ママ活の内容!初心者でもわかる流れやコツ

ママ活の内容!初心者でもわかる流れやコツ

目次

パパ活は聞いたことあるけれど、ママ活って何?と思いませんか?
興味はあるけどどんなことをするのか?その内容が気になる方も多いでしょう。
今回はそんなママ活について、詳しく紹介します。

この記事のポイント

  • ママ活は、余裕のある大人の女性が年下の若い男性と楽しい時間を過ごし、そのお礼にお小遣いを渡す関係。
  • 一部の男性は1ヶ月のアルバイト代の2~3倍は稼ぐが、多くは10万円未満しか稼げない
  • ママ活はヒモよりも依存度が低い
  • ママが既婚者で肉体関係を持つと違法。配偶者にバレると訴えられる可能性もあるので、ママ活前には要確認!
  • ママ活で報酬をアップさせるには3つのコツがある!
  • ママ活はあくまでも「仕事」と捉えたほうが失敗しない
  • 女性を満足させることがママ活で稼ぐ近道

ママ活ではどんなことをするのか、相場などとともに、実際にやってみたいという人のためにママ活開始までの流れなどもご紹介します。
注意点もまとめているので必ずチェックしてくださいね。

1.ママ活とは何をする?

ママ活とは何をする?
ママ活とは、パパ活の男女が逆になったパターンだと考えるとわかりやすいでしょう。
経済的に余裕のある大人の女性が、男性と一緒に食事に行ったりデートをしたりして、楽しい時間を過ごしたお礼にお小遣いを渡すという関係です。
基本的には肉体関係はなく、お小遣いは現金に限りません。一緒にショッピングに行って買ってもらったり、住む場所を提供してもらったりする場合もあります。
お金をもらうのではなく、プレゼントのみの関係を姉活と呼ぶこともあります。

2.ママ活はどのくらい稼げる?

ママ活はどのくらい稼げる?
ママ活でどれくらい稼げるのかは、ママ活のためにどれくらい時間をかけられるか、何人ママがいるのかなどでも大きく変わってきます。
大まかな相場として以下にまとめました。

  • 初回の顔合わせ…食事代は女性持ち+交通費程度
  • 1時間…3,000~10,000円程度
  • デート1回…5,000〜30,000円
  • 月極め(月4回のデート)…10万円程度

食事代は女性が支払うことが多いです。
金額には開きがありますが、以下のようなことが影響します。

  • 男性の年齢や容姿
  • 1回のデートの長さ
  • プレゼントの有無

また、不定期にまとまった金額のお小遣いをくれるママもいるので、稼げる金額は大きく差が出ます。
月に60万円稼ぐ男性もいますが、ほとんどの人は月10万円以下です。
東京のママ活の相場はこちらの記事をご参考にどうぞ。


 

3.ママ活男性を募集する女性の年齢層・特徴

ママ活男性を募集する女性の年齢層・特徴
どんな女性がママをしているのか気になりますよね。ママ活で男性を募集している女性の特徴を集めてみました。

  • 普段一緒に過ごすことのないタイプの男性と、非日常を楽しみたい
  • ママの平均年齢は40代前半(30~50代が中心)
  • 美人が多い
  • 経営者や医者も多いが、会社員もいる
  • 既婚者もいる

ママ年齢は平均すると40代が多いですが、年下ママもいて、30代の会社員がママをしている例もあります
また、医者など高収入な職業や夜の仕事をしているママもいます。
美人が多いのも特徴です。
男性と定期的にデートするのだから、見た目にも気をつけたいと思っている女性が多く、「若い頃はすごくモテた」という人がママをしています。
なぜママ活をしているのかというと、普段一緒に過ごす機会のない男性と楽しい時間を持ちたいという理由が多いです。
具体的には次のように考えています。

  • 経営者で周囲には利害関係のある男性ばかりで、対等に話をできる人がいない
  • 若い男の子と楽しく食事をしたい
  • 年上の男性に思い切り甘えたい

一部、既婚者のママもいます。
旦那と男女のときめきがないのでママ活で寂しさを埋めているのです。

4.ママ活をする男性の年齢層・特徴

ママ活をする男性の年齢層・特徴
ママ活をする男性の特徴で、パパ活との大きな違いは男性の年齢です。
通常パパ活では女性の年齢が若い方が需要が高く、お小遣いも高額になることが多いです。
奨学金の返済、留学費用、将来の起業資金、などお金が必要な大学生がしているイメージですね。
ママ活でも、メインボリュームは18歳から20代前半で、学生や社会人1~2年目くらいの男性が多いです。
しかし、ママ活ではママの方が年下という例もあり、45歳くらいの男性もママ活をしています。
また、ママ活する男性は女性を褒めるのが上手だという特徴もあります。
小さな変化を見逃さず、褒めて女性を楽しませる男性がママ活を続けられる人なのです。
同時にプレゼントをもらった時などは無邪気な笑顔を見せるなどして、ママを喜ばせるのも上手です。
そして、パパ活と共通する点ですが、あまりお金をねだらない人がママ活で稼げています。
お金をねだってばかりだとお金しか見ていないと思われて、関係が続かなくなってしまうのです。

5.ママ活とヒモの違い

ママ活とヒモの違い
ママ活とヒモの違いはルールとお互いの気持ちです。
ママ活は単発、もしくは短期間に複数回会う関係です。
定期の関係でも1ヶ月ごとにお小遣いをもらい、契約も同時に更新します。
会う頻度は多くても1週間に1~2回です。
ヒモは、もっと長期間女性に養ってもらう関係で、期限や回数に決まりを作らないことがほとんどです。
恋愛関係の延長にあることが多く、「大好きな男性の生活を支えたい」という女性の気持ちで成り立っています。
毎日会うこともあります。
ママ活よりもヒモの方が、精神的な距離も近く一緒に過ごす時間も長いです。

6.ママ活は危険?違法性はある?

ニュースでママ活で補導された高校生がいると報道をしていたのを見て「違法性があるのかも」と不安になった人もいるでしょう。
肉体関係のないママ活は法律に違反してはいません。ただし、ママが既婚者の場合は別の危険があります。
もし、ママの配偶者にママ活がバレた場合、次の理由で損害賠償を請求されるかもしれません。

  • 夫婦の生活を壊した精神的苦痛
  • 夫婦の信頼関係が崩れ離婚になる
  • 夫婦のお金を使った

また、通常不倫を立証するためには肉体関係があることを証明する必要があります。しかし、肉体関係がなくても長期間にわたり交際していたことを理由に認められた裁判の例もあります。
肉体関係を持った上でお金を受け取った場合は売春防止法にあたり、違法です。

7.ママ活するまでの流れ

ママ活するまでの流れ
それでは、具体的にママ活をしてお金を受け取るまでの流れを紹介します。

  1. ママ活男性を募集する女性を探す
  2. ママとママ活男子が情報交換する
  3. ふたりでデートをしてママがママ活男子に報酬を支払う
  4. お互い気に入れば次の約束(リピート)をする

ステップ1.ママ活男性を募集する女性を探す

まずはママと出会える場所を探します。

  • TwitterなどのSNS
  • ママ活アプリ
  • 掲示板系の出会い系サイト

これらでママと出会っている人が多いです。
ツイッターではハッシュタグを利用して呟くと、出会える確率が上がります。
この場合はママ活専用のアカウントを利用してください。
現在、ママ活専用アプリというのはほとんどありません。
ママ活NGのアプリもありますが、ママ活を規制しない出会い系アプリも多いので、その中でママ活男性を募集している女性を探していきましょう。
ママ活をしている男性が一番使いやすいと評価しているのが、掲示板系の出会いサイトです。
大手で老舗の出会い系なら、いろいろな人が出会いを目的に集まってきているのでママやママ活男性も多く登録しています。
中でもワクワクメールは登録時に無料ポイントをもらえるので、ママ活初心者がママ活を始めやすいサイトです。
ワクワクメール
登録すると1,200円分のポイントがもらえるので、出費はできるだけ抑えながらママを探したいという男性にはおすすめです。

 
 
その他のママ活向けのアプリ・サイトを知りたい方はこちらの記事をご参考にどうぞ。


 

ステップ2.ママとママ活男子が情報交換する

ツイッターのDMやアプリ内のメッセージ機能を使ってお互いの希望などを伝え合います。
この時、さっさと会う約束を取り付けてしまおうと考えず、じっくりと相手を見極めることが大切です。

  • 会うための条件(金額や時間)
  • デートの内容
  • 夢や目標
  • チャーミングポイント
  • ママ活を始めた理由

相手もあなたのことを見極めています。
自分のアピールポイントを考え、女性に「応援したい」と思ってもらえるようにしてください。
また、会う約束をしても、実際に会うまで連絡先は交換しないことをおすすめします。

ステップ3.ふたりでデートしてママがママ活男子にお手当を支払う

実際に会ってデートや食事を楽しみ、男性は女性からお手当をもらいます。
お手当はデートの終わりにもらうのが無難です。
始めにもらったほうが安心しますが、初めて会うママにいきなりお手当を請求すれば、がめつい印象がついてしまいリピートしてもらえない可能性が高くなります。
デート終わりに「今回分のお手当をもらっても大丈夫ですか?」と忘れていないかの確認も含めて、尋ねてみるのが良いでしょう。
ちなみに顔合わせだけの場合は、交通費程度の場合がほとんどです。
とは言え、デート中は女性に楽しんでもらえるように考えて行動してください。
女性に楽しんでもらえばリピートの可能性がありますし、リピートしてもらうことで報酬が上がる傾向にあります。

ステップ4.お互い気に入れば次の約束(リピート)をする

お互いに気に入れば、次の約束をします。
帰り際に「また会いたい」と伝えて相手の気持ちを確認してください。
リピートの際に確認したいのは、お手当のもらい方です。
ママ活では会う頻度によって2パターンのもらい方があります。

  • 単発・スポット…不定期の約束で、会う時にその都度お手当をもらう
  • 定期…1ヶ月分のお手当をまとめてもらい、定期的に会う

定期的に会える方が収入も安定しますし、新しく女性を探す必要もないのでおすすめです。
しかし、信頼関係を築いてからでないと定期の関係にはなれないという女性も多く、しばらく単発で交際し、その後定期に変更する例も多いです。

8.ママ活でお手当をアップさせるコツ

ママ活で報酬をアップさせるコツ
ママ活でお手当アップをしたいのなら、以下3つのコツをつかむと良いでしょう。

  1. 見た目を整える
  2. ママに「応援したい」と思わせる
  3. 自分からおねだりせずママを楽しませることを重視する

コツ1.見た目を整える

まずは、見た目を磨きましょう。最も重要なのが清潔感です。
髪を整え肌のケアをすると、印象がガラリと変わります。
そして、着古していない服を数着用意して女性に会うようにします。
身だしなみのために女性がお金を出してくれる例もあるので、会話の途中にさりげなくアピールするのも良いですね。
ママ活をしている男性の中には、次のようなものを女性に支払ってもらった経験がある人もいます。

  • 肌ケア用品
  • 質の良い服
  • ヒゲ脱毛

コツ2.ママに「応援したい」と思わせる

次に「応援したい」と思われる男性になります。
夢を持ち、それに向かって計画的に行動していることを女性にアピールします。
「やりたいことのためにバイトに行けない」と言えば、特別に支援してくれる場合もあります。
目標に向かっている男性を、ママは努力しているアイドルと同じように感じています。
女性が協力することで、目の前の男性が夢に一歩近づけるので、支援したくなるのです。

コツ3.自分からおねだりせずママを楽しませることを重視する

最後に、報酬アップは女性からのご褒美だと考えておきましょう。
ママ活で男性から報酬アップを交渉して成功した例は多くありません。反対に関係を終わらせてしまう可能性もあります。
女性をしっかり楽しませることができれば、相手から報酬アップや特別手当、プレゼントなどをママのほうから提案してきます。
例えば以下のようなポイントを抑えてママと接しましょう。

  • ママの話を聞いている時は、否定せずママのことを全肯定する
  • 「すごいですね」「尊敬します」など褒める
  • ママが荷物を持っていたら代わりに持ってあげる
  • 道を歩いてる時はママを守るように車道側を歩く

女性が「あなたと一緒に過ごすためなら、もっとお金を使ってもいい」と思えるように工夫をしてみてください。
こちらの「色気のある男の特徴」をまとめた記事は、ママ活で稼ぐ男になるためのコツにも通じるので、良ければご参考にどうぞ!


 

9.ママ活するうえでの注意点

ママ活するうえでの注意点
ママ活をする時に注意して欲しいことは3つです。

  1. 身バレ
  2. ママとは一定の距離を保つ
  3. 相手の見極めは時間をかける

注意点1.身バレ

身バレは一瞬の気の緩みが大きな問題を引き起こします。常に気を引き締めておきましょう。
主に女性への個人情報のバレと、身内や知人にママ活していることがバレる危険があります。

個人情報の取り扱いの注意点

  • 最寄駅や会社、学校を教えない
  • 女性と会うときは免許証やクレジットカードを持って行かない

 

身内や知人にバレないようにする時の注意点

  • デート先には注意
  • 自分の普段の生活圏内で女性と会わない
  • 普段の私服とママ活の時の服装を違う印象のものにする

ママ活で特に注意したいのがデートや食事先です。
女性は人気の場所に行きたいということが多く、そこで知人と会うケースが多発しています。
日程を平日にしたり、別の場所を提案してみてください。
なるべく2人きりになりたいと言ってみるのもおすすめです。

注意点2.ママとは一定の距離を保つ

また、女性はママ活だということを忘れて、本当に恋愛感情を抱いてしまうことがあります。
ママ活というビジネスだということを頭に置き、情に流されることがないようにしてください。
相手が本気になりそうだと感じたら、距離を置いたり別れを切り出す勇気も必要です。
ママが本気になるとしつこくつきまとってきたり、最悪の場合、ストーカー化することがあります。
ママが本気にならないようにするためにも、お手当はデート当日に必ずもらって、ママ活は自分にとって仕事であることを暗に伝えるようにしましょう。
また、あなたが「嫌だ」と感じるママからのリクエストには、お金をもらえたとしても応えないようにしたほうが賢明です。
受け入れてしまえばママからの要求がさらにエスカレートする可能性があります。
お金を払っていることを盾に、ママがあなたを都合良いように扱い、依存してくる可能性もあります。
ママを楽しませることは重要ですが、仕事とは言え、ママのワガママを全て受け入れる必要はありません。
自分の中で線引を決めておきましょう。

注意点3.相手の見極めは時間をかける

ママ活では始めに相手をしっかり見極めることが大切です。
早くお小遣いが欲しいからといって、すぐに会う約束を取り付けようとすれば、詐欺に遭ったりするかもしれません。
すぐに会うことを優先せず、時間をかけて相手が信頼できるまでやりとりしましょう。
どんなにたくさんやりとりしても、実際に会ってみると「思っていたのと違った」というポイントはあるものです。
会ってから断るよりもメッセージの段階で断った方が個人情報を守る意味でもリスクが少なく、会う時間も無駄になりません。
時間をかけてあなたにぴったりの女性を探してください。
ママ活詐欺の手口はこちらの記事をご参考にどうぞ。


 

まとめ:ママ活はバイトより相場が高いが女性を満足させることが大切

ママ活はバイトより相場が高いが女性を満足させることが大切
ママ活で大切なのが、女性に楽しんでもらおうという気持ちです。
女性からのお手当は、女性が楽しい時間を過ごせたことへのお礼なので、女性が楽しめなかったのならもらえないものだと考えてください。
また、ママ活はパパ活と比べても認知度が低く、相場などもしっかりとは決まっていません。
お互いが良く話し合って決めてください。
ママ活は全て自分の責任においてやるものです。
身バレやママとの距離感に注意しながら、ママはどんな人なのかを注意深く観察しながら、安全第一で進めていきましょう。
早速ママ活を始めるのであれば、ご紹介したワクワクメールを活用してみてください。
無料で登録できて、登録するだけで1,200円分のポイントがもらえます。
ママと出会って充実した生活を送りましょう!

 
 
ママ活を無料でできるアプリをこちらの記事で紹介しています。

Avatar photo

フェリーチェ編集部

follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top