パパ活とは?定義と現状を解説

パパ活という言葉をよく耳にするようになりましたが、「体の関係はあり?それともなし?」など具体的な内容などが気になるのではないでしょうか。

この記事ではパパ活とは?というパパ活の定義・現状の他に、以下の内容を紹介します。

  • なぜ男性はパパ活をするのか
  • 女性が直面するリスク
  • パパ活について理解できるドラマ
  • パパ活する相手を見つけるのに使われてるツール

「パパ活とは何か?」知りたい方はぜひ読み進めてくださいね。

1.パパ活の定義

パパ活という言葉は2010年代から広がり始め、定着したのは2017年。

野島伸司さんが脚本を担当したインターネット配信ドラマ「パパ活」によってでしょう。

ドラマ作品の「パパ活」については、本記事でも言及しています。

パパ活について理解を深めるためには、どういった定義があるのかや現状について知る必要があります。

肉体関係の有無も含めながら説明していきましょう。

1-1.肉体関係なし

広義のパパ活は、女性が、経済的余裕のある中年男性にパトロンとしてサポートしてもらう活動のこと。

若い女性には高い経済的価値があります。

年齢を重ねるごとに、価値は下降していくのもシビアな事実。

有限である貴重な時間を共にできるだけで、「肉体関係がなくても満足できる」という中年男性も少なくありません。

女性のプライベートに踏み込むことをあえてしない男性も多く、一定の距離感を保ちながら見守るというのが肉体関係のないパパ活といえるでしょう。

肉体関係を必要としないパパ活は、萌えとよく似ています。

萌えにも性的な興味を含んでいるものとそうでないものが存在。

ただただ可愛くて愛でる対象としての萌え感覚があります。

肉体関係を求めないパパ活は、中年男性が若い女性に抱く萌えと言い換えてもいいでしょう。

1-2.肉体関係あり

パパ活といっても、男女の出会いですから肉体関係に発展しないとも限りません。

最初は「肉体関係はいらないから」と言っていた男性でも、目の前に若くて魅力的な女性がいるとムラムラして当然。

「1回○万円でどうかな?」と交渉を始めるケースもあります。

もちろん最初から「肉体関係なしならパパ活しないから」というスタンスの男性もいます。

関係を結ぶたびに金銭が発生するのなら、援助交際などの売春と本質は同じ。

言葉を変えるだけでイメージや雰囲気が変化します。

「売春中」と「パパ活中」では、響きが異なります。

シビアに述べるなら、肉体関係を含むパパ活は、体を売る女性の罪悪感を薄めるためのごまかしでしかないでしょう。

言葉のパッケージを変えることで、「私もパパ活にチャレンジしてみようかな?」とライトに捉えてパパ活市場に参入してくる女性が増えるのです。

2.パパ活の現状

パパ活の現状

2021年現在、多くの女性がパパ活をしており、その人数は2020年から急激に増え始めました。

背景には新型コロナウィルスの蔓延があります。

ここではパパ活の現状について、以下3つを紹介します。

  1. パパ活経験者の女性は意外と多い
  2. パパ活に取り組む女性は増加傾向
  3. コロナ禍で以前よりも相場が安くなっている

2-1.パパ活経験者の女性は意外と多い

実際に「私、今パパ活中なんだ!」とあけすけに伝えてくる女性は稀。

後ろめたさを覚える活動のため、秘密にしておくのが当然でしょう。

ただし人間にはどこかで「秘密を言いたい欲」があるのは、『王様の耳はロバの耳』でも描かれています。

SNSを見ていると、パパ活に関する赤裸々なつぶやきが多数閲覧できます。

パパ活経験者は決して少なくありません。

パパ活からすでに足を洗った女性達を含めた場合、相当な数になります。

パパ活を甘く見ていて、実際にやってみたらストレスだらけであったり、危険性が高いと分かりすぐに引退した女性もいます。

パパ活などの愛人活動が何を狂わせるかといえば金銭感覚です。

コンビニなどでアルバイトをしても時給1,000円ほど。

しかしパパ活であれば、一晩で数万円を稼ぎ出すことだって可能です。

人間の脳は学習するもの。

「汗水働いても、たったこれしかもらえないの!?」と、いった世間ズレを起こしかねないのがパパ活なのです。

常識のある女性ほど、すぐにパパ活をストップさせます。

ズルズルと続けている女性は、気がつけばパパから「新しい若い娘と仲良くすることにしたので、君はもういいよ」と三行半をつきつけられるケースも。

何かお金を貯める目的があってパパ活をしている人は、設定した金額を貯金できれば次のステップに進めるでしょう。

しかし虚無的で刹那主義の女性は、いつまで経ってもパパ活を続けてしまいがち。

時間というのは誰もが平等に与えられている分、その使い方が絶えず問われます。

パパ活を経験して、すでに新たな道へと進みだしている人と、無目的で現在パパ活中の女性とでは全く人生の充実度が変わるのです。

一口にパパ活をしている女性、していた女性といっても、これだけの違いがあるのです。

2-2.パパ活に取り組む女性は増加傾向

パパ活は、

  • 肉体関係なしの関係からでも始められること
  • パパ活という言葉がカジュアルに使われるようになったこと

この2点の理由から、気軽に取り組む女性が増えてきています。

短時間で大金を手に入れられることから、パパ活には誰しも興味深々。

はじめは恐る恐るでも、まわりでやっている人がいるとわかると警戒心も徐々にとけていきます。

近年はSNSの普及から、パパ活をしている女性のアカウントも多く目にすることができますね。

日頃からSNSでパパ活女子の投稿をみていると、自分にも身近なことだと思うのでしょう。

そしてパパ活アプリを通して、パパ活を誰でもスマホひとつで簡単に始めることができるようになりました。

多くの女性が、ちょっとした興味心から気軽にパパ活に参加しやすくなり、その数は日に日に増えています。

2-3.コロナ禍で以前よりも相場が安くなっている

しかし、コロナ禍が収まらない今の状況では、パパ活をしたい女性とパパの比率がそぐわず、女性が余っている状況。

なぜならコロナの影響で、パパたちに経済的な変化が訪れたからです。

仕事がコロナのダメージを受け、自由に使えるお金が減ってしまった人も多いのです。

職業によっては、収入減少にとどまらず、職を失ってしまったパパもいるでしょう。

パパたちの使えるお金が減ったため、女性も値下げせざるを得ません。

パパたちの理由はそれだけではなく、感染のリスクを避けるため女性と会わなくなったというのもあります。

特に家庭をもっているパパの場合、家族にコロナをうつしてしまうことを心配していますね。

そこでパパ活女性たちは、少しでもパパに選ばれやすくするためにお手当の価格を下げるようになりました。

女性たちの間で価格競争が激しくなった結果、パパ活相場が以前より安くなっているのです。

2-4.生活や返済のためにパパ活をする女性も多い

パパ活が気軽に始めやすいという理由で始める女性以外にも、以下のような理由で始める女性もいます。

  • コロナ禍でアルバイトの出勤が減らされた・クビになってしまった
  • 本業のお給料が減額されてしまった
  • 奨学金の返済や学費の支払いがある

収入源が危ぶまれ、生活が困窮している女性も多く、こういった女性たちがやむなくパパ活をしているケースもあります。

中でも、学費を自分で支払わないとならない、奨学金の返済がまだ多く残っている女性からすれば、喉から手が出るほどにお金が必要です。

相場が低くなっても普通のアルバイトや仕事をするよりも、稼げる額が良いことには変わりありません。

「パパ活」というライトな響きゆえに始めやすいことも相まって、お金に困った女性がパパ活市場に多く参入しているわけです。

3.男性がパパ活に求めるものとは

男性がパパ活に求めるものとは

では、パパ活をする男性、いわゆるパパが求めるものは何でしょうか。

なぜ男性はパパ活をするのか解説します。

  • 男としての自信を深めたい
  • 癒しが欲しい
  • 若い女性と疑似恋愛を楽しみたい
  • キャバクラや風俗の代わり

3-1.男としての自信を深めたい

もともとパパ活は、夢や目標がある女性を経済的に余裕がある男性が支援をする、という経済支援の形の1つでした。

そして現在でも、女性を経済的に支援をしてあげたいという理由でパパ活をしている男性は多くいます。

ですが、多くの男性は純粋に支援をしてあげたいから支援をしているだけとは限りません。

支援をすることで男性としての自信が深まるという側面もあるのです。

昔から男性は仕事をし収入を得て、家庭を支える役割を担ってきました。

この役割を果たすことが今でも男としての自信につながっています。

経済的に余裕のある男性は自分の家庭以外にも、経済的に困っている女性を支援することで、自分の自信をさらに深めることができるわけです。

男はプライドの塊とよく言われますが、パパ活は男性にとってプライドをくすぐる活動と言い換えることができるかもしれません。

3-2.癒しが欲しい

癒しを求めてパパ活する男性もいます。

普段は仕事でいっぱいいっぱいで気が休まらないため女性に癒しを求める。

男性心理として共感できる人も多いのではないでしょうか。

  • 女性に仕事の愚痴を聞いてもらいたい
  • 女性と一緒にご飯を食べたい

それだけでも男性はリフレッシュできます。

特に、恋愛が面倒くさい、キャバクラとかは苦手という男性にパパ活は広く受け入れられています。

パパ活が広まったことで、経済的に余裕がある男性は手軽に素人の女性と会えるようになり、癒しを得られるようになったというわけです。

3-3.若い女性と疑似恋愛を楽しみたい

癒しにとどまらず、恋愛みたいにパパ活女性と楽しみたいという男性もいます。

主に恋愛とは縁遠くなった男性が、疑似恋愛を目的にパパ活を始めています。

なぜ疑似恋愛をするのかと言うと、恋愛をしていた頃のような胸の高鳴りやトキメキを体験することで、気持ちも若くなり前向きでいられるからです。

例えば、食事をしたりプレゼントをあげたり、クリスマスなどのイベントを一緒に過ごすこともあります。

実際に恋愛中にすることをパパ活でもしているわけです。

以前はキャバクラなどがその役割を担っていました。

ですが、コロナ禍で夜の店の営業時間が短くなってしまったため、男性がパパ活にその代わりを求めるようになったのです。

3-4.キャバクラや風俗の代わり

先ほども少し触れたように、コロナ禍で夜の街関連のお店が早い時間での閉店を余儀なくされたため、キャバクラや風俗を好む男性は結果的に楽しみを奪われることになりました。

そこで代わりとして利用されるようになったのがパパ活です。

お金を払ってサービスを受けるキャバクラや風俗と、パパ活では料金システム自体に大差がありません。

キャバクラ・風俗に通う男性が、代わりにパパ活を選ぶというのは、コロナ禍において自然な流れだったのかもしれません。

しかも、パパ活女性の素人さが新鮮で良いと、キャバクラや風俗でプロの女性の接客を受け飽き飽きしていた男性たちから高評価を得ることになり、さらにパパ活男性が増えることになったのです。

4.パパ活女性が直面するリスク

リスクがあるのは女性も男性も同じ

パパ活をする女性には多くのリスクが伴います。

主だったリスクを挙げるだけでもこれだけあります。

  • 口約束なので約束を破られることがある
  • 支払いをさせられる
  • 詐欺行為にあう
  • 同意なくホテルに連れ込まれる
  • 足元を見られてお手当を値切られる
  • 相手が本気になってしまう

1つ1つ解説します。

4-1.口約束なので約束を破られることがある

パパ活といっても、きっちりと契約を交わすのはレアケース。

ほとんどの場合は口約束のみで、関係が進んでいきます。

「パパ活で被害にあった」「パパ活で騙された」という声は、SNSなどでも多数確認が可能。

パパ活をしたいと考えているのは、良いパパだけとは限りません。

むしろ、大半が肉体関係目的だと想定しておいた方が安全でしょう。

口約束の怖いところは、しれっと約束を破られる危険性があるところ。

パパ側が「そんな約束してないけど?」「君の勘違いじゃない?」ととぼければ、いくらでも約束なんて破ることができるのは想像に難くありません。

4-2.支払いをさせられる

肉体関係を結んだあとに、あろうことかホテル代を女性に払わせるパパも存在。

女性側が「きちんと払ってください!」と抗議すれば、恫喝したり、暴力行為に出る悪質なパパもいるのです。

恥ずかしい写真を撮られて「家族にバラすぞ」と弱味を握られることもありえます。

4-3.詐欺行為にあう

また第一印象が良すぎるパパも疑った方がいいでしょう。

巧妙な詐欺師ほど、良い人を演じるのが上手いのも確か。

パパ活希望の女子を利用するパパの中には、一見爽やかでコミュ力が高そうな人も紛れています。

「気づけばパパが反社の人だった」ということだってあるでしょう。

反社の人達は、暴対法のために自身の銀行口座やクレジットカードを作ることが難しいです。

そのため、他者の名義が欲しくてしかたありません。

目的は名義を手に入れることであっても、もちろんすぐに本心を明かすことはないでしょう。

巧みに色々な話をしながら、懐柔を試みるのです。

人生経験をあまり積んでいない20歳前後の女性なら、黒いパパの手練手管に騙されてしまい「私がなんとかしなきゃ!」と使命感に燃えることもあります。

パパ活においてはどこまでいってもドライな関係を保っておきましょう。

心を持っていかれると、骨の髄までしゃぶられかねません。

ピュアで罪悪感を覚えやすい女性ほど、強い警戒心が必要となるのです。

もし「私って昔からすぐ人から騙されちゃう」という人であれば、そもそも最初からパパ活をしない方が賢明です。

4-4.同意なくホテルに連れ込まれる

パパと、前もって食事だけという約束で会う約束だったのに、気づいたらホテル街に。

パパからは「人前では話しづらいから、ホテルでゆっくり話そう」などと言いくるめられ、同意のないままホテルに連れ込まれます。

女性はお金をもらう立場なので、パパに悪く思われたくないために、ホテルの流れに逆らえない人も多いでしょう。

やんわりと断ってみるものの、パパに強引に腕をつかまれ連れ込まれるかもしれません。

握力は女性よりも男性のほうが強いので、強く腕をひかれると女性は恐怖を感じます。

恐怖心から断れず、ホテルに入らざるをえなくなるかもしれません。

なかには、女性が拒否すると怒り出すパパもいます。

もしくは、「ほかの女性はみんなホテルに行ってくれたよ」などと脅してくることも。

4-5.足元を見られてお手当を値切られる

女性側は足元を見られて、パパからお手当を値切られてしまうことも多くあります。

お手当はもらえれば数万円、もらえなければゼロ。

つまりパパの気分ひとつで、下手するともらえないかもしれません。

お手当の金額を自前に決めていても、あくまで2人のなかでの口約束です。

よって、決まった金額を渡さないところで、パパを裁いてくれる人はいないのです。

お金のパワーバランスがパパにあるため、女性は下手に出るしかありません。

そんななかで「今日はこれしか持ち合わせていない」と、約束より少ない金額を渡されることがあります。

パパの言い訳はいくらでもあります。

「今日はあまり楽しめなかった」や「今月は自由に使えるお金が少なくて…」など。

「この金額で文句を言うお前は何様だ、感謝しろ」と暴言をはかれることも。

4-6.相手が本気になってしまう

特に独身でパパ活をしているパパの場合。

女性はお金の関係と割り切っているのに、パパが女性に本気になってしまうリスクもあります。

パパが本気になると、酷い場合はストーカーになることもあるでしょう。

ある程度、女性がプライベートを開示していると、徹底的に調べられてしまうかもしれません。

パパからの連絡もパパ活の内容だけでなく、より踏み込んだ会話を求めてきたりします。

会う頻度も増えてくるでしょうし、身体を求めてくる回数ももちろん増えます。

もしパパと肉体関係を結んでいるならば、避妊せずに行為を強要される可能性もあるのです。

女性にとってはちょっとしたパパ活のつもりでも、身の危険が迫ってきて初めてヤバイと気づくでしょう。

家庭をもっているパパでも、稀にパパ活で出会った女性に惚れこんでしまい、家庭を捨てて一緒になろうとする人もいます。

最悪の場合、離婚騒動になりパパの家族から問い詰められる修羅場になるかもしれません。

こちらの記事ではパパ活で起きるトラブルを男女別でまとめています。合わせてご参考にどうぞ。

 

5.パパ活とは?を解消するおすすめドラマ

「漫画でわかる○○」というシリーズがたくさん出ています。

物語を通して触れれば、自然に概念が頭に入りやすくなるのは人の性質。

パパ活への理解を深めたいのなら、パパ活を題材にしたドラマを観るのが早道です。

2017年に配信されたインターネットドラマ「パパ活」をぜひ鑑賞しましょう。

「パパ活」の脚本を担当したのは、あの野島伸司さん。

1990年代にセンセーショナルな作品を次々と生み出した伝説の脚本家です。

彼が「パパ活」のシナリオを担当したことで話題を呼びました。

ドラマ自体は、軽薄ではなく重いテーマを扱っています。

野島さんのファンもそうでない人も、パパ活が何であるかを知りたいなら作品を楽しめるでしょう。

dTVやFODプレミアムなどで、オンデマンド配信されていますので今でも観ることができます。

またTSUTAYA DISCASやゲオ(GEO)宅配レンタルなどでも、作品を借りられますので、興味がある人はぜひ観てみてくださいね。

こちらの記事でドラマ「パパ活」を解説しているのでご興味ある方はどうぞ!

 

6.パパ活相手を見つけるの使われるツール

パパ活の相手を見つけるためには、いくつか方法があります。

  • Twitter(ツイッター)
  • パパ活サイト
  • パパ活アプリ

上記3種の方法について解説しましょう。

6-1.Twitter(ツイッター)

「#パパ活」で検索すると、Twitter上にはかなりの数のパパ活に関連したツイートが見つかります。

その中には、パパ活女子を探しているパパもいれば、良質なパパとの出会いを願っている女性も存在。

Twitterはアカウントさえあれば、遠方の人ともすぐに繋がれる便利なツール。

もちろんパパ活となれば、近場にいる人の方が圧倒的に有利ですが、北海道の人が沖縄の人とやり取りを交わすことだってできるのがTwitterのすごいところ。

稼いでいるパパは、仕事で日本のあちこちを移動していることもよくあります。

東京在住のパパが、出張の時に遊べる相手を探しているケースもあります。

お金をかけずにパパとの出会いを模索するのなら、Twitterもかなり有効でしょう。

ただし、Twitterの場合、専門アプリ・サイトと違い全て自己責任になるので、トラブルが起きても自分一人で対処・解決しないといけません。

先にご紹介したリスクがあることも理解したうえで、自分で何とかするというタフな方はTwitterでのパパ活に向いています。

6-2.パパ活サイト

DROSY(ドロシー)

しっかり稼ぎたい女性が使っているのが富裕男性の集まっているパパ活専用サイト。

経済的に余裕のある男性が多く登録しているので、稼ぎたい女性ほど登録しています。

例を1つ挙げるとすると、『DROSY(ドロシー)』。

「富裕男性向けのパパ活サイト」と謳われており、女性は高額のお手当をもらいやすくなっています。

また、魅力的な女性も多いと評判です。

デートまでのステップはかなりシンプル

検索条件を設定して理想の相手を探し出し、次に連絡をとり、あとはデートするだけ。

メニューも

  • 募集
  • いいね
  • メッセージのやり取り

の、3つだけで直感的に使え初心者におすすめのサイトです。

女性は無料で全ての機能を使えて、男性も登録して相手の女性を検索するまでは無料(メッセージのやり取りから有料)。

男女ともにパパ活のメリットを感じやすいサイトといえるでしょう。

 

DROSYについてはこちらの記事で詳しく解説しているのでご参考にどうぞ。

 

6-2.パパ活アプリ

パパ活をしたいと考え中の女性にとって、テンションを下げられることの1つに、パパの年収詐欺が挙げられます。

稼いでいないにもかかわらず、稼いでいるふりをするパパはかなり多め。

そんな偽リッチとの出会いを最初から避けたいのであれば、富裕層の男性しか参加していないアプリが使われています。

例えば『paddy67』は、男性会員は1ヶ月あたり10,800円がかかりパパ活アプリとしては最も高額。

その分、稼げているパパが多いので、良いパパとの出会いも自然と増えるでしょう。

ユーザーの多くは、30代から50代の男性。女性は無料なので気軽にパパ活を始めやすいアプリです。

 

paddy67についてはこちらの記事もご参考にどうぞ。

 

その他パパ活向けのアプリ・サイトをこちらの記事でも紹介しているのでご参考にどうぞ。

まとめ:パパ活とは現状やリスクを理解して行うもの

パパ活は、

  • 肉体関係があるもの
  • 肉体関係がないもの

の2種類が存在します。

パパ活の相手を見つける手段として有効なのは、

  • Twitter(ツイッター)
  • パパ活サイト
  • パパ活アプリ

上記3つ。

「パパ活」という言葉だけ聞くと、軽いイメージを持つ人がいるかもしれません。

しかし男性の欲望が絡んでいるため、常に危険性が伴うことを頭に入れておきましょう。

男性によってはスイッチが入ると、本気になることも珍しくありません。

一定の距離を保てるようなスキルがパパ活には不可欠。

ずっと続けるよりは、「一時的にお金を稼ぐための手段」と考えている方が健全です。

関連記事

  1. ユニバース倶楽部の良い口コミ・悪い口コミ【審査で不合格になる女性の特徴も解説】

    ユニバース倶楽部の良い口コミ・悪い口コミ【審査で不合格になる女性の特徴…

  2. パパ活のやり方を現役パパ活女子が解説!初心者でも稼げるやり方を伝授

  3. パパ活アプリペイターズの口コミや評判を検証!どんな人におすすめか解説

  4. パパ活アプリのラブアン(Love&)の特徴は?安全性や体験談…

  5. Jメールでパパ活は禁止!?パパ活女子の本音の口コミも徹底解説

    Jメールでパパ活は禁止!?パパ活女子の本音の口コミも徹底解説

  6. ユニバース倶楽部の値段は?男性が払うデート代やお手当の相場も解説

    ユニバース倶楽部の値段は?男性が払うデート代やお手当の相場も解説

  7. パパ活で銀行振込は危険!?お手当は手渡しがオススメの理由4つを解説

    パパ活で銀行振込は危険!?お手当は手渡しがオススメの理由4つを解説

  8. 会わないパパ活とは?危険はある?会わずに稼ぐ方法や注意点を解説

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本