ママ活をツイッターで!やり方や危険性は?

ママ活をTwitterで募集してみようかな?もしこんな風に考えているなら、まずは今回の内容を把握してからにしましょう!Twitterは便利ですがママ活募集をする上で気を付けたい点があります。1つずつ丁寧に解説しますので、ぜひ一読してください。

1.ママ活をTwitter(ツイッター)で募集して出会えるの?

結論から言えばTwitterでママ活募集をすると出会えます。ただし、気を付けたいのがママ側が悪意のある人たちでないか確認することです。
変なサイトに誘導される、実際に会ってみたら美人局だったなどさまざまです。Twitterでのママ活募集の時にエッチな画像や想像をさせるツイートがありますが、基本的にこれらは悪意のある側と覚えておくといいでしょう。

こう書いてしまうとTwitterではママ活募集しない方がいいのでは?と思うかもしれません。しかし、出会い系サイトの場合はママを見つけるためにいくらかのお金を使わないと難しいです。Twitterであれば無料でママとのコンタクトができるのでケースバイケースですね。

2. Twitter(ツイッター)でママ活するときの流れ

Twitterでママ活をする場合の流れを見ていきましょう。

ママ活の条件を決めておく

募集をする前に決めておきたいのが条件です。たとえば1時間のデート5000円などの料金を決めることになります。
値段を決めておくメリットはママとの交渉がスムーズになることが挙げられます。最初から値段が決まっていればトラブルに発展する可能性は減ります。

ママ活の相場は時給換算で3000円くらいとされていますが、顔に自信があるやサービスが丁寧にするなら5000円や1万円に設定しても構いません。
ただし、料金を高くする場合はなぜ高いのか?をTwitter上でアピールすることが大事です。

ママ活募集の条件やプロフィールを含めてツイートする

条件を決めたら早速ツイートしましょう。ママ活をする条件とあなたのプロフィールを含めることでママたちが物色してくれます。ママ活募集の条件として抑えておきたいのが値段や場所です。東京にいるのに関西にいるママとコンタクトを取っても仕方ありませんからね。

基本的にママ活募集のツイートを見て条件が合いそうだったらママはあなたのツイッターアカウントを見ます。
ここで普段どんなツイートをしているのか?どんなプロフィールなのかを調べるのでブランド構築のためにある程度は情報を入れてください。

また、ツイートにはハッシュタグをつけるとママから見られる可能性が飛躍的に上がります。基本的にママはこのハッシュタグで検索してママ活男子を見つけるからです。ママ活のハッシュタグは#ママ活が代表例となります。

DMで詳細を決定する

数多くいるママの中から一人、あなたのことが気になったママが現れました。Twitterでは返信機能がありますが、こちらで詳細の決定をするのではなく、DM(ダイレクトメッセージ)でやり取りしましょう。

DMなら他の人から会話内容を見られることはありません。詳細は会う日時や内容、場所などを決めればOKです。

3.ママ活をTwitter(ツイッター)で行うメリット・デメリット

ママ活をTwitterでやるメリットは下記です。

  • 無料でママ活募集ができる
  • 匿名で募集できるので身バレリスクが低い
  • ブランド構築しやすい
  • ユーザー数が多い

何よりも無料でママ活募集ができるのが最大の強みでしょう。Twitterはやっている人も多いので見つけやすいのもあります。

そして、ブランド構築もできる点に注目したいです。ブランド構築とはあなた自身の価値を高めることを指します。
Twitterでは画像やヘッダーなどを編集できるのであなたオリジナルの自己紹介ができます。Twitterでもツイート内容や画像などを見て「こんな人なんだ」と思われれば勝ちです。

マッチングアプリやサイトでも似たようなことはできますが、多くの場合有料のサービスとなるのでTwitterはやりやすいのです。

さて、Twitterをママ活するデメリットも挙げていきましょう。

  • 業者の人が多い
  • 相手の顔がわからない

業者とはいわゆるママ活をやりたいのではなく、あなたからお金をだまし取ろうとする人を言います。業者にも色々ありますが主なところでは危険なサイトへの誘導&登録、美人局があります。

たとえば「セレブなママと会いたければ、会員専用のサイトがあるからそこで登録してね」という謳い文句でママ活男子を誘い、実際は高い請求金額を払わせるだけなんてこともあるのです。やり取りの中でTwitterだとやりにくいから、こっちでやり取りしようよなんて言われたら、ほぼ業者と思って構いません。

そして相手の顔がわからないのもデメリットになります。こちらとしても可能なら美人のママとデートしたいですよね。プロフィールに顔写真を載せている人もいますが、本人でない可能性も考えられます。会ってみないとわからないというのが実情です。

4.ママ活をTwitter(ツイッター)で行うことの危険性

ママ活をTwitterでやる危険性もあるので見ていきましょう。

 アカウントが凍結されることがある

Twitterは危険性のあるアカウントに対して凍結処置をする傾向が多いです。これは健全な使用をしてほしいという思いからしていることですが、ママ活男子としては見逃せないですよね。基本的に凍結される理由は過激な内容をツイートしているとされやすいです。

ここでいう過激な内容とはいわゆる18禁の内容ですね。下半身を露出する、セックスを想像する内容のツイート、不倫や浮気などを謳うなどです。デートをしたいとか買い物に付き合います程度であれば、アカウントが凍結されることはないでしょう。

アカウントが凍結されると大変です。あなたがこれまで積み上げてきたブランド力が使えなくなり、一からやり直しになります。フォローやフォロワーとのやり取りも見れなくなるのでアカウント凍結されないよう注意してください。

バッシング・炎上することがある

Twitterユーザーの中には悪ふざけでバッシングや炎上をさせる人たちがいます。ママ活募集程度ではバッシングや炎上をされることはないでしょう。

しかし、Twitter上でママ活の成果で車を買ってもらったなどの内容をツイートすると大変なことになるかもしれません。「あくどいことをして儲けてるとか世の中舐めすぎ」「どうせ今だけだよ」など妬みや嫉妬を中心にしたバッシングを受けてしまいます。

バッシングや炎上をさせたい人たちは自分たちが騒げるネタが欲しいだけです。ツイートの内容は人を刺激しない柔らかな内容にとどめるのが良いでしょう。

特定・身バレすることがある

ツイッターでツイートや画像をアップするといくつかの情報をさらしてしまうことになります。大学でサークル活動しているといったツイートをすると特定されるリスクが高まります。友人が偶然ツイートを見かけてしまい、「あれ?アイツじゃね?」なんてことでバレてしまう可能性も考えられるのです。

ツイートをすることでブランド構築するのもいいですが、自分だとわかる情報を残さないようにしましょう。

相手の素性がわかりにくい

Twitterでママ活募集をするのもいいですが、ママ自身が嘘をついている可能性もあります。Twitterは匿名性のSNSなので本当のことを言わなくてもできてしまうからです。たとえば、実際は普通の主婦なのにちやほやされたいからお金持ちのママを演じている、本当は50代なんだけど振り向いてほしいから30代で通しているなんて人もいます。

警察に直リプされることがある

最近では警察がママのふりをして接近してくる例も多くみられます。ここで注意したいのがあなたが未成年だった時です。未成年のママ活は補導対象であり、警察の罠にかかるとそのまま補導となります。20歳以上であれば買い物や食事などをする軽いママ活なら問題ありません。

5.ママ活するなら専用アプリやサイトがおすすめ

Twitterでママ活をするのもいいですが、正直なことを言うと専用アプリやサイトを利用するのをおすすめします。その理由として下記があります。

  • アプリやサイトの多くは身分を保証されている
  • 運営側が日々、危険な行為がないかチェックしている
  • 上質なママを見つけやすい
  • マッチング精度が高い
  • ママ活を専門としたアプリが登場している

以上です。まず、Twitterでは身分の証明をする必要はありません。しかし、マッチングサイトやアプリの多くは身分証明書の提示を求められます。

つまり、相手の素性が確保されているのです。誰ともわからない人と会うよりも素性が確かなママと会うほうが安全に決まっています。あなたの安全を守るためにもマッチングサイトやアプリを使うことをおすすめします。

また、運営が日々、危険な行為がないか常にチェックしています。悪意のあるサイトへの誘導が行われていないか?業者が介入していないか?などユーザーの安全を守るために目を光らせているのです。

上質なママを見つけやすいのもポイントです。自分にとって条件の良いママを見つけることがママ活を成功させます。マッチングサイトやアプリの場合は詳細な条件を指定して検索することができるのです。

Twitterだと条件に合うママを探すだけで時間を食ってしまいます。上質なママを見つけやすいということはマッチング精度が高く、少ない時間で効率的にできるのです。

そして、最近ではママ活を専門としているアプリが登場しているのも見逃せません。経済的余裕のあるママしか登録できないアプリ、30歳以上の女性しか登録できないマッチングアプリなどが代表例です。

アプリを使用するのにいくらかの料金を支払う必要が出てきます。多くの場合は新規登録するといくらかのポイントをもらえるので、使いやすいかどうか?を基準に試してみることをおすすめします。

使いやすいしママに会えるならそのまま使えばいいのです。仮に1000円くらい課金しなければならないとしても、そのあとにママからお小遣いがもらえるのです。1000円の出費も10万円以上に返ってくるなら問題ないですよね。

まとめ  Twitter(ツイッター)でママ活はできるがリスクが高い

ママ活をTwitterでやる方法や危険性などについて解説しました。改めてになりますが今回の内容をおさらいしましょう。

  • Twitterでママに出会えるが業者や悪意のある人が多いので注意が必要
  • Twitterでママ活をやる流れは条件を決める、募集のツイートをする、詳細をDMで決める、実際に会うである
  • Twitterでママ活をやるメリット1「無料でママ活ができる」
  • Twitterでママ活をやるメリット2「匿名で募集できるので身バレリスクが低い」
  • Twitterでママ活をやるメリット3「ブランド構築しやすい」
  • Twitterでママ活をやるメリット4「ユーザー数が多い」
  • Twitterでママ活をやるデメリット1「業者の人が多い」
  • Twitterでママ活をやるデメリット2「相手の顔がわからない」
  • ママ活をTwitterで行うことの危険性1「アカウントが凍結されることがある」
  • ママ活をTwitterで行うことの危険性2「バッシングや炎上の可能性」
  • ママ活をTwitterで行うことの危険性3「特定や身バレの可能性」
  • ママ活をTwitterで行うことの危険性4「相手の素性がわからないのでトラブルに巻き込まれる可能性」
  • ママ活をTwitterで行うことの危険性1「警察がママを装って接近してくる可能性」
  • Twitterを利用するのもいいがお金がある程度かかっても専用のマッチングサイトやアプリが断然おすすめ

以上となります。あなたの懐事情によってTwitterか専用アプリを使うかを選んでください。TwitterにはTwitterの良さがあり、専用アプリやサイトもまたTwitterにはない良さがあります。ママ活は悪いイメージがあるかもしれませんが20歳以上であれば問題ありません。上手にママ活募集をして、バイトよりも稼いじゃいましょう!

関連記事

  1. 女性にモテるかっこいい言葉・名言特集

  2. ダイエットに効果的なウォーキングとは?

  3. あなたの運命の人とは?特徴と見極めのコツ

  4. ペットの夢が暗示する夢占いの意味とは?

  5. 綺麗な脚の条件と美脚になる方法とは?

  6. ダイエットに漢方!人気の理由と効果とは?

  7. スローオナニーの効果と男女別のやり方

  8. ダイエット中の間食!上手な摂り方とは?