血の原因や状況で診断する夢占いの意味

夢の中ではなんでも自分の思い通り。

なんでも自分のイメージ通りにできますが、なかなか全部をコントロールすることはできません。

楽しい夢もあればそうでない夢もあるからこそ、夢でみた内容が気になるものです。

中にはその夢にどうも違和感を感じることもありますよね。特に印象の悪い夢だと尚更です。

今回はその印象の悪い「血の夢」についての夢占いを解説していきます。

この記事読めば血の夢を見た際に、どんなことを暗示しているのかが分かるようになりますよ。

1.血の夢を見るときのあなたの心理状態

血の夢をみるというのはあまり気持ちの良いものではありませんよね。

中にはヒヤヒヤしたり恐怖を覚える人もいることでしょう。少しの血の量ならまだしも、血の量が多くなると気を失ってしまう人もいるくらいなので、かなりショッキングな出来事です。

そんな夢をみた際のあなたの心理状態は「エネルギーに満ち溢れている」ということを表します。

血は生きていく上で必要不可欠なものですよね。それが転じてエネルギーになると考えられているのが夢占いです。

また、生きていく上では欠かせないお金の部分に繋がるとも考えられています。

つまり財産やあなたにとっての利益に値するということです。

この他にも場合によっては、イライラしていたり何かに怯えている心理状態であるということも考えることができます。

これは血によって気分が変わるのと同じ原理ですね。

吉夢というわけではないですが、割と良いことを暗示してくれる夢なのでひとまず安心して良さそうです。

中には悪い意味を持つ夢になることもあるので、併せて解説していきますね。

2.血の原因や出血の様子が暗示する夢占いの意味

血が出ているということは出る原因があるということですよね。

その出る原因や出血の様子によって夢への解釈が異なります。

一般的に血の夢で注目する部分は出血の量、出血の勢いです。

基本的な部分を解説しておくと、ドロッとした黒い色をした血や濁った色の血、匂いが悪い血は悪い意味を持ちます。

この場合、前述したように健康面や金銭面が悪い方向に進むことになるので注意が必要です。

体調不良や金銭トラブルには十分に注意しましょう。

このような前提を元に場合に分けて見ていくことにします。

採血による血の夢の場合

ますは採血による血の夢の場合は、体調不良を暗示しています。

採血は一般的には病院で行うものですが、そのことから連想されるように病院にお世話になることになる可能性が高いです。

今少しでも体調に不安な部分があるのであれば、早急に病院へいくことをおすすめします。

早いに越したことはないので、夢が教えてくれているうちに行きましょう。

また、今現在体調が悪い兆候がなくても、気を引き締めることが重要です。

体調は簡単に崩れるのでしっかりと体調管理をすることが大切ですね。

血尿・血便による血の夢の場合

血尿の夢の場合はお金が貯まることを暗示しています。

血はお金のことを象徴すると初めに書きましたが、まさしくこれです。血と尿という常に循環するものなので、お金もしっかりと循環するということですね。

血尿は経験者は分かると思いますが、一気には出ません。少しずつ血が混ざった尿が出ることから連想して、少しずつお金が貯まっていくことになります。

独身であればそれなりに貯金もできますが、結婚をすると生活にお金を回さなければいけなくなるので金額も減っていくのが普通です。

血尿の夢をみたら、いくらと決めて貯金していくと言うよりも%で割り振っていくと上手く貯めることができるようになります。

今定期的な貯金をしていないのであれば、夢を見てからでも貯金をするようにしましょう。

今までは余裕がないと思っていても大丈夫です。

この夢は金銭的に苦しい中でも貯金が出来ることを暗示してくれています。

自信を持ってまずは始めてみましょう。

血を吐く(吐血)する夢の場合

血を吐く夢も見るた場合、それは体調不良の兆しや貯金を失うことを暗示しています。

血が出るといっても血を吐くのは、また違った血の出し方ですよね。

本来悪い意味をあまり持たない夢ではありますが、この夢だと口から出るのでそのまま出ていってしまうという意味になります。

血を財産と考えると財産があなたの元からなくなっていくことを意味し、健康面で考えると体調不良にそのまま直結するのです。

金銭面で考えると、思わぬ出費が近い将来ある可能性が高いので、無駄なことはしないようにすることが大切です。

もちろん防ぎようのないこともありますが、リスクはなるべく減らすようにしましょう。

体調面では、健康管理が重要になってきます。

採血の夢と同じように体調にはしっかりと気を遣って崩すことのないようにしてくださいね。

生理による血の夢の場合

生理の夢は血の色が重要な情報になっていくので注意して見るようにしましょう。

赤く、はっきりとした鮮血だった場合はエネルギーが溢れていることを暗示しています。

現実でも生理の血は鮮やかであれば在る程健康的だという風に言われているので、夢の中でも良い方向として取られることが多いです。

今よりもさらにエネルギーが多くなるので精力的に行動する事ができるでしょう。積極的に行動していけば良い運気がどんどん流れ込んできますよ。

逆に黒く濁った血の場合は運気が下がっていることを暗示しています。

現実でも体調が悪いと黒く濁った血になるので、納得ですね。

今、あなたは体の不調や精神的なストレスを抱えた状態だということが言えます。

日頃の生活の中で疲労が溜まっているので、後ろ向きの状態になりがちです。

たまにはリフレッシュして気持ちを切り替えていきましょう。

顔から出血する夢の場合

顔から出血する夢は、何かに悩んでいることを暗示しています。

考えすぎで疲れているので頭の方へと血がめぐっているわけですね。考えることは悪いことではありませんが、考えすぎても物事は進んでいきません。

使いすぎると本来の力が発揮できなくなることもあるので、その点は注意したいところ。

せっかく良いものがあっても、100%の力が発揮できないのであれば宝の持ち腐れになってしまいます。

いつでも最高のパフォーマンスが発揮できるようにしておくことが大切です。

上手く休みを取って負荷をかけすぎないようにしましょう。

ちなみに目や鼻によって細かく意味も分かれてくるので、都度調べることをおすすめします。

身体から出血する夢の場合

身体から出血する夢の場合は、周りの人からあなたへの信用や信頼のエネルギーが高まっている暗示です。

そこからさらに金運に転じて、最終的にお金に繋がるようになっていきます。

身体から出血しているのになんだか不思議な解釈ではありますが、夢占いでは夢の中の出来事が現実世界では逆に現れることは珍しくありません。

不快な思いだったり、痛い思いを夢の中でするかもしれませんが、むしろラッキーくらいに思えたら夢といえど悪い気はしませんね。

このことを知っているか否かで夢に対する印象も変わってくるので、覚えておきましょう。

3.出血しているのに血が止まらない夢が暗示する夢占いの意味

出血したら誰しも止血を試みようとしますが、それが上手くいかないことはよくあります。

現実世界と同様に夢の中でも起こり得ることなので、この夢もしっかりと意味を確認しておきたいところですね。

出血しているのに血が止まらない夢は運気の流れが今までとは大きく変わってくる暗示です。

仮に今まであなたに悪いことが起きているのだとしたら、その運気は大きく変わり良い方向へと進んでいくことになるでしょう。

全般的に運気が上がると考えられているので、喜ばしいことではありますね。

ラッキーなことが起こるように積極的に動いていくのが吉です。

逆に今現在良いことが起きているのであれば、悪いことが続く前触れでもあります。

こっちの場合はあまり嬉しくはないですが、コントロールはできないので仕方ないですね。

特に現状不運なことがなかった場合には、対人関係や基本的な金運が向上する暗示であるので、悪い方向にはいかないことが多いです。

運気が大きく変わるので、正直大きなチャンスだと言えるでしょう。

チャンスを自分のものにするためにも積極的に人と交流したり、自ら動いていくことを意識すると現実にも反映されやすいです。

4.あなたが血を浴びる・血まみれになる夢が暗示する夢占いの意味

あなたが血を浴びる・血まみれになる夢が暗示することは金運の上昇です。

血まみれになるということは他の人が倒れていたり、怪我をしていたりする場合が多いでしょう。

他人の体から血が出て、あなたそれがかかるということはそのまま、金運が降りかかってくると考えて問題ないです。

あまり嬉しい夢ではないものの、夢の意味を知れば考え方も変わってきますね。

さらに人が死んでいたり、重傷で倒れていたりして辺り一帯が血だまりになっていれば、人が死ぬ夢と出血の夢の合わせ夢を見ることになります。

この場合は相乗効果で、普通の出血の夢よりも大幅に金運アップを見込むことができますよ。

複数の夢が重なることで夢の意味も重ねられるので、ぜひ注目していただきたいところですね。

またあなたが血を浴びる・血まみれになる夢は、夢を見る方の状況によっては、自分の長年の願いが叶ったり、自身にとって嬉しい出来事が起こったりすることを告げています。

5.あなたが血を拭く・洗い流す夢が暗示する夢占いの意味

あなたが血を拭く・洗い流す夢は、感情の整理と性的欲求を暗示します。

感情の整理は、今までのトラウマや良くない記憶を深層心理が排除しようとしているからだと考えるのが一般的です。

あまり気にしないと思っていても、心のどこかではやはり気になっている証拠なので、やはり払拭はしておいた方が良さそうですね。

この夢を見ている時点で吹切れる寸前なので、あとひと踏ん張りは自身で頑張りましょう。

6.あなたが血を飲む夢が暗示する夢占いの意味

あなたが血を飲む夢は運気の上昇を暗示しています。

正直なところあまりみたい夢ではありませんが、エネルギーやお金を象徴する血を飲むということは、それを自分のものにするということ。

今は上手くいっていないことが多くても、この夢を機に一気に上手くいくようになります。

エネルギーが満ち溢れ、精力的に活動できるようになるでしょう。また、お金の面でも流れが良くなってきます。

上手く使っていくことで血のように循環させていくことができるようになりますね。

ただ貯める一方だと循環も上手くいかなくなるので、しっかりと使うことが重要です。

もちろん、これは浪費というわけではなくて投資という意味合いになるので注意してくださいね。

7.あなた以外の他人の血を見る夢が暗示する夢占いの意味

あなた以外の他人の血を見る夢は全体的な運気の低下を暗示しています。

生活の乱れや日頃のストレス、仕事で上手くいかないことなどがあれば細心の注意を払いましょう。

また、一旦自分の行動を見直すことも大切です。あなたのせいで周りの人が困っていることも考えられます。

特に血を流している相手が知っている人であれば、その人に悪影響を及ぼしている可能性があるので注意をしたいところです。

しっかりと見直すことで、最悪の事態は避けられるのでリスクは回避していくようにしましょう。

まとめ 夢占いで血の意味を診断したいときは出血原因や血が出る様子に注目しよう

血の夢を見た場合の意味をまとめておきましょう。

  • 血の夢はエネルギーや金運についての意味がある
  • 血がどんな風に出ているかで意味が変わってくる
  • 良い意味では運気上昇、金運アップが考えられる
  • 悪い意味では運気低下、浪費などが考えられる

このように基本的にはエネルギーやお金が血に変わって見られるということになります。

血の色や出血状況によっても、意味が変わるので夢をみたら覚えているうちに調べておきましょう。

気色の悪い夢の内容が多い出血の夢でも、良い意味であることを知っていれば気分も少しは楽になります。

できれば違う形で同じような内容を暗示してくれることを願いたいですが、夢はコントロールできないのが現実です。

頭の隅に置いておくだけでもいいので覚えておきましょう。

関連記事

  1. 歯が抜ける夢!あなたの夢が暗示する意味 

  2. 誕生石「オパール」の魅力や特徴とは?

  3. 目的別!ダイエットにおすすめのメニュー

  4. 主婦に人気!目的別のおすすめ趣味一覧

  5. instagramの画像を保存する方法

  6. 夏休み旅行!夏におすすめの観光スポット

  7. 毛虫の夢が暗示する夢占いの意味を診断!

  8. 女子のグループ旅におすすめの海外旅行先