無料アプリでママ活!おすすめアプリと特徴

ママ活をする上で相手を探す、あるいは募集する際に必須とも言えるのが出会い系・マッチングアプリです。
今回は無料アプリの中から、実用的なおすすめアプリについて紹介・解説していきます。

1.ママ活専用のアプリはないが多くのアプリでは黙認されがち

まず今回ご紹介するアプリを解説する前にママ活におけるアプリについて解説します。
そもそもの前提として、少なくとも2019年12月時点において一般的に普及している「ママ活専用アプリ」というものは存在しません。

それこそいずれは登場するかもしれませんが、少なくともこれまではママ活のためのアプリではないものを使って活動していました。

ではどのようなアプリを使っていたのかというと、一般的に出会い系やマッチングアプリと呼ばれるタイプのものです。

勿論本来用途としてはズレていると言えます、なにせそういったアプリは名目上「出会いを作る恋愛アプリ」であり、金銭をやりとりするために用いられるのは少々間違った使い方であると言えます。

しかし、大抵のアプリではママ活、あるいはパパ活的な目的で用いられる事を黙認している傾向にあります。

これは単純に利用者数の問題もありますが、他にも「ライバルが多い」という事が考えられます。

それこそ出会い系・マッチングアプリというものは無数の数があります。
悪徳なものも含めればそれこそ数十、サービス終了・停止したものも含めれば100に届くかもしれません。

それだけライバルが居る状態で制限を課して客を切り捨ててしまえば、当然その客は他のライバルの所に流れてしまうでしょう。

企業・サービスとしての健全性と利益、本来であれば両方を取ることができるというのが理想ではあるものの、現実はどちらかを選ぶ事が多く、大抵の場合はどちらを選んでもいずれ破滅可能性があるもの。

今回ご紹介するアプリも同様に、今後ママ活という存在が法に触れるか否か、規則が作られるかしてママ活目的では利用できなくなる可能性があります。

勿論未成年に対する売春などを持ちかけるような用途で使えばまずアウトのため、くれぐれも注意しましょう。

2.ママ活するのにおすすめの無料アプリ2選

今回ご紹介する無料アプリは2つ、「ワクワクメール」「SILK」です。
どれも無料……ではありますが、あくまでも「基本無料」だったりします。

それこそ中には有料で使える機能があったり、今回ご紹介するアプリ以外だとあくまでも無料で使えるのは女性を探すことだけ、話しかけたりするためには別途課金が必要というようなアプリも存在します。

基本的にこういったアプリケーションというのはあくまでもビジネスで作られているため、当然ながら利益を得られなければただのボランティアになってしまいます。
そしてアプリの開発もタダで行えるわけではありません。

良いものを作ろうとすればそれだけお金がかかりますし、継続して運用するならやっぱりお金が必要になります。

ものづくりとはそうして行われるのです、タダで使えるだけでも感謝しなければならないでしょう。

ワクワクメール

最初にご紹介するのはワクワクメールです。
出会い系サイト、マッチングアプリとして10年以上の運用実績を誇る老舗です。
利用するためには会員登録が必要で、公式サイトやアプリからの新規アカウント作成、あるいはFacebookのアカウントを連携し、Facebookアカウントでログインする事ができます。

なお、ワクワクメールの利用に関する情報がFacebookに反映される事は無いため、Facebookを使っている知り合いにバレる、なんて事は無いので安心しましょう。

基本的には幅広い用途で使用可能なアプリであると言えます。
遊び相手探しから恋愛、あるいは婚活など。
パパ活でも用いられており、当然ながらママ活でも利用が可能です。

年齢層は20代から30代と比較的低年齢層が多いものの、40代以上も一定数存在します。

アプリの特徴

ワクワクメールの特徴として最たるものと言えば、「徹底した悪質ユーザーの排除」にあります。
基本的にサービスというのは続けるだけであれば何年でも続けることができるでしょう、赤字覚悟であれば。しかしきちんと運営する以上、長く運営するのであれば中途半端というのは一番良くありません。

規模が大きくなれば相応の人員やシステムが必要になりますが、運営が中途半端な考えだとこの規模の増大に人員やシステムの増備が追いつかず、結果として悪質ユーザーへの通報への対処が滞ったり、AI管理によって大雑把で抜け穴のある体制になってしまう事も。

しかしワクワクメールは長く続く老舗としてしっかりと悪質ユーザー対策を徹底しており、それこそ迷惑メールで大量に送られてくるようなテンプレート的メッセージが届くことは全くありません。

基本的に人だけ、コンピューターだけというどちらかだけの体制というのは穴があり、そしてどちらのも長所があるのです。

だからこそ、最適な体制というのは人とコンピューターによる二重体制です。
ワクワクメールもこの二重体制、さらに24時間365日体制で監視しているため、悪質ユーザーにも即座に対応することが可能なのです。

無料・有料で使える機能

ワクワクメールの利用に関して、女性は完全無料で利用することが可能です。
ただし男性会員の場合はポイントを消費する事で基本的な機能を使う事になります。

ポイントはPとSの2種類あり、どちらも単位辺り10円分というのは変わらず、Pが課金して購入可能なポイントで、Sは無料でもらえるポイントの事、ソーシャルゲームでよくある用途は同じだが「有償アイテム」と「無償アイテム」のようなものだと考えておいて間違いは無いでしょう。

基本的に受信メールを読む、募集を書き込む、プロフィールを見るといった行為はポイント消費無し、画像や募集動画、音声メッセージのやりとりなどの詳細な行動、相手とのメールやり取りといった本番活動に対してポイント消費が発生します。

メインの機能の他にも、直接出会いに関係するようなものでは無いものの、他にも多数の機能が存在します。

例えば出会いや恋愛、婚活に関しての情報を掲載している読み物コンテンツであるワクワクコラム、日記機能、アフィリエイト機能など。

SILK(シルク)

最後にご紹介するのがSILKです。
上記2つのアプリが運営10年以上の老舗なのに対し、SILKは正式サービスが2018年からという、マッチングアプリの中でもかなりの新参に分類されます。

コンセプトは「仕事もプライベートも充実した大人の女性」と「若くて元気な夢を追いかける男子大学生」をつなげる男子大学生応援アプリ、とされています。

つまり「出会いを求める人」という大きな窓口ではなく、明確にターゲットを絞ったタイプのマッチングアプリだとわかります。

そしてこの「大人の女性」と「若い大学生男子」をつなげる、大学生男子支援と見て察した人も居る事でしょう。

そう、このアプリはママ活に最適、あるいはママ活を目的としたアプリであると言えます。
最初にママ活やパパ活専用のアプリはまだない、とは言いましたが、別に嘘をついたわけではなく、あくまでもSILKにおいてママ活用アプリである事を明言する記載はありません。

あくまでターゲット層は大人の女性と若い男性であるという事がママ活の条件に一致する、というだけのお話です。

また利用規約として「金銭のやりとりは禁止」と明言されています。

アプリの特徴

アプリの最大の特徴は上記の通り明確にターゲットを絞っているという事。
システムは他の2つのアプリと同様、ポイント課金を行うタイプで、上記の2つは1ポイント10円ですがこちらは1ポイント1円になります。

また大学生支援というだけあって登録には大学メールアドレスが必要です。
他にも支援としてか支払い周りに工夫がみられ、60日後払い、有料会員プランなどがあります。

無料・有料で使える機能

基本的に機能はとてもシンプルです。
これはリリースしてからまださほど運用年数が経っていない事もあって、それこそ特定の人の名前を検索できないといった機能不足も少々目に付きます。

ただ、基本的に出会いなども含めて無料で利用可能、有料(ポイントを使う機能)はマッチング要素であるいいね(SILKではお互いがお互いをいいねするとメッセージのやりとりが可能になる)にメッセージ機能を追加した花束を送るというシステムのみ。

いいねは1日3回限定で、基本的に◯◯さんにいいねされました、とだけ通知が来るという仕組みですが、花束では一言メッセージを追加できるので、相手に対して目的を伝えやすく、また一回1000円と高額な事もあってマッチ成功率が跳ね上がるというのが特徴的です。

3.無料アプリを使ってママ活した人の口コミ

実際にこれらの無料アプリを使ってママ活をした人の口コミを見ていきましょう。
無料アプリ、といっても解説の通り基本的にはポイントを消費して連絡を取り合うという関係上、1から10までを無料で行えるというのはSILKくらいで、他のアプリでは返事は来てもお断りされたりして結局無料分のポイントが無くなってしまった、という口コミがいくつか見受けられます。

しかし反面無料ポイントで出会えた、という人も一定数存在します。
こればかりは相手との相性、そしてメッセージのやりとりで相手の興味を引けるかどうかの実力と運によると言えるでしょう。

これらアプリでママ活を行い、7000円程度の食事をおごってもらったり、欲しかったものを買ってもらえたという男性や、イケメンの男子学生と継続してお付き合いすることができたという女性の口コミも存在します。

4.無料アプリを使ってママ活するときの注意点

最後に無料アプリを使ってママ活をするときの注意点について。
まず第一に利用規約に触れない事、出会いを迫るあまり法に触れてしまったり、規約に違反してしまえば良くて退会処分、場合によっては罰金処分となる可能性があります。

そして業者に注意、マッチングアプリの中では運営している会社自体が課金させるために業者を雇っている場合があります。

その場合も大抵はポイントを消費してやりとりをするタイプのマッチングアプリであるため、わざと会話を長引かせて無駄にポイントを消費させた挙げ句出会えなかったりなど、無駄に時間とお金を浪費してしまう事になります。

同様に課金のしすぎに注意。
女性に関しては女性は利用がタダのアプリが多いため問題はありませんが、男性の場合、特に金銭的支援を求めてママ活をしている人が課金でお金を使ってしまっていては元も子もないと言えるでしょう。

確かに物事を成功させるためには投資も必要ではありますが、きちんと使う分の額を見極めることが大切です。

まとめ 無料アプリでもママ活はできる

以上、ママ活に使える無料アプリについて解説していきました。

基本的にパパ活・ママ活を容認・黙認している事が多いとはいえ、規約で金銭的なやりとりが禁止されている場合があります。

そこで食事◯◯円から、なんて書いてしまえば普通にアカウント凍結などが待っているため、くれぐれも注意しましょう。

今回の内容をまとめると以下の通りです。

  • 基本的にはポイントを消費してやりとりをする、ポイントは課金。
  • ワクワクメールは業者対策が厳重!安心して相手を探す事ができる。
  • SILKはママ活に最適!無料でやりとりから出会いまで可能。

関連記事

  1. メンヘラとは?意味を知って診断してみよう

  2. 秋の国内旅行!おすすめ絶景観光スポット

  3. 恋活・婚活!梅田のおすすめ出会いスポット

  4. 子供の夢が暗示する夢占いの意味とは?

  5. 婚活がしんどい!婚活で辛かったエピソード&3つのストレス対処法

  6. 日帰りや観光も!関西おすすめ穴場温泉12

  7. 人気のギャルメイク!パーツ別やり方・コツ

  8. 逃げる夢!相手や状況で夢占いの意味を解説