三十路の婚活女は手遅れだなんて言わせない!「女は30から」その理由は?byE子

 

 

 

 

 

20代のころ、悠長に独身生活を楽しんでいると、周りからこう言われた。

 

「30代になったら一気にモテなくなるから今のうちに結婚しておいたほうがいいよ」

 

 

と。

 

あとね、

 

「30以上の女性なんて女性としての価値はないのだから、今のうちに婚活しないとヤバイよ」

 

と言った男友達、貴様のそのセリフだけは一生忘れまい。

ひどく傷ついた私は、その場は笑ってやり過ごし、翌日ひとりで海を見ながら泣く羽目になったのである。

 

 

 

これらの発言が残酷なのは、20代女性はこれを言われると一切反論できないという点にある。

 

「深田恭子だって30代だよ!」

 

と言い返したところで、芸能人は別だとか言われてしまいかねない。

 

なにより、自分が実体験しえないことについて、強く断言はできないものだ。

 

 

 

だから今、こうして独身のまま30代に突入した私、E子が、みなのために胸を張って言う。

 

実際に、30代独女として生きているが、

 

 

 

モテないなんてことは一切ない。

 

 

 

実体験として、

 

焦って結婚しなくてよかった。

見る目が養われていないうちに適当な男と結婚しなくて本当によかった。

 

と思うことは多々あれど、

 

 

あの時結婚しておけばよかった…

 

 

と後悔したことは、

 

 

ただの、一度も、ない。

 

 

 

 

1.女性の価値は年齢なのか?

 

 

男性の価値は年収、女性の価値は年齢

 

これに関しては、私はとくに反論はない。

 

 

しかしこれは、あくまでトップダウン的アプローチで相手を探す場合にのみ、適用される価値基準である。

 

 

具体的に言うと、

たとえばアプリや結婚相談所で、希望条件を入力し、出会う異性をソートにかける場合。

 

多くの女性は、年収で足切りをし、

多くの男性は、年齢で足切りをする。

 

このような出会いの供給量が多すぎるシステム上において、

それぞれ足切りラインは無駄に高く設定されがちであることが多い。

 

 

なにせ婚活をしている人間は山ほどいるのである。

(中にはサクラやひやかしも存在するが)

あまりに候補者が多すぎると、ひとつひとつ見ていられないので、

 

「別に同い年でも素敵な女性ならいいけど…、とりあえず20代で検索するか」

 

などと考える男性がほとんどだ。

 

 

 

2.加齢とともに魅力的になっていく、そうでないなら…

 

30代になり、若さを武器にできなくなった私は、方向転換をした。

 

三十路女が、婚活市場で勝ちゆくためには

ボトムアップアプローチしかない。

私は、そう考えた。

 

 

希望条件からそれに合致する相手を探そうとする仕組みに身を置くと、年齢で不利を被る。

しかし、「個」を見て判断していく仕組みを用いて婚活すれば、

むしろ20代の小娘よりも、我々熟練の30女が有利といえよう。

 

 

例えばパーティー形式の出会いの場。

 

これは、条件に合致するか否かよりも、見た目などのファーストインプレッションによる判断が大きくなる。

 

 

 

30代のシワシワババアが何を言っているのか

 

と罵られることを覚悟で言おう。

 

 

 

ぶっちゃけ、30代のほうが見た目もトークもよっぽど洗練されとるぞ、と。

 

 

 

もちろん、20代のハイセンス美女に私が敵うわけではない。

しかし、比べるべきは他人ではなく、過去の自分自身だ。

 

20代前半頃の自分の写真を見返すと、ただ肌艶がいいだけの芋くさい小娘にしか見えない。

 

これは「私は昔、芋でした…」

という衝撃イメチェン告白ではなく、

たいていの女性に当てはまることだと思っている。

 

 

服装のセンスも、トークスキルも、人間としての器も、

あの頃よりも成長していると感じないだろうか…?

 

 

もしそう感じないのだとしたら、あきらかに努力不足だと言えよう。

 

独身で三十路までうかうか生きてきたのに、誇れるキャリアも、磨かれたセンスも、豊かな人間性もないのか?

「アタシ、二十歳の時のほうが女性として魅力的だったワ…」

なんて思うのなら、

あまりにも生き方が怠慢すぎる。

 

 

もしも男性に見向きもされないのだとすれば、それは年齢のせいではない。

 

何一つ向上心を持たず、

二十歳のころから何も成長していない、

その怠慢こそが原因だ。

 

 

 

 

3.恋愛は個を見てこそ

 

条件検索の土俵を降りて、パーティーなどの直接会ってから相手の条件を知る婚活スタイルに移行し、私は気づいた。

 

 

「条件」で恋は生まれない。

 

あくまで、直接会って「個」を見ないと、恋愛には発展しない。

 

 

20代のころ、希望条件を入力して理想的な男性と会いまくっていたが、

まるで、恋愛感情を持つことがなかった。

恋愛は理屈ではないのである。

 

今はAIなどであなたにピッタリの男性が見つけられます!などと言われることもあるが、

絶対にそんなものでは運命の人は見つからない。

(遺伝子学的なものも取り入れてくれたら、もしかすると意味があるのかも…とは思います)

 

地道に会わないと何もわからない。

会ってしゃべった時の会話の快適さ、しぐさ、匂い、肌触り。

そういったことが大事なのである。

 

 

 

4.とはいえ、やはり若い頃よりは需要は減る

 

ただし、「需要」「モテ」に関して言えば、たしかに30代になって変化はあった。

 

20代のころのように、万人からはモテなくなったし、

男性にアプローチされる頻度も減った。

 

ナンパもされにくくなったし、痴漢にも遭いにくくなった。

 

ババアになって性的魅力が減退した、ということは認める。

 

 

異性から「女」として見られなくなる日を、乙女たちはみな、恐れる。

私も20代のときは、それをずっと恐れていた。

 

しかし、実際にこの身にそれが起こってみると、

 

 

 

快適なのである。

 

 

 

 

強がりでもなんでもない、マジで、ただただ快適。この生きやすさ、ハンパやないで。

 

酔っぱらって夜道を歩いても、危なくない。(若いころよりは)

体目当ての、雑な誘いをしてくる男が寄ってこない。

「若い女しかムリ」というヤバイ価値観の男性が言い寄ってこない。

異性からのアプローチの絶対数が減り、一件一件ちゃんと見る余裕ができる。

 

 

需要が減った今のほうが、格段に生きやすく、恋愛も質の高いものになっていると感じる。

 

 

 

5.「若い女しかムリ」と言う男性とは

 

なかでも、一番私のQOLを爆上げした項目は、

 

「若い女しかムリ」というヤバイ価値観の男が排除できた

 

ことである。

 

 

若い女性は確かに可愛らしい。

お肌も綺麗、汚れなく、純粋で、ちょっとしたことで喜んでくれる。

それは間違いないのだが、

 

 

安定して10歳以上年下の女性ばかりターゲットにする男性を観察していると、下記のような特徴がある。

 

「ちょっとしたことで喜んでくれるからかわいい」と言って、←ココマデはワカル

デートやプレゼントにお金をかけない。←…。

 

 

彼らは平気で価格帯の安い飲食店(下手したらチェーン居酒屋)に女を連れていき、

あきらかにご自身の年齢にそぐわないような出費で「彼女は喜んでくれた」と満足している。

 

 

無論、その状態が永遠に続くのであれば素敵な恋愛であるが、

 

彼女がこれから順当に年を重ねて大人になったとき、

その男性を見て、

 

「なんだよ、この低レベルなおっさん…」

 

 

と気づいてしまうのではないだろうか?

 

 

年下の若い女性と付き合えるのは、女性目線から見ても羨ましいわけだが、

デートの費用を安価におさえる目的なのならば、考えを改めてほしい。

 

相手が年下であれ、年上であれ、

年相応のデートスキルを身につけておいてほしい。

 

 

6.三十路婚活のすすめ

 

なにはともあれ、私は若い女性たちに伝えたい。

 

私個人の経験をもとに言えば、

恋愛・婚活は30代になってからのほうがクオリティが上がっている。

 

出会う男性の質も、

自身の男性を見極める目も、

 

もっと言えば、

恋愛や結婚を抜きにして自分の人生を考えても、30代になってからのほうが楽しい。

 

 

もちろん、これが40代になってもそうか、

と言えば、私にはまだ経験がないので何も語れない。

 

しかし、未来を悲観して「30歳になるとモテなくなるから婚活頑張らなきゃ」と言っていた過去の自分よりも、

「今が一番楽しいし、未来も自分次第でどんどん楽しくなる」と、前向きに考えている今の自分のほうが、

格段に魅力的だなと思うのである。

 

 

7.最後に

 

こういった意見を述べると必ず言われるのが、

 

「E子さんは美人だからそう言えるんですよ」

 

これだ。

 

 

断言しよう。

 

 

 

私は美人ではない。

 

 

 

 

なぜなら、私は深田恭子ではないからだ。

 

深田恭子レベルでない、一般人である以上、ちょっと目鼻立ちが整っていようが、ちょっとウエストが細かろうが、目糞鼻糞である。

 

 

ただ、

「どうせ芸能人には敵わないのだから、あきらめろ」

と言うつもりはさらさらない。

 

 

一般人界隈でよく言われる「美人」というのは、

「きちんと自分の魅力を知って、自分磨きをしていること」とほぼ同義である。

 

つまり、「ふんいきかわいい」みたいなものだ。

 

雰囲気がすべてだ。

 

 

どうせ、いまさら頭蓋骨のサイズが米粒ほどになるわけでもない。

どれだけ努力しても、八頭身になるわけでもない。

 

しかし、自分に似合う服装、髪型をして、

仕草や立ち居振る舞いを上品にし、

愛嬌があれば、

 

十分、「美人」として扱われるものである。

 

 

ひとは、「完璧」なものには魅力を感じにくい。

 

ちょっと粗があるからこそ、そこがチャーミングに見えたり、唯一無二の魅力となるのである。

 

きちんと身綺麗にして、コンプレックスを悲観せず魅力に変えられれば、どんな女性でもそれなりに魅力的なものだ。

 

年齢は関係ない。

 

むしろ、年を重ねてこそ、自分自身の魅せ方が分かってくるものだと、私は思う。

 

関連記事

  1. 【Webマーケター必見】お化けコンテンツ恋愛四季報の謎を元コンサルが本…

  2. 男を肩書きで見定める時、男もまたあなたの肩書きを見る。

  3. 【超絶美女じゃなくていい】恋愛に女性特有の美貌ゲームを持ち込むな

  4. 付き合うなら年上?年下?同い年?一番メリットがあるのは…By E子

  5. 相席ラウンジって一人で行っても大丈夫?モテる方法から注意点まで解説!

  6. 【モテは総合格闘技】手っ取り早くモテたいならキャバ嬢でトップを捕れ!

  7. 大阪の相席カフェってどこにある?本当に出会えるのか評判を徹底調査

  8. 絶対に福岡美女と出会える!福岡のオススメ相席ラウンジ5店