ハイセンスな女子は東京で落とせ!2人の距離を近づける、丸の内周辺のオトナグルメ

東京駅と言えば、名だたる一流企業がひしめき合う、日本屈指のビジネス街だ。そんな東京駅周辺でも、特にグルメやファッションへの感度が高いのが丸の内。

日頃から舌の肥えた一流のビジネスパーソンを相手にしているだけあって、ここ丸の内に集まるレストランのレベルはなかなかに高い。

今回は、ハイセンスな女子を落としたい方々のための、丸の内のデートで使える店をピックアップした。高級路線から少し敷居を下げたものまでいろいろ用意したので、店選びの参考にしてほしい。

丸の内のフレンチならここ!美食女子の舌を満足させる王道店

レベルの高い丸の内には、和食から中華、イタリアン、フレンチとありとあらゆるジャンルのレストランが存在する。しかし、ハイレベルな店が並ぶ中でもやはり際立っているのがフレンチだ。

デート相手が美食家なら、以下の店に行って失敗することはまずないだろう。

MAISON BARSAC

出典 食べログ

東京駅と聞いて誰もが思い浮かべるのは、あの赤レンガ駅舎ではないだろうか。

MAISON BARSACはそんな、東京駅のシンボルとも言える駅舎を一望できる新丸ビル5階にあるフレンチダイニングだ。

高く設計された天井と広い窓が、昼はさわやかな日の光を、夜は煌びやかな夜景をもたらしてくれ、昼と夜とでカジュアルにもシックにも楽しめる。

出典 食べログ

ここのシグネチャーは、何と言ってもフルーツをふんだんに盛り込んだ彩り鮮やかなフレンチと、ソムリエが厳選した「泡」

ランチの月替わりフルコースではシャンパーニュ「マムグランコルドン」のフリフローも提供されており、シャンパーニュとスパークリングワインの違いがわかる「泡通」にはたまらない。

昼から少し気持ち良くなったところで、休日の東京を少し散歩するのも悪くないだろう。

BARSACのオリジナルサラダ“フリュイ・エ・レギューム”はインスタ映えも必須の美しさで、目にも舌にも満足できること間違いなしだ。

フルーツのエッセンスが織り混ぜられたモダンフレンチをシャンパーニュとともに!

Felice編集長

最大8名までの個室もあるので、接待や会食、両家顔合わせにも◎

名称 MAISON BARSAC(メゾンバルサック)
住所  東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル5F
アクセス JR東京駅 3番出口 徒歩3分
電話番号 050-3374-2385
定休日
営業時間

<ランチ>
(月〜金)11:00~15:30(L.O. 14:30)
(土日祝)11:00~16:00
(L.O. 15:00)

<ディナー>
(月〜土)17:00~23:00(L.O. 22:00)
(日祝)17:00~22:00(L.O. 21:00)

予算

【夜】¥8,000~¥9,999円【昼】¥2,000~¥2,999円

BISTRO DOUBLE

出典 食べログ

グレーのビル群が並ぶ丸の内と大手町との狭間で、赤いパラソルとテーブルクロスのテラスがひときわ映えているのがここBISTRO DOUBLEだ。

パリの街角にあるビストロをイメージしており、店内はアットホームで優しい雰囲気。しかし料理は極めて洗練されたフレンチを楽しむことができる、都会の隠れ家的名店だ。

おすすめは、その日の気分でメインを選べる「プリフィクス」のWメインコース(4,500円/サ別)。食材はもちろん、その時期にしか取れないものを使用しており、なんとこの値段でスパークリングとデザートつきだ。

プリフィクスコースの内容例は以下の通り。

  • オードブル ※下記より1品選択
     - シャリュキュトリー盛合せ
     - トリュフとポロ葱のサラダ 生ハム グリーンマスタード
     - 鮮魚のマリネ 旬野菜のカルパッチョ エシャロットソース
     - フォアグラテリーヌ
     - 野菜のテリーヌ
     - 松坂ポークのパテドカンパーニュ
     - ポーチドエッグのタルタル
  • メインディッシュ ※下記より肉1品、魚1品を選択
    【魚】
     - ブイヤベース
     - 本日の鮮魚ポワレ
    【肉】
     - 牛ロースグリル(+200円)
     - 国産牛頬肉のラグー ポテトのムースリーヌと共に
     - 鴨胸肉のロースト
     - 牛ハラミのグリル
     - 鴨・豚バラ・仔羊のカスレ
     - イベリコ豚ロティ 
  • デザート ※下記より1品選択
     - ミルフィーユ セゾン
     - ガトーショコラ
     - フランス産マロンのモンブラン
     - 塩バター風味のクレームキャラメル
  • パン
  • コーヒー、紅茶

出典 食べログ

そしてここではワインリストも見逃せない。

リーズナブルな価格帯のものを中心にワインはフランス産100%の品揃え。フレッシュな味わいを楽しめる自然派から、濃厚で肉厚なボディを楽しめる王道の造り手のものまで幅広く取り揃えられており、もちろんコースには料理に合わせたおすすめのワインをソムリエが用意してくれる。

本格ビストロ料理とワインたちとのマリアージュを楽しもう。

パリの街角を思わせるビストロで気軽に楽しいフレンチを!

名称 BISTRO DOUBLE(ビストロ ドゥーブル)
住所  東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビルディング 1F
アクセス JR東京駅 丸の内北口より徒歩約3分、大手町駅より徒歩約1分
電話番号 050-5868-0642
定休日 永楽ビルに準ずる
営業時間

<ランチ>11:00~14:30(L.O. 13:30)
<ディナー>
17:00~23:00(L.O. 22:00)
(土日祝)
<カフェ>14:30~17:00(L.O. 16:00)
日曜営業

予算

【夜】¥5,000~¥6,999円【昼】¥1,000~¥1,999円

グリル満天星 丸ビル店

出典 食べログ

グリル満天星は、かつて赤坂で「頑固なフランス料理の名店」として知られていた店を前身とする洋食の名店だ。あえてフレンチの枠として紹介するのは、財政界・文壇を始めとするあらゆる美食家たちを唸らせてきたこのフレンチ仕込みの洋食を食べずして、東京の美食は語れないからである。

本店を西麻布に構えるグリル満天星は、1988年オープンの老舗レストランだ。世代を超えて愛されるご馳走洋食の味をそのまま、この丸ビルで気軽に楽しむことができる。

フレンチのバックグラウンドを持つベテランコック陣が織りなす料理は、本格的でありながらも日本人の口に合うどこか「昔懐かしい」ものばかり。開店当初の伝統を守り、ひとつひとつ手作りされた料理はただ美味しいだけではない。料理で心から安心を得られるのだ。いかに私たちが洋食を愛し、親しんできたかを全身で体感することができる。

出典 食べログ

そんな、こだわりの深いグリル満天星でも特に気を使って作られているのが長時間煮込んで作るデミグラス。昔ながらのやり方でバターを使わずに作るこのデミグラスは、さらっとした舌触りながら深いコクを備え、ビーフシチューやハヤシライスの味の根本を支えている。

ベーキライスも見逃せない。筍や玉葱、椎茸などを始めとする8種類の野菜とブイヨンで炊き上げたベーキライスは、米の芯まで旨味が染み渡り、トマトソースとの相性も抜群だ。このひと手間もふた手間もかけたベーキライスが、米料理の格を数段引き上げる

丸ビル店では、名物オムレツライス、ハンバーグなどが8品揃った「低糖質版(ロカボ)コース」も提供されている。一般的なコースと比べ三分の一にまで糖質量を落とされたその気遣いも嬉しい。

  • 前菜3品
     - シーフードマリネ
     - スモークサーモントラウト
     - みつせ鶏のスモーク
  • 温かいコンソメスープ
  • スモールサラダ
  • ハンバーグステーキ デミグラス
  • 名物オムレツライス デミグラス
  • 自家製プディング
  • コーヒー または 紅茶

【コース糖質量:約32g】

 

自慢のデミグラスソースには手を加えず、グリル満天星ならではの味を楽しむことができる。丸ビルならではのスペシャルメニューをぜひご賞味いただきたい。

フレンチの基礎に裏打ちされた完璧な洋食の味を丸ビルで!

Felice編集長

ハヤシライスからオムライス、ビーフカレー、カニクリームコロッケにチョコレートパフェ…懐かしくも美味しい料理が勢揃いで興奮しっぱなし!

名称 グリル満天星 麻布十番 丸ビル店
住所  東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 5F
アクセス JR東京駅 丸の内地下中央口改札 直結
二重橋前駅から197m
電話番号 050-3851-0915
定休日  丸ビルに準ずる ※1月1日休
営業時間

<ランチ>
(月〜日祝・祝前日)11:00~15:30(L.O.14:30)
<カフェ・通常メニュー>
(土日祝)15:30~17:30
<ディナー>
(月〜土)17:30~23:00(L.O.22:00)
(日・祝)17:30~22:00(L.O.21:00)
日曜営業

予算

【夜】¥4,000~¥4,999円【昼】¥2,000~¥2,999円

健康思考の女性にも嬉しい!丸の内周辺で野菜やロカボコースの充実したお店

デートの時くらいは羽目を外して食事を楽しみたいものだが、普段から健康に気を使っている女性とのデートなら、店選びにもこちらの気遣いを見せたいところ。

ここでは、丸の内周辺で野菜やロカボ料理の用意があり、かつハズレ無しの店を紹介する。もちろん、身体づくりに励む男性諸君にも嬉しいオプションばかりだ。

アルカナ東京

出典 食べログ

夜景も美しいワンランク上の空間で「洗練された”野菜の美食”」を味わえるフレンチがある。それがこの、KITTEの6階、2013年のオープンとともに親しまれ続けているアルカナ東京だ。

ここでは「ごちそうと健康」「驚きと優しさ」といった相反する概念を共存させ、シェフの遊び心とともに鮮やかな1皿にして提供してくれる。

バターやクリームを極力使わずに仕上げるヘルシーなフレンチは、美食でありながらも健康的で、食事に気を使っている女性と一緒に訪れるのには最適なお店だ。

出典 食べログ

コースもいいが、お祝いのシーンであればお任せで出してもらうのもいい。その日の朝に届けられる三浦半島の新鮮野菜を、味わい、食感、温度など全てを完璧の状態で出してくれる。

野菜の美食と言えど、肉料理も火入れは完璧。グリルは噛むほどに肉本来の旨味が口いっぱいに広がり、煮込みは口に入れた瞬間舌の上でとろける。

全てが計算し尽くされたバランスで、複雑でありながらも野菜のフレッシュさが活きた最高のフレンチを楽しむことができるだろう。お祝いなどの特別な日にも最適な名店だ。

洗練された美食とヘルシーな一皿が共存した、新スタイルのフレンチを東京の真ん中で!

名称 アルカナ 東京
住所  東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 6F
アクセス 地下鉄・JR各線東京駅 丸の内南口正面
KITTE 6階
電話番号 050-5872-7409
定休日 不定休(JPタワーに準ずる)
営業時間

(月〜土)
<ランチ>11:0
0~16:00(L.O.14:30)
<ディナー>
18:00~23:00(L.O.21:00)
(日)
<ランチ>11:00~16:00(L.O.14:30)
<ディナー>18:00~22:00(L.O.20:00)
日曜営業

予算

【夜】¥10,000~¥14,999円【昼】¥3,000~¥3,999円

Cantonese 燕 Ken Takase」

出典 食べログ

国指定重要文化財にも認められている東京のシンボル、東京駅・丸の内駅舎。その中にあり、100年以上もの長い歴史を誇る名門ホテル。それが東京ステーションホテルだ。

東京ステーションホテル内には上質で使い勝手も良い店がいくつもあるが、食事に気を使っている女性と来るなら間違いなくここ「カントニーズ 燕 ケン タカセ」。

オーナーシェフを務めるのは、「三鷹紅賽楼」で広東料理の修業を始め、マンダリンオリエンタル東京の「広東料理SENSE」ではミシュラン一つ星も獲得した高瀬健一氏。日本における中国料理の牽引者として活躍する彼が提唱するのは、広東料理における元来の「医食同源」を体現する、ヘルシーで栄養価の高い「アンチエイジング・ヘルシー」な極上広東料理だ。

出典 食べログ

シェフ自らが香港まで足を運び、厳選した副材料や新鮮な季節野菜を使った珠玉の料理達は、軽やかでありながらも繊細で奥深い味わいを随所に見せる。

料理を最大限楽しんでもらおうと考え抜かれたプレゼンテーションは、味はもちろんのこと、見た目にも知的にも、余すことなく料理を楽しませてくれる。

知的な相手と、ゆっくり会話を楽しみながらおしゃれに酔おう。

身も心も若返るようなニューカントニーズの世界をラグジュアリーな東京ステーションホテルで!

名称 Cantonese 燕(エン)Ken Takase
住所  東京都千代田区丸の内1-9-1 東京ステーションホテル B1F
アクセス JR東京駅 丸の内南口直結
電話番号 050-5589-2250
定休日 無休
営業時間

<ランチ>
(月〜金)11:30~14:30(L.O.14:00)
(土日祝)11:30~15:00(L.O.14:30)
<ディナー>
17:30〜22:30(L.O.21:00)

予算

【夜】¥15,000~¥19,999円【昼】¥10,000~¥14,999円

番外編 午後のデートならアフタヌーンティーも

丸の内で日々活躍しているビジネスパーソンの中には、忙しくて夜にはなかなか時間が取れないという方もいるだろう。そんな2人のデートにおすすめしたいのが、意外にもアフタヌーンティーだ。

最近は様々なホテルがこぞって趣向を凝らしているアフタヌーンティー。女子会で使われるイメージもあるかもしれないが、だからこそ、男性と一緒に行けばそれだけで他のデートと差がつく。

もちろん、甘いものが大好きなだけでも訪れる理由としては十分だ。

LOUNGE BAR Prive

出典 一休.com

LOUNGE BAR Priveは、パレスホテル内にあるラウンジだ。超高層といった出で立ちではないが、皇居を臨むその眺望は素晴らしく、またリーフ型のカウンターやテラスで演出されるシックで大人な空間は店名の“プリヴェ (仏語: プライベート) ”の通り、充実のプライベート空間を演出する。

ここで提供されるアフタヌーンティーは、フランス料理エステールのペストリーシェフが表現する減塩・低脂肪・低糖質に気を配った小菓子。クラシックでありながらフレンチのエッセンスが散りばめられたペストリーが、エレガントかつモダンなプレゼンテーションと共に提供される。

出典 一休.com

冬のアフタヌーンティー(4,600円)は午後2時半から5時までの間で予約制。6,700円でグラスシャンパンつきにもできる。シーズンごとにメニューは変更されるが、2019年の冬メニューは以下の通り。

  • アラン・デュカス ショコラ
  • 柑橘類のタルト/エキゾチックフルーツのチーズケーキ
  • アラン・デュカス ショコラのルリジューズ
  • オリーブとバジルのケーキ/キッシュ ロレーヌ
  • サーモンのガトー レモンクリーム キャヴィア
  • ピスタチオのフィナンシェ/マドレーヌ
  • レモンケーキとレモンマーマレード

何でもない日常の午後が、心地よくも美しいティータイムに早変わりする。夜とはまた違った相手の顔を見ることができるのも、アフタヌーンティーならではの特権だ。

アフタヌーンティーの予約は専用ダイヤル(03-3211-5350)から!

名称 LOUNGE BAR Prive(ラウンジバー プリヴェ)
住所  東京都千代田区丸の内 1-1-1 パレスホテル東京 6F
アクセス 地下鉄「大手町駅」C13b出口より地下通路直結
電話番号 03-3211-5319
(アフタヌーンティー専用ダイヤル:03-3211-5350)
定休日 無休
営業時間

11:30~24:00
<ランチ>11:30〜14:00
<アフタヌーン>14:00〜16:30
<イブニング>16:30〜22:00
日曜営業

予算

【夜】¥4,000~¥4,999円【昼】¥3,000~¥4,999円

まとめ

以上、東京の丸の内周辺でデートにおすすめのお店をいくつかご紹介した。

ご存知の通り、丸の内で活躍する女性陣はグルメにもファッションにも感度の高いハイセンスな「姫」たちばかりだ。そんな彼女たちの舌も心も満足させたいなら、デートのお店選びはぜひ下調べも抜かりなく行なって欲しい。

あなたの「姫」を満足させられるかどうかは、店選びのセンスと知識にかかっているといっても過言ではない。

▽こちらの記事もおすすめ

関連記事

  1. 復縁のチャンスをこの手に。あの人の今の気持ちが当たりすぎて鳥肌!まだ諦められないあなたに。

  2. チャラい男が結局モテる!元広告マンが伝授する女を落とす究極のテクbyパ…

  3. 爆美女をキュンとさせる唯一の方法 byたんぽぽ

  4. 絶対に福岡美女と出会える!福岡のオススメ相席ラウンジ5店

  5. 【永久保存版】彼の本気度を見極めるためのチェックリスト

  6. 美人習慣♡生活が退廃的になった時にすると良いこと10選

  7. 相席ラウンジで理想の男性に出会おう!システム説明からモテテクまで解説!…

  8. 【ハイスペ】モテる男性が常に意識している6つの習慣とは!?