ママ活したい!募集サイトやデートの流れからテクニックまで伝授

  • ママ活をやってみたい!
  • デートするだけでお金を稼ぎたい!
  • 年上の女性と過ごしたい!

このような男性は多いですよね。

実際にママ活をやってみると簡単なものではなく、そもそもママに興味をもってもらえない可能性も。

しかし、募集のテクニックを身に付けたり、経験を積んだりすることで、いいママと巡り合える確率がグンと高くなります

今回は、ママ活募集のテクニックや、おすすめのママ活募集サイト、ママと知り合ってからのデートの流れなどをまとめました。

ママ活に興味がある人や、肉体関係について気になっている人は、ぜひチェックしてみてください。

そもそもママ活とは?

ママ活というのは、男性が年上女性(ママ)とデートや食事などのお相手をすることで対価として金銭をもらうこと(活動)をいいます。

いわゆる、女性が年上男性(パパ)相手に同じことをしてお小遣い稼ぎをする「パパ活」の逆バージョンです。

「それって需要あるの?」「ホストで事足りるのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、プロはサービスが完璧な分コストもかかります。

よほどの富裕層の女性でない限り、毎回ホストに通っていては資金面が厳しいのです。

また、「プロより素人娘の方がいい」という男性と同様に、フレッシュな男性を求める女性もいます。

コスパと気軽さから、ママ活需要はパパ活並みに多いのです。

ママ活募集サイト・アプリおすすめ5選

今や出会い系のアプリやサイトは、とてもたくさんあります。

実はママ活をする上でも、これらの募集サイトはとても役に立つのです。

最大のメリットはやはり「手軽さ」。

家で寝転んでいてもスマホでポチポチするだけでお金を持っているママと繋がることができる点は、他の方法にない最大のメリットでしょう。

デメリットは、アプリやサイトによっては有料になってしまう点です。

運営側もコストを支払って運営しているので、相応の利益を求めるのは当然。

しかし、今から紹介する募集サイト・アプリは、上手に使うことで無料もしくは非常に低額な資金でママと会うことが可能です。

  1. ワクワクメール
  2. ASOBO
  3. ミントC!Jメール
  4. SILK
  5. Twitter

ママ活募集サイト・アプリ1.「ワクワクメール」

ママ活募集サイト・アプリとしておすすめできるのが、「ワクワクメール」です。

「ワクワクメールは恋愛の方に重視しているイメージがあって、ママはいないのでは?」と思うかもしれません。

実はきちんとした恋愛をしたいと思っているからこそ、ママは恋愛方面に重視しているワクワクメールに行く傾向があります。

ママの立場になって考えてみてください。

旦那や彼氏がいるけれども、お金だけあって遊びに行けない。

女性は基本的にきちんとして恋愛を楽しみたい人も多く、たとえママ活であっても恋愛要素を求めているのです。

だからこそ恋愛方面のイメージが強いワクワクメールを利用します。

ワクワクメールの最大の魅力は、会員登録無料、新規登録で最大120S(1,200円分)をもらうことができること。

1,200円分だけ使えれば、書き込みや画像閲覧・メッセージを送るなどの機能を十分に利用できます。

出費を抑えたいなら一人に絞るなどの工夫が必要ですが、それでも大盤振る舞いです。

しかも他のマッチングアプリ・サイトと違って、プロフィール閲覧ではポイントが消費されません。

プロフィールには顔・全身写真なども載っているので、どんな見た目か知りたい男性はプロフィールを見ているだけでポイントがなくなってしまうこともあります。

そんな心配がなく、メッセージのやり取りなどに集中してポイントを使えるのもワクワクメールの大きな魅力でしょう。

恋愛をしたいママに会いたいならワクワクメールです。

また会員数が800万人もいるので、複数のママと出会える可能性が高いのも魅力です。

3人ママがいるだけで、仕事1ヶ月分の収入を超えてしまうことだってありえます。

ポイントプレゼント&無料会員登録はこちらのワクワクメール公式サイトからできます!

料金 【男性】
100pt:1,000円~
【女性】
無料
年齢層 20代~30代
検索機能
安全性

ポイントをゲットして無料でママ活!

ママ活募集サイト・アプリ2.「ASOBO」

出会い応援マッチングとして有名な「ASOBO」は、さまざまな趣味の人と交流ができるサイトです。

アプリにも対応しており、iPhoneでもAndroidでも利用可能です。

主なコンテンツは「掲示板」「2人きりでのチャット」「メール」です。

ママ活をするといっても、やはり共通の趣味がある方が会話もしやすいです。

ママの方だって楽しい会話や遊びができれば、思わず懐も緩むものです。

気になるのが使用料金だと思います。

実はASOBOでは無料機能が多く、検索や掲示板投稿(1日1回)プロフ閲覧など多数を無料で行えます。

有料機能もありますが1pt(10円相当)から使える機能なので、狙いを絞って利用すれば低額でママと会えるでしょう。

そして、気になるのがサイト利用後に法外な請求がくることではないでしょうか?

ASOBOは完全先払い制になっており、使用した機能分だけの請求となります。

この点を見ても安全にママを見つけられる素晴らしいサイトであると言えるでしょう。

料金 【男性】
60pt:860円~
【女性】
無料
年齢層 20代~40代
検索機能
安全性

低額でママと会える!

ママ活募集サイト・アプリ3.「ミントC!Jメール」

ミントC!Jメールは18年以上の実績を持つ、いわば古参の出会い系サービスです。

アプリにも対応しており、iPhoneでもAndroidでも利用可能です。

18年の実績は伊達ではなく、会員数は600万人で全国のさまざまなところに会員がいるのが特徴です。

ママを見つけたいと思っても、会員の絶対数が低いアプリやサイトを利用しても意味がありませんからね。

ミントC!Jメールは基本的にワクワクメールと同じやり方で相手を見つけられます。

気になる相手を探して、メッセージでやり取りをして会だけ。

ミントC!Jメールも公式サイトからの登録が無料、さらに最大1,000円相当のポイントをもらえるので、上手くやりくりすれば無料分だけでママを見つけられるでしょう。

料金 【男性】
155pt:2,000円~
【女性】
無料
年齢層 20代~40代
検索機能
安全性

大勢のママの中から選りすぐり!

ママ活募集サイト・アプリ4.「SILK」

SILKは、年下男性と年上女性のマッチングを目的にしたマッチングアプリ。

以前は男性は大学生限定でしたが、現在は、男性は20代であれば誰でも登録できるようになっています(そのため30歳以上は登録できません)。

アプリ登録の際に使うメールアドレスも、以前は大学(院)で使用しているメールアドレス限定でしたが、このアプリ版ではメールアドレスの指定はなく、大学で使用しているもの以外でも登録が可能です。

ママ活募集のやり方は簡単。

  • 気になる人には「いいね」
  • 会いたい人には「花束」

これらを贈り、相手に受け取ってもらえるとメッセージのやり取りができるようになります。

料金は他のマッチングアプリ同様、女性は無料、男性は月額料金が発生します。

ポイントは「いいね」や「花束」を贈るのに必要なので、できるだけたくさんのママと出会いたいという男性は、長期のプランを選ぶといいでしょう。

登録者数は他サイトに比べて少ないものの、登録者の目的がはっきりしていて絞り込む必要もないので好評です。

料金 【男性】
1か月4,000円~
【女性】
無料
年齢層 20代~30代
検索機能
安全性

ママ活目的ばかりだから探すのも楽!

ママ活アプリSILKについては、こちらの記事で詳しく紹介しているので合わせてご参考にどうぞ!

ママ活募集サイト・アプリ5.「Twitter」

多くの人に馴染みが深いTwitterもまた、ママを見つけるのに適したサービスです。

Twitterの最大の利点は、匿名性が高いことが挙げられます。

ママは相手が欲しいと思っても、自身の名前や情報をさらしたくないものです。

そこで匿名性の高いTwitterを使えば、ママの知人や友人にバレることなく相手を探すことができます

もし新米ママを狙いたい場合はアカウントが最近作られた、あまりフォローやフォロワーが少ないアカウントを狙うのがおすすめです。

積極性の高いママなら、ハッシュタグ(#をつけて投稿する機能)をつけているので、目安にするといいかもしれません。

#ママ活や#姉活などを入れて投稿している場合は、フォローやダイレクトメッセージでコンタクトをとってみましょう。

料金 無料
年齢層 幅広い
検索機能
安全性

ママの日常も知ることができる!

まだある!ママ活募集サイト以外の方法3つ

実は、ママ活募集サイト以外でママを探す方法もあります。

  1. レンタル彼氏
  2. ホストクラブや夜のお店
  3. ナンパ

1.レンタル彼氏

レンタル彼氏は、デートをしたい女性がサイトやアプリから気になる男性を指名して、特定期間中だけ彼氏になってもらうサービスです。

実際にお金のあるママはレンタル彼氏を利用していることが多いです。

レンタル彼氏は運営が女性のことを理解しており、優しさや誠実さなどを彼氏に教育しているので高い満足感があります。

女性の扱い方を一通り学んでいる彼氏は、他の男よりも一歩抜きんでていると言ってもいいでしょう。

そして、ママの方は1度会ってみて気になった子がいたら、レンタル彼氏のサービスを通さずに会いたいと言ってきます

本来はいけないことなのですが、実際に何回か会った後はそのままママの関係になっているなんてことはザラです。

レンタル彼氏のメリットは、以下のようなものです。

  • 女性の扱いを学べること
  • 一回以上会ってからママになるので不要なトラブルに巻き込まれにくいこと
  • レンタル彼氏として働いていれば給料が発生すること

レンタル彼氏になるためにはある程度の容姿が必要なので、少しハードルは高いかもしれません。

しかし、自信があるならやってみるといいでしょう。

2.ホストクラブや夜のお店

レンタル彼氏よりも断然プロに近くなるのが、ホストクラブや水商売です。

基本的なメリットはレンタル彼氏と一緒ですが、得られる金額が段違いになりやすいです。

ホストクラブや水商売は、レンタル彼氏よりも高い金額を使います。

つまり、ママ候補になる人は自然とお金持ちか散財癖のあるママなのです。

1回会ってデートするだけなのに数万円も可能です。

しかも、デート中の食事や遊び代はすべて相手持ち。

ママはあなたに気に入られるために、あの手この手を使ってくるでしょう。

ただし、レンタル彼氏よりもハードなことだけは気にとめておいてください。

女性に対する扱いもプロレベルを要求されます。

また、ホストクラブの場合はお酒に強い方が有利です。

下戸の人はホストクラブは避けたほうがいいでしょう。

ホストクラブや水商売から一気に有名人になるなんてサクセスストーリーもあるほどです。

大きく稼ぎたいと思っているならやる価値はあります。

3.ナンパ

これまでのやり方の中で、もっとも難度が高いのがナンパです。

しかし、ナンパのテクニックをマスターすると大きい効果が望めます。

それは、個人間のやり取りなので、手数料や中抜きが発生しないことです。

レンタル彼氏やホストの場合、基本的にお店を通しての関係です。

個人的なつながりで仲良くなってママの関係になるのもできますが、店側にバレた時が大変なんです。

場合によっては賠償金を払うなんてこともあります。

そんな綱渡りのようなことをするならば、店をすっ飛ばして個人間の関係になればいいのです。

その究極の方法がナンパになります。

カフェで一人で寂しそうに佇んでいるママに声を掛けて、少しずつ仲良くなっていけば十分可能性はあります。

ママ候補を見つけるテクニック、仲良くなるテクニック、ママ活になるように仕向けるテクニックなど学ぶことはたくさんあるでしょう。

しかし、ナンパでママ活できるなら怖いものはなしです。

ママ活の相場はいくら?種類別の相場をチェック

ママ活するにあたって一番気になるのは、報酬や費用対効果ですよね。

いくらママ活ができるといっても、1日デートして100円というような相場では、何のためにママ活をするのか意味が分からなくなってしまいます。

食事ママ活 5,000円~30,000円
旅行ママ活 30,000円~100,000円
大人ママ活 30,000円~80,000円
月極ママ活 100,000円~

食事ママ活の相場は?

食事ママ活はそのまま、一緒に食事を楽しむママ活で、相場は5,000円~30,000円。

食事代+報酬が基本ですが、ママがリッチだと食事が豪華、+αで交通費支給もあるでしょう。

食事だけの手軽さで高リピート、ママに気に入られれば不定期から定期になれるかもしれません。

いきなり高額のママ活は無理なので、まずは食事ママ活で経験値を稼ぎましょう。

旅行ママ活の相場は?

旅行ママ活の相場は、30,000円~100,000円。

お泊りだと時間が長くなる分、一緒に旅行に行く旅行ママ活は食事ママ活より高額です。

しかし、旅行ママ活はママとある程度親しくならないとできません。

旅行好きでも、面識のない他人や、信用できない人とはいきませんよね。

旅行好きママを探して、まずは近距離デートや食事を楽しみつつ、自身の旅行好きをさり気なくアピールしておきましょう

大人ママ活の相場は?

大人ママ活の相場は、30,000円~80,000円。

大人ママ活とは言葉を丸くして言っていますが、平たく言えば肉体関係をもつことです。

肉体関係をもつ場合、あなたが未成年であればママが犯罪者になってしまいます。

大人の関係になる前に、ママは既婚者ではないかどうか、自分は未成年ではないかどうか、確認するようにしましょう。

月極ママ活の相場は?

月極ママ活の相場は、100,000円~。

そして、ママと食事やデート、ショッピングなどを月数回楽しむ、これだけで報酬が貰えるとあって、月極はママ活の最終地点と言えます。

安定報酬、新規を探す必要なしということで月極を望む声は多いものの、当然競争率は高いです。

月極ママ活を狙うなら、ママにとって定期的に会いたいと思うような男性でなければいけません。

当然ですが、ママ活相場は都市によって変動します。違いは以下の記事をご参考ください↓

ママ活募集サイトで出会ってからデートするまでの流れ

ママ活募集サイトでママを見つけてからデートするまで、どのような流れになるのでしょうか。

  1. ママ活募集サイトでママを見つける
  2. ママとメッセージのやり取りをする
  3. ママと二人でデートをする
  4. ママにお小遣いをもらう
  5. ママに気に入ってもらえたらリピートする

1.ママ活募集サイトでママを見つける

まずは、ママ活募集サイトで希望のママを見つけます。

適当にママを探すのではなく、きちんと自分に合ったママを見つけることが大切。

なぜなら、いざデートとなっても、心の底から楽しむことができずにママの機嫌を損ねてしまう可能性があるためです。

あなた自身も楽しめなくては、意味がありません。

希望のママが見つかったら、お互いにいいねを送りあってマッチングしましょう。

2.ママとメッセージのやり取りをする

マッチングしたら、ママとメッセージをやり取りしていきます。

ママとメッセージをやり取りする場合には、ママにあまりしつこくしないようにしましょう。

ママは家庭をもっていることも多いため、空いた時間に返信してくれることが多いです。

がめつくならず、ママ優先のイメージでメッセージをやり取りし、デートの約束をします。

ここまででママからの印象が良ければ、快くデートを許可してくれるでしょう。

3.ママと二人でデートをする

いよいよママと二人でデートです。

ママが行きたいところに行くデートもあれば、あなたが行きたいところを優先させてくれるママも。

基本的にママがあなたをサポートするためのデートなので、少しわがままな感じを出しても可愛がってくれるママは多いです。

ママと二人でデートするのは緊張するかもしれませんが、あまり慣れていない感じのほうが好印象になります。

4.ママにお小遣いをもらう

ママとのデートが終わったら、ママにお小遣いをもらいます。

「デートしてあげたんだから当たり前」というような態度は絶対にNG。

お食事代などとは別でお小遣いをくれるため、感謝の気持ちを忘れずに受け取りましょう

5.ママに気に入ってもらえたらリピートする

ママに気に入ってもらえたらリピートしてもらえる可能性があります。

恋心を抱かれてしまうケースもありますが、既婚者でなければ特に問題はないでしょう

あなたの気持ち次第でそのあとの展開は決まります。

ママに気に入ってもらえて、可愛がってもらえるようであれば、そのあともデートを重ねてお小遣いをもらうことができます。

お小遣いをもらうことや、ご飯をおごってもらうことが当たり前にならないよう、感謝の気持ちは忘れずに。

ママのリピートも!好まれる男性の特徴とテクニック

ママのリピートをゲットするために、ママに好まれる男性の特徴やテクニックについて紹介します。

できる限りリピートをゲットして、ママに可愛がってもらいましょう。

  1. 従順で素直な男性
  2. マメで常に気にかけてくれる男性
  3. 守秘義務を守れる男性
  4. 清潔感があって身ぎれいな男性

1.従順で素直な男性

ママ活における男性は、当然ながらママより年下が大半です。

ママは「年下男性を可愛がりたい」と思っている人が多いため、従順で素直な男性がいいという人が多くいます。

反発してくる男性をリピートするママはいないでしょう。

ママに従順で、可愛がられるような愛くるしい一面がある男性が好ましいです。

ママがしてくれたことに対して無邪気な笑顔をみせたり、少しオーバーに喜んだり、ママに言われたことを素直に聞くようにすると、可愛がってもらえる可能性が高くなります。

2.マメで常に気にかけてくれる男性

常にママを気にかけてくれる男性も好まれます。

ママは、パートナーでは埋められない寂しさをママ活利用で補うからです。

「私のことを見てくれている。」「いつも気にかけてくれている。」このような細かい気配りは、ママのハートを掴みます。

マメにメッセージを送って心配したり、ママが体調が悪そうだったら会ったときにできる限り気遣ったりするといいでしょう。

3.守秘義務を守れる男性

浮気とまではいかなくても、大っぴらにしたくないのはパパ活もママ活も一緒。

ママ活の出来事などをSNSに載せる男性なんてママからすれば論外です。

対価には「守秘義務」も含まれています。

そもそも「口が軽い」というのは、男女共に他人から信用されない要素。

ママは信用できない人と会うことはないでしょう。

4.清潔感があって身ぎれいな男性

最後は身だしなみ、だらしない格好でママ活するなんて有り得ないです。

ママ活利用するママは経済的に余裕のある人達、自分磨きも怠っていません

相手にもそれを求めるのは自然なこと。

口臭や髪型、髭の手入れ、しわ・ほつれ・汚れのない服、など最低限身だしなみは整えましょう。

ママ活での肉体関係はありなの?

ママ活での肉体関係がありなのかどうか、気になっている人は多いと思います。

ママ活で肉体関係をもつことはありといえばありです。

未成年の場合には犯罪になってしまうため、そういったことがないようにしなくてはなりません。

性的な関係になることは個人同士の問題であるため、何かあったときの責任も本人たちにあります。

肉体関係をお互いにもちたい場合には止められる人はいませんが、ママが既婚者である場合には、妊娠した・不倫をしたなどの問題で訴えられてしまう可能性があることも覚えておきましょう。

ママ活募集サイトでママを見つけるメリット

ママ活募集サイトで、ママをみつけることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

募集サイト以外でも簡単にママが見つかるなら、そっちでもいいなと思う人もいると思います。

しかし、募集サイトで見つけるほうがより効率がいいのです。

具体的には、以下のようなメリットがあります。

  1. 割り切っている女性が見つかりやすい
  2. ママ活に慣れている女性が多い
  3. ある程度裕福なママが多い

1.割り切っている女性が見つかりやすい

割り切っている女性が見つかりやすいという点は、募集サイトの大きなメリット。

ママ側は、お金を払うことを知っていて、男性側はお金をもらってデートをすることを理解しているケースが多く、特に小難しい説明を説明しなくても、理解してもらうことができます。

お金がほしいことや、食事をおごってほしいことなど、言いづらいこともあると思います。

そういったことを事前に理解している女性なら、やり取りもスムーズです。

2.ママ活に慣れている女性が多い

ママ活に慣れている女性が多くいるという点も、メリットです。

ママ活に慣れているということは、どういった手順でデートをするのか、お金はどちらが出すのか等も把握しているということです。

また、年下男性の相手をすることに慣れているママが多く、男性側が初めてでも安心して出会うことができます

3.ある程度裕福なママが多い

ある程度裕福なママが多いという点も、とても大きなメリット。

経済的に余裕がある人がママ活のために募集サイトに集まっているため、お手当をはずんでくれるケースも多くあります

より裕福なママに出会うことができれば、相場よりも高いお手当をもらうことができるでしょう。

お出かけやお泊りの際にも、よりリッチな感じを味わうことができるかもしれません。

ママ活募集サイトでママが見つかりやすくなるプロフィールの書き方

ママ活募集の際に重要なのがプロフィールです。

プロフィールは写真と自己紹介文が重要ですので、丁寧にそしてママに響くようにしてください

  • 清潔感のある写真を用意する
  • 恋愛経験が少ない印象を与える自己紹介文を書く
  • 夢があることを書く
  • 忙しいことをアピールする
  • 体目的ではないことを暗に示す

まず写真ですが、誠実で少し恋愛経験が少なそうな印象を与えるものがいいです。

服装や髪型で誠実さをアピールできれば、第一関門は突破です。

次に自己紹介文ですが、ママに響く要素として「夢」「忙しい」「身体目的ではないこと」を入れましょう。

女性は夢を持っている男が好きです。

しかも年下の男性であれば、応援してあげたい気持ちになることも多々あります。

応援してあげたい気持ちが「お小遣いをあげる」という具体的な行動にに段々と変化します。

次に、「忙しい」がなぜママに響くのかというと、ママも基本的に忙しい人が多いからです。

旦那や子供の世話、日々の仕事などストレスが溜まっています。

お互いが忙しいことで共通の想いが募り、何とかしてあげたい気持ちになるのです。

最後に「身体目的ではないこと」について。

女性は身体目的でデートやコミュニケーションを取られることを嫌います。

「夢を叶えるのに忙しくて恋愛経験はあまりないですが、真剣に出会いたいです」のようなメッセージなら、身体目的ではない印象を与えられます。

危険もある!ママ活をするうえでの注意点

ママ活は良い思いをするだけでなく危険もあります。

具体的に、以下のような点に注意しましょう

  1. 弱みを握られる可能性がある
  2. ママが独占してくる可能性がある
  3. 妊娠したと告げられる可能性がある
  4. 業者にあたってしまう可能性がある

1.弱みを握られる可能性がある

弱みを握られてしまう可能性があります。

ママの関係を断ち切ろうとすると「あなたが行っている学校や職場に私との関係をバラす」なんて言われるかもしれません。

ママ活をしている時は不要な情報を言わない、もしくは詐欺にならないレベルでの情報を提供しましょう。

2.ママが独占してくる可能性がある

ママが独占して、あなたの時間を奪うなんてことも考えられます。

別の女の子とLINEしていたら責めてくる、会える時間を増やしてほしいと要求してくるなど、あなたを少しずつ拘束してくることもあり得るのです。

ママがどんな性格なのかをきちんと見計らって関係を持ってください。

3.妊娠したと告げられる可能性がある

身体目的で会わないと最初は言っていても、お互いがその気になってしまえばやることはやります。

その結果、ある日「デキちゃった…」と告げられる、なんてことも。

ここで怖いのが慰謝料の問題です。

旦那がいるのに別の人の子どもを作ってしまえば、不貞行為になり罰せられます。

また、ママの中には想像妊娠や偽装妊娠をする人もいるのです。

この場合は、偽の慰謝料を請求される可能性があるので注意してください。

4.業者にあたってしまう可能性がある

業者にあたってしまい、逆にお金をとられてしまうこともあり得ます。

宗教への勧誘を受けたり、高額な金額を請求されることもあるのです。

ママ活をしたくて必死になりすぎると、周りを慎重に見ることができなくなります。

業者に騙されないよう、メッセージのやり取りの段階で不信な点がある女性は避けるようにしましょう。

まとめ

ママ活募集サイトをはじめ、募集サイトでのテクニックや実際に会うまでの流れなどを詳しく紹介しました。

ママ活はお手当をもらうことで若い男性と年上の女性がデートをしたり、旅行に行ったりするものですが、「デートしてあげている」というような態度をとったり、考え方になったりすることはNGです。

ママも日々の仕事やプライベートの中でストレスが溜まっています。

そんなストレスを発散するために、お金を使ってでも相手を求めてしまうのです。

ママ活は世間的に否定意見が多いのも事実です。

しかし、ギブアンドテイクをしっかり見極め、法律違反さえしていなければグレーゾーンです。

とは言え、大なり小なり不安はあると思います。

まずはあなたが自分の希望とマッチしたママと出会うことが大事。

今回ご紹介したサイトやアプリは集まるママの特徴が少しずつ異なります。

あなたと同じ希望を持ったママが集まるサイトやアプリを使って素敵なママと出会って下さい。

ママ活におすすめのサイトやアプリの特徴や口コミを詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にどうぞ!

関連記事

  1. あなたの運命の人とは?特徴と見極めのコツ

  2. 「どうして抱きついてきたの?」抱きつく心理とリアクション方法を解説!

  3. 年末年始の温泉旅行におすすめの宿泊先情報

  4. ゴールデンウィーク2019!国内旅行特集

  5. 女の温泉一人旅!全国おすすめ温泉地12選

  6. ツイートで見かける「シコい」の意味とは?

  7. 11月の旅行!おすすめ人気観光スポット

  8. 歯が砕ける夢が暗示する夢占いの意味とは?

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本