デブスに未来はない!?デブスの特徴

デブスとは「デブ」と「ブス」をまとめた造語になり、おもに女性に対して使われることが一般的でしょう。

特に「性格の悪いブス」に対しても使われます。

容姿のこともありますが、精神面でも問題を抱えていることが多いため、今回はそうなってしまう女性の特徴や心理、対策についてご紹介していきます。

1.デブスの特徴 ~生活習慣について~

一言にデブスといっても、色々なタイプの女性がいます。

ここでは主に、ポイントとなる5個の生活習慣の部分についての解説を行っていきます。

  • 自己管理ができていない
  • 食生活が不規則
  • 睡眠時間にバラつきがある
  • 飲酒癖がある
  • 運動をしない

 

自己管理ができていない

最初に紹介したようにデブスとはデブでブスな女性を指します。

太っているということは、それだけ自己管理ができていないという特徴があるでしょう。

 

食生活が不規則

一番に考えられるのは食生活が不規則であることでしょう。

好きな時間に好きな物を多く食べていれば、それだけで太る原因となりますが、彼女たちはそれに対しての対策をとろうとしません。

(仮に対策をとっていたとしても、効果がないためこのような体型になります)

 

睡眠時間にバラつきがある

睡眠時間と肥満は大きく関係しており、アメリカのコロンビア大学の研究では、睡眠時間が4時間だと肥満になる確率が70%以上、6時間で20%以上という研究結果も出ています。

また、寝る3時間前に夕食を取ることが理想と言われておりますが、肥満気味の方はこういったことはあまり気にしないため、体型に出てきます。

 

飲酒癖がある

肥満傾向にある女子は、飲酒の習慣があるということも考えられます。

飲酒は夜の時間帯が多いですが、おつまみとして、お菓子やタンパク質の多いものを食べると肥満になります。

これは睡眠の際に摂取したカロリーを消費しきれないために、脂肪としてどんどん蓄積されていくためです。

更に女子は焼酎やウイスキーといった蒸留酒より、甘いカクテルやサワーを好んで飲む方が多いため、脂質や糖質にも関係してきます。

 

運動をしない

運動をすることで体型の維持やダイエット、ストレスを解消する等の効果が見られます。

しかし、肥満傾向にある女子は「不摂生な生活」をすることによってストレスを解消する傾向にあり、あまり運動をする機会を作ろうとしません。

基本的にデブスと言われる女性たちは、自分を変えるという目標や健全な趣味を持っていることが少なく、運動などに関してはとても消極的です。

 

2.デブスの特徴 ~精神面について~

ここでは、デブスと言われる方の性格や精神、メンタル面について触れていきます。

ポイントは以下の4つです。

  • 意思が弱い
  • 性格が自己中心
  • 性格が暗くなる
  • 努力ができない

 

意思が弱い

基本的には意思が弱いために、「ダイエットをしよう」、「このままではダメだ」と思いつくことがあっても、実行に移したり継続する意思がありません。

せっかく思い立ったとしても、少しでも嫌なことがあれば「明日から頑張ろう」、「今日は嫌なことがあったからしょうがない」とすぐ飲食に走り、挫折してしまいます。

なぜかというと、彼女たちは「不摂生な生活」以外にストレス解消を見つけられないため、少しでも嫌なことがあると、食べたり飲んだりという行動に走ってしまうからです。

 

性格が自己中心

デブスといわれる女性たちは、健全なストレス解消方法を知りません。

その為、そのストレスを他人に対してぶつけるケースが多くあります。

こうしたタイプのデブスには以下の特徴があります。

  • 非常に口が達者であり、気が強く、基本的には「自分が正しい」と思っている人が多く見受けられ、自己中心的です。
  • 少しでも自分の不都合なことをいう相手に対して、ハッキリとストレートに悪口を言ったりします。
  • 仲の良い知り合いがいれば、時間を忘れて愚痴を言いあったり、陰口をたたいていく等の行動も多く見受けられます。

こうしたタイプの女性は、自分より「格下」と思った存在に対して容赦なく罵声を浴びせたり、相手を傷つけることに罪悪感をもちません。

このように自分の中でストレスを解消しているにも関わらず、飲食については決してやめようとしないため、体型はなかなか変わりません。

 

性格が暗くなる

上記とは対照的に暗くなったり、卑屈な性格になったりするタイプのデブスも存在します。

その特徴として、とてもネガティブ思想が強い傾向にあります。

本来はとてもマジメであり、優しい性格のために多くのストレスを抱えてしまっている。

たとえば人から仕事や、お願い事をされると断れない性格です。

その為のストレス解消法が見つけられず、苦しんでいるということです。

このような女性は少しでも嫌な事があると、「どうせ私なんて」「頑張っても全然いいことがない」と、とても落ち込んでしまう傾向にあります。

結果、ストレス解消のために、飲食や睡眠不足に繋がってしまいます。

 

 

努力ができない

デブスの人は基本的に努力をすることが苦手です。

そして嫌な事が少しでもあると、すぐに諦めてしまいます。

極端な話、ダイエットが続かずに体型を変えることも出来ませんし、努力をできないために、仕事や恋愛、勉強などで「結果」を出すことができません。

彼女たちは成功体験がないために、どんどん性格が悪くなったり暗くなったりと、ネガティブな方向へ進んでしまいます。

そのために、結果として飲食に走ったり精神的に負の面が強くなり、更なるデブスになるという悪循環を繰り返してしまいます。

 

3.デブスの恋愛

デブスは恋愛できる?

ここではデブスの恋愛に対する価値観や、習性などの恋愛事情に関して切り込んでいきます。

 

デブスは理想が高い

恋愛に対して自己中心的なデブスは、男性への理想が高いことが特徴です。

自分の容姿や性格などを気にすることなく、「高収入」「イケメン」「優しい」といった、ハイスペックな男子を理想とするため、そもそも恋愛が成り立ちません。

そうしたデブスはアプリや街コンなどの恋活に、積極的に参加する傾向があります。

しかしデブスはなかなか理想の相手を見つけることもできず、見つけたとしても不発に終わります。

そのためここでも、成功体験を積むことができず、デブスの道を突き進むことになります。

 

 

そもそも恋愛に興味がない

いっぽうで、ネガティブな性格のデブスは恋愛活動に関して消極的です。

基本的にこのタイプのデブスは笑顔も少なく、感情に乏しかったりするなど、コミュニケーション能力が低い傾向にあります。

自分に自信がないため人との会話や人前に出ることに、とても消極的になってしまいます。

結果としてコミュニケーション能力がだんだんと低くなってしまうのです。

「どうせ私なんて」、「誰も私のこと好きになってくれない」と考えていくうちに、恋愛活動にも消極的になってしまいます。

そうなると自分の世界に閉じこもるため、ますますデブスが悪化するでしょう。

 

4.脱!デブス!

デブスになって良いことはありません。

ここではデブスを卒業する、または知り合いのデブスを卒業させてあげたいという、あなたに対策方法を紹介します。

ポイントは大きく分けて5個あります。

  • 負のメンタルを卒業する
  • メイクの研究をする
  • ヘアスタイルの研究をする
  • 生活を改善する
  • ファッションの研究をする

 

まずは負のメンタルを卒業しよう

上記の性格編で説明したようにデブスは負のメンタルが非常に強い傾向にあります。

自己中心的になったり、卑屈になったり、嫉妬したり、落ち込みやすくなったりと、それは全て、自分に自信がないからそうなってしまうのです。

自分に自信がないから、「努力をしても仕方ない」「いいことなんて何もない」と考えていくうちに、どんどん負のメンタルは大きくなり、生活習慣も乱れます。

ここに容姿も性格もブスなデブスが誕生してしまいます。

少しずつでも、成功体験や自分に自信がつけば、負のメンタルを卒業することができます。

 

 

メイクの研究をする

基本的にデブスの人は鏡をあまり見ることはしません。

そのために自分にどういったメイクがあうのか?このような事を解っていないことが多いのです。

結果としてメイクや肌のお手入れがおろそかになってしまいます。

そのため、自分の顔に自信がなくても鏡を見る癖や、メイクをする癖を少しずつでも付けてみましょう。

そうすることで、だんだんと自分を直していこうという気にもなります。

メイクであれば最近では顔の形にあったやり方、おススメの化粧品なども調べればたくさん情報が出てきます。

その中で自分で自分に合うものを探していくとベストです。

「ブスだからやっても仕方がない」「太っているから意味がない」のではなく、だからこそメイクやお肌の手入れを人一倍気を遣う努力が必要なのです。

そして自分にあったメイクをするだけでも、とても可愛かったり、おしゃれに見えたりするでしょう。

そうしている内にだんだんと自信がついていきます。

 

ヘアスタイルの研究をする

ヘアスタイルに関しては、しっかりと美容院のスタッフさんと打ち合わせをすることも大切です。

美容師さんも色々とおススメしてくれますが、お客様の悪口を言いません。

そのため、「この人は太ってるし、顔の形も丸いからこういうカットが似合うと思うのに…」と内心では思っていても、ストレートにそのようなことは言いません。

しっかりと「私はこういう顔ですけど、どういうカラーやカットが似合いますか?」と自分から声を掛けてみましょう。

そうすることで、美容師さんはお客さんにしっかりとアドバイスをすることができます。

普段の髪のお手入れの方法、セットの方法を聞くことも大切です。

このような場合はいつも行うような「似合わせカット」等だけではなく、自分の顔に似合うカラーや長さなどを検討してみましょう。

そして、まったく新しいヘアスタイルにしてみると、とても新鮮な気持ちになります。

職場や友人から「その髪どうしたの?」「似合ってるよ」と言われることもあるでしょう。

それが成功体験なのです。

 

生活を改善する

デブスの人は基本的に睡眠不足や暴飲暴食などの特徴があるために、肌が荒れてしまったり髪の毛が痛むといったことも起きやすいのです。

そのために、自分の容姿に自信がなくなり精神がネガティブになったり、自己中心的になったりと悪循環を繰り返していきます。

そこでメイクやヘアスタイルを意識することによって、「美」に対する努力が少しずつ芽生えてくるでしょう。

睡眠不足や運動不足、暴飲暴食などの生活習慣を変えるだけでも、体型も少しずつ変わっていきますし、肌や髪のダメージの改善していきます。

なにより成功体験がなかった為の、負のメンタルを軽減する効果も期待できます。

 

 

ファッションの研究をする

少しずつメイクやヘアスタイルに慣れたら次はファッションにも意識を向けてみましょう。

この時に大切なことは、今まで着ていたと違う系統の服にも意識を向けることです。

今まで着ていた服は本当にあなたに似合ってましたか?

似たような服ばかりもっていませんか?

ファッションも自分に自信をつけたり、恋愛活動にも大きく影響をします。

メイクやヘアカラーと同じで、今では様々な体型や顔に合ったファッションのジャンルや衣類が充実しています。

それなのに同じような服ばかりを着るということは非常にもったいないことです。

様々なブランドやジャンルのファッションを意識してみましょう。

そうしたら「この服可愛い」「着てみたいな」と思うようにもなります。

太っているから着れない場合もあるかもしれませんが、そう思えたら少しずつダイエットをする理由にもつながります。

1キロでもダイエット出来たらそれは「成功」しています。

どんどん成功を重ねていけば負のメンタルも改善されていくでしょう。

 

5.まとめ

最後にデブスの特徴とデブスを脱却するにはどうした良いのか?

まとめてみましょう。

 

デブスって

  • デブスはメンタルが弱い
  • デブスは恋愛できない
  • デブスを脱却するにはメンタルから

 

デブスはメンタルが弱いために努力や嫌なことから逃げる傾向にあります。

その結果、生活習慣が乱れて、容姿にも影響が出てくるのです。

デブス女子は恋愛に興味がなかったり、逆に自分と比べて高すぎる理想の恋人を求めようとするため、そもそも恋愛ができません。

そんなデブスを脱却するにはまずメンタルから!

ストレス、自信のなさなどから性格が悪くなってしまうことが多くあります。

ファッションや容姿なども気を使っていき、少しずつ成功体験を重ねていきましょう。

そうして自信をつけることによって、だんだんと性格も明るくなっていきますよ。

関連記事

  1. ミステリアスとは?意味や男女別の特徴・モテる理由をチェック

  2. 【男性向け恋愛心理テスト】性格まで当たる!完全無料の心理テスト32選

  3. ひとり旅におすすめの旅行先を男女別に紹介

  4. ダンスダイエット!おすすめDVD・動画

  5. ペットの夢が暗示する夢占いの意味とは?

  6. 騒がしい東京でまったりのんびりデートができる場所は?おすすめ23選

  7. 11月の旅行!おすすめ人気観光スポット

  8. 社員旅行におすすめのプランや行き先は?