デブスに未来はない?特徴と脱デブスして結婚するための条件

デブスとは「デブ」と「ブス」をまとめた造語になり、おもに女性に対して使われることが一般的でしょう。

特に「性格の悪いブス」に対しても使われます。

容姿のこともありますが、性格面でもトラブルを招きやすい問題点を抱えていることが多い傾向にあります。

今回はデブス女性の

  • 特徴(生活習慣・性格)
  • 恋愛
  • 脱デブスしてモテるためのコツ
  • 結婚を近づける条件

についてご紹介していきます。

1.デブスの特徴 ~生活習慣について~

一言にデブスといっても、色々なタイプの女性がいます。

ここでは主に、ポイントとなる5個の生活習慣の部分についての解説を行っていきます。

  • 自己管理ができていない
  • 食生活が不規則
  • 睡眠時間にバラつきがある
  • 飲酒癖がある
  • 運動をしない

 

1-1.自己管理ができていない

最初に紹介したようにデブスとはデブでブスな女性を指します。

太っているということは、それだけ自己管理ができていないという特徴があるでしょう。

 

1-2.食生活が不規則

一番に考えられるのは食生活が不規則であることでしょう。

好きな時間に好きな物を多く食べていれば、それだけで太る原因となりますが、彼女たちはそれに対しての対策をとろうとしません。

(仮に対策をとっていたとしても、効果がないためこのような体型になります)

 

1-3.睡眠時間にバラつきがある

睡眠時間と肥満は大きく関係しており、アメリカのコロンビア大学の研究では、睡眠時間が4時間だと肥満になる確率が70%以上、6時間で20%以上という研究結果も出ています。

また、寝る3時間前に夕食を取ることが理想と言われておりますが、肥満気味の方はこういったことはあまり気にしないため、体型に出てきます。

 

1-4.飲酒癖がある

肥満傾向にある女子は、飲酒の習慣があるということも考えられます。

飲酒は夜の時間帯が多いですが、おつまみとして、お菓子やタンパク質の多いものを食べると肥満になります。

これは睡眠の際に摂取したカロリーを消費しきれないために、脂肪としてどんどん蓄積されていくためです。

更に女子は焼酎やウイスキーといった蒸留酒より、甘いカクテルやサワーを好んで飲む方が多いため、脂質や糖質にも関係してきます。

 

1-5.運動をしない

運動をすることで体型の維持やダイエット、ストレスを解消する等の効果が見られます。

しかし、肥満傾向にある女子は「不摂生な生活」をすることによってストレスを解消する傾向にあり、あまり運動をする機会を作ろうとしません。

基本的にデブスと言われる女性たちは、自分を変えるという目標や健全な趣味を持っていることが少なく、運動などに関してはとても消極的です。

 

2.デブスの特徴 ~性格面について~

ここでは、デブスと言われる方の性格や精神、メンタル面について触れていきます。

ポイントは以下の4つです。

  • 意思が弱い
  • 性格が自己中心
  • 性格が暗くなる
  • 努力ができない

 

2-1.意思が弱い

基本的には意思が弱いために、「ダイエットをしよう」、「このままではダメだ」と思いつくことがあっても、実行に移したり継続する意思がありません。

せっかく思い立ったとしても、少しでも嫌なことがあれば「明日から頑張ろう」、「今日は嫌なことがあったからしょうがない」とすぐ飲食に走り、挫折してしまいます。

なぜかというと、彼女たちは「不摂生な生活」以外にストレス解消を見つけられないため、少しでも嫌なことがあると、食べたり飲んだりという行動に走ってしまうからです。

 

2-2.性格が自己中心

デブスといわれる女性たちは、健全なストレス解消方法を知りません。

その為、そのストレスを他人に対してぶつけるケースが多くあります。

こうしたタイプのデブスには以下の特徴があります。

  • 非常に口が達者であり、気が強く、基本的には「自分が正しい」と思っている人が多く見受けられ、自己中心的です。
  • 少しでも自分の不都合なことをいう相手に対して、ハッキリとストレートに悪口を言ったりします。
  • 仲の良い知り合いがいれば、時間を忘れて愚痴を言いあったり、陰口をたたいていく等の行動も多く見受けられます。

こうしたタイプの女性は、自分より「格下」と思った存在に対して容赦なく罵声を浴びせたり、相手を傷つけることに罪悪感をもちません。

このように自分の中でストレスを解消しているにも関わらず、飲食については決してやめようとしないため、体型はなかなか変わりません。

 

2-3.性格が暗くなる

上記とは対照的に暗くなったり、卑屈な性格になったりするタイプのデブスも存在します。

その特徴として、とてもネガティブ思想が強い傾向にあります。

本来はとてもマジメであり、優しい性格のために多くのストレスを抱えてしまっている。

たとえば人から仕事や、お願い事をされると断れない性格です。

その為のストレス解消法が見つけられず、苦しんでいるということです。

このような女性は少しでも嫌な事があると、「どうせ私なんて」「頑張っても全然いいことがない」と、とても落ち込んでしまう傾向にあります。

結果、ストレス解消のために、飲食や睡眠不足に繋がってしまいます。

 

 

2-4.努力ができない

デブスの人は基本的に努力をすることが苦手です。

そして嫌な事が少しでもあると、すぐに諦めてしまいます。

極端な話、ダイエットが続かずに体型を変えることも出来ませんし、努力をできないために、仕事や恋愛、勉強などで「結果」を出すことができません。

彼女たちは成功体験がないために、どんどん性格が悪くなったり暗くなったりと、ネガティブな方向へ進んでしまいます。

そのために、結果として飲食に走ったり精神的に負の面が強くなり、更なるデブスになるという悪循環を繰り返してしまいます。

 

3.デブスの恋愛

デブスは恋愛できる?

ここではデブスの恋愛に対する価値観や、習性などの恋愛事情に関して切り込んでいきます。

 

3-1.デブスは理想が高い

恋愛に対して自己中心的なデブスは、男性への理想が高いことが特徴です。

自分の容姿や性格などを気にすることなく、「高収入」「イケメン」「優しい」といった、ハイスペックな男子を理想とするため、そもそも恋愛が成り立ちません。

そうしたデブスはアプリや街コンなどの恋活に、積極的に参加する傾向があります。

しかしデブスはなかなか理想の相手を見つけることもできず、見つけたとしても不発に終わります。

そのためここでも、成功体験を積むことができず、デブスの道を突き進むことになります。

 

3-2.そもそも恋愛に興味がない

いっぽうで、ネガティブな性格のデブスは恋愛活動に関して消極的です。

基本的にこのタイプのデブスは笑顔も少なく、感情に乏しかったりするなど、コミュニケーション能力が低い傾向にあります。

自分に自信がないため人との会話や人前に出ることに、とても消極的になってしまいます。

結果としてコミュニケーション能力がだんだんと低くなってしまうのです。

「どうせ私なんて」、「誰も私のこと好きになってくれない」と考えていくうちに、恋愛活動にも消極的になってしまいます。

そうなると自分の世界に閉じこもるため、ますますデブスが悪化するでしょう。

 

4.脱デブス!モテるようになるためのコツ

デブスになって良いことはありません。

ここではデブスを卒業する、または知り合いのデブスを卒業させてあげたいという、あなたに対策方法を紹介します。

ポイントは大きく分けて7個あります。

  • 負のメンタルを卒業する
  • 自分や他人の良いところに目を向ける
  • 何でもポジティブに捉えるクセをつける
  • メイクの研究をする
  • ヘアスタイルの研究をする
  • 生活を改善する
  • ファッションの研究をする

 

4-1.まずは負のメンタルを卒業しよう

上記の性格編で説明したようにデブスは負のメンタルが非常に強い傾向にあります。

  • 自己中心的になる
  • 卑屈になる
  • 嫉妬する
  • 落ち込みやすい

それは全て、自分に自信がないからそうなってしまうのです。

自分に自信がないから、「努力をしても仕方ない」「いいことなんて何もない」と考えていくうちに、どんどん負のメンタルは大きくなり、生活習慣も乱れます。

ここに容姿も性格もブスなデブスが誕生してしまいます。

自分の嫌な部分ばかりに目がいってしまい、良いところなんてないといつも卑屈になっていませんか?

もしそうならそれはあなたの思い込み。

あなたの良いところを、自分で探してみましょう。

紙などに思いっきり書き出すことで、認識することができますよ。

少しずつでも、成功体験や自分に自信がつけば、負のメンタルを卒業することができます。

 

4-2.自分や他人の良いところに目を向ける

デブスを卒業するために大切なのは、まず自分を好きになること。

自分の良いところを認められるようになると、自然と素直な気持ちになれるはず。

そうすることで他人に対して寛容な心を持ち、良い部分にも気づけるようになります。

ちょっとしたゲーム感覚で、誰と接しても相手の良いところを探す練習をしてみましょう。

そして、相手の良い部分を褒められるようになれば、デブス卒業の大きな一歩になるでしょう。

4-3.何でもポジティブに捉えるクセをつける

何事においても、ネガティブ思考ではいけません。

すぐに否定的な考えをもってしまうクセをやめましょう。

ネガティブ思考は、あなたの不安や卑屈な気持ちから生まれる妄想です。

ネガティブな思いが出てきたら一旦深呼吸をしてみてください。

深く呼吸をするだけで気持ちが落ち着きますよ。

意識してポジティブな気持ちを持てるようになるのは、慣れるまでは難しいかもしれません。

そこで、まずは自分に自信をもって行動してみることからはじめましょう。

  • いままで興味があったけどやったことない事
  • 人からオススメされた事

など、まずは色々なことにチャレンジをする。

そうしていくうちに、だんだんと自信がついてくるので、考え方もポジティブに変わっていきます。

何に対しても、前向きに取り組める姿は素敵ですよね。

4-4.メイクの研究をする

基本的にデブスの人は鏡をあまり見ることはしません。

そのために自分にどういったメイクがあうのか?このような事を解っていないことが多いのです。

結果としてメイクや肌のお手入れがおろそかになってしまいます。

そのため、自分の顔に自信がなくても鏡を見る癖や、メイクをする癖を少しずつでも付けてみましょう。

そうすることで、だんだんと自分を直していこうという気にもなります。

メイクであれば最近では顔の形にあったやり方、おススメの化粧品なども調べればたくさん情報が出てきます。

その中で自分で自分に合うものを探していくとベストです。

「ブスだからやっても仕方がない」「太っているから意味がない」のではなく、だからこそメイクやお肌の手入れを人一倍気を遣う努力が必要なのです。

そして自分にあったメイクをするだけでも、とても可愛かったり、おしゃれに見えたりするでしょう。

そうしている内にだんだんと自信がついていきます。

顔を可愛くするためのポイントはこちらをご参考ください!

 

4-5.ヘアスタイルの研究をする

ヘアスタイルに関しては、しっかりと美容院のスタッフさんと打ち合わせをすることも大切です。

美容師さんも色々とおススメしてくれますが、お客様の悪口を言いません。

そのため、「この人は太ってるし、顔の形も丸いからこういうカットが似合うと思うのに…」と内心では思っていても、ストレートにそのようなことは言いません。

しっかりと「私はこういう顔ですけど、どういうカラーやカットが似合いますか?」と自分から声を掛けてみましょう。

そうすることで、美容師さんはお客さんにしっかりとアドバイスをすることができます。

普段の髪のお手入れの方法、セットの方法を聞くことも大切です。

このような場合はいつも行うような「似合わせカット」等だけではなく、自分の顔に似合うカラーや長さなどを検討してみましょう。

そして、まったく新しいヘアスタイルにしてみると、とても新鮮な気持ちになります。

職場や友人から「その髪どうしたの?」「似合ってるよ」と言われることもあるでしょう。

それが成功体験なのです。

 

4-6.生活を改善する

デブスの人は基本的に睡眠不足や暴飲暴食などの特徴があるために、肌が荒れてしまったり髪の毛が痛むといったことも起きやすいのです。

そのために、自分の容姿に自信がなくなり精神がネガティブになったり、自己中心的になったりと悪循環を繰り返していきます。

そこでメイクやヘアスタイルを意識することによって、「美」に対する努力が少しずつ芽生えてくるでしょう。

睡眠不足や運動不足、暴飲暴食などの生活習慣を変えるだけでも、体型も少しずつ変わっていきますし、肌や髪のダメージの改善していきます。

なにより成功体験がなかった為の、負のメンタルを軽減する効果も期待できます。

 

4-7.ファッションの研究をする

少しずつメイクやヘアスタイルに慣れたら次はファッションにも意識を向けてみましょう。

この時に大切なことは、今まで着ていたと違う系統の服にも意識を向けることです。

今まで着ていた服は本当にあなたに似合ってましたか?

似たような服ばかりもっていませんか?

ファッションも自分に自信をつけたり、恋愛活動にも大きく影響をします。

メイクやヘアカラーと同じで、今では様々な体型や顔に合ったファッションのジャンルや衣類が充実しています。

それなのに同じような服ばかりを着るということは非常にもったいないことです。

様々なブランドやジャンルのファッションを意識してみましょう。

そうしたら「この服可愛い」「着てみたいな」と思うようにもなります。

太っているから着れない場合もあるかもしれませんが、そう思えたら少しずつダイエットをする理由にもつながります。

1キロでもダイエット出来たらそれは「成功」しています。

どんどん成功を重ねていけば負のメンタルも改善されていくでしょう。

男ウケするファッション始め、いくつかのポイントをこちらの記事でもまとめているのでご参考にどうぞ!

 

5.デブスが結婚できないなんて誰が決めた!結婚を近づける条件 

街中ではデブスなのに堂々としていて、きちんと結婚できている人はたくさんいますね。

見た目に関係なく、幸せな家庭を築いている人がほとんどでしょう。

そのような人は一体、ただのデブスと何が違うのでしょうか?

結婚できる女性は、見た目ではなく中身に魅力があるのです。

あなたが結婚を近づけるための条件を、ご紹介しますのでぜひご参考になさってください。

5-1.一緒にいると気持ちが明るくなる愛想の良さ

いつもニコニコしていて、まわりをほんわか癒してくれるような笑顔の女性はモテます。

顔の作りは美人ではなくても、愛想があって柔らかい雰囲気だと、可愛く見えてくるもの。

落ち込んでいるときに、明るく愛想の良い女性が傍にいるだけで、男性は励まされます。

明るい一言をかけられて、思わず好きになってしまう男性も多くいるはずです。

男性が一緒にいて気持ちが明るくなり、元気が出るような女性を目指しましょう。

5-2.顔の見た目より全体的な清潔感

いくら美人でも不潔な女性は、男性から敬遠されます。

男性が清潔感のある女性が好きなのは、本能的なもの。

男性は自分にないような、女性特有の良い匂いや肌の美しさに惹かれるのです。

容姿の良さよりもずっと大切なポイントです。

相手との肌の触れ合いを意識したときに、気持ちが良さそうかどうかを男性はよく見ています。

相手に不快を感じさせない、清潔感を漂わせた女性でいるようにしましょう。

5-3.男性が甘えられる包容力

男性は日々、世知辛い社会にもまれ、まわりの人と競い合っているような生き物。

パッと見てわかりにくいかもしれませんが、心も身体も疲弊している人がほとんどです。

そのため男性は、女性に包容力を求めているのです。

女性には文句を言わず、ただ優しく受け入れて欲しいと願っています。

そのためツンツンしていたり、とげとげしい雰囲気の女性は男性から人気がありません。

男性が甘えてきたら、黙って話を聞いてあげて優しく受け止めてあげるような女性が理想的。

相手を突き放さない、優しい女性のもとに男性は帰りたくなります。

5-4.料理が上手い

昔から言われている料理上手の女性が、男性の心をつかんで離さないというのは本当です。

物理的なことですが、男性は自分の胃袋を満たしてくれる女性のもとに帰ってきます。

食事は誰にとっても生きていくうえで欠かせないものですよね。

毎日のことなので、人生においても大きなウエイトを占めています。

結婚を考えている男性ならば、必ずといっていいほど料理上手な女性を求めているでしょう。

料理上手とは、決して豪華な食事を作ることではありません。

質素な料理であってもホッとするような味の、定番料理を作れれば良いのです。

毎日の栄養バランスを考えて、心のこもった料理を出せる女性になりましょう。

6.まとめ

最後にデブスの特徴とデブスを脱却するにはどうした良いのか?

まとめてみましょう。

 

デブスって

  • デブスはメンタルが弱い
  • デブスは恋愛が極端に苦手
  • デブスを脱却するにはメンタルから

 

デブスはメンタルが弱いために努力や嫌なことから逃げる傾向にあります。

その結果、生活習慣が乱れて、容姿にも影響が出てくるのです。

デブス女子は恋愛に興味がなかったり、逆に自分と比べて高すぎる理想の恋人を求めようとするため、そもそも恋愛が非常に苦手です。

そんなデブスを脱却するにはまずメンタルから!

ストレス、自信のなさなどから性格が悪くなってしまうことが多くあります。

ファッションや容姿なども気を使っていき、少しずつ成功体験を重ねていきましょう。

そうして自信をつけることによって、だんだんと性格も明るくなっていきますよ。

結婚できるかどうかは見た目のかわいさや美人であるかどうかよりも、男性が好むツボを抑えていることが重要です。

これから身につけることはいくらでもできるので是非意識して取り入れてみましょう!

結婚できる女性とできない女性の特徴はこちらでもまとめているのでご参考にどうぞ!

関連記事

  1. 10月の誕生石はふたつ!宝石の特徴や意味

  2. 経験人数を増やす!おすすめアプリ・サイト

  3. 梅田の出会いスポット11選【恋活・婚活にもおすすめ】

  4. 婚活をアラフォーが行う方法は?疲れたときのリフレッシュも紹介!

  5. ヨガで呼吸が大切な理由と呼吸法の種類

  6. 巨乳好きの男性の心理・特徴・見抜き方

  7. ツイッターでパパ活ツイートしている有名アカウントとその評判

  8. 冬の国内旅行!おすすめ人気スポット10選