東京ママ活事情!相場やおすすめの場所は?

都会的なイメージのある東京では、どのようなママ活が行われているのでしょうか?

こちらの記事では、東京のママ活事情と東京でママ活するのにおすすめのスポットをご紹介。効率的に良い出会いができるおすすめアプリ・サイトについても紹介しています。ママ活関連の有益な情報を手に入れたい方は、ぜひ読み進めてくださいね。

1.ママ活とは?

ママ活とは、パパ活の反対です。女性が年下の男性を金銭的に援助する構図。肉体関係のあるものとないものがあります。純粋に若い男性の成長を望むサポート好きな女性もママ活をしており、エロティックな関係のものばかりではありません。

最初は男女の関係にならないというルールのもとでママ活を始めたのにもかかわらず、途中から我慢できなくなってアダルトな関係へと移行する人達もいます。

ママ活が指す言葉の範囲はかなり広く、「ママ活=こういうもの」と厳密に定義しづらいのが現状でしょう。ママ活をしている女性の職業や、社長、ドクター、お水系などの夜のお仕事が多めです。

2.東京のママ活事情

東京は日本の中枢であり中心市。なおかつ最先端の場所でもあります。東京のママ活事情に詳しくなれば、ママ活についての理解がより一層深まります。

  • 東京はママ活激戦区
  • 東京のママ(女性)の特徴
  • 東京のママ活男子(男性)の特徴
  • 東京のママ活相場
  • 東京のママ活デートのパターン

について深堀していきましょう。

東京はママ活激戦区

日本の中心地である東京にはあらゆるものが集まります。レッドオーシャンのため、必然的にレベルが上がるのも東京の特徴。

ママ活をしているママの数が多いだけでなく、美ママやキュートママも少なくないのです。東京はママ活激戦区といえるでしょう。最近では、一般の人でも「太い客」「太客」という言葉を使うケースがあります。

「太い」は、金払い抜群のリッチな人間を指すワード。「太ママ」とは、ぽっちゃり系の体型が崩れたママのことではなく、お金がたくさんあり支払いの良いママのことです。

東京のママ(女性)の特徴

東京には仕事で成功を収め、大金を手にした女性が多く暮らしています。太ママの数が他府県と比較して、かなり多いのが東京のママの特徴です。ママ活をしている女性はバリエーション豊か。先ほど説明した、社長、ドクター、お水系だけでなく、専業主婦まで存在。東京は成功者が多く住んでいます。仕事で成功している人の中には悠々自適タイプと、アクティブに毎日働いて家に帰る時間もほとんどないタイプに分かれます。

夫不在が続くと妻が募せるのは寂しさ。「お金はあるけど愛と温もりが足りない」と実感した女性がママ活をスタートさせるのもよくある話。田舎では絶えず近所の人達が監視の目を光らせているため、噂のネタになるような行動は慎むもの。しかし大都会の東京では、どんな行動でも自由にとりやすいため、ママ活をするのには絶好の環境なのです。男女ともに羽を伸ばしやすいのが東京といえるでしょう。

東京のママ活男子(男性)の特徴

東京のママ活男子は、総体的にあか抜けています。年齢差があるとはいえ、男女として意識しながら合う関係のため、男子側もある程度は洗練されていなければママから選ばれません。あまりに格好良すぎて隙がないとママ側が緊張してしまったり、あるいは可愛げを感じることできないのも確か。

ママ活は、いかにママの母性スイッチを押せるかがポイント。ダサすぎるのがNGですが、野暮ったさが多少ある方が好感を持たれるケースもあります。またママは夢を追いかけている若い男性が大好き。ピュアな瞳で目標に向かって一心不乱に突き進んでいる男子を放ってはおけず、援助したくなる性質があります。

都会には夢を追う男性が集結するもの。日本の首都、東京で石を投げると、夢追い男子に当たるほどです。すでに社会的成功やステイタスを獲得しているママは、青臭さを感じさせるものの不器用に一生懸命頑張っている男子が大好物。東京でママ活をしている男性の何割かは、夢を叶えるべく精進している人でしょう。それも現実逃避の夢ではなく、「自分は本気でこれがしたい!」と全身全霊を傾けている男子に、ママ達は弱いのです。

東京のママ活相場

ママ活の相場といっても、ケースバイケースのため正確なことは調べづらいものの、東京の相場は高めであると予測されます。一度の食事で5,000円~10,000円、デート一回あたり10,000円から20,000円ほど。

リピーターのままになってくると、一度で平均3万円をくれる人もいます。また太ママになると、10万円や20万円をポンと渡すことも。スーパーリッチママと繋がれれば、仕事をする必要性すらなくなるでしょう。ママ活で太ママとの巡り合いは、男性側の経済状況を一辺させる威力を持っています。

東京のママ活デートのパターン

東京は日本で最もお店の多い場所。「ママ活デートをするのに、もってこい」といえるでしょう。同じママとのママ活が恒例になってくると、まったりとしたおうちデートをすることも増えてきます。しかし、家に招くのが難しいママも少なくありませんし、やはりデートといえば外の方がワクワクするもの。
甘え上手な男子なら、ママに何かねだって買ってもらうようにするなら百貨店巡りなどもいいでしょう。基本的に女性はショッピングが大好きですので、ママの買い物につきあいつつ男性側も何か買ってもらって笑顔になれば、お互いWin-Winの関係を築きやすくなります。
またテーマパークや映画館なども、楽しみやすいでしょう。

まとめると

  • ショッピング系
  • エンタメ系

の2つが東京でするママ活デートの王道です。

3.ママ活男子におすすめの東京ナンパスポット

若い男性と女性が集まる場所が東京にあります。その名も『Hanako熟 新橋』。少しエッチな雰囲気もあるお店ですが、美魔女も出現するという噂のあるお店。『Hanako熟 新橋』では、近い距離で男女が直接語り合うことが可能。

メッセージのやりとりのみだと掴めない情報もありますが、リアルに話せば「この人とは相性が良さそう」「長期的に良好な関係を築けそう」というのが丸わかり。
いきなり肉体関係になるようなことはせず、あくまでママ活のパートナー探しと捉えた上でコミュニケーションをとれば問題ありません。街中でママ活相手になるような女性をナンパするのは、気が遠くなる程の時間がかかる作業。それを考える『Hanako熟 新橋』の活用は、かなりの時間短縮にもなります。

Hanako熟 新橋 新橋 3-8-5 (ル・グランシェルBLDG13-4F)

4.ママ活で使える東京デートスポット

ママによってはワイワイした場所でデートするのを好む人もいます。しかしママ活自体がそこまでオープンにするものではないという側面を忘れてはいけません。天王洲アイルは、落ち着いたデートがしやすいスポットとして有名。

やはりデートはドキドキしながらもリラックスできる状態でいたいものです。オシャレなカフェでデートをして、美味しいものを食べた後は、二人で夜景を見ましょう。大人のデートコースとして好まれる天王洲アイルを、ママ活デートで外すことはできません。

天王洲アイル 東京都品川区東品川2丁目3

5.ママ活で使える東京のおすすめカフェ

『東京ソラマチ』とは、東京スカイツリータウン内にあり、日本と世界を結ぶゲートシティです。実に300店舗以上のお店が営業しており、オシャレカフェも多数存在します。『東京ソラマチ』の中で、人気が高いのは『アフタヌーンティールーム』。

ウッディで統一された店内は、癒し要素満載。キュートな雑貨が並べられており、利用者の心を捉えて離しません。季節限定のメニューも多く、冬場に人気なのが『苺のカプチーノチャイ』。二人でお揃いのチャイを頼むと、お互いにやけがとまらないかも?すみだ水族館からの『アフタヌーンティールーム』というのが、この当たりのデートコースとしてはスタンダード。チェーン店のカフェも悪くありませんが、その場所ならではのメニューがあるカフェは、ママ活デートで入るお店としてはかなり良いでしょう。

アフタヌーンティールーム 東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ3F

6.ママ活で使える東京のおすすめレストラン

誰が言ったか知らないものの「ママ活デートにはイタリアンが似合う」という説があります。あながちこの言葉は間違いではないでしょう。大衆居酒屋のような場所も悪くはないですが、ママ活をするママというのは富裕層が少なくありません。

あまりに庶民的な所になると、ママ活っぽくなりません。「おかんと息子」みたいになることをママは嫌うもの。やはりママ側は女性として扱われたいと考えています。諸々を考慮するとイタリアンという選択肢が浮かび上がります。

『銀座 ポルトファーロ 本店』は、フォリービルの8階にある見晴らしの良いイタリアン。夜景を楽しみながら美味しいイタリアンに舌鼓を打てば、自然と晴れやかな笑顔になれるはず。二人の絆もより深まることでしょう。おねだりして、鉄板で熱々のお肉をママに焼いてもらうと美味しさが際立ちますよ。

銀座 ポルトファーロ 本店 東京都中央区銀座5-7-19 銀座フォリービル 8F

7. ママ活で使える東京のおすすめホテル

「もっと楽しく、もっと先へ」というのが京王プラザホテルのキャッチコピーですが、この言葉はママ活にも共通するところがありそうです。「お互い楽しみながらも未来へ向けて成長していきたい」というのがママ活をする男女の本音でしょう。

30階以上の部屋を予約すると、美しい夜景が楽しめます。また記念日であることを伝えると、朝にホールケーキを届けてくれるルームサービスがあるのもポイント高し。クリスマスやバレンタインなど特別な日になると、一層華やかな催しによって利用者を楽しませてくれます。

京王プラザホテル  東京都新宿区西新宿2-2-1

8.東京のママ活に役立つおすすめアプリ・サイト

今は男女の出会いの多くが、アプリを使ったものになりつつあります。ママ活をするにもアプリの利用はかなり有効。ASOBOは、30代、40代の女性ユーザーがかなり多いため、ママ活目的でインストールする人がいるほど。出会い系、マッチング系アプリは、どの層がたくさん利用しているのかを理解してから始めなければ、目的を達成できません。

ASOBOには掲示板があり、そこで堂々と「ママ活でママになってくれる人を募集しています!」と書かれています。ストレートなメッセージの方が反応しやすいママもきっといるはず。大手が運営を手掛けているため、安心して使うことができるでしょう。

ラブサーチも、ママ活中の人にとってスタンダードアプリといえます。ASOBOと同じく掲示板を上手く利用すれば、マッチングすることが可能。ラブサーチの運営は男女のマッチングノウハウについて知り尽くしているため、安全を確保した状態で出会いを求められます。

ママ活のために設計されたといっても過言ではないアプリがSILK。こちらのアプリは「仕事もプライベートも充実した大人の女性」と「若くて元気な夢を追いかける男子大学生」とつなげる大人の女性による男子大学生応援アプリです。すなわち大学生でママ活をしたいのなら、SILK一択なのです。2018年の夏にリリースされてから、ママ活に大きく貢献してきました。

Jメールはママ活に特化しているわけではありませんが、ママ活したい人に利用をおすすめしたいアプリ。地域を絞っての検索が可能のため、近くにいるママと簡単に知り合えることもできるでしょう。

まとめ 東京はママ活激戦区!アプリやマッチングサイトを活用しよう

東京のママ活についておさらいすると

  • 東京はママ活激戦区
  • 東京のママ(女性)はバリエーション豊か
  • 東京のママ活男子(男性)には、甘えん坊、夢追い系男子多いという特徴がある
  • 東京のママ活相場はピンキリだが、太ママになると一回で10マン以上を支払うこともある
  • 東京のママ活デートは、ショッピング系、エンタメ系が王道
  • ママ活デートスポットとして一押しは天王洲アイル
  • ママ活におすすめのカフェは、アフタヌーンティールーム
  • ママ活におすすめのホテルは、京王プラザホテル
  • ママ活におすすめのアプリやサイトは、ASOBO、ラブサーチ、SILK、Jメール

となります。

ママ活で大切なのは、ギブ&テイクの観念と距離感。本当の恋人みたいにべったりしてしまうと、お互い辛くなることもあるでしょう。疲れない距離感で相手を思いやれていれば、良い関係性を継続することもできなくはないでしょう。

関連記事

  1. 復縁のチャンスをこの手に。あの人の今の気持ちが当たりすぎて鳥肌!まだ諦められないあなたに。

  2. 誕生石「ラピスラズリ」の魅力や特徴とは?

  3. 両思いのはずなのに付き合わないという選択はアリなの? 進展しない関係の…

  4. 買い物の夢を診断!内容別の夢占いの意味

  5. 誕生石「ルビー」の魅力や特徴とは?

  6. 「付き合えないけど好き」に隠された男性の本音は?その対処法も紹介!

  7. 相思相愛になりたい!好きな人と理想のカップルになる方法

  8. プールの夢が暗示する夢占いの意味を診断