花の夢が暗示する夢占いの意味やメッセージ

花に関する占いとしてメジャーなのが花占い。

また花言葉など、花には様々な意味があります。

今回はそんな花が出る夢占いについて解説します。

1.花の夢を見るときのあなたの心理状態

姿かたちが様なざまな花、花の定義も様々で、時代によって変化しています。
現在主流な定義は「胚珠のある生殖器官を花とする」という考え方です。

食料から芸術、あるいはシンボルや宗教に関係するものなど、花というものは古い時代から人々の生活に欠かせないものでした。

薬や染料として実用的な使い方をされていたり、綺麗な花を愛でる観賞用の楽しみ方だったりと、その用途は様々。

また占いの中にも花を使う花占いが存在します。

花にはそれぞれ花言葉があり、それで占う事もあるため、花は占いに欠かせないものであると言えるでしょう。

花の種類は膨大で、それこそ色と種類で真逆の意味や全く関係性が異なる意味があったりもするため、花の基本的な夢占いの意味などは無く、またどのような心理状態で花の夢を見る、というのも判断が難しいのが正直な所。

実際にどんな花を夢で見たか、というところから調べてみると良いでしょう。

2.花の色が暗示する夢占いの意味

まずは花の色による夢占いの意味について解説していきます。

花といえばその色とりどりな姿が特徴の一つであり、同じ種類の花であっても複数の色がある事は珍しくありません。

中には青色のバラのように自然界には存在しない色の花などもあります。

白い花

まずは白い花の場合。

白い花と言えばアネモネや白百合が代表的でしょう、またいちごの花も白色であり、ハーブであるカモミールも白い花を咲かせます。

白色は恋愛・結婚・純愛・幸運を意味する色であり、恋愛運が全体的に向上する事を意味しています。

赤色の花

次に赤色の花の場合。

赤色と言えば椿やバラの花が思い浮かぶでしょう。
情熱や愛を司る他、力があふれる状態を表す色でもあります。

そのため、赤い花が出る夢を見る時は健康状態や仕事が好調であったり、全体的な運気の向上、特に恋愛運が向上し、情熱的な愛を注ぐことができる相手が見つかるかもしれません。

ピンク色の花

赤色よりも薄い、ピンク色の花の場合。

鮮やかなピンク色の花といえば、桜や梅の花が印象的でしょう。
こちらも恋愛運に関係しており、素敵な出会いや運気が向上しています。
ただし、色が薄いと恋愛が終わってしまう事を意味していたりと、色の濃さでその意味が変わってきます。

青い花の場合、一般的に青色の花というのは紫色の花も含めて称される事が多く、忘れな草やヤマルリソウが青色の花です。

また、前述した青いバラのイメージも強く、自然界に存在しない青いバラの影響か、青い花の意味には非現実な状況に遭遇する、というものがあります。

黄色い花

最後に黄色い花について。

明るく活発な印象を受ける黄色の花は、幸運と創造を司ります。
そのため、全体的な運勢が向上しており、また想像力が増している事で創造性が向上しています。

芸術家はもちろん、クリエイティブな職業の人であれば、より良い作品を作る事ができるでしょう。

3.花の種類が暗示する夢占いの意味

続いて花の種類による意味について見ていきましょう。

特定の花を指定した意味であり、例えばたんぽぽやカーネーションなど、多数の花にそれぞれ意味があります。

基本的には花言葉に由来した意味を持ちます。
数ある花の中から、いくつか抜粋して解説していきます。

朝顔

まずは朝顔の場合。

朝顔の花の夢は、いくつかのパターンが存在します。
朝顔といえば、小学生の夏休みに育てた方も多いでしょう。
ツルを伸ばし、壁などに這うように成長する植物です。

そのため、ツルを絡ませ大きく成長する場合はあなた自身の潜在能力が開花する事を意味し、朝顔の花が綺麗に咲いていれば、更に恋愛運が向上している事を暗示しています。
逆に枯れていたり、ツルが上手く伸びていない場合は他人の妨害や障害によって上手く進めない事を暗示しています。

朝顔の花言葉は「はかない恋・愛情・固い絆」といったものがあります。

菊の花

次に菊、たまに勘違いしている人も居たりしますが、日本の国花は桜ではなく菊の花です。
旧海軍の軍艦に菊の紋章があしらわれていたため、そっち方面に詳しい人は良く知っている事でしょう。

菊の花の夢は、優しい真実の愛を獲得する、というもの。
菊の花の花言葉は「高潔・私を信じてください・女性的な愛情・真の愛」というものがあり、花言葉が由来の意味であると言えるでしょう。

また、菊には黄色以外にも白色などいくつかの色があり、色によって多少の違いはありますが、意味は概ね前述の通りになります。

タンポポ

次はタンポポの意味を見ていきましょう。

タンポポと言えば道端に生えている花として有名です、また雑草に分類されることもあり、踏まれても咲く姿から強い花として扱われたりもします。

花から綿毛に変わり、ふわふわとした白い綿毛の塊になったたんぽぽに息を吹きかけ、綿毛を飛ばすという遊びをやった事がある人も居ることでしょう。

タンポポの夢の意味は真心の愛、幸福な恋愛というもの
しかしタンポポを引き抜いてしまう夢は真心の愛や幸福な恋愛を自ら放棄してしまう事を暗示しています。

花言葉は「真心の愛・飾り気のなさ・幸福を知らせる花・別離」などがあります。

なでしこ

次になでしこの意味について。
大和撫子という言葉もあるように、清純なイメージのあるなでしこ。

しかし花言葉は「純愛・大胆・勇敢」と清純さこそありますが、同時に勇敢さも兼ね備えた意味を持ちます。

色もいくつかあり、赤いなでしこや白いなでしこ、八重撫子という種類もあります。
それぞれ意味が異なりますが、基本的には良い意味を持つ花言葉を持ちます。

撫子の夢は、周囲の人も認める「純愛」を意味しており、八重撫子の夢であれば、より情熱的な純愛を意味する夢になります。

バラ

最後にバラの意味を解説します。
バラと言えば、情熱の花というイメージが強いでしょう。
花言葉も「愛・美・輝かしさ・私はあなたを愛する・愛情」と愛に関係した言葉が並びます。

そしてバラには様々な色があり、人工的な青や黒のバラも存在します。
また、きれいなバラには棘があるというように、バラのトゲに対しても花言葉が存在しています。

バラの花の夢は、あなたの人生を変えてしまうほどの大恋愛が待っている事を暗示しています。

そしてバラの棘が刺さる夢は、試練の訪れを意味しますが、それを克服することで不幸中の幸いとなるという意味を持ちます。

4.花の様子が暗示する夢占いの意味

続いて花の様子、状態についての意味を解説していきましょう。

この花の様子というのは、花がどういった状態であるか、という意味です。

例えば普通に生えている花であれば、花畑として広がっているのか、それとも花壇に生えているのか、それとも枯れてしまっているのかなど、様々な状態に分かれ、それぞれに意味があります。

 花束の夢の場合

花束とは、摘んだ花を何本か、モノによっては数十本単位でまとめた物。
主に人にプレゼントをするという用途のため、ラッピングをしたり、花の色合いを考えて選んだりします。

そんな花束が出てくる夢は、対人関係の運勢が向上していることを意味しています。

あなた自身の魅力もましていて、周囲の人から愛されていたり、恋愛が発展して恋人ができたり、結婚できたりするかもしれません。

しかし、出てきた花束がしおれてしまっていた場合、逆に魅力が低下しており、更に健康運も低下している可能性があるため、体調不良に気をつけましょう。

花畑の夢の場合

一面の花畑に花が咲いている夢。
見渡す限り花が咲き誇る花畑、夢のような光景ではありますが、花畑は「死」を意味します。

これはなぜかというと、例えば臨死体験をした際に「花畑が見えた(立ってた)」という事があります。

つまりあの世、あるいは死の先にあるものは花畑であるという考えがあり、花畑の夢は死が近づいている事を意味しています。

自分以外の人が立っていた場合は、その人が亡くなる可能性があることを暗示しています。

花壇の夢の場合

花壇の夢は大きな幸運が訪れる事を知らせる吉夢になります。
また、あなたが愛情深い人物であることも表しています。

恋愛関係を含めた対人関係も良好で、恋人が居ればより親密に、家族もあなたの事を大切に思ってくれている事でしょう。

ただし、花壇が荒らされている夢を見る場合は注意が必要です。
花壇が荒らされている夢は恋のライバルが出てくる事を意味しており、恋人を奪われる可能性があります。

恋人が居ない場合、あなたが思いを寄せている人が奪われてしまうかもしれません。

花が枯れた・散った夢の場合

花における死は枯れる、あるいは散ってしまう事。
花びらが散る様は、風に揺られる花びらを綺麗と感じる人も多く、また散りやすい花は儚いものとして見られたりもします。

夢占いにおいては失望や別れを暗示し、また病気や困窮などの運勢の低下も意味します。
消えかけた愛情や、才能や魅力が失われたり、それに伴い周囲からの人気も失われてしまったりと、悪い意味をもつ凶夢となります。

枯れてしまった、散ってしまった花は二度と咲き誇ることはありません。
自分を見つめ直し、新たな境地を探してみると良いでしょう。

5.自分と花との状況が暗示する夢占いの意味

続いてあなた自身と花の関係、状況について解説していきましょう。

ここまでは花そのものの状態について解説しましたが、次はあなたが花に対して何をするか、あるいは花を用いて何をするか、という行動面の解説になります。

あなたが花を見る夢の場合

花を見る、略して「花見」。

花見・花を見る夢は恋愛が充実する事を暗示しています。

他にも収入がアップしたり、全体的な運勢が向上しています。
しかし、花を見る夢もいくつかの種類があります。

例えば見る花が桜であった場合、意味が一転してあまり良くないものになります。

桜は儚さを象徴する花であり、桜の花見を行う夢は周囲の人に対する印象が変化します。
それまで親友だった関係が終わったり、大切な人がそうでもなくなったりと、あなた自身が離れる形で関係に変化が訪れます。

異性と一緒に桜を見る夢は、恋がもうすぐ終わるという事を暗示しています。

あなたが花を贈る・もらう夢の場合

あなたが花を贈ったり、貰ったりする夢の場合。

この夢を見る時、あなたは充実した生活を送っていると言えるでしょう。
愛情豊かで、周囲の人間関係も良好な生活で、更に充実した生活を手に入れられる事を暗示しています。

好きな異性から花を貰う夢であれば、相手がこちらに好意的である事を意味しています。

他にもラッピングやリボンが綺麗に感じた場合、より良い意味を持つ吉夢になります。
逆に同性から花を貰う場合、同性と良好な関係を築く事ができます。

あなたが花を食べる夢の場合

花を食べるという夢、食べられる花はたくさんあり、美味しくないものから甘くておいしいものまで様々。

食用花として有名なものといえば、ブロッコリー・カリフラワーは食用花であり、ハーブ類も食用花の一種です。

花を食べる夢は運気の上昇を意味しています。
気力が漲ったり、物事が順調に進みやすい時期であるため、新しいことに挑戦してみると良いでしょう。

特に食べた花が甘く感じた場合、恋愛運が大きく高まっている事を暗示していて、積極的にアピールすることで関係が発展することでしょう。

あなたが花屋に居る夢の場合

最後に花屋さんに居るという夢の場合について。

花屋に並ぶ花は人間関係をうつしており、たくさんの種類が異なる花が並んでいるような、にぎやかな印象を受ける花屋さんであれば、あなたの他人運がかなり向上している事を暗示しています。

既に多くの人脈に恵まれているのであれば、それが長く続くことを意味しています。
特に人脈に自信が無いというのであれば、これから恵まれていく事を暗示しています。

逆に種類や色が少なく、寂しげな印象を受けた場合は運気が低下している事を暗示しています。

まとめ 夢占いで花は運気の上昇を表すことが多い

以上、花が出る夢の意味について解説しました。
今回解説した内容をまとめると以下の通りになります。

  • 花は色ごとに意味が変わる。
  • 基本的には恋愛運や金運、対人運などの運気に関わる意味が多い。
  • 花の種類ごとの意味は、その花の花言葉に近いものが多い。

以上の点を踏まえ、花の夢を見た際はどんな色のどんな花だったかなどを思い返し、意味を調べてみると良いでしょう。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. 襲われる夢!夢占いが暗示するあなたの心理

  3. 眉毛のセルフ脱色!失敗しない方法とコツ

  4. 【永久保存版】絶対泣ける恋愛映画ランキング25選ー邦画&洋画ー

  5. 父親が夢に出てきた!?夢占いが指す意味とはどんなもの?

  6. カエル顔の特徴!似ている芸能人とメイク術

  7. 付き合う前のデート場所オススメ10選!誘い方や付き合うコツを紹介

  8. 亀の夢!状況や様子が暗示する夢占いの意味