SNSで出会いアリ?相手を見つける方法

実生活で素敵な男性や女性と出会うチャンスは、それほど頻繁にあるわけではありません。

だからといって失望する必要は少しもないのです。

ネットが普及している今だからこそ、SNSを使って上手な出会いをすれば、「異性と出会えない」という悩みは一気に解決。

この記事では、SNSで出会う方法はもちろんのこと、メリット・デメリットなどをたっぷりご紹介します。

1.SNSでの出会いの経験をしている人は意外と多い

SNSをやっているのと、やっていないのとでは人生が大きく変わる可能性があります。

なぜならSNSを有効活用することで、出会いを増やせるから。

今はSNSの出会いがきっかけで結婚する人達も決して珍しくありません。

SNSといっても一種類ではなく、複数が存在。

一つのものに固執するより、たくさんのSNSを並行して使った方が出会える確率が上がるというわけです。

あなたの周囲にも「SNSで出会った」と言っていないだけで、実は「最初に知り合ったのがSNS」というカップルがいるかもしれないですよ。

SNSでの出会いはまだまだ、きちんと認知されていないこともあり結婚にまでいたっても、きっかけについては秘密にしておくケースが多いのです。

そこで、今回SNSでの出会いについてクラウドワークスで任意の男女150人から実際にアンケートを取りました。

期間:2020年8月5日
アンケート回答の男女比:男性52人女性98人 計150人

アンケート内容

  1. 知らない人とSNSでメッセージのやり取りをしたことはありますか?
  2. 会える人を見つける目的でSNSを使ったことがありますか?
  3. SNSを通じて知り合った人と実際に会ったことがありますか?
  4. 実際に会う時に使っていたSNSは何ですか?
  5. 相手の方とはどんな目的で会いましたか?
  6. 出会った相手とはその後どうなりましたか?

※④~⑥は③で「はい」と回答した93名を対象

①「知らない人とSNSでメッセージのやり取りをしたことはありますか?」

8割以上の方がメッセージのやり取りをしたことがあると回答。

男女の内訳はこちら。

  男性 女性
やり取りしたことある 45 80
したことがない 7 18

男性は約86.5%、女性は約81.6%となり、男女で差はあまり見られません。

知らない人でもSNS上であればコミュニケーションを取るのが普通になっていることがわかります。

②会える人を見つける目的でSNSを使ったことがありますか?

半数に近い人がSNSを使って会える人を探しています。

男女の内訳はこちら。

出会い目的で・・ 男性 女性
使ったことがある 32 37
使ったことがない 20 61

男性は約61.5%、女性は約37.8%となり、出会い目的で使っているのは男性が圧倒的に多いです。

女性も4割弱で出会い目的のために使っています。とは言え、6割以上の女性は出会い目的でSNSは使っておらず、

  • 見知らぬ人とSNSで連絡したり、実際に会うのはとても怖いので経験はありません。
  • SNSで出会いを求めるのはちょっとテレビでも詐欺にあうとかの報道がある様に怖いイメージがあるので利用しようとは思いません。

上記のように、「SNSでの出会いは怖い」という意見が目立ちました。

③SNSを通じて知り合った人と実際に会ったことがありますか?

150人中93人(62%)の方が「実際に会ったことがある」と回答しました。

男女の内訳はこちら。

実際に会ったことが 男性 女性
ある 35 58
ない 17 40

男性は約67.3%、女性は約59.2%となりました。

興味深いのは女性の回答。

先の「会える人を見つける目的でSNSを使ったことがありますか?」という質問では、女性の4割弱しか「使ったことがある」と回答していないのに、今回の質問では6割程度の女性が「会ったことがある」と回答しています。

最初は会うつもりはなくても、

  • 相手からのアプローチ
  • 何を目的にしているか

等によって、実際に会う女性が2割以上いるということがわかりました。

④実際に会う時に使っていたSNSは何ですか?

ここからは③で「はい」と回答した93名を対象にアンケートを取りました。

Twitterが最も多く約43%の方が使っていました。

Twitterのユーザー数は国内SNSでも第2位で、さらに匿名で使えることから、出会い目的で使うユーザーが多いのだと推測できます。

国内SNSでユーザー数が1位のLINEが少ないのは用途がそもそも違うためでしょう。

LINEはすでに知り合いであるユーザーとの連絡手段として使われることが多いため、出会いを求めて使われることは極端に少なくなっていると推測します。

※参考:Gaiax ソーシャルメディアラボ 2020年8月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ

SNSで出会いを求める場合、Twitterが一番使い勝手が良いと言えるでしょう。

⑤相手の方とはどんな目的で会いましたか?

  • 友達作り
  • オフ会やイベントに一緒に行ける仲間探し

を目的で使っている方が6割以上となっています。

アンケートで上記2つのどちらかを回答してくれた人の中にはこんな意見がありました。

  • 同じ音楽の趣味を持った人と繋がって一緒にライブに行ったり、その人の県にいったりした
  • 気軽にプライベートなことを話せる仲になった。今でも交流があり、不安なことや愚痴を喋ったりする。
  • TwitterのDMでお互いの共通の趣味の話をしていたところ、会話が盛り上がったので実際に会うことになりました。

一緒に遊べたり話し合える関係を求めていることが分かりますね。

普段話せないようなことを話せたり、趣味を共有できる相手を探すならSNSは相性が良いと言えます。

また、恋人を作る目的で会った人も2割強いました。

男女の内訳はこちら。

恋人を作る目的 男性 女性
人数 7 14
SNSで会った人に対する割合
()は③で「会った」と回答した人数
20%
(35)
24.1%
(58)

女性のほうが若干多いですね。

「恋愛に発展する出会いが少ない」と感じている女性の方は、SNSも使って恋活をしてみるのも良いかもしれません。

また、セフレ探しで会ったという人は、意外にも男女比4:3で男女で差はあまりありませんでした。

また興味深いことに、

  • 友達作り
  • オフ会やイベントなどに一緒に行ける相手探し

は58人中29人(50%)がTwitterを使って出会っていて圧倒的Twitterユーザーが多かったのですが、

  • 恋人探し
  • セフレ探し

では、Twitterでの出会いは28人中9人のみの32.1%にとどまりました。

Twitterは交友関係を広げるのにふさわしいと言えるでしょう。

⑥出会った相手とはその後どうなりましたか?

 

友達になったという人が4割弱いる一方、特に進展がなかったという人も3割いることが分かりました。

進展がなかったという人の内訳を見ると

  • 1度だけ会ってそれ以降会わなくなったしSNSのやりとりもしなくなった・・18人
  • 1度だけ会ってそれ以降はSNSだけの関係になった・・10人

となっています。

SNSでの出会いを経験している人は多いですが、関係を続ける難しさがある、と言えるでしょう。

また逆に、直接会って合わなかったら無理して関係を続ける必要がないのでSNSでの出会いは気楽なものである、とも言えます。

どちらにせよSNSで出会いたいとお考えの方は、真剣に出会いを求めるより、合う人がいれば良いし合わなければ辞めよう、という柔軟なスタンスでやるのが良いかもしれません。

2.気の合う相手を見つけるSNSの方法と出会いの特徴

SNSを利用した6つの出会いについて解説します。

  • Twitter(ツイッター)
  • Instagram(インスタグラム)
  • Facebook(フェイスブック)
  • LINE(ライン)
  • カカオトーク
  • マッチングアプリ・出会い系サイト

各々について、どういった出会い方ができるのかを説明していきましょう。

2-1.Twitter(ツイッター)

Twitterは最も出会いやすいSNSといってもいいでしょう。

タイムラインをチェックしたり、あるいはフォローしあってDMを送ることで簡単に距離を縮められます。

しかしTwitterでの出会いが手軽すぎて、過去にはたくさんの事件も起こっているため、出会いを求める際は細心の注意を払うことを忘れないようにしてくださいね。

2-2.Instagram(インスタグラム)

オシャレなイメージが強いInstagramも出会えるSNSの一種。

インスタ画像といえば、スタイリッシュな写真が多くありますよね。

他に多いのがワンちゃん、猫ちゃんの写真。かけがえのない家族の写真を褒めることで、距離が縮められやすくなります。

同じく犬猫をこよなく愛する人は、まずはワンちゃん、猫ちゃんきっかけで親しくなってみてはどうでしょう。

Twitterと同じようにDMを送れますので、仲良くなれればメッセージから「今度、お食事でもいかがですか?」と誘ってみてくださいね。

2-3.Facebook(フェイスブック)

若い人というよりは、やや上の世代になりますがFacebookを使って知り合うパターンも少なくありません。

友達申請を送り、申請を許可されるとすぐにメッセージのやりとりが可能になります。

アップしている写真などを細かくチェックしていけば、どういったお店によく行っていて、お酒が好きなのかや交友関係も判明。

Facebookは、Twitterの次に繋がりやすいSNSといえるでしょう。

2-4.LINE(ライン)

今や完全にメールのお株を奪った感のあるLINE。

家族とのやりとりも、グループLINEでしている人も多いはず。

ネット上ではLINEのIDを書き込む掲示板が存在。

そこから知り合いになることもできますが、不特定多数の人間にLINEのIDを知られるのはあまりにリスキー。

掲示板から知り合うのは、おすすめしづらいという現状があります。

2-5.カカオトーク

LINEとほぼ同じ機能であるカカオトーク。

カカオトークは、LINEよりも気軽に連絡先を交換しやすいとSNSで出会いを求めるユーザーから評判になっています。

LINEは利用率が高いため、タイムラインなどプライベートを公開することが多々あります。

そのため、知り合ったばかりの人にIDを教えることはリスクが高いと感じるでしょう。

そこでカカオトークを利用することで、個人情報の漏洩を防ぐことができるのです。

カカオトークのIDを出会い系専用として取得しておくと、ネット掲示板などで出会いを見つける際にリスクを減らすことができるという大きなメリットがあるでしょう。

2-6.マッチングアプリ・出会い系サイト

近年、マッチングアプリや出会い系サイトの市場規模がどんどん拡大の一途をたどっています。

運営がしっかりしており信頼の置けるマッチングアプリをいくつか紹介しましょう。

  • ハッピーメール
  • PCMAX
  • ミントC!Jメール

上記3つのアプリは、マッチングアプリ・出会いサイトの中でも登録者数が最も多く、ネットで出会いを求める人なら知らない人はいないくらい有名です。

これらのアプリがきっかけで、出会った男女が結婚する流れも現代ではスタンダードになりつつあります。

マッチングアプリ・出会い系サイトでの出会いは、今後さらに増えていくでしょう。

3.SNSでの出会いが生むメリット

SNSで出会うことのメリットは数多くあります。

ざっと挙げると

  • リアルでは出会いづらい人と繋がれる
  • たくさんの人の情報を短時間で確認できる
  • 繋がる必要がないと持ったらスッパリと縁切りできる

などがあります。

まず一つ目の「リアルでは出会いづらい人と繋がれる」ですが、普通に暮らしていて知り合える人というのはかなり限られています。

よほどの人脈を持っているか、あるいは社交的な性格であれば別ですがそんな方は稀。

SNSでは、様々な職種、年齢の人と知り合え、それこそ老若男女と親睦を深められる可能性があるのです。

二つ目の「たくさんの人の情報を短時間で確認できる」ですが、SNSを駆使できるとかなり時間をショートカットできます。

ハッシュタグという便利な機能がありますので、こちらを活用することで出会いたい人間を即座に絞り込めます。

情報の取捨選択に長けている人ほど、適性があるといえるでしょう。

三つ目の「繋がる必要がないと持ったらスッパリと縁切りできる」ですが、これぞSNSならではのストレス回避術。

リアルに付き合うと、別れるのが大変。

向こうの事情も考えないといけませんし、時間を要します。

しかしSNSなら「すみません。他に素敵な人ができちゃいました」などといった理由をつけて、繋がりを絶つこともできるのです。

フェイドアウトも可能。

あまり露骨にやり過ぎると恨まれる可能性もありますので、縁を切る際は「今までありがとうございました。お体にはお気をつけくださいね」などといった言葉を付け加えておくとベターです。

4. SNSでの出会いが成功した人の体験談

短期的にTwitterで出会い恋人を作るのは至難の業ですが、ある程度時間がかかってもいいのなら、有効な方法があります。

特定の人のTwitterを見ていると、心身のコンディションがわかるようになります。

妙にテンションが高かったり、あるいは落ち込んでるなど、文章に何かしらの違いがでるもの。

特に女性は男性よりも精神状態のアップダウンが激しいため、その傾向は顕著です。

もし相互フォローのような関係になったら、落ち込んでいる時を見計らい、気遣いようなアクションを起こしましょう。

すぐにそれが結果に繋がらなくても、撃ち続けたジャブがやがて効いてくるため、あなたは信頼を獲得できます。

「この人なら安心」と思われた時点で、DM以外でのメッセージのやり取りを提案しましょう。

あくまで焦りは禁物。相手の視点に立つことで、恋人関係になることも夢ではなくなるのです。

Twitterでの出会いはこちらの記事で詳しく紹介しているのでご参考にどうぞ!

 

5.SNSでの出会いが生むデメリット

SNSで出会うデメリットは主に以下となります。

  • 個人情報の悪用
  • 偽ったキャラの人も少なくない
  • 女性はヤリ逃げされることがある

まず一つ目の個人情報を悪用される危険性に関して説明します。

連絡の頻度が上がると、メールや電話番号、LINEなどでやりとりするようになるケースがほとんど。

実際に会ってみると、信頼できる人であれば問題ありません。

しかし、相手の目的が個人情報の獲得であることもないとはいえないでしょう。

ぷっつり連絡が途絶え、あなたの個人情報をどこかに売られていたとならないよう、すぐに信頼してプライベートな情報を教えるのは避けて、慎重なスタンスを意識してくださいね。

 

二つ目の項目であるキャラの偽りについて解説します。

SNSは別人格を演じられる楽しさがあるのは、周知の事実。

実生活で承認されない人が、過剰な承認欲求を満たす装置としての役割をSNSは果たす側面があります。

SNS上では物凄く魅力的に映っていた人が、実際に会ってみるとみすぼらしい陰気な人間だったということだってなきにしもあらず。

『ネカマ』という言葉があるくらいですから、SNSは様々なことを偽れるというのを忘れないようにしましょう。

 

最後は、女性はヤリ逃げされることもあるについて。

男性は愛情がなくても女性と肉体関係を結べる性質を持つ生き物。

根源的な欲求として、「自分の種を数多くの女性相手にまきまくりたい」という考えがあります。

  • 「あなたのような女性は初めて」
  • 「大好き」
  • 「愛してるよ」

という言葉は、全て撒き餌のようなもので本音ではない可能性があります。

会ってみて「やたら女性の扱いに手慣れているな」「セックスまでが早い」と感じたら要注意。

世の中には善良ではない狼のような男性がわんさか存在しています。

6.SNSでの出会いが失敗した人の体験談

レアケースですが、女性から「彼女にしてほしい」とDMなどで告げられるケースがあります。

もし快く思うのなら、すぐにOKの返事をしましょう。

「女心と秋の空」ではないですが、男性側の迷っている時間に女性が心変わりしてしまうのは、本当によくあること。

モテる男は優柔不断とは対局。決断できる男性ほどモテます。

7.SNSの出会いで危険を避ける方法

SNSで危険を避ける方法は

  • プロフィールは正直に書く
  • いきなり連絡先を教えない
  • 初めて会う時は明るい時間帯にする

上記の3つとなります。

まず「プロフィールは正直に書く」ですが、SNSの出会い業界では「盛り過ぎたプロフィールはトラブルのもと」という言葉があるほど。

プロフィール文は、書こうと思えばいくらでも好き放題できるもの。

だからこそ歯止めが利かなくなるケースも。

あまりに期待値が上がり過ぎると、リアルで会った際に「これは詐欺でしょ!?」と思わずツッコミたくなる衝動にかられるでしょう。

9のものを少し盛って10にすることはOK。

しかし0のものを10にすることはルール違反です。

節度を頭に入れた上で、正直にプロフィールを書きましょう。

ネガティブなことは書かず、事実であるポジティブ要素のピックアップがプロフィールを記す際に重要となります。

 

2つ目の「いきなり連絡先を教えない」ですが、これは常識の範疇。

連絡先を教えた途端、相手が豹変することもあります。

今はテクノロジーが発達しているため、ちょっとした情報から住居を特定することも可能。

地下アイドルの瞳に映った景色の情報から居住地を割り出し、犯罪行為に及んだ男性もいるほどです。

肉体的に男性よりも劣りがちが女性は特に警戒しましょう。

 

3つ目の「初めて会う時は明るい時間帯にする」は、男女の出会いでよくいわれていること。

日が落ちると犯罪率が高くなるというデータもあるとおり、遅い時間は何かと物騒な話が増えるもの。

反対に明るい時間帯にランチすれば、周囲の目があるため安全、安心なのは間違いありません。

いきなり「ディナーでもどうですか?」と提案してくる男性ほど、注意が必要となります。

8. SNSでの出会いでガッカリしないためのコツ

ガッカリするということは、裏を返すと期待の大きさが原因となります。

人類がここまで大きな発展と遂げられたのは”想像力の獲得”が密接に関わっているのは明確。

全世界で1,000万部以上を売り上げた大ベストセラー作品『サピエンス全史』を読んだ人なら、イメージする力の重要性が、なおさらわかるはず。

しかしこの想像できる力が、時として人を落ち込ませることがあります。

Aという要素、Bという要素、Cという要素という情報の断片を集めた際、抜け落ちている部分を想像によって補完してしまうことも、よくあるのです。

SNSの情報で全てが分かる訳がありません。

他人に好印象を与える演出術を身につけている人は、プラスの想像をかきたてるような情報のみを意図的にSNS上で流すでしょう。

落ち込まないための事前策として、あなたの脳内でできあがったイメージから3割、4割引きしておいて、ちょうどいいかもしれません。

ネットで知り合った人と、「会ってみたら予想と全く違っててガッカリした」というのは、想像の膨らませ過ぎ以外のなにものでもありません。

予想を裏切られたと逆恨みするのはお門違い。

もし実際の相手を正確に知りたければ、メッセージのやりとりで事細かに尋ねるのをおすすめします。

しかし尋問される相手からすると、心地よくありませんので、一方的なコミュニケーションは控えてくださいね。

短所ではなく長所にフォーカスする癖を普段からつけておくことで、ガッカリしづらくなります。

9.出会いを求めるならSNSの中でもマッチングアプリがおすすめ

出会いを求めるなら、同じく出会いを求めている人たちが多く集まるマッチングアプリがとてもおすすめです。

  • おすすめの理由
  • おすすめのマッチングアプリ3つ

をご紹介します。

マッチングアプリがおすすめの理由

マッチングアプリがなぜおすすめなのかというと、目的に合わせて相手を見つけることができるからです。

恋愛や結婚を目的としているのか、友達・趣味仲間を作りたいのか、セフレやワンナイトの相手を探すことを目的としているのかなど。

あなたの希望の相手を見つけやすいのが特徴です。

  • 顔写真
  • 年齢
  • 職業
  • 年収
  • 趣味

などのプロフィールを事前に確認することができるので、自分の好みや、求めている人物像に合わせて相手を探すことができるという効率の良さも魅力の一つでしょう。

また、マッチングアプリは安全性も優れています。

マッチングアプリに登録する時は、免許証や保険証などを提出し、身分を証明することが法律で決まっているためです。

24時間365日、有人監視しているアプリも多く怪しいユーザーは強制退会させられるなど、出会いを求めている人がちゃんと出会える体制も整えられています。

効率性も安全性もあり、スマホ一台で気軽にいろんな人と出会うことができるマッチングアプリ。

SNSで出会いを求めるなら、マッチングアプリを使って素敵な出会いを見つけてみてください。

ただひとくちにマッチングアプリと言っても、種類が多く、どのアプリが良いのかと迷ってしまう人も多いでしょう。

ここからはおすすめのマッチングアプリを3つご紹介します。

おすすめのマッチングアプリ①ハッピーメール

累計登録数が2000万以上を突破したという、日本最大級の会員数を誇るハッピーメールは、2001年から運営されている最大手のマッチングアプリサイトです。

幅広い年代が利用しているので、出会いの幅が一気に広がります。

こういったマッチングアプリのユーザーは都心部に集中していることが多いのですが、ハッピーメールは地方に住んでいる人も多数利用しています。

そのため、都市部に住んでいない人でも出会いのチャンスがたくさんあるというメリットがあります。

「ハッピーメール内で知り合った異性と実際に出会えた確率は74.5%」というアンケート結果も出ており、かなりの高確率で出会うことができます。

初心者でも気軽に利用することができるでしょう。

女性は完全無料でありながらも、メッセージや掲示板はもちろん、日記・占いなどといったコンテンツも複数利用可能で、マッチングアプリを超えたサービスを楽しめるのがとても魅力的です。

安全面に関しては、24時間の有人監視により、不正利用者などを見つけ出す体制が整っているため安心して利用することが可能です。

規模が大きいこともあり、

  • 恋愛関係や結婚を目的としたユーザー
  • 友人関係を求めるユーザー
  • 割り切った大人の関係を目的としているユーザー

などが多数存在しているので、それぞれの出会いの目的に応じて利用してみてください。

>>ハッピーメール公式サイト

 

おすすめのマッチングアプリ②PCMAX

PCMAXは累計登録者数が1400万人、2002年に創立された老舗のマッチングアプリサイトです。

老舗のマッチングアプリということで信頼性があり、出会う確率もかなり高めであるため、

  • 恋愛
  • 結婚目的
  • 友人
  • 趣味友探し

など、幅の広い交流ができる場として大人気のアプリです。

PCMAXの特徴は、アプリにログインする頻度が高い「アクティブユーザー」がかなり多いということです。

1日に約60万人がログインしているので、より出会いやすい環境にあると言えます。

また、掲示板も充実しており

  • 「スグ会いたい」
  • 「今からあそぼ」
  • 「お食事でも」

など、カテゴリーが豊富に存在しているので、気軽に知り合うきっかけを作りやすいという点もとても魅力的です。

24時間・365日の監視体制や、有人サポートも充実しており、困ったときにはすぐに相談することができるため安心してマッチングアプリを楽しむことができます。

様々な年代の人とカジュアルに出会いを求めたいという人に、おすすめできるアプリでしょう。

>>PCMAX公式サイト

 

おすすめのマッチングアプリ③ミントC!Jメール

ミントC!Jメールは、会員数600万人、今年18周年を迎えた歴史あるマッチングアプリサイトです。

ハッピーメールやPCMAXと比べると会員数がやや劣りますが、その分ライバルが少ないというメリットがあり、しっかり活動することでマッチングできる可能性がぐんと上がるでしょう。

こちらも運営実績がある大手のアプリなので、サポート体制も信頼でき、トラブルなく安心して利用することが可能です。

異性と出会うためのコンテンツも多数ありますが、特に日記機能の満足度が高いようです。

自分が書いた日記にコメントがついたり、反対に相手の日記にコメントを残したりと、SNSに似た交流をすることができます。

日記の中で相手の趣味や趣向・人間性に触れたのち、気になった人と直接メッセージのやりとりをすることが可能なので、

  • ネットであっても相手のことをよく知ってから出会いたい
  • 会う前にどんな人か知っておかないと不安

という人におすすめです。

また、掲示板内でもたくさんの交流が行われています。

「ピュア掲示板」や「アダルト掲示板」など、

  • 恋愛関係を目的としているもの
  • 大人の割り切った関係を目的をしているもの

がそれぞれ存在しているので、希望の出会いを選択することが可能です。

>>ミントC!Jメール公式サイト

 

セフレ作りにおすすめのマッチングアプリはこちらの記事でも紹介しています!

 

まとめ:SNSでの出会いの方法はたくさんある

最後にもう一度、おさらいをしましょう。

SNSを利用した6つの出会いは

  • Twitter(ツイッター)
  • Instagram(インスタグラム)
  • Facebook(フェイスブック)
  • LINE(ライン)
  • カカオトーク
  • マッチングアプリ・出会い系サイト

上記6つがあります。

SNSの出会いの主なメリットは

  • 「リアルでは出会いづらい人と繋がれる」
  • 「たくさんの人の情報を短時間で確認できる」
  • 「繋がる必要がないと持ったらスッパリと縁切りできる」

の三点

SNSの出会いの主なデメリットは

  • 「個人情報の悪用」
  • 「偽ったキャラの人も少なくない」
  • 「女性はヤリ逃げされることがある」

の三点

SNSで危険を避ける方法は、

  • 「プロフィールは正直に書く」
  • 「いきなり連絡先を教えない」
  • 「初めて会う時は明るい時間帯にする」

の三点

となります。

SNSと使った出会いは100%安全とは言い難いものの、注意点さえ押さえればかなり出会える確率を上げられます。

ルールとマナーをしっかり押さえて、あなたもSNSの出会いを満喫してくださいね。

目的別でおすすめのマッチングアプリや出会い系サイトはこちらの記事でも紹介しているのでご参考にどうぞ!

 

関連記事

  1. 年末年始の海外旅行!おすすめ穴場観光地

  2. 女性に話題!タイのゴーゴーボーイとは?

  3. ワニが夢に出てきた!ストレスたまってる?夢占いから探ります!

  4. 年収1000万円以上の男性と結婚する婚活

  5. スローオナニーの効果と男女別のやり方

  6. ハエの夢を見たので夢占いでの意味を知りたい。

  7. 男性側が得られるパパ活のメリットとは?

  8. 必見!カップルにおすすめの関西旅行プラン