ママ活を無料でできるアプリ3つとは?口コミと使用前の注意点

「ママ活ができるアプリを知りたい」

「無料でママと出会えるアプリを知りたい」

ママ活をする上で相手を探す、あるいは募集する際に必須とも言えるのが出会い系・マッチングアプリです。

今回は無料アプリの中から、実用的なおすすめアプリについて紹介・解説していきます。

この記事でわかること

  • ママ活におすすめの無料アプリ3選
  • 無料アプリでママ活した人の口コミ
  • 無料アプリでママ活するときの注意点
  • SNSでのママ活はアリ?

これからママ活を始める方はぜひ参考にしてください。

1.ママ活をアプリですると黙認されがち

前提として、ママ活をアプリでするとなると黙認されがちです。

一般的にママ活専用のアプリは少なく、2020年12月現在で確認できるものはあまりありません。

あるとすれば、怪しい会社が運営しているものばかりです。

なので、アプリを使ってママ活をする場合は、ある程度の信用実績のあるマッチングサービスやアプリを利用することが望ましいでしょう。

以下は信頼できるアプリの3つの基準です。

  • インターネット異性紹介事業が届出済
  • 本人確認のチェックがある
  • 24時間体制で運営のパトロールあり

上記の基準を満たしているアプリは信頼できるマッチングアプリと思って利用して良いでしょう。

次からは、ママ活をするのにオススメの無料で始められるアプリをご紹介します。

2.ママ活するのにおすすめの無料アプリ3選

今回ご紹介する信頼を持てるマッチングアプリは以下の3つです。

  • ワクワクメール
  • ミントC!Jメール
  • SILK

どれもママ活をするに当たって、ママと出会うのに期待が持てるアプリです。

それぞれの特徴について順番にご紹介していきますね。

2-1.ワクワクメール

ワクワクメールは、出会い系サイト・マッチングアプリとして10年以上の運用実績を誇る老舗です。

利用するためには会員登録が必要で、公式サイトやアプリからの新規アカウント作成、あるいはFacebookのアカウントを連携し、Facebookアカウントでログインする事ができます。

なお、ワクワクメールの利用に関する情報がFacebookに反映される事は無いため、Facebookを使っている知り合いにバレる、なんて事は無いので安心しましょう。

基本的には幅広い用途で使用可能なアプリであると言えます。

ワクワクメールの4つの特徴

ワクワクメールの特徴は以下の4つです。

  • 年齢確認は身分証明書を提出
  • メールアドレスはフリーメールで登録可能
  • 無料ポイントで始められる
  • 24時間365日間運営が監視

ワクワクメールは、始めるに当たって身分証明書で本人確認をする必要があります。

ですので、本人確認をしているかどうかで本当にママ活をしている女性かどうか判断することができます。

フリーのメールアドレスでも始められるので、登録までは簡単に進めることが可能です。

また、運営が24時間365日監視体制を行なっているので、サクラや業者といった悪質ユーザーにも対応できます。

さらに、新規登録時には無料ポイントが付与されるので、お試し期間を使ってママを探すこともできます。

アプリでママを探してみたいという方はぜひ登録してみるのが良いのではないでしょうか?

 

ワクワクメールで上手にママ活を進める方法

ここからは、ワクワクメールを使って上手にママ活を進める方法についてご紹介します。

以下の手順がワクワクメールでママ活を進めるのに賢いと言えるでしょう。

  1. まずは無料で新規登録
  2. プロフィールをママ活仕様にアレンジ
  3. 掲示板機能を使ってママを探す

ワクワクメールは、新規登録で約1,000円分のポイントを無料で利用することができます。

なので、まずは新規で登録を始めます。

その後、プロフィールをママ活仕様に変更することで、ママにアピールすることができます。

ママ活仕様に変更すると、ワクワクメール内でママ活を募集している女性に自分を知ってもらうきっかけになり、ブランディングにも繋がります。

その後、掲示板機能を使ってママ活を募集すると、さらにママ活を成功させられる確率が高まるでしょう。

登録は公式サイトで無料でできるのでぜひお試しください。

 

ワクワクメールでママ活する方法の詳細については以下の記事が詳しいです。

2-2.ミントC!Jメール

ミントC!Jメールは、20年以上も出会いサービスを提供している老舗マッチングサービスです。

利用しているユーザーの年齢層としては少し高い傾向にあります。

大人の関係を目的にしている人が多いので、夜の出会いを求める方には最適と言えるでしょう。

もう少し詳しくミントC!Jメールの特徴についてご紹介していきます。

ミントC!Jメールの特徴

ミントC!Jメールの特徴は以下の4つです。

  • 年齢確認が必須
  • 地方でも人気
  • コンテンツが充実している
  • 無料登録でポイント付与

ミントC!Jメールは、年齢確認をしなければメッセージをすることができないため、安全に利用することができます。

地方発進のサービスでもあるため、首都圏だけでの出会いだけに限らず、全国での出会いに期待できるでしょう。

なので、地方在住のママ活をしたい人にはぴったりのアプリです。

 

ミントC!Jメールで上手にママ活を進める方法

ミントC!Jメールで上手にママ活を進めるには、以下の手順がおすすめです。

  1. まずは無料で登録
  2. 掲示板機能でママ活を募集
  3. メッセージを相手に合わせる

ワクワクメールと同様、ミントC!Jメールは、無料で始めることができます。

なので、まずは無料で登録をしましょう。

次にミントC!Jメールで掲示板を利用し、ママ活を募集します。

掲示板は以下の3種があります。

種類 特徴 用途
ピュア 比較的真面目な出会いを求める人が多い 恋人探しや今から遊べる人を募集できる
アダルト 大人の関係を求める人が多い 夜の出会いやアダルトな関係を募集できる
誘い飯 ご飯やお茶でデートをしたい人が多い 早く出会いを求める人を募集できる

ミントC!Jメールでママ活をするなら誘い飯掲示板を使ってママを募集することがおすすめです。

というのも、早く出会いに繋げたい人にとって、すぐに女性とコンタクトを取りやすいからです。

1日1回無料で利用することができるので、そのままママを募集し、メッセージを繰り返していくのが上手な使い方と言えるでしょう。

1,000円相当のポイントももらえるので詳しくはこちらから公式サイトへ訪れてみてくださいね。

 

ミントC!Jメールでママ活する方法の詳細については以下の記事が詳しいです。

2-3.SILK(シルク)

SILKは正式サービスが2018年からという、マッチングアプリの中でもかなりの新参に分類されるマッチングサービスです。

ワクワクメールやミントC!Jメールが運営10年以上の老舗なのに対し、SILKはかなり新しいアプリ。

年下男性と年上女性のマッチングを目的にしたアプリです。

SILKの特徴

アプリの最大の特徴は以下の2点です。

  • ターゲット層が差別化されている
  • 金銭のやり取りはNG

SILKのコンセプトは「仕事もプライベートも充実した大人の女性」と「若くて元気な夢を追いかける年下男性」をつなげるアプリ、とされています。

「出会いを求める人」という大きな枠ではなく、

  • 男性は年下(20代まで)
  • 女性は年上(30代以上)

と明確にターゲットを絞ったタイプのマッチングアプリだとわかります。

ちなみにリリース当初は、男性登録者は大学生限定でしたが、現在は20代限定となり使用できる年齢の上限が上がりました。

そんなSILKでは、金銭のやり取りは禁止となっています。

そのため、アプリ内で金銭授受にまつわるメッセージのやり取りをすれば、アカウント停止になる可能性があります。

あくまでも出会いの場であるということは忘れずにメッセージのやり取りをしましょう。

SILKでママ活を上手に進める方法

SILKでママ活を上手に進めるには以下の手順がおすすめです。

  1. メールアドレスを登録
  2. プロフィールを整える
  3. 女性ユーザーのプロフィールを訪れて足あとを残す
  4. ママからのメッセージを待つ

以前、大学生限定アプリを謳っていた時は大学で使用しているメールアドレスが必要でしたが、現在はフリーメールアドレスでも登録が可能となっています。

プロフィールは、ママが

「この子と話してみたい」

「趣味が合いそう」

と思える内容にしましょう。

例えば、

  • 趣味のこと
  • 社会人経験が長い年上の方の話しを聞いてみたい
  • 自分の将来の夢

といったことをまとめておくと、ママからも興味を持たれやすいです。

それと、プロフィールは丁寧さを心がけてください。

プロフィールはアプリ上であなたの人と成りを知る数少ない情報源です。

  • 「プロフィールをご覧下さりありがとうございます。」
  • 「ここまでお読みくださりありがとうございました。」

上記のように冒頭や締めでお礼を伝えるようにすると、あなたの真面目さも伝わりやすくなるのでママからの好感度も高くなります。

プロフィールを作成したらあとは女性ユーザーのプロフィールを訪れて足あとを残し、連絡が届くのを待ちましょう。

ママがあなたに興味を持ったら、足あとをたどってあなたのプロフィールに訪れてくれます。

ママによってはメッセージをくれるので、それまで足あとを残す→待つを繰り返してください。

メッセージが届いたら返信をしますが、メッセージのやり取りには課金が必要になります。

会員プランと料金はこちら。

利用
プラン
月額料金 プレゼント
ポイント
1ヶ月 4,000円 なし
3ヶ月

10,200円
(3,400円/月)

5,000pt
6ヶ月 17,800円
(2,967円/月)
15,000pt
12ヶ月 28,800円
(2,400円/月)
30,000pt

課金しないとやり取りはできませんが、ママ活の目的に一番沿っているアプリとも言えるため、他のサイトやアプリよりもマッチ成功率が跳ね上がるというのがSILKの強みです。

 

 

その他、ママ活に使えるアプリはこちらでもご紹介しています。

3.無料アプリを使ってママ活した人の口コミ

無料アプリで本当に出会うことができるのか、ポイントだけで連絡を取ることができるのかのように疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。

ここからは、実際にこれらの無料アプリを使ってみた人の口コミを見ていきましょう。

口コミ1.ポイントを使ってしまう

無料アプリ、といっても解説の通り基本的にはポイントを消費して連絡を取り合うのがメインです。

そのため、1から10までを無料で行えるというのはSILKくらいで、他のアプリでは返事は来てもお断りされたりして結局無料分のポイントが無くなってしまった、という口コミも見受けられます。

無料ポイントを使ってママ活で成功するためには、ポイントを全て消費しきる必要がありそうですね。

口コミ2.無料でも出会える

無料ポイントで出会えた、という人も一定数存在します。

こればかりは相手との相性、そしてメッセージのやりとりで相手の興味を引けるかどうかの実力によると言えるでしょう。

口コミ3.ママ活で奢ってもらった

ママ活で欲しかったものを買ってもらえたり食事をおごってもらったりしたという男性もいるようですね。

さらに、イケメンの男子学生と継続してお付き合いしているという女性側の口コミも存在します。

ママ活を通して恋愛に発展するといった傾向もあるようですね。

4.無料アプリを使ってママ活するときの注意点

最後に無料アプリを使ってママ活をするときの注意点についてご紹介していきます。

以下の3点があります。

  • 規約違反になる可能性
  • 業者に気をつける
  • 課金のしすぎ

それぞれについてご紹介していきましょう。

4-1.規約違反になる可能性

まず第一に規約違反になる可能性があります。

アプリを通して出会いを迫るあまり、法に触れてしまったり規約に違反してしまえば、良くて退会処分、場合によっては罰金処分となる場合があります。

マッチングアプリは出会いを加速させるためのツールですが、運営者が指定する規約を守り円滑に出会いに繋げられるように利用しましょう。

4-2.業者に気をつける

続いては業者に注意することです。

マッチングアプリの中では、悪徳な商売を営むために、業者がアプリを通して不当行為を行う場合があります。

手口として、わざと会話を長引かせて無駄にポイントを消費させ結局出会えないなど、時間とお金を浪費してしまう事になります。

業者のユーザーは変に積極的であったり、すぐLINEを教えてきたりと比較的わかりやすいので、気をつけて利用するようにしましょう。

4-3.課金のしすぎ

最後に課金のしすぎに注意することです。

女性の場合、利用が無料のアプリが多いため問題はありませんが、男性の場合、特に金銭的支援を求めてママ活をしている人が課金でお金を使ってしまっていては元も子もないと言えるでしょう。

確かに物事を成功させるためには投資も必要ではありますが、きちんと使う分の額を見極めることが大切です。

課金をするのであれば、

  • 最初は少ない金額で予算を決める
  • やり取りの回数や終了日を決める

など、マイルールを作って守るようにすれば、課金しすぎることを防ぐことができます。

マイルールの具体例

  • 500円だけと決めてやり取りし、その予算内で決まらなければまた500円だけ課金をする
  • その月の20日までにママが決まらない場合は諦めて、来月にまた予算を決めて改めて探し直す

ママ活が上手くいくやり方などはこちらの記事でも紹介しているので参考にどうぞ!

5.無料のSNSでもママ活はできる?

無料のSNSでもママ活はできる?

Twitter・インスタなどの無料SNSでもママ活をすることは出来ます。

しかし、無料SNSだと以下の理由によりリスクが高いためオススメしません。

  • 詐欺業者が多い
  • 補導される可能性がある
  • 個人情報を拡散されるリスクがある

無料SNSでのママ活が危険な理由について詳しく見ていきましょう。

5-1.詐欺業者が多い

無料SNSを使ったママ活では、本物のママが少なく詐欺業者が多いです。

Twitterやインスタでは、本人確認もありませんし無料でアカウントを量産することが出来ます。

手軽にアカウントが作れるため、若い男性を騙す詐欺業者が増えやすいのです。

メッセージのやり取りをして女性へと数万円の振り込みをさせるのは、典型的な業者の手口。

実際に数万円を振り込んで、騙されている男性も多いため注意しましょう。

一人のママと会う約束をしたところ、「会う前に2万円振り込んで欲しい」と言われました。これは、信用問題で、あった後に返すと言われました。これをしないと、ドタキャンする子が多いかららしいです。

少し不信に思いましたが、それまでのメッセージのやり取りから、すっかり洗脳されていてすんなり2万円振り込んでしまいました。

引用:Yahoo!知恵袋

5-2.補導される可能性がある

あなたが未成年の場合、無料SNSでママ活をすると補導される可能性があります。

実際に、Twitterを使ってママ活をしていた高校生が待ち合わせ場所に向かうと、警察官が待ち構えていて補導をされた事例があります。

「1~2時間で楽をしてバイト代以上に稼げる!」なんて考えているかもしれませんが、ママ活で補導されている事例はありますので注意をしましょう。

福岡県警が、福岡市内の男子高校生(17)らを補導していたことが6日、わかった。女子中高生の間で「パパ活」と呼ばれる援助交際が広がるなか、年上女性に「ママ活」を行おうとしたという。

引用:「ママ活」援助交際をネットで呼びかけ 男子高校生補導

ツイッター上でデートをするなどと誘って女性に経済的な対価を求める「ママ活」をしたとして、岐阜県警が愛知県内の高校2年の男子生徒(17)を補導していたことが7日、岐阜県警への取材で分かった。

引用:「ママ活」の高2男子補導 3千円求め投稿、岐阜県警

5-3.個人情報を拡散されるリスクがある

Twitter・インスタなどの無料SNSは完全匿名のため、やり取りしている相手の素性がわかりません。

詐欺で怖いお兄さんが出てくることもあれば、騙す目的でママになりきるネカマも存在します。

ネカマの場合、やり取りや個人情報を伝えた内容をスクショされて拡散されるリスクがあります。

顔写真や個人情報を拡散されるのも怖いですが、スクショを脅迫ネタにしてお金を要求される可能性だって出てきます。

無料SNSでママ活をすると詐欺や補導・個人情報の拡散などのリスクがあります。

安全にママ活をするのであれば、Twitterやインスタなどの無料SNSではなく、やはり「ワクワクメール」などアプリを使うのがオススメです。

6.まとめ:無料アプリでもママ活はできる

以上、ママ活に使える無料アプリについて解説していきました。

基本的にパパ活・ママ活を容認・黙認していることが多いとはいえ、規約で金銭的なやりとりが禁止されている場合があります。

そこで「食事◯◯円から~」なんて入れてしまえば普通にアカウント凍結などが待っているため、くれぐれも注意しましょう。

今回の内容をまとめると以下の通りです。

  • 基本的にはポイントを消費してやりとりをする、ポイントは課金
  • ワクワクメールは業者対策が厳重!安心して相手を探す事ができる
  • SILKはママ活に最適!無料でやりとりから出会いまで可能

無料アプリを上手に使って、素敵なママを見つけてくださいね。

ママ活の相場はこちらの記事をご参考にどうぞ!

関連記事

  1. 子連れにおすすめ!一泊二日の旅行プラン

  2. 自宅でレッスン!おすすめヨガ動画10選

  3. かっこいい名前73選!男女別に人気の名前を紹介

  4. 切れ長の目に似合う髪型・メイクで印象美人

  5. 恋するあなたにおすすめ!恋愛占い・診断

  6. ヨガ講師・インストラクターになるには?

  7. 高校生のダイエット!注意点とおすすめ方法

  8. 温泉ランキングで人気の温泉地や宿泊先は?

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本