苦手な人との付き合い方は?苦手な人への心構えと賢い付き合い方10選

     
PICK UP   この記事は
ECONOMY(年収500万円未満)

「どうしても苦手な人がいて、職場(学校)に行くのが憂鬱……」そうお悩みではありませんか?

できることなら一日も会いたくないけれど、仕事や勉強がありますから、そうはいきません。

期間限定の関係ならまだしも、今後も関わっていくだろう上司や同僚であればなおさらです。

そこで今回は、苦手な人との付き合い方にお悩みのあなたに、賢い付き合い方をお伝えしていきます。

この記事を読めば、苦手な人との付き合いに頭を悩ませたり、精神を消耗することが減ります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

苦手な人との付き合い方を考える時に大切な3つの心構え

   

具体的な付き合い方についてお伝えする前に、まずは、心構えについてお話します。

「この人、苦手」「この人、嫌い」という感情はあってもいい

そもそも、苦手な人との付き合い方に悩んでいる人の多くは、「苦手」という感情を抱いている自分への嫌悪感を抱えていることがあります。

周囲に対して横柄な態度だったり、気分屋だったり、口調が乱暴だったりして、多くの人から嫌われている人は、ある意味嫌われている理由が分かりやすいため、「この人苦手だな(嫌いだな)……」という感情を正当化しやすいですよね。

逆に、周囲から慕われている人や人気者に対して、自分が「実は苦手なんだよね〜……」と感じている場合は、そんな自分に後ろめたさを感じてしまいます。

「私って性格悪いのかな?」
「この人って苦手〜。でも、みんなは普通みたい。私の感覚って間違ってる?」
「この人に対して、苦手とか嫌いとか思っちゃだめだ…」

これでは余計に苦しいはずです。自分の感情を押し殺すことになるからです。

まず、苦手な人や嫌いな人がいてもいい。どうしても好きになれない!という感情はあってもいいんだということを認めましょう。

その上で、自分はその人のどういったところを苦手だと感じているのか?何か改善できるところはないか?むしろ自分の方にも見直す部分がないか?を探っていくのです。

苦手という感情を押し殺していては、原因の発見や、改善策を立てるきっかけすらつかめません!

他人は変えられないと知る

2013年の発売以来、100万部を超える大ベストセラーとなった自己啓発本『嫌われる勇気』

読んだことがなくともタイトルを聞いたことがある人は多いのでは。女優の香里奈さん主演でドラマ化もされたので、それで知ったという人もいるかも知れませんね。

この本のテーマであるアドラー心理学の教えの一つに、「他人は変えられない」というものがあります。

私たちは、苦手な人や嫌いな人に対して変化を求めがちです。

具体例

  • 「あの人、いっつも自分勝手すぎるんだよな。もっと周囲のことも考えればいいのに
  • 「あの人、口調がきついんだよね。あっちが言い方を変えてくれたら、こっちだって素直に聞けるのに」
  • 「なんであの人って怒りっぽいんだろう?もう少し冷静になってくれたらいいのに!

しかし、残念ながら他人を変えることはできません。過去を変えられないのと同じです。変えることができるのは、自分と未来です。

「もっと冷静になって欲しい」「こっちの立場も考えて欲しい」「悪い癖をやめて欲しい」

変えられない他人へ対してリクエストを出すのではなく、自分の考え方や感じ方を変えていくことこそが大切だと、アドラーは説いています。

なかなかこの考えを実践することができない場合でも、「他人は他人。その人のことはその人だけの問題だから、私には変えられない」と割り切って考えることで、どうしようもないことに対してまで、無駄にもやもやしなくて済みます。

考え方の一つとして、覚えておいていただければと思います。

他人は、自分を映す鏡である

苦手な人に対し「あ〜、やだやだ。無理」と感じる時、あなたは「この人とは絶対気が合わない!だって、こんなにも自分と価値観や考え方が違うんだもん!」と考えます。

ですが、他人は自分を映す鏡だという言葉があります。

他人に対して「あー嫌だ!この人のここが嫌い!無理!」と感じる部分は、実はあなたがコンプレックスを抱いているところだということです。

他人を通して自分自身を見ているから、「他人は鏡」なんですね。

たとえば、あなたが普段から「整理整頓できない自分が嫌い」と感じていたとします。そうすると、片付けがうまくできない人を見てイラッとするのです。口先ばかりの人にイラッとする時は、あなたの中に「言うだけ言って行動しない自分が嫌い!」という思いがあったりします。

この場合、改善しなければならない問題は、他人ではなくあなた自身の中にあるということになります。

あなたにとって苦手な人の苦手な部分がはっきりしていたら、自分にも同じような部分がないか、振り返ってみましょう。

苦手な人との賢い付き合い方10選

さてここからは、苦手な人との付き合い方について、具体的にお伝えしていきます。「これなら明日からでもできそう!」と感じてもらえるものを集めました。

挨拶は自分から行う

たとえ苦手な人であっても、子供同士の喧嘩ではないのですから、挨拶はするようにしましょう。相手からされるのを待つのではなく、自分から行うのがベストです。

相手が挨拶しているのに自分がしなかったり、相手が挨拶してこないから自分もしないんだ、という態度でいると、当事者同士も気まずいですし、周囲にも気を使わせてしまうこととなり迷惑です。あまりに大人げないですよね。

報告や連絡が必要な場合にもスムーズに伝達ができず、業務に差し支えます。

挨拶は自分から。これだけで「一日中ずっと気まずい・息苦しい」という状況を緩和できます。

苦手な人のどこが苦手なのかを明らかにする

苦手な人については顔を見るのも嫌だ、考えるのも嫌だ、ということがあります。しかし、果たしてその人のどこがそこまで苦手なのか、あなたはちゃんと考えたことがありますか?

「いや、どことかじゃなくて全部嫌い!」

全面否定する人に限って、具体的にどこが嫌いかという質問に答えられないものです。

苦手な理由を明らかにすると、それ以外の部分に対しては嫌悪感を抱かないで済みます。

具体例

  • 「あの人の、見下した言い方がすごく嫌い。でも、言ってること自体は、まあ正しいんだよな〜」
  • 「あの人、作業が遅くて見ててイライラする……。でも、完成品は丁寧だよな……」
  • 「あの人の八方美人なところムカつく。でも、全員に対して笑顔でいられるのってすごいことだよな……」

このように、苦手なところをはっきりさせることで、見方も変わってきます。

「とりあえず嫌い!」と全否定するのではなく、嫌いなポイントをはっきりさせましょう。

苦手な人の長所にも目を向けてみる

短所だけの人なんていないものです。ただ、人の短所には目が行きやすいのも事実。「あの人の◯◯なところが苦手」と感じたら、同じ数だけ、長所を見つけるようにしてみましょう。

短所は長所の裏返しだとも言えます。就活などで面接対策をしたことがある人は、覚えがあるかも知れません。人の短所は、とらえ方次第、言葉次第で、長所へと変えられます。

置き換え具体例

  • 柔軟性がない→自分の意志をはっきり持っている
  • 協調性がない→マイペース
  • せっかち→スピード感を持って行動できる
  • 慎重→仕事が丁寧
  • 優柔不断→物事をじっくり集中して考える

こんな要領で、別の言葉に置き換えてみましょう。

自分の役割に徹する

AKB48のメンバー峯岸みなみさんが、ヤフー知恵袋で、「苦手な人とのうまい付き合い方」を質問された時の回答です。

苦手な人とは自分が役になったつもりで接したりします。
この人のことを好きな役、みたいな。
なので、その場しのぎではありますけど、感じの良い人の役を演じますね。

苦手な人との付き合いが苦痛な時、理不尽がことが起こった時は、「これは役なんだ!」と思いこむことで、客観性を損なわず冷静に対処できるかも知れませんね。

極力接点を持たないようにする

自分が相手を嫌っている場合「嫌ってる気持ちが相手にバレてしまったらどうしよう」という心配から、必要以上に相手へ親しみのある態度で接近する人がいます。

しかし、それではストレスがたまります。挨拶や仕事上の連絡など、最低限のコンタクトは必要ですが、それ以外では極力接点を持たないというのも手です。

否定したり過剰反応せず受け流す

苦手だと感じている相手が、嫌味を言ってきたり、良かれと思って口出ししてきたりすることがあります。

こういう相手は、こちらがむきになったり、怒ったりするのを楽しんでいる時さえあります。

できれば完全無視してやりたいところですが、相手が上司や先輩であればそうはいきませんよね。

ここは、相手の話に合わせつつ、受け流すのが良いでしょう。「やっつけてやろう!」「論破してやる!」と対抗心をむき出しにすると泥沼化します。

職場は仕事をする場所だと割り切る

苦手な相手とは接点を減らしたり、受け流したりしても、同じ空間にいるだけで目についてしまいます。頭では「冷静に」「自然に」「こっちが大人になろう」と念じていても、ふとしか瞬間に「やっぱダメだ……」とくじけてしまいそうになりますよね。

そんな時は、こう考えてください。

そもそもなぜ自分はこの場所にいるのか?

職場であれば仕事をしてお給料をもらうため。学校であれば勉強のため。
もし、この目的がないなら、あなたはそもそもその環境にいないはずです。

だったら、真の目的以外のことで頭を悩ますことが、取るに足らないバカバカしいと感じられるはずです。

「自分は仕事をするためにここにいるんだ」
「苦手な人の機嫌をとったり、苦手な人を好きになるため・好かれるためにわざわざここにいるわけではない」

ということを再認識しましょう。

苦手な人が赤ちゃんだった頃をイメージする

当たり前ですが、人間誰しも最初は赤ちゃんでした。小さくて、か弱くて、愛すべき存在です。赤ちゃんや子どもから、無邪気ににこっと笑いかけられると、ついこっちまで笑顔になってしまいますよね。

そう。あなたが苦手な人だって、かつては赤ちゃんだったんです。

お母さんに甘え、ミルクを飲んで眠り、はいはいをして、つかまり立ちを覚え、気に入らなければ大泣きしたり、楽しいことがあればキャッキャと笑っていたのです……。赤ちゃんや子供には敵意や悪意を感じません。

「あのムカつくやつにも赤ちゃんだった頃があるんだよな〜」と想像するだけで、苦手意識やイライラも不思議と落ち着いてきますよ。

苦手な人にも友人や家族がいるとイメージする

あなたにとって苦手な人であっても、その人の人生があります。人間関係があります。その人に守られて生きている人や、その人に助けてもらったという友人や、一緒に暮らしている家族がいる……。このように、苦手な人の周囲の人間関係にまで思いを馳せてみると、苦手意識も薄らいできます。

「神」視点を持つ

苦手な人と接していて「あー、ムカつく!」と感じてしまう時、あなたはその人と同じ目線の高さです。人間対人間です。それでは耐久戦になってしまう、という時には、いっそ自分を神様だと仮定してみましょう。

神視点の具体例

  • 苦手な人から嫌味を言われたら→ほうほう。批判するしか能のない、哀れなやつじゃ……。
  • 苦手な人から悪態をつかれたら→かわいそうに、自分の精神をコントロールできないんじゃな……。
  • 苦手な人から無視された→周りのことが見えないほど切羽詰った状態なんじゃな……。

「こじつけ」でも構いません。ポイントは、高みから状況を見下ろしているような視点でとらえるということです。

あなたは“神様”なのですから、人間同士の争い事なんてささいなことですよね。

誰かに腹を立てたり、いちいち真に受けるなんて、面倒くさくてやってられない気分になってくるはずです。

ただし、この方法を実践する時は「神様目線(上から目線)」が露骨に出過ぎないように、気をつけてくださいね……。

【まとめ】苦手な人を無理に好きになる必要はない!

いかがでしたか?

苦手な人との付き合い方について、心構えと方法をご紹介しました。実践できそうなものから試していただければと思います。

冒頭でもお伝えしましたが、生まれてしまった苦手意識を自己嫌悪することはありません。「理由がないけど、なんとなく苦手で……」ということもあると思います。

まずは、「この人、苦手だな」と思ってしまう自分を認め、その上で、今回ご紹介した付き合い方を実践してみてくださいね。

関連記事

  1. 合コン成功コツはセッティングが命!絶対に盛り上がる方法を解説

  2. デートで予約をして「出来る男」をアピール!女性が予約を求める理由とは

  3. 恋のABCはもう古い?キスやHなど恋愛の進行度をの意味を示す隠語!

  4. デートがマンネリ化してない?マンネリ解消法とおすすめデートプラン

  5. デートでヒールは男ウケする?ヒールの高さやコーデのコツをご紹介!

  6. 止められない割り切れないのはあなただけじゃない!セフレを謳った歌8選!…

  7. デート中に彼女が「疲れた」!?原因と対処法を知って挽回しよう!

  8. 合コンで使える「さしすせそ」のテクニックとは?使用上の注意と活用法