(笑)
 
──港区女子ってタイプ的にはどんな女性が多いんですか?
大きく分けると、ミスコン系の女子大生、インスタグラマー、可愛いOLとかでしたね。
その中でもミスコン系の女子大生は需要が高かったので、当時の私はそれの当てはまってたので、ラッキーでした(笑)
 
──なるほど!もう少し詳しく聞いても良いですか?
良いですよ(笑)

ミスコン系の女子大生


■港区女子×ミスコン系の女子大生の特徴

  • 港区女子に憧れやすい
  • 恋よりもお金を取りがち
  • ブランド物や高い料理に目がいきがち

──ミスコン系の女子大生って港区女子になりたい人が多いんですか?
いや。決してそういうわけではないんですけど、港区おじさんからの需要は高いですね。
大学にもよりますが、ミスコンっていわゆる「その大学の可愛い女性が出ている大会」なので、ハズレの女性が少ないんだと思います。
あとは、女子大生っていうブランドは結構価値が高かったですね。
 
 
──ミスコン系の女子大生が港区女子になると大学の友人とかは恋愛対象にはならないんですか?
うーん。こればっかりは人それぞれですが、私は最初に港区女子に引き上げてくれた人がお金持ちすぎたので、大学時代はまともな恋愛はしてこなかったですね。
やっぱりお金が基準になってしまっていて、唯一大学時代に付き合っていた同級生の彼も自分で起業してたりしていた人なので、そういう意味では「純粋なころの恋愛」の方が楽しかったなんてことは考えたりもしました。

インスタグラマー


■港区女子×インスタグラマーの特徴

  • フォロワーアップのため映えるお店を選びがち
  • 恋よりもお金を取りがち
  • ブランド物や高い料理に目がいきがち

 
──インスタグラマーの人も港区女子にはやっぱり多いですか?
そうですね(笑)
私もミスコン系女子→インスタグラマーに転身したのですが、中には自分で事業をやりながら港区女子として活躍するインスタグラマンーの女性を見たりしてなんとなく憧れを持ったりはしていました。
 
 
──やっぱりインスタ映えを気にするものですか?
そうですね。
当時は、「港区女子の私かっこいいでしょ」みたいな感覚になっていたので、とにかく映えるお店を調べて港区女子仲間と一緒に行っていたりしましたね。

可愛いOL


■港区女子×可愛いOLの特徴

  • 給料が少ないので基本男性からの奢りで良い店をリクエスト
  • 副業でラウンジやパパ活をしている女性が多い
  • 会社では港区女子とばれないように生活している

──港区女子って実はOLが一番多いと思ってるんですけど、実際はどうなんですか?
勘が鋭いですね(笑)ずばり正解です。
私の友人でも、金曜の仕事が終われば「私の港区女子としての生活始まり♡」みたいな感じで、定時で帰宅して着替えて港区に遊びに行ってたりしていましたね。
それにはさすがの私も思わず関心してしまいました。
 
 
──OLの方はハイスペ婚活をするために港区女子になると聞いたんですが実際はどうですか?
実際そうですね(笑)
だけど、私の友達でハイスペ婚活に成功した子はいませんでしたww
やっぱり、ハイスペの人って遊び癖が激しいですから、35歳とかになってやっと「そろそろ結婚かな」とか言ってるくらいですからね。
まともな婚活なんてできるわけないですよ。

港区女子の末路


──エリさんは港区女子の時に今の相手を見つけたんですか?
はい。今の彼とは、ちょうど私が「港区女子」という生活に対して飽きが来たところにたまたま近くのバーで出会って。
彼は32歳で私と同じように、港区での生活に飽きがきていたそうです。
不動産の会社を経営していて資産も相当あるのですが、私と出会った時はなんだか疲れているように見えて。
 
 
──そこにエリさんがすかさずアプローチしたという感じですか?
いえ。そこから何回か同じバーで出会うようになって、気づいたら付き合ってました。
それをきっかけに私は港区女子を引退しましたね。来月には彼と籍を入れる予定です。
 
 
──おめでとうございます!気になったんですけど、エリさんみたいに港区ドリームをえられなかった人はどうしているんですか?
うーん。あまり言いたくはないのですが、港区女子の末路は結構悲惨です。
港区女子と言っても、そう呼んでいられるのはせいぜい20代後半までで、30代に入ると過去の栄光みたいなものが残って結婚相手になかなか妥協できなかったり、どうしても港区のキラキラした生活が忘れられないという友人は結構多いですね。
 
──そう思うと港区女子の末路は結構悲惨ですね
私だって今の彼と出会わなければ、きっと同じ道を辿っていたと思います。
だからあえて言うなら、変に港区という世界に染まるのも一概に良いとは言えないですね。
結局、港区って元からお金持ちの人とかのパワーが強くて、それに群がって何もしらない女性が港区にそまってしまうと、取り返しのつかないことになってしまう可能性もあります。
なので、若い時は経験として良いかもしれませんが、先を考えると25歳くらいで現実を見た方が良い気もします。
一度あの経験を味わってしまうとなかなか忘れるのは難しいですから。

港区女子のインスタグラムには男性にはわからない闇が潜んでいる


キラキラしている港区女子のインスタグラムには深い闇が隠されているのかもしれません。
港区は知れば知るほど魅力的な街にも見えますが、知り過ぎた代償には深いトンネルが待っているなんてことも…。
だからもし今から港区に立ち入ろうとするのであればそれらを覚悟して足を踏み入れなければいけません。
 
結局は自分次第。いずれは卒業する日がきます。その時にあなたはどうなっていたいのか。
きらびやかと、本当の幸せ。どちらも綺麗に輝いてみえます。
あなたはどっちを選びますか?

Avatar photo

フェリーチェ編集部

follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top