マッチングアプリ「SILK(シルク)」はママ活向き?

大学生男子支援としてサービスが開始したSILK(シルク)はママ活アプリとして最適ではないか?という噂が出ています。

今回はこの噂のアプリ「SILK(シルク)」の紹介と解説を行います。

1.ママ活におすすめ!SILK(シルク)とは大人の女性と男子大学生をつなげるマッチングアプリ

2018年11月にリリースを開始したマッチングアプリ、「SILK(シルク)」について解説していきます。

「SILK(シルク)は、年下男子と知り合いたい「大人の女性」と、年上の女性に魅力を感じている「年下男性」をつなげるマッチングサービス」という、特定のターゲットに限定したマッチングアプリです。

マッチングアプリ、出会い系サイトと言えば大抵は出会いを求めている人という広い広い窓口のため、それこそ20代から50代までの幅広い年齢層の利用者が存在しています。

基本的に顧客が多ければ多いほど利益も出て活気も出てくるものだと言えますが、マッチングアプリにおいてはそれだけマッチングする相手が増え、かつ目的が異なる人が増えるということにも繋がります。

しかしSILKの場合は男性であれば利用できるのが大学生男子~社会人数年目なので、当然ながら年下が好みの女性が多く登録するというターゲットの限定を行っている関係上「目的が一致している相手」が見つかりやすいと言えます。

そして年上女性と年下男性をつなげるというコンセプトから、ママ活アプリとして最適であると噂されています。

>>SILKアプリダウンロード

 

2.ママ活に向いている!登録に必要なものがしっかりしているので身元が安全

ママ活をする上で、当然ながらお互いに顔を合わせてやりとりをしなければならないため、少なからず身元を明かす必要があります。

逆に言えば会うまで身元が一切不明の人物などとても信用できるわけがなく、Twitterなどは元々匿名で行うSNSという点もあって身元が安全かどうかが確定しにくいという欠点があります。

きちんとしたマッチングアプリは登録段階でしっかりとした身元証明情報が求められます。

例えば18歳未満の人が登録してはいけないサイトなどは身元証明として運転免許証や保険証を写真として提示したりする必要があります。

SILKも同様で登録自体は年齢関係なくできますが、メッセージのやり取りまでに以下証明書のいずれかの提出が必ず求められます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住基カード
  • マイナンバーカード

プロフィールの画像や自己紹介文も常に監視されているため、鮮明ではないプロフィール画像や金銭授受を目的にしたことが露骨にわかる自己紹介文だと強制退会などの処置が当然実施されてしまいます。

3.ママ活におすすめのアプリSILK(シルク)の特徴

続いてSILKの特徴について解説していきましょう。

昨今のママ活事情に合わせてリリースされたと言っても過言ではない内容のマッチングアプリですが、リリースしてから日が浅いというのもあってか、機能が少ないという事が挙げられます。

機能が少ないという事は良く言えばシンプル、悪く言えばかゆいところに手が届かないと言えるでしょう。

機能としては基本的に

  1. プロフィールを編集する
  2. 相手を探す
  3. いいねを送る
  4. メッセージを交換する

の4つだけです。

勿論今後アップデートされていき、機能改善や追加もされていくという可能性もあるため、今後に期待です。

登録はアプリから

SILKのアプリをダウンロードするだけで使用することができます。

登録には

  • 性別
  • メールアドレス
  • 生年月日
  • 顔のわかる写真
  • ニックネーム
  • 職業
  • 居住地

を入力します。

このうち、赤文字で示したものは登録後に変更不可なので間違えないようにしましょう。

青文字で示したものは登録した後から変更も可能です。

アプリ版の特徴はメールアドレスに指定がなく、どんなメールアドレスでも登録できる点です。

従来のLINE版(後ほど説明します)では、大学(院)で使用しているメールアドレスじゃないと登録できなかったのですが、アプリ版ではメールアドレスの指定はなく、大学で使用しているもの以外でも登録できるようになっています。

ただし、年代の選択が20代になるようにしか設定できないようになっていて、若い男性しか登録できないようになっています。

つまり、大学生であるかは関係なく、20代の男性であれば使用できるということになります。

SILKを開くと、シンプルに

  1. ホーム
  2. お相手から
  3. メッセージ
  4. マイページ

という4つのボタンが下に表示されます。

「ホーム」は相手を探すボタンで、候補の方の写真が並んでいます。

次にマイページ、ここではプロフィール編集や、自身のプロフィールを見た人がいるかどうか、通称「足あと」の確認、設定の変更や課金などが行えます。

メッセージは自分に送られてきたメッセージを見ることができますが、ここでは年齢確認が行われます。

最後にお相手から、ここでは相手から送られてきた花束・いいねを確認する事ができます。

花束については後ほど解説しますが、基本的にはいいねと同じです。

そして送られてきたいいねに対していいねを返すとマッチングします。

>>SILKアプリダウンロード

 

SILKのLINE版もある

アプリのアップデートによりその存在があまり目立たなくなりましたが、SILKのLINE版も健在です。

そもそもLINEとはコミュニケーションツールで、日本で爆発的な勢いで普及したアプリの一つです。

分類としては無料通話アプリであり、文字通り無料で同じLINEをインストールした端末に電話を行う事ができます。

他にもチャットや日記のように使えるタイムラインなど、様々なコンテンツが含まれたアプリです。

SILKのLINE版を利用する際はまずこのLINEを導入する必要があります。

なおLINE上でSILKを使っていることを示すような情報が公開されたりすることは無いため、LINEを使ってる友達に知られたくないという人でも安心して利用が可能です。

SILKに登録した後はLINEアプリを起動し、トーク欄にあるSILKを選ぶ事で利用することになります。

そのため、基本的にLINE利用者側から相手がSILKをやっているかどうかがわかる情報が公開される事は無いものの、例えば画面を覗き見られたりした際にLINEを起動しているとSILKを導入しているかどうかがバレてしまう事もあるかもしれません。

条件や居住地は絞れるのは有料プランに切り替えてから

SILKの難点として挙げられるのが、条件や居住地を絞る、いわゆるソート機能が物足りないという事。

ターゲット層が限られているとはいえ、相当数が利用しているアプリにおいて条件や居住地を絞れるのは有料プランに切り替えてからというのは少々不便な点です。

もちろんマッチングしたらどの大学に通っているどこ在住の何歳の男性か、名前とどこ在住の何歳の女性かというのは表示されます。

ですが、マッチングするまでは一覧でずらっと表示されているだけのため、1つ1つ相手のプロフィールを確認しないといけないので手間がかかります。

料金体系

次に料金体系、SILKは従来のよくある月額制マッチングアプリと同じです。

  • いいね
  • 条件検索
  • メッセージの交換

月額の有料会員になるとこれら全て使えるようになります。

 

月額プラン

  • 12ヶ月プラン 28,800円(2,400円/月・30,000pt付)
  • 6ヶ月プラン 17,800円(2,967円/月・15,000pt付)
  • 3ヶ月プラン 10,200円(3,400円/月・5,000pt付)
  • 1ヶ月プラン 4,000円

機能の1つで「花束を送る」というのがあります。

基本的にはいいねと同じですが、違うのは相手に花束のイラストと共に一言メッセージを送ることができるという事。

そのため普通のいいねと比較すると自分を印象付ける事ができ、マッチング段階でアピールをする事ができます。

ただし花束1回につき1000ポイント必要となります。

SILKは月額プラン以外に1ポイント=0.98円でポイントを追加購入できるのですが、花束を送るとなると一回980円という、決して安くはない額が飛んでいきます。

しかし逆に言えば、相手側からすれば980円を支払ってでも話したい、というような印象を与えることができます。

それこそいい条件のお相手には当然ライバルが群がるものである以上、ケチケチするよりもしっかり投資してみた方が結果を得られるでしょう。

 

ポイントの料金体系

  • 500ポイント・・490円
  • 1,000ポイント・・860円
  • 3,000ポイント・・2,320円
  • 5,000ポイント・・2,940円
  • 10,000ポイント・・5,500円
  • 25,000ポイント・・12,000円

購入ポイントが増えるごとに割引されていきます。

10,000ポイントに関しては4,300円分、25000ポイントだと12,500円分も安くなっています。

4.ママ活におすすめのアプリSILK(シルク)に登録している女性の特徴・傾向

続いて利用者の特徴や傾向について。

基本的にはママ活をしたいという女性は金銭的余裕があったり、女性らしさを忘れたくない、女扱いをしてほしいという人が多い傾向にあります。

特にSILKの場合、相手が大学生のみという事もあって、年下の男子、それも若い子が好きという方が多いと言えるでしょう。

また、ある程度コミュニケーション能力も鍛えられている社会人ではなく、まだ学生気分が残っている・絶賛学生気分な大学生が相手という事もあってか、母性本能が強く完璧にエスコートしてくれるような男性よりも、ちょっと頼りない程度の母性本能がくすぐられるような男性を好むという傾向があります。

5.ママ活におすすめのアプリSILK(シルク)に登録している男性の特徴・傾向

対して男性に関する特徴ですが、一つは単純に年上好きという場合。

これは単純に性癖の問題であり、必ずしもそうとは限りませんが少なくとも年上女性が嫌いという方は殆ど居ないと言えるでしょう。

なにせママ活目的だとしても、嫌いな年上女性相手に食事やデートに付き合うという行為を経て支援を受けるとして、果たしてそれはアルバイトをする負担と比べて楽だと言えるのでしょうか?

当然そんなはずはなく、やはり年上女性が好きでなければ続けることはできません。

付き合うなら年上が好みという男性が集まっていることが容易に推測できます。

他にも大学生活で若さと時間を持て余している、という傾向もあります。

大学というのは学生生活で最も時間に猶予がある時期であると言えます。

中学生と高校生、場合によっては小学生は勉強に追われる学生生活ですが、大学の場合講義という形式のため、比較的勉強に対する負担は一部の難関大学以外はあまりありません。

それこそ一部企業の面接では「どんな大学に通っていたか」というよりも「大学に通っていた期間、時間をどのように使っていたか」を評価材料の一つとしている所もあったりします。

  • 時間を有効活用して、社会経験豊富な年上の女性の話を聞きたい
  • 同年代の女性にはない魅力をもった年上女性と積極的にコミュニケーションを取りたい

という男性がいます。

6.ママ活におすすめのアプリSILK(シルク)の口コミ・体験談

実際にSILKを利用した人の口コミや体験談を見ていきましょう。

SILKの口コミでいくつか見受けられるのは「プロフィール文が通りにくい」というもの。

SILKはプロフィール画像や自己紹介文を24時間監視しているのですが、いちいちNGな自己紹介文をチェックしたりするのは手間がかかるため、特定の単語や文章が含まれていたりすると自動で否認するというシステムが存在しています。

SILKも含めて大抵の場合はどんな文がNGなのかを公開してない上、問い合わせた方いわく「個別にはお答えできません」という回答が返ってきたとのこと。

書きたい自己紹介が書けなくてイライラする、という人も居るようです。

女性側の体験談

実際に登録して使用したという口コミを調べたところ、女性は引く手あまたでかなりモテることがわかりました。

人によっては登録して1日立たずして50人からいいねが届いたという人もいます。

登録している男性は高学歴な学生が多く、

  • 真面目タイプ
  • チャラ男タイプ
  • マッチョ男子
  • 理系男子

などなどバリエーションが豊かとのことです。

イケメンの人が多い、といった感想も見受けられます。

  • 大人の女性、経験豊富な女性とお話したい
  • ご飯に連れて行って欲しい
  • 年上女性が好き

という男性が多く、年下男性が好みの女性にはぴったりのようです。

男性側の体験談

登録しているのは主に20代後半~40代半ばで、30代女性が最も多いです。

ママ活向けアプリとのことで経済的にも余裕がある人が多いだろうと思っていましたが、意外とそうでもありません。

プロフィールで経営者という方がいますが、圧倒的に多いのが普通の勤め人の方です。

会社員や業種など肩書は様々ですが、会社勤めの人が8割くらい。

経済的に余裕がある人が登録しているのだと思っていましたが、普通に働いている女性もされているのが驚きでした。

プロフィールに年収の記載欄があるのですが、登録していない女性が多い。

逆に記載している人はたいてい年収が高く、500万以上が目立ちます。

経済力に自信がある人が書いている印象で、女性からするとあまり書きたい項目ではないのかもしれません。

  • 話し相手が欲しいだけ
  • ガチで彼氏が欲しい

とプロフィールに書いてる人も少数派ですがいるので、ママ活目的であればこういう方にはアプローチしないほうがベターですね。

また、女性のプロフィールには「ママ活」という単語はほぼ出てきません。

  • 一緒にお酒飲める人
  • ご飯行ける人
  • 映画見に行ける人
  • 友達探し

といったように、一緒に楽しい時間を過ごせる人を求めている人が多い印象です。

そのため、最初からママ活目的というのをあからさまに出してアプローチすると相手が離れるリスクもあるでしょう。

仲良くなっていってごちそうしてもらえる関係になったら、徐々にあなたの希望を伝えるくらいの進め方だと、ママ活が成功しやすいのではないでしょうか。

また、会社勤めの人が多いので、仕事の愚痴や不満などを聞いてあげて相手を癒せる存在になれれば、ママ活も進めやすいかもしれません。

7.ママ活におすすめのアプリSILK(シルク)の登録に向いている人・向いていない人

実際に利用するとしたらどんな人におすすめなのかについて。

まず大前提として、出会いを求めていない人には向いていません。

次に熟女・年上女性が苦手という人にも向いていないでしょう、20代女性も利用しているというデータがありますが、基本的には30~40代くらいの女性が対象となるため、若い子と遊びたいという方には向いてないでしょう。

逆に年上女性が好きな人、自分に自信がある人は利用に向いていると言えます。

マッチングまでは最低限顔とプロフィール、そして学歴などで簡単にたどり着ける事でしょう。

しかし実際に出会えるかどうかは相手の心を掴むことができるかどうか、コミュニケーション能力が試されます。

8.ママ活におすすめのアプリSILK(シルク)のメリット・デメリット

 

SILKを利用する上でのメリットとデメリットについて。

デメリットは男女とも有料であこと。

有料というだけで使おうか迷う人も多いでしょう。特に女性は多くのマッチングアプリで無料なので、有料ということに面食らうかもしれません。

なので、無料で使いたいという人にとっては使うハードルが高いアプリです。

しかし、男女とも有料であるというのは裏を返せば本気の人しか集まらないとも言えます。

SILKのメリットとして、本気で出会いを求めている男女が集まっているということを挙げられます。

もし出会いに不足を感じていなかったらそもそもお金を払ってでも登録しようとは思いません。

お金を払ってでも出会いを求めるということは、それだけ出会いに飢えてるからで本気度が高い証です。

もちろん、だからといってマッチングしやすいとは言い切れませんが、真剣に出会いを求めている男女が集まっているので、

  • プロフィールを丁寧に書く
  • 希望の条件にこだわり過ぎない

ということを意識すればマッチングはしやすくなるでしょう。

9.ママ活におすすめのアプリSILK(シルク)を使うときの注意点

最後にSILKを使う上での注意点について。

これは何よりも「規約に違反しない」という事に尽きます。

例えばこのSILKというアプリはママ活に用いられていますが、SILKの利用規約上金銭のやりとりは禁止されています。

そのため、SILK上で金銭のやりとりを仄めかすようなメッセージをやりとりすると規約に抵触してアカウントを凍結されてしまったりもするでしょう。

法に触れたりした場合は最悪罰金処分もあるかもしれません、しっかりと規約は確認するようにしましょう。

まとめ おすすめアプリSILK(シルク)はママ活に向いている

以上、SILKについて解説しました。

  • 年下男子と年上女性という特定ターゲットに絞ったマッチングアプリ。
  • 料金体験もわかりやすい。
  • しっかりとしたチェック体制で安心できる。

といった点から、ママ活に最も向いたマッチングアプリであると言えるでしょう。

ただし注意点でも述べているように、金銭的なやりとりは規約違反なので、注意しましょう。

>>SILKアプリダウンロード

 

その他、ママ活に向いてるアプリもあるので少しご紹介します。

ワクワクメール

ママ活募集サイト専門ではありませんが、『ワクワクメール』というマッチングアプリもあります。

累計登録者数が800万人で非常に多くの方が利用しています。

人数が多い分、良いママを見つけられる可能性も高まるので是非利用してみてください。

また、他のマッチングアプリや出会い系サイトと違いプロフィールを見るのにポイントを消費しないのもワクワクメールの良いところです。

登録無料で1,200円分のポイントも特典で貰えます。

>>ワクワクメール公式サイト

 

イククル

イククルも会員数は1,000万人と非常に多いのが特徴です。

新規登録で80ポイント(800円分)もらえるイククルは、掲示板の各ジャンルに1日1回無料で書き込めます。

ママ候補と出会えそうな掲示板にも毎日1回ずつ書き込めるので、いろいろな人の目に留まりやすく出会いのチャンスが増えます。

日記機能や動画投稿機能も充実していて、出会い系とSNSの良いとこ取りをしたマッチングアプリでもあります。

特に日記機能は無料で使えるので、イククルは低コストで出会うことができると評価する人も多いです。

>>イククル公式サイト

 

ママ活におすすめのアプリやサイトはこちらの記事でも紹介しているのでぜひご参考にどうぞ!

 

関連記事

  1. 関西旅行!子連れに人気の観光名所・ホテル

  2. 春定番のデートスポット7選!彼氏をドキっとさせるコーデにメイクも

  3. 夢占いでキスされる・するはどういう意味?相手や場所別に解説!

  4. パパ活のデメリットとメリットをパパとパパ活女子別で紹介

  5. 深田恭子メイク!やり方とポイントを解説

  6. 城崎温泉!おすすめ観光スポット・宿特集

  7. 殺される夢が暗示する夢占いの意味を診断!

  8. 関東のおすすめデートスポット25選!シーン別にご紹介します!