マッチングアプリ「シルク」はママ活向き?

大学生男子支援としてサービスが開始したSILK(シルク)はママ活アプリとして最適ではないか?という噂が出ています。

今回はこの噂のアプリ「SILK(シルク)」の紹介と解説を行います。

1.ママ活におすすめ!SILK(シルク)とは大人の女性と男子大学生をつなげるマッチングアプリ

2018年11月にリリースを開始したマッチングアプリ、「SILK(シルク)」について解説していきます。

「SILK(シルク)は、年下男子と知り合いたい「大人の女性」と年上の女性に魅力を感じている「男子大学生」をつなげるマッチングサービス」という、特定のターゲットに限定したマッチングアプリです。

マッチングアプリ、出会い系サイトと言えば大抵は出会いを求めている人という広い広い窓口のため、それこそ20代から50代までの幅広い年齢層の利用者が存在しています。

基本的に顧客が多ければ多いほど利益も出て活気も出てくるものだと言えますが、マッチングアプリにおいてはそれだけマッチングする相手が増え、かつ目的が異なる人が増えるということにも繋がります。

しかしSILKの場合は男性であれば利用できるのが大学生男子のみ、女性であれば相手が年下男子のみのため、当然ながら年下が好みの女性が多く登録するというターゲットの限定を行っている関係上「目的が一致している相手」が見つかりやすいと言えます。

そして年上女性と年下男性をつなげるというコンセプトから、ママ活アプリとして最適であると噂されています。

2.ママ活に向いている!登録に必要なものがしっかりしているので身元が安全

ママ活をする上で、当然ながらお互いに顔を合わせてやりとりをしなければならないため、少なからず身元を明かす必要があります。

逆に言えば会うまで身元が一切不明の人物などとても信用できるわけがなく、Twitterなどは元々匿名で行うSNSという点もあって身元が安全かどうかが確定しにくいという欠点があります。

きちんとしたマッチングアプリは登録段階でしっかりとした身元証明情報が求められます。
例えば18歳未満の人が登録してはいけないサイトなどは身元証明として運転免許証や保険証を写真として提示したりする必要があります。

SILKも同様に、男性は大学生のみを対象としているため、登録の際には大学のメールアドレスが必須となっています。
プロフィールの画像や自己紹介文も常に監視されているため、それこそ大学のメールアドレスだけ勝手に使っている大学生ではない男性であっても、プロフィール画像や自己紹介文で正体を晒していれば当然強制退会などの処置が実施されてしまいます。

3.ママ活におすすめのアプリSILK(シルク)の特徴

続いてSILKの特徴について解説していきましょう。
昨今のママ活事情に合わせてリリースされたと言っても過言ではない内容のマッチングアプリですが、リリースしてから日が浅いというのもあってか、機能が少ないという事が挙げられます。

機能が少ないという事は良く言えばシンプル、悪く言えばかゆいところに手が届かないと言えるでしょう。
機能としては基本的にプロフィールを編集する、相手を探す、いいねを送る、メッセージを交換するという程度です。

勿論今後アップデートされていき、機能改善や追加もされていくという可能性もあるため、今後に期待です。

登録にはLINE(ライン)が必要

SILKの登録に大学メールアドレスが必要な事は解説しましたが、もう一つ必要な事としてLINEが必要です。
LINEとはコミュニケーションツールで、日本で爆発的な勢いで普及したアプリの一つです。

分類としては無料通話アプリであり、文字通り無料で同じLINEをインストールした端末に電話を行う事ができます。
他にもチャットや日記のように使えるタイムラインなど、様々なコンテンツが含まれたアプリです。

SILKを利用する際はまずこのLINEを導入する必要があるため、注意しましょう。
なおLINE上でSILKを使っていることを示すような情報が公開されたりすることは無いため、LINEを使ってる友達に知られたくないという人でも安心して利用が可能です。

LINE(ライン)にログインして相手を探す

また、登録だけではなく利用する際もLINEを利用します。
SILKに登録した後はLINEアプリを起動し、トーク欄にあるSILKを選ぶ事で利用することになります。

そのため、基本的にLINE利用者側から相手がSILKをやっているかどうかがわかる情報が公開される事は無いものの、例えば画面を覗き見られたりした際にLINEを起動しているとSILKを導入しているかどうかがバレてしまう事もあるかもしれません。

SILKを開くと、シンプルに「さがす」「マイページ」「メッセージ」「お相手から」という4つのボタンが表示されます。

「さがす」は文字通りマッチング相手を探すボタンです。
次にマイページ、ここではプロフェッショナル編集や、自身のプロフィールを見た人がいるかどうか、通称「足あと」の確認、設定の変更や課金などが行えます。

メッセージは自分に送られてきたメッセージを見ることができますが、ここでは年齢確認が行われます。
最後にお相手から、ここでは相手から送られてきた花束・いいねを確認する事ができます。
花束については後ほど解説しますが、基本的にはいいねと同じです。

そして送られてきたいいねに対していいねを返すとマッチングします。

条件や居住地は絞れない

SILKの難点として挙げられるのが、条件や居住地を絞る、いわゆるソート機能が不足しているという事。

ターゲット層が限られているとはいえ、相当数が利用しているアプリにおいて条件や居住地を絞ることができないというのは少々不便で、それこそマッチング結果にはどの大学に通っているどこ在住の何歳の男性か、名前とどこ在住の何歳の女性かというのは表示されますが当然一覧でずらっと表示されているだけのため、いちいち確認しなければなりません。

料金体系

次に料金体系、SILKは1ポイント1円と、従来のよくあるポイント制マッチングアプリのようにも思えますが、実際にポイントを使うのは「花束」というシステムを使う場合だけで、さがす・いいねする・メッセージを送るといった基本的な機能は無料で利用可能です。

では花束とは何かというと、基本的にはいいねと同じです。
違うのは相手に花束のイラストと共に一言メッセージを送ることができるという事。
そのため普通のいいねと比較すると自分を印象付ける事ができ、マッチング段階でアピールをする事ができます。

ただし花束1回につき1000ポイント必要で、前述の通り1ポイント=1円のため、一回1000円という、決して安くはない額が飛んでいきます。
しかし逆に言えば、相手側からすれば1000円を支払ってでも話したい、というような印象を与えることができます。

それこそいい条件のお相手には当然ライバルが群がるものである以上、ケチケチするよりもしっかり投資してみた方が結果を得られるでしょう。

料金体系に関しては1000ポイント、3000ポイント、5000ポイント、10000ポイントが基本的な課金要素で、価格は1000ポイントがそのまま1000円、3000ポイントからは割引がされていて、3000ポイントは2850円、5000ポイントは4500円、1万ポイントは7500円と、1万ポイントに関しては2500円も安くなっています。

4.ママ活におすすめのアプリSILK(シルク)に登録している女性の特徴・傾向

続いて利用者の特徴や傾向について。
基本的にはママ活をしたいという女性は金銭的余裕があったり、女性らしさを忘れたくない、女扱いをしてほしいという人が多い傾向にあります。

特にSILKの場合、相手が大学生のみという事もあって、年下の男子、それも若い子が好きという方が多いと言えるでしょう。

また、ある程度コミュニケーション能力も鍛えられている社会人ではなく、まだ学生気分が残っている・絶賛学生気分な大学生が相手という事もあってか、母性本能が強く完璧にエスコートしてくれるような男性よりも、ちょっと頼りない程度の母性本能がくすぐられるような男性を好むという傾向があります。

5.ママ活におすすめのアプリSILK(シルク)に登録している男性の特徴・傾向

対して男性に関する特徴ですが、一つは単純に年上好きという場合。
これは単純に性癖の問題であり、必ずしもそうとは限りませんが少なくとも年上女性が嫌いという方は殆ど居ないと言えるでしょう。

なにせママ活目的だとしても、嫌いな年上女性相手に食事やデートに付き合うという行為を経て支援を受けるとして、果たしてそれはアルバイトをする負担と比べて楽だと言えるのでしょうか?

他にも大学生活で若さを持て余している、という傾向もあります。
大学というのは学生生活で最も時間に猶予がある時期であると言えます。

中学生と高校生、場合によっては小学生は勉強に追われる学生生活ですが、大学の場合講義という形式のため、比較的勉強に対する負担は一部の難関大学以外はあまり無く、それこそ一部企業の面接では「どんな大学に通っていたか」というよりも「大学に通っていた期間、時間をどのように使っていたか」を評価材料の一つとしている所もあったりします。

6.ママ活におすすめのアプリSILK(シルク)の口コミ・体験談

実際にSILKを利用した人の口コミや体験談を見ていきましょう。
SILKの口コミでいくつか見受けられるのは「プロフィール文が通りにくい」というもの。
SILKはプロフィール画像や自己紹介文を24時間監視しているのですが、いちいちNGな自己紹介文をチェックしたりするのは手間がかかるため、特定の単語や文章が含まれていたりすると自動で否認するというシステムが存在しています。

SILKも含めて大抵の場合はどんな文がNGなのかを公開してない上、問い合わせた方いわく「個別にはお答えできません」という回答が返ってきたとのため、書きたい自己紹介が書けなくてイライラする、という人も居るようです。

他にも高学歴な学生が結構多く、真面目タイプかチャラ男タイプの2極化している!という体験談や、結構顔が良い人が多い、といった感想も見受けられます。

7.ママ活におすすめのアプリSILK(シルク)の登録に向いている人・向いていない人

実際に利用するとしたらどんな人におすすめなのかについて。
まず大前提として、出会いを求めていない人には向いていません。

次に熟女・年上女性が苦手という人にも向いていないでしょう、20代女性も利用しているというデータがありますが、基本的には30~40代くらいの女性が対象となるため、若い子と遊びたいという方には向いてないでしょう。

逆に年上女性が好きな人、自分に自信がある人は利用に向いていると言えます。
マッチングまでは最低限顔とプロフィール、そして学歴などで簡単にたどり着ける事でしょう。
しかし実際に出会えるかどうかは相手の心を掴むことができるかどうか、コミュニケーション能力が試されます。

8.ママ活におすすめのアプリSILK(シルク)のメリット・デメリット

SILKを利用する上でのメリットとデメリットについて。
まずメリットは完全無料でも利用できるという事。
確かに花束というシステムは強力なアピール手段となり得ますが、それはあくまでも「自分からアプローチする」という場合に限る話であり、SILKは「女性側からアプローチする」という事もできるため、それこそ自分に自信があるということは女性側からのアプローチを待っているだけで、実質無料で出会えると言えます。

デメリットに関しては、まず利用できるのは大学生である事が挙げられます。
つまり大学を卒業・中退してしまった場合は利用ができなくなります。
それでも利用を続けていた場合は規約違反のため、何かしらの処分がされるでしょう。

また、あくまで噂程度の話ではありますが、LINEは個人情報を抜くマルチウェアである、という噂がまことしやか……というよりは、わりと良く語られています。
そして本来SILKはアプリとしてリリースする予定ではありましたが、上記の解説の通り利用方法的にはどちらかというとLINEを利用したプラグイン、拡張機能の一種だと言えます。

アプリではなくLINE経由でリリースした事から、SILKも個人情報を抜く目的があるのではないか?と噂する人も居ます。
勿論あくまで噂であるため、簡単に信じたりしないようにしましょう。

9.ママ活におすすめのアプリSILK(シルク)を使うときの注意点

最後にSILKを使う上での注意点について。
これは何よりも「規約に違反しない」という事に尽きます。

例えばこのSILKというアプリはママ活に用いられていますが、SILKの利用規約上金銭のやりとりは禁止されています。

そのため、SILK上で金銭のやりとりを仄めかすようなメッセージをやりとりすると規約に抵触してアカウントを凍結されてしまったりもするでしょう。
法に触れたりした場合は最悪罰金処分もあるかもしれません、しっかりと規約は確認するようにしましょう。

まとめ おすすめアプリSILK(シルク)はママ活に向いている

以上、SILKについて解説しました。

  • 年下男子と年上女性という特定ターゲットに絞ったマッチングアプリ。
  • 基本的に無料、料金体験もわかりやすい。
  • しっかりとしたチェック体制で安心できる。

といった点から、ママ活に最も向いたマッチングアプリであると言えるでしょう。
ただし注意点でも述べているように、金銭的なやりとりは規約違反なので、注意しましょう。

関連記事

  1. 満足度大!ダイエットにおすすめのレシピ集

  2. 虹の夢が暗示する夢占いの意味やメッセージ

  3. きれいなおっぱいの条件と美乳の作り方

  4. ツイートで見かける「シコい」の意味とは?

  5. うさぎの夢!夢占いが暗示する意味を解説

  6. 片思いに効く心理テストはこれ!彼の心をつかむ恋愛テクニックも紹介

  7. リス顔の特徴!リスに似た芸能人とメイク術

  8. 勘がいい人になりたい!勘がいい人の特徴や勘を鋭くする方法って?