ママ活サイト・アプリおすすめ5つを解説!初心者が稼ぐための選び方

ママ活に興味があるけれど、どんなところでママと出会えば良いのかがわからないという初心者の方も多いと思います。

そこで今回は

  • ママ活初心者のあなたに合ったサイト・アプリの選び方
  • ママ活男性におすすめの使えるサイト・アプリを5つ
  • ママ活で稼げるようになる方法

を紹介します。

それぞれのサイト・アプリの特徴や利用方法、口コミも詳しく紹介しているので比較してみてください。

あなたが求める異性は、どのアプリを利用しているのかよく考えることが大切ですよ。

早速、おすすめのママ活サイト・アプリを知りたい方はこちらからどうぞ!

 

1.ママ活に使えるサイト・アプリとは?

 

ママ活に使えるサイトやアプリとは、次の2つの条件を満たしているものです。

  • ママ活が禁止されていない
  • ママと出会える

現在、インターネットを介して 人と出会うことができる出会い系サイト・アプリは100個以上ありますが、中には「ママ活禁止」と明記しているアプリもあります。

また、ママ活自体が最近できた活動なので、今後禁止になる可能性もあります。

また、ママ活禁止ではなくても、異性と出会えなければ意味がありません。

サイト・アプリごとによって目的別に住み分けがされています

主に以下の通りです。

  • 友達を探す
  • 恋愛や結婚目的
  • パパ活・ママ活向き

サイト・アプリの中でも、ママ活に向いていてなおかつユーザーが多いものを選ぶと出会いやすくなります。

 

 

2.あなたの希望に合ったママ活サイト・アプリの選び方

「ママ活に向いていてなおかつユーザーが多い」サイトやアプリにも、大きく分けて2種類あります。

  • ママ活向きサイト・アプリ
  • 出会い系サイト・アプリ

どちらのほうが出会いやすい・稼ぎやすいということはなく、どちらにもママ活に積極的な女性・羽振りの良いママがいます。

ただ、あなたの希望によってサイト・アプリと合う・合わないがあるので、まずはあなたの希望をはっきりさせておきましょう。

以下、ママ活男性によくある希望を3つ挙げます。

  • 時短で効率よく確実にママと出会いたい
  • 出費を抑えながらママと出会いたい
  • 複数人のママと出会いたい&候補は多いほうが良い

希望1.時短で効率よく確実にママと出会いたい

  • 「確実にママと出会いたい」
  • 「あまり時間をかけずママと出会いたい」
  • 「ママ活に積極的な女性が多いところでママ活したい」

上記のようにママ活に積極的な男性はママ活向きサイト・アプリがおすすめです。

おすすめのママ活向きサイト・アプリ

  • SILK
  • ASOBO

ママ活向きサイト・アプリのデメリットとメリットを解説します。

ママ活向きサイト・アプリのデメリット

一部のママ活向きサイト・アプリでは、料金体系が月額プランで毎月一定額の支払いが必要になります。

例えばSILKの場合、1ヶ月で4,000円、最長12ヶ月プランであれば月額2,400円です。

基本的にこの月額料金だけで女性へアプローチができるのですが、女性に強くアピールするための機能が別料金であり、これを利用するのに1回で1,000円必要になります。

このように出費がある程度許容できるのであれば、ママ活向きサイト・アプリはおすすめです。

その理由が、これからお伝えするメリットにあります。

ママ活向きサイト・アプリのメリット

ママ活向きサイト・アプリに登録しているのは、多くがママ活について理解している女性です。

積極的にママ活をしている女性も多いので、効率よく確実にママと出会うことができるのが、ママ活向きサイト・アプリの最大のメリットです。

先ほどのSILKは1ヶ月で4,000円ですが、1ヶ月以内にママと出会ってご飯をごちそうしてもらえたりプレゼントをもらえる関係になれれば、すぐにペイできる額です。

また、ASOBOに至ってはポイント購入制なので、さらに低額で出会えて簡単にペイできる可能性があります。支払ったポイント代を大きく上回るお小遣いももらえるかもしれません。

初期費用は多少かかりますが、積極的にママ活すればデメリットを上回るメリットを得られる可能性が高いのが、ママ活向けサイト・アプリの魅力です。

希望2.出費を抑えながらママと出会いたい

  • 「最初はできるだけ出費を抑えてママ活したい」
  • 「ママ活をするのにあまりお金はかけたくない」
  • 「お金をかけられない分、時間はかけても良い」

上記のようにできるだけお金をかけずにママを見つけるのであれば、出会い系サイトがおすすめです。

おすすめのママ活専用サイト・アプリ

おすすめのママ活専用サイト・アプリ

ママ活におすすめの出会い系サイト

  • ミントC!Jメール
  • ワクワクメール

出会い系サイトのデメリットとメリットを解説します。

出会い系サイト・アプリのデメリット

出会い系サイト・アプリのデメリットはママ活目的以外のユーザーが多いことです。

出会い系サイトの登録者数は百万人単位でいて、様々な目的の人が登録しています。

友達作り・恋人探し・SNSのみの利用など、ママ活している人だけではありません。

また、出会い系サイトの料金体系はポイント購入制です。

メッセージの送信やプロフィールの閲覧によるポイント消費を避けようとすると、どうしても待ち時間が長くなります。

そのため、ママ活向けサイト・アプリと比べると、ママと出会うまでに時間がかかる傾向にあります。

出会うために積極的に動くことは大事ですが、その分ポイントを消費してしまうので、月額課金のサイト・アプリよりも結果的にお金がかかってしまうこともあります。

出会い系サイト・アプリのメリット

そもそも登録者数が多いので、使い方次第でママ活目的の女性とも出会いやすいのは、出会い系サイト・アプリのメリットです。

何百万人も登録しているので、一定の割合でママ活女性が登録していることが期待できます。

ポイントは「使い方」です。

実は、各出会い系サイト・アプリには、ママ活しても良いと思っている女性と出会いやすい掲示板などがあります。

そこで募集をかけることでママ活女性とも出会いやすくなります。

出会いやすい場所で募集をかけたり相手にアプローチをすることで、月額制よりも出費を抑えて出会うことも可能ですよ。

ポイント消費が心配な方は、1ヶ月の予算を決めておくことでお金を使いすぎてしまうことを防ぐこともできるでしょう。

何より、出会い系サイトでは登録するだけでポイントを無料でもらうことができます。

このポイントだけでママと出会うことは難しいかもしれませんが、出費を抑えてママ活したいという方には嬉しいサービスではないでしょうか。

希望3.複数人のママと出会いたい&候補は多いほうが良い

  • 「複数人のママと出会ってがっつり稼ぎたい」
  • 「上手く行かなかった時に備えてママ候補はたくさんほしい」

上記のような希望をお持ちであれば、ママ活向けサイト・出会い系サイトのどちらでも大丈夫です。

なぜなら2つのサイト・アプリの違いは

  • お金をかけて早くママと会うか
  • お金はかけず時間をかけてママと会うか

だけで、ママ活女性はどちらのサイトにもたくさんいるからです。

ご紹介したそれぞれのデメリット・メリットを踏まえて、あなたの希望に合ったサイト・アプリを選んでくださいね。

 

それでは、以下からママ活におすすめのサイト・アプリを紹介しています。

3.出会い系!ママ活におすすめのマッチングサイト・アプリ「ワクワクメール」

まず最初にご紹介するのがワクワクメール。

国内最大級の出会い系サイト・アプリのワクワクメールではママ活ができます。

 

 

 

3-1.「ワクワクメール」の特徴・利用方法

出会い系サイトから運営が続いているワクワクメールは、会員数が多く色々な人と出会えます。

基本情報

  • 運営開始…2001年
  • 会員数…800万人
  • 登録は無料
  • 入会時にもらえるポイント…1,200円相当

一般的な出会い系アプリなので、登録は無料で男性はメッセージの送信などでポイントがかかってきます。

しかし、入会時にもらえるポイントのほか認証やメルマガ購読などでポイントをもらうことができます。

特徴・利用方法

ワクワクメールの特徴です。

  • 登録者が多いので、ママ活目的の人も多い
  • パパ活目的の人がもっと多い
  • ママ活業者がいる

いろいろな人が使っているワクワクメールには、ママ活目的の女性も多くいます。

掲示板に投稿することで課金しなくてもママと出会っている人もいるので、気長に待ってみてください。

また、利用者の多いサイト・アプリだからこそ、ママ活業者もいます。

ママ活業者とは、最初に会う時に「誠意を見せて」と保証金などを払うように求めてきます。

こういうメッセージは無視して良いです。

3-2.「ワクワクメール」の口コミ・評判

業者などからメッセージがたくさん来ます。

日本語に違和感があるものは、すぐに見分けられるのですが、ときどき気づかずにしばらくやりとりしてしまうことがあります。

やはり、多くの人が一般ユーザー以外の利用が多いと感じているようです。

大きい規模のサイト・アプリではしかたないのですが、自衛の意識を持たないといけませんね。

お金をかけたくなかったので、掲示板にときどき書き込んで、ひたすら女性からのメッセージを待つという方法で女性を探しました。

すぐに見つかる感じではないですが、連絡は来ています。

急がないのであれば、ワクワクメールでも出会えます。

自分からメッセージを送るよりポイントを消費しないのでおすすめです。

また、業者かを見極めるためにはプロフィールをよくチェックするようにしましょう。

  • 欲求不満であることを書き連ねている
  • ダイレクトにエロいことが書かれている
  • すぐに会って関係を持ちたい

上記のような男性の気持ちを刺激することがプロフィールに書かれている場合は、業者である可能性が高いです。

プロフィールは必ずチェックしましょう。

ワクワクメールならプロフィール閲覧にポイントの消費をしないので、お金は気にせず見極めることができます(ただし写真閲覧には2pt消費します)。

ポイントはママ活できる相手とのメッセージのやり取りで使うようにしましょう!

 

 

 

4.30代女性の利用が多い!ママ活におすすめのサイト・アプリ「ASOBO」

ママ活をしている女性の平均年齢は40代だと言われていますが、30代女性の利用が多いアプリ、ASOBOについて紹介します。

 

 

4-1.「ASOBO」の特徴・利用方法

ASOBOは公式にママ活サイトと明言しているアプリです。

基本情報

  • 運営開始…2010年
  • 会員数…600万人
  • 男女比…6:4
  • 男性は有料
  • 入会時にもらえるポイント…1,300円相当

運営期間が長く、信頼できるアプリです。

1日1回、掲示板に無料で投稿できるので、それほど課金しなくても出会える可能性が高いです。

日記機能も良く使われており、男性も日記を書くだけでなく、ママ候補が書いている日記にコメントを残すことで、コミュニケーションを取ることもできます。

特徴・利用方法

次のような人におすすめのアプリです。

  • 初心者で、様子を見ながらママ活を始めたい人
  • 無料ポイントだけで始めたい人

ASOBOはママ活に関わる言葉がNGワードに指定されていないことも、初心者にとっては使いやすい点だと言えます。

以下のような手順で利用できます。

  1. 公式サイトで使用する端末(iPhone、それ以外のスマホ、ガラケー)を選ぶ
  2. 電話番号やメールアドレスを使って認証
  3. 個人情報を入力(性別、ニックネーム、パスワード、生年月日、地域、血液型)
  4. プロフィールを作る(写真、身長、体重など)
  5. ログインして年齢確認(アプリ、メール、クレジットカード、ファックスの4種類)

4-2.「ASOBO」の口コミ・評判

登録者が多くて、ママ活男子を募集している女性をたくさん発見できます。

女性がたくさんいるからこそ、同じ趣味を持った女性やお金のある人と出会えて、ママ活しやすいです。

登録者の多さは、出会いやすさに繋がります。

年齢層が高めの女性に連絡したら、キャッシュバッカーだったということが何度かあります。

ASOBOにはキャッシュバッカーが多いように感じます。

キャッシュバッカーとはサイト内のポイントを商品券などに変えてお小遣いを稼いでいる人のことです。

ASOBOはいろいろな目的を持った人が集まるアプリなので、キャッシュバッカーも一定数います。

キャッシュバッカーは出会うことを目的としていないので、あまりにもそっけない返信が何度もきたら、やりとりをするのを止めましょう。

ママ活を始めるときはお金に余裕がなかったので、あまり課金せずに使えるASOBOをダウンロード。

無料ポイントだけでもママ活男性を募集している女性と出会えたので、本当に助かりました。

ママ活を始めようと考えている男性の中には、経済的に苦しい場合も多くあります。

ASOBOなら課金しなくても掲示板を利用できるので、ママ活に最適ですね。

 

 

 

5.たくさんの出会いが欲しい!ママ活におすすめのサイト・アプリ「ミントC!Jメール」

 

老舗の出会い系サイト・アプリ、ミントC!Jメールではママ活ができます。

 

5-1.「ミントC!Jメール」の特徴・利用方法

ミントC!Jメールは今回紹介する中でも運営期間の長いサイトです。

運営が長いと言うことは、今までにさまざまな改善がされていて、安定した運営をしているというメリットがあります。

基本情報

  • 運営開始…2000年
  • 会員数…600万人
  • 男性は有料
  • 入会時にもらえるポイント…1,000円相当

特徴・利用方法

ミントC!Jメールの特徴は以下の3つ。

  • 誘い飯掲示板がある
  • ポイントをもらう方法も豊富
  • 詐欺や業者もいる

ミントC!Jメールのユニークな点は、誘い飯掲示板があることです。

一緒にご飯を食べに行く相手を探すための掲示板で、ここで「ご飯を奢ってください」と書けば、ママを募集できます。

また、いろいろな方法でポイントがもらえます。

web版限定のものやアプリ限定のものがあるので、使い分けて効率的にポイントを貯めてください。

登録方法に特別変わったことはなく、一般的な出会い系サイトと同じです。

5-2.「ミントC!Jメール」の口コミ・評判

大手なので仕方がないですが、キャッシュバッカーやサクラ、業者がいます。

数が多いとママ候補からのメッセージが埋もれてしまうので、困ります。

登録者が多いと、出会い以外を目的にしているユーザーが増えます。

運営の対処が間に合っていないのも事実です。

通報だけして、無視しておく以外にありません。

年齢層が他の出会い系のサービスより高め。

ママ活するには丁度良いと感じています。

大手サイトなので、登録者も多く安心感もあるので、使ってよかったと思いました。

大手だとサポート体制が充実しているので、初心者でも安心して使うことができます。

また、登録者が多く年齢層が高い分、ママ活男子を募集している女性と出会える確率が上がります。

 

 

6.会話やデートを楽しむのが目的!ママ活におすすめのアプリ「SILK」

画像引用:シルク公式サイト

 

 

ママ活アプリとして誕生したSILKについて紹介します。

6-1.「SILK」の特徴・利用方法

SILKは大人の女性と20代男性のマッチングサービスとして始まった、初めてのママ活専門アプリです。

基本情報

  • 運営開始…2018年
  • 男性が無料で使える
  • 女性の平均年齢は30代

SILKは新しいアプリです。

ユーザー数も1.5万人ほどと他のアプリと比べると少ないでしょう。

しかし、ママ活をしている人しか登録していないので使いやすいです。

特徴・利用方法

SILKには以下のような特徴があります。

  • 金銭のやりとり禁止
  • 既婚者やパートナーがいる人の利用は禁止
  • 検索は有料会員になってから
  • アプリ以外にLINE版やWEBサイト版もある

SILKでは金銭のやりとりが禁止になっています。

美味しい食事やプレゼントのみとなるので、ママ活の収入だけで生活したい人には不向きです。

しかし、大人の女性と出会いたい人や、社会勉強をしたい人に向いています。

また、既婚者が登録していないので損害賠償請求される危険は低いです。

ネックなのは無料会員だと検索ができないこと

アプリ以外にLINE版やWEBサイト版もあり、アプリでママ活していることが知られたくない人はこちらを使うと良いでしょう。

6-2.「SILK」の口コミ・評判

一足先に社会人の生活を見てみたくて、登録しました。

自分たちの身の周りでは聞けない話を聞けてよかったです。

特に、年齢が近めのお姉さんが仕事の話をしてくれたときは、就職に向けた不安があった時で、「大人も同じようなことで悩んでいるんだな」と安心できました。

金銭のやりとりが禁止なので、人脈や経験などお金以外に得られるものを重視している男性が多く登録しています。

あまりお金に余裕がないので、普段の食事は寂しい感じです。

なので、ときどきSILKでママ活して、美味しい食事に連れて行ってもらいます。

自分の中でご褒美の場合も多く、「試験をやり遂げたから、美味しいものが食べたくて」と言うと、ママが奮発してくれます。

大学生だからこそ試験前などはバイトも入れられず、試験後に金欠におちいることも多いです。

そんな時にママ活で美味しいご飯に連れて行ってもらえば、次の試験も頑張れます。

検索機能がないのは使いにくいです。

プロフを見ると、また一番上から見直さなくてはいけないので、二度手間にもなります。

あと、みんな顔写真を載せているので驚きました。

イケメン率の高いSILKは、顔写真を載せている男性がとても多いです。

全く顔出しNGとなるとなかなか選ばれなくなってしまいます。

選ばれやすくなるために顔写真は必須ですが、写真が苦手という方もいるでしょう。

ですが、印象が良くなるためのコツがあります。

  • できるだけ笑顔で写った顔写真を載せる
  • 清潔感のある服装を着る

この2つだけで女性からの第一印象は良くなるので、SILKを使う際はぜひ試してみてください。

 

 

 

7.1000万人以上の会員数!ママ活におすすめのサイト・アプリ「PCMAX」

1000万人以上の会員数を誇る出会い系サイト・アプリ、PC MAXでもママ活ができます。

7-1.「PCMAX」の特徴・利用方法

大手の出会い系サイト・アプリとして昔から根強い人気がある「PCMAX」、年下男性と出会うために利用している女性もたくさんいます。

基本情報

  • 運営開始…2002年
  • 会員数…1400万人
  • 男性は有料
  • 入会時にもらえるポイント…50pt(500円相当)

なんといっても、他の出会い系サイト・アプリに比べて会員数が圧倒的に多いです。

会員数が多いほど良いママに出会えるチャンスが広がります。

特徴・利用方法

PCMAXの特徴です。

  • 会員数が多く年下の男性と出会いを求めている女性が多い
  • 業者も多い
  • 掲示板を使えばポイントがかからない

ユーザー数がとにかく多いので、ママ活している女性と出会える確率が高い反面、業者も多いです。

いきなり「会いたいです!」とか「あなたのことがタイプです!」といった連絡届いたら、ほぼ業者(サクラ)ですので無視してください。

また、掲示板検索を使えば無駄なポイントを使うことなく目当ての女性を見つけることができます。

PCMAXを上手に使うためには、この掲示板検索をいかに攻略できるかがポイントです。

掲示板検索は積極的に利用するようにしてみてくださいね。

7-2.「PC MAX」の口コミ・評判

PC MAXは一般的な出会い系サイトと同じでポイントを消費して楽しむサービスです。

掲示板検索を上手に利用して多くの女性と出会うことができました。

掲示板は書き込みが無料なので、掲示板を見てメッセージをくれた女性とやりとりをすることで出会う確率が上がります。

PCMAXは無料で掲示板の書き込みができます。

書き込みの見せ方によって女性から連絡してくる確率が高まります。

過去に業者だと知らずメールのやりとりをしてポイントを無駄にしたことがありました。

最初から「会いたい!」とか、プロフィール写真を載せていないのに「タイプなので連絡しました!」といったメッセージは間違いなく業者です。

この手のメッセージに返信しなければ楽しく遊べる出会い系サイトです。

いきなり相手からアプローチを仕掛けてくるメッセージは業者です。

これはPCMAXに限らず、他の出会い系サイト・アプリでもよくあることです。

業者には返信をしないように気をつけましょう。

真剣な交際相手よりも、飲み友やお茶友であればすぐに見つかります。

アダルト掲示板にいる女性は営業目的の子が多いのでアダルト掲示板はあまり利用しませんでした。

趣味が同じ人にアプローチをしたらすぐに出会えました。

趣味検索を使えば女性と出会える確率が上がります。

ママ活している女性と出会いたいのであれば、アダルト掲示板を使うよりも、趣味検索で女性を探す方が効率が良いでしょう。

 

8.出会い系サイトを使ってママと出会うためのコツ

出会い系サイトを使ってママと出会うためのコツ

出会い系サイトは登録すると無料でポイントが付いてくるので、ママ活を始めやすいのが大きなメリットです。

ですが、この無料ポイントだけだと

問題点

  • 希望のママがなかなか見つからない
  • メッセージのやり取りだけで会う約束までたどり着かない

と、ママに会えない人もいます。

せっかく出会い系サイトにまで登録したのに、希望のママに会えないなんて避けたいですよね。

実は、出会い系サイトで希望通りのママを見つけ出して実際に会えるようになるには、コツがあります。

  • ステップ1:プロフィール検索のコツ
  • ステップ2:メッセージのやり取りのコツ

2つのステップに分けてコツをご紹介しましょう。

ステップ1.プロフィール検索で候補を絞り込む

プロフィール検索で候補を絞り込む

まず、ママ活できる相手をちゃんと絞り込んでアプローチしましょう。

ここを間違えるとポイントがいくらあっても足らなくなります。

年齢

20代後半(アラサー)から50代に設定します。

年齢が若すぎると恋人探しや友達作りの女性が出てきて、ママ活できる女性と出会いにくくなるので注意しましょう。

「ピュア」ジャンルで探す

出会い系は主に

  • ピュアな出会い
  • アダルトな出会い

を探せるよう設定されていますが、ここは必ずピュアな出会いを設定してください。

アダルトな出会いにはほぼ業者しかいません。

男性の下心をくすぐるような誘いや金銭授受の話をよく見かけますが、援デリ業者や他サイトに誘導してお金を巻き上げようとする業者であることがほとんどです。

間違ってもアダルトな出会いで探さないようにしましょう。

話し相手を探している人に絞り込む

出会いサイトは目的別でプロフィール検索できるようになっています。

この時に話をすることを目的にしているジャンルを選びましょう。

サイトにもよりますが、例えば

  • お茶したい
  • 悩み相談

といった話し相手を探しているジャンルを選んでください。

話し相手を探しているということは、相手の女性は話を聞いてもらうことに価値を感じているということです。

当然、話を聞くだけでお小遣いがもらえるママとも出会いやすくなります。

フリーワードは「ママ活」より「年下」

フリーワードを入れることもできる場合は「年下」を入れるのがおすすめです。

プロフィールに年下男性に興味があることを書いてる女性には、ママ活しても良いと考えている女性が一定数います。

ですが、直接ママ活したいと言う女性はほとんどいません。

ネット上とは言え、多くの女性はママ活していることを公言することは恥ずかしいと感じるためです。

逆に、「ママ活したい」など明言している女性の場合は、業者である可能性が高いので避けるようにしましょう。

「ママ活」で検索するのも控えてください。

デート費用は「相手と相談して決める」1択

デート費用を決めることができる場合は「相談して決める」1択にしましょう。

その他の選択肢で検索すると、男性がお金を払うことを望んでいる女性が出てきてしまいます。

仮に会うことになっても自分もデート代を払わざるを得なくなるので、必ず「相手と相談して決める」を選びましょう。

ステップ2.メッセージのやり取り

メッセージのやり取り

検索して良さそうなママを見つけたらメッセージを送ってやり取りを始めましょう。

まずは足あとを残す

メッセージを送る前に相手のプロフィールを訪れて、まずは足あとを残すようにしましょう。

その後、相手も自分のプロフィールを訪れて足あとを残してくれれば、興味を持ってくれた証拠です。

その足あとを返してくれた相手にメッセージを送るようにしましょう。

足あとを残しても足あとを返してくれない女性は、メッセージを送ってもスルーされる可能性があります。

そういう女性は一旦保留にしておきましょう。

後日、足あとを返してくれた時にメッセージを送ると良いでしょう。

ただし、このやり方はプロフィール閲覧でポイント消費しない出会い系サイトにのみおすすめです。

中にはプロフィール閲覧にポイント消費するサイトもあるので、そういったサイトの場合は

  • 最初からメッセージを送る
  • 足あとでポイント消費するのは割り切って足あと返しする人を見極める

ようにしましょう。

聞き役に徹して相手にとって「良い話し相手」になる

メッセージのやり取りが始まったら聞き役に徹しましょう。

プロフィール検索の絞り込みでもお伝えしたように、相手は話しを聞いてほしくてあなたとメッセージをしています。

相手が気持ちよく話せるように、相手の話に共感したり質問をして、相手の話を促しましょう。

注意点として、メッセージのやり取りを始めたばかりの段階で「ママ活」というワードは一切出してはいけません。

メッセージを始めたばかりの段階で「ママ活」というワードが出れば、そのつもりがない女性からすると引いてしまうのでメッセージも途切れてしまいます。

むしろ、ママ活というワードは極力出さないまま、メッセージのやり取りをして関係を築いていきましょう。

5回以上やり取りが続いたらスマホアプリでのやり取りを打診する

いつまでも出会い系サイトでやり取りをしていても、あなたのポイントが消費されてしまいます。

なので、頃合いを見てLINEやカカオトークなど別のスマホアプリでやり取りができないか打診しましょう。

個人的な感覚ですが、最低でも5回はやり取りが続いたら打診してみてください。

多くても10回やり取りが続けば、ほぼ間違いなくLINEやカカオトークなどのIDを教えてくれます。

早すぎるとやり取りが切れてしまうこともあるので注意しましょう。

また、スマホアプリのIDを教えてくれるということは、ある程度あなたとの間に信頼関係ができている証拠です。

スマホアプリでのやり取りに移ってから会う約束をしたほうが、会える確率も大幅にアップします。

出会い系サイトでの最終ゴールは、スマホアプリのID交換と考え、やり取りを進めてみてください。

補足:ポイントが無くなりそうになったら少額の課金を

ポイントが無くなりそうになったら少額の課金を

メッセージのやり取りをしている途中で、ポイントがなくなりそうになることが当然あります。

そういう時は割り切って課金をしましょう。

メッセージのやり取りができるようになった相手がいるなら、そのチャンスをみすみすムダにしてしまうのはもったいないです。

少額の500~1,000円くらいで構いません。スマホアプリのID交換ができるくらいまでメッセージを続けましょう。

焦って早い段階でID交換を持ちかけても断られたり、やり取りが切れてしまうこともあります。

ママができれば投資額は簡単に回収できるので、1,000円くらいは投資と割り切ってあらかじめ準備しておくのも良いかもしれません。

出会い系サイトでママと出会うためのコツまとめ

ママと出会うためのコツまとめ

  • プロフィール検索でママになってくれそうな女性の条件を絞り込んで探す
  • 足あとを残して、相手も返してくれたらメッセージを送る
  • メッセージのやり取りでは聞き役に徹する
  • サイト内でのメッセージのやり取りではスマホアプリのID交換がゴール
  • ポイントがなくなったら少額で良いので課金をする

出会い系サイトでママと出会うためのコツを、プロフィール検索とメッセージのやり取りの2つに分けてまとめました。

感覚的にアプローチしていても、失敗してしまうことは目に見えています。

ポイントも限られているので効率よくアプローチをしないと、結果的にポイントを大量に買うことになってしまいます。

ママ活を成功させるためにもお伝えしたコツを活かしてママ活に取り組んでいきましょう。

プロフィールの閲覧にポイントが消費されない出会い系サイトですが、ご紹介した5つの中だとワクワクメールがそれに当たります。

出会い系サイトでママ活したいという方にはおすすめですよ。

 

 

 

9.実際にママと会った後の稼ぎ方

せっかくママ活するのであれば効率よくたくさんお小遣いをもらいたいですよね。

でも焦りは禁物。ママ活ではママと良い関係を作れる人が稼げるようになります。

その具体的なやり方以下の順で紹介します。

  1. ママ活の相場
  2. ママ活ではママを楽しませる・癒やす存在になること
  3. 初回は2回目につなげるための布石
  4. 3回目までは関係を温めよう
  5. 4回目以降に徐々にリクエストをしていく
  6. 最終的にママが手放したくない存在になる

9-1.ママ活の相場

ママ活でよくあるプラン料金の相場を以下にまとめました。

初回(顔合わせ) 0~5,000円
(もしくは交通費のみ)
2回目以降 3,000~5,000円/時間
食事・デート 10,000~30,000円/回

定期(月極)

50,000~100,000円/月

相場なのであくまで目安としてください。

イケメンであるとか、ママを楽しませる自信があるという方は最初からもう少し高めに料金設定しても良いでしょう。

ただし、最初から高い料金だとママからのリピートも少なくなり、結果的に稼ぎにくくなってしまうので料金を設定する時は自分の価値をよく見定めて決めるようにしましょう。

  • ママから何度もリピートしてもらえる関係を築く
  • 何度もリピートしてくれるママが複数人いる

ことが稼ぐ上では欠かせないので、初心者の方や自信がない方は相場の最低額から始めてみてください。

9-2.ママ活ではママを楽しませる・癒やす存在になること

ママ活における男性の価値とは何かというと、いかに

  • ママをトキメかせるか
  • ママを楽しませるか
  • ママを癒せるか

にあります。

男性が話をして盛り上げるというイメージがあるかもしれませんが、実際は逆です。

会っている時もママの話を聞いてあげることが重要です。

なぜなら女性は話すことでストレスを発散しているためです。

ある研究では、女性は1日に男性の3倍近くの単語を話しているとも言われています。

話を聞いてストレスを発散してもらうことが、女性を楽しませる・癒やすことになるわけです。

やはりここでも聞き役に徹しましょう。

  1. 話を引き出すための質問をする
  2. 適度にうなずく
  3. 共感をしてあげる
  4. 意見を求められたらママを肯定するような考えを伝える

上記4つのポイントを抑えて聞き役になりましょう。

  • 「何かあったの?」
  • 「それでどうしたの?」
  • 「詳しく教えて」

など相手に話すことを促すように質問を投げかけましょう。

聞いてる時は

  • 「うんうん」とうなずく
  • 「なるほど」「そっか~」とリアクションをする
  • 「大変だったね」など優しい言葉を伝える

など、ママが気分良く話せるようにしましょう。

「どう思う?」とママから聞かれることもあるので「ぼくもそう思うよ」と、ママを肯定する意見を伝えることが大事です。

ママの考えと対立するような意見は絶対NGです。

「それは違うと思う。だって・・」

と、正論を言おうものならママが不機嫌になってその後会うこともなくなるので注意しましょう。

ここまでがママ活で稼ぐための基礎知識です。

次からは会う回数別で、あなたが稼ぐためにママ活で取るべき行動を紹介していきます。

9-3.初回は2回目につなげるための布石

ママ活で稼ぐには、いかに定期的に会える関係をママと築けるか?が重要です。

そのため、初回の顔合わせは2回目につなげるための布石と考えましょう。

初回はお茶でもご馳走になりながらママに楽しんでもらい、

  • お小遣いはもらわない
  • 交通費程度にとどめておく

のが賢明です。

なぜかと言うと、そのほうがママの好感度が高くリピートされやすくなるからです。

ママが求めているのはトキメキや癒やしで、お金はその対価です。

ですが、最初から高額なお金が発生することがわかれば、「お金であなたとの時間を買っている」ことが露骨に伝わってしまい、女性としては切なくなります。

つまり、女性の気持ちが冷めてしまうんですね。

そのため、初回はご馳走してもらうだけでOKとしましょう。

もしお小遣いを払うと言われたら断るか交通費だけもらって

「僕も楽しかったので良ければ次も会いたいです。その時にまた頂けると嬉しいです。」

と伝えましょう。

謙虚な姿勢は好感度が高く2回目につながりやすいです。

9-4.3回目までは関係を温める

2回目・3回目はママとの関係を温めましょう。

初回のようにママの話の聞き役に徹してください。

初回と違いお小遣いはもらいますが、あまり高額にならないようにするのがポイントです。

例えば、

  • 時給であれば3,000円程度
  • 1回の食事・デートであれば10,000円程度

と相場の最低額をもらうようにしましょう。

ただし、ママからどうしてももっと払いたいと伝えてきた時は、素直に受け取ることも良好な関係を築く上で大事です。

3回目まではとにかくママにとって居心地の良い関係を作ることを徹底しましょう。

9-5.4回目以降に徐々にリクエストをしていく

ママとの関係が温まった4回目以降にあなたからも少しずつリクエストをしていきます。

2回目・3回目でママと良い関係を築けていれば、ママもあなたの要望も聞いてくれるようになっています。

と言え、いきなりハードルが高いリクエストは関係を壊すのでやめましょう。

ママが「そんなこと?」と思えるようなリクエストをすることがポイントです。

例えば、

「いつも履いてる靴下に穴が空いちゃったからユニクロで買ってくれないかな?」

という程度のリクエストです。

実際に買ってもらったら次は

「今月バイト代が少なくてスマホ代が払えないから3,000円多めにもらえると嬉しいな」

という程度。

このように少しずつ、リクエストを大きくしていきます。

これを心理学用語で「フットインザドア」と言います。

相手が応えることができるくらいの小さい要求から徐々に大きな要求にしていくというテクニックで、最初に良好な関係ができていればできているほど効果も高くなります。

良い関係が築けていると、むしろママのほうから気にかけてくれて足りないものや欲しい金額を聞いてくれます。

9-6.最終的にママが手放したくない存在になる

ママにとって心地いい関係で、ママがリクエストにも難なく応えてくれるようになる頃には、ママのほうから「次はいつ会える?」とリクエストされるようになります。

そうなればママがあなたを手放したくないと思い始めた証拠です。

定期的に会うようになってきたら定期・月極を申し出てみましょう。

目安としては6回目~10回目の間で申し出るのが理想です。

ママを楽しませることで、あなたのリクエストは通りやすくなり、徐々に稼げるようになっていきます。

最終的にママのほうから「会いたい」と言われるような存在になるようママ活に取り組んでみてください。

ママ活でお金のほかにもらえるプレゼントや、相場より多くお小遣いをもらう方法はこちらの記事でも紹介しているのでご参考にどうぞ!

 

まとめ ママ活でサイト・アプリを使うときは自分の条件に合ったものを選ぼう

ママ活に使えるサイト・アプリとは、

  • ママ活を禁止していないサイト・アプリ
  • ママ候補の女性と出会えるサイト・アプリ

ママ活に向いていてなおかつユーザーが多いサイト・アプリとは、

  • ママ活向けサイト・アプリ
  • 出会い系サイト

「ワクワクメール」の特徴とは、

  • 会員数が多い
  • 登録料は無料、入会時に1,200円分のポイントがもらえる
  • 掲示板を利用して、課金せずにママ候補と出会っている人もいる

「ASOBO」の特徴とは、

  • 出会い系アプリの中でも珍しく、ママ活を公認している
  • 30代女性が多く登録している
  • 男性は有料だが、入会時に1,300円分のポイントがもらえる
  • 使用する端末を選んで登録する

「Jメール」の特徴とは、

  • 運用開始が2000年の老舗サイト
  • 会員数も多い
  • 男性は有料だが、入会時に1,000円分のポイントがもらえる
  • 誘い飯掲示板でご飯を奢ってほしいと書き込むママ活男子多数

「SILK」の特徴とは、

  • 2018年に運営を開始したママ活専門アプリ
  • 男子大学生と大人の女性しか登録できない
  • 大学のメールアドレスを使って登録
  • 男性無料
  • 検索ができない

PCMAXの特徴とは、

  • 会員数が他の出会い系サイト・アプリと比べて圧倒的に多い
  • 業者からのメールも多い
  • 掲示板を上手に利用すればポイントを無駄にせず女性と会える
  • 無料登録で500円分のポイントゲット!

今回はママ活に使えるサイト・アプリを5つ紹介しました。

それぞれに特色があるので、自分にとって使いやすいものを選ぶことが大切です。

まずは金銭面です。

男性が無料で使えるのか、有料になるのかの違いがあります。

初心者は無料の出会い系サイトやアプリで練習するのも良いですね。

ただし、ママが見つかるまで時間がかかってしまう場合もあります。

有料サイト・アプリはライバルが減るというメリットがあります。

短時間でママを見つけたい場合におすすめです。

また、有料サイト・アプリでもポイントを貯めることで課金なしで使える場合もあります。

サイトやアプリごとに集まっている人に差もあります。

ママ活向けサイト・アプリなら問題ありませんが、出会い系サイト・アプリには出会いの目的が違う人も集まってきているので、その中からママを発掘しなくてはいけません。

ママ候補を見つけるために、ご紹介したコツを是非活かしてください。

ママ活が初めてというあなたでも稼げるように、あなたに合ったママ活サイト・アプリを使ってくださいね。

 

各地域のママ活事情を別記事でまとめています。

東京はこちら!

大阪のママ活事情はこちら!

福岡のママ活事情はこちら!

関連記事

  1. 婚活をやめたい女性はちょっと待って!やめる前に行いたい3つのステップ

  2. おすすめラインアイコンの設定・変更方法

  3. 関東地方で冬に訪れたい観光スポット18選

  4. ゴールデンウィーク!穴場の海外旅行13選

  5. ダイエットとカロリーの関係を徹底解説!

  6. パパ活のデメリットとメリットをパパとパパ活女子別で紹介

  7. 今さら聞けない洋服の種類・特徴をチェック

  8. 大阪の趣味コン事情!参加方法や注意点は?