レズビアンの出会い!方法やコツを徹底調査

「自分はレズビアンで、出会いを求めているけど、どこで出会えるのかわからない」という人は多いようです。

こちらの記事では、レズビアンの人が理想の相手に巡り合う方法について調査。効率的に出会うための方法やコツについてもたっぷり解説します。LGBTでレズビアンの人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.レズビアンの出会いパターン5つ

レズビアンの出会いには

  • 知り合いや友達から紹介してもらう
  • LGBT関連のイベントやオフ会に参加する
  • レズビアンバーに行く
  • SNSや掲示板で相手を募集する
  • 出会い系アプリやマッチングサイトを利用する

上記5つのパターンがあります。各々について解説していきましょう。

知り合いや友達から紹介してもらう

人は多種多様なコミュニティに所属しています。コミュニティーは無数に存在し、そこに入れるかどうかが人脈を築けるかどうかの大きな分かれ道になります。

レズビアンの出会いを増やしたいのなら、レズビアンコミュニティーに属している人と知り合うや友人関係になることが先決。そこであなたが信頼を得たのなら、「こういう人がいるけど、どう?」と必ず紹介してもらえるようになるもの。

「運の正体は人脈」という言葉があります。これは恐らく正解でしょう。魅力的な人間には「この人を紹介したいんだけど?」というお誘いが頻繁にあるもの。反対に「この人は紹介できる人じゃない」と思われれば、現在知り合っている人の中のみで交遊を繰り返すしかありません。つまりそれだけチャンスを逃しやすくなるのです。

理想の人間を紹介してほしければ、人間力を磨くこと。これはコミュニティーのジャンルに関係なく大切なポイントといえるでしょう。

LGBT関連のイベントやオフ会に参加する

LGBTに関連したイベントやオフ会は、調べてみるとかなりの数が開催されていることが分かるはず。特にイベントでは、かなりたくさんのレズビアンが集うものもあります。いきなり大人数のイベントが緊張するという人は、小規模オフ会から始めてみましょう。

いざ参加してみると、フランクに接してもらえる場所であると理解できるでしょう。ネット検索で情報を仕入れるのも悪くありませんが、そこに全ての情報が詰まっているわけではありません。やはりリアルを知るためには、自分の足を使って現場に行くのが最も早い方法です。

レズビアンバーに行く

ピンポイントでレズの人と知り合いたいのであれば、レズビアンバーに赴くのが有効な手段。都市に行けばいくつものレズビアンバーが見つかります。スマホやパソコンさえあれば、どこにレズビアンバーがあるのかもすぐ探し出せるはず。

いきなり訪ねるのは勇気がいるものの、動かなければ何も始まりません。SNSでもレズビアンバーに関する情報を発信している人がいますので、最初はかなり網羅的に探してから、バーを訪れるようにしてください。

日本でレズビアンバーが盛んな場所といえば、新宿二丁目。ゲイバーなど、昔からLGBTに関する文化の発信地であった二丁目はやはり外せない存在。新宿二丁目にある『鉄板女酒場 どろぶね』は、仕事帰りに立ち寄れるお店。

こちらのユニークなところは、ワンちゃんを連れての来店が許されているところ。「初対面は緊張するけど愛犬がいればリラックスできる」という人は、相棒のワンちゃんを連れて足を運ぶことでフランクに話せるはず。「かわいいワンちゃんね。なんて名前なの?」と声を掛けられ、そこから話が弾むこともあるでしょう。興味を持った人はぜひ『鉄板女酒場 どろぶね』に行ってみてくださいね!

SNSや掲示板で相手を募集する

出会いでSNSや掲示板を利用することが定番になりつつあります。特にTwitterを利用するレズビアンは数多く存在するため、Twitterのタイムラインで「レズビアン募集をしていないか?」をチェックするといいでしょう。

詳細条件などを丁寧に書いてくれている人もいるため、毎日確認していれば求めていた出会いをGETしやすくなります。タイムラインを追いかけていると、性格や好みなどもある程度の把握が可能。
またあなた自身がSNSを始めて、発信する側に回るという手もあります。気になる人をフォローすれば、フォロー返ししてくれる確率だってアップ。

SNSと掲示板の双方を有効活用することで、レズビアンと出会える可能性かなり広がるでしょう。ひとつのものに固執することなく、並行して複数をかけもちした方が出会いも増えていきますよ。

出会い系アプリやマッチングサイトを利用する

今はマッチングアプリの世界もかなり多様化してきました。パパ活やママ活をしたいと考えている人に向けてのアプリもあるほど。LGBTの人を対象としたアプリも存在します。レズビアンの出会いが欲しいと思っても、軽いフットワークで動ける人はたくさんいないかもしれません。アプリやマッチングサイトを利用することで、新たな出会いを探すことができます。

日本人はシャイで内向的なタイプが決して少なくありません。そのため、いきなりリアルな場で会話するよりも、アプリやサイトのメッセージ交換で距離を縮めていった方がスムーズにコミュニケーションをとりやすいのも確か。アプリやサイトであれば、数多くの選択肢から自身にマッチした人を選ぶことだって十分、可能です。

2.効率的な出会いを求める人におすすめの出会い系サイト・マッチングアプリ

効率的な出会いを求める人におすすめの出会い系サイトとアプリを紹介します。

  • Find f
  • LING
  • bianONLINE
  • PCMAX
  • ハッピーメール

上記5つについて、説明しましょう。

Find f

『Findf』はガチの出会いを望むレズビアンにおすすめのアプリ。一口にビアンといってもかなり濃いめの関係を望む人と、ライトな関係でもいいという人に分かれます。もしあなたが「ずっと一緒にいられる恋人がほしい」と望むのなら『Findf』を選択しましょう。

運営側は「25歳以上推奨のアプリ」と謳っておりますが、実際のユーザーは30代の女性も少なくありません。実際の性別を確認するために、免許証や保険証といった年齢確認できるものの提出が求められます。

運営陣の「いい加減な気持ちでアプリを使用してほしくない」という意気込みが伝わってきますね。「スポット」というメニューがあり、ここにはレズビアンのコミュニティや、レズビアンバーの情報などが記載されています。iOSだけでなくAndroidでも使えるのが嬉しいですね。

LING

ある程度お金に余裕がある人におすすめのアプリが『LING』。レズビアンだけでなくバイセクシャルの女性をターゲットにしたSNSアプリです。TwitterかFacebookのアカウントがあれば、すぐに始めることができます。

Twitter、Facebookのアカウントがない人はメールアドレスでアカウントを作成しましょう。TwitterやFacebookをやっているけど、『LING』と連携させたくないという人も、メールアドレスを使用してのアカウント作成がおすすめ。

登録が完了すると「あなたは本当に女性ですか?」という念押しの確認をされます。その下部には「このアプリは女性しか利用できません。男性を発見した場合は即退会処分を徹底しておりますので、男性はすみやかに退出してください。」といった文言が書かれています。

ここで「退出する」ではなく「女性です」の方を選択すると、すぐに使えるようになるのです。メールによる認証も行われていません。『LING』の下には5つのメニューがあります。「つぶやく」「出会う」「マッチング」「メッセージ」「マイページ」に分かれています。「つぶやく」ではタイムラインの確認が可能。

「出会う」はユーザーのプロフィールがチェックできます。「マッチング」は文字通りマッチングするページ。「メッセージ」は、メッセージのやり取りが見れるページです。「マイページ」では設定ができます。人気のあるメンバーはピックアップされているため、すぐに見つけられます。

気になる人が見つかったらすぐにフォローしましょう。相手のプロフィールページにある星型の箇所を押せばすぐにフォローが完了。あとはメッセージを送ったり、挨拶がてら「Hello!」を送るなどしながら親睦を深めてください。

マッチングはとてもシンプル。表示された人へ「タイプ」「保留」「興味なし」のいずれかを押すシステム。プロフィールで必ず入れておいた方がいい情報はポジション。「タチ」「ネコ」「リバ(タチ、ネコの双方のポジションが可能)」のいずれかを入力しておきましょう。せっかく「この人、いいな」と思っても、「タチとタチ」あるいは「ネコとネコ」なら叶わぬ恋に終わりかねません。

「シーン」の項目も入れておいた方がいいでしょう。「恋人募集」「友達募集」「チャット友募集」など目的を明確にしておくことで、プロフィールを見た人もアプローチしやすくなります。

LINGは基本無料で使えるものの、マッチング人数に制限があります。たくさんの人とのマッチングが目的の人は、VIP会員になるといいでしょう。最初の7日間はわずか240円で楽しめる『お試し課金』の制度も設けられています。VIP会員になると、足跡機能が活用されます。ある世代以上の人は、かつてのmixiを思い起こすかもしれないですね。

誰が訪ねてきたか表示されるため、そこから出会いが生まれることも十分あるでしょう。VIPと聞くと高額をイメージするかもしれませんが、月額840円。一年契約になると、月額360円とかなりリーズナブル。たくさん楽しめてこのお値段はかなりお得でしょう。

bianONLINE

「レズビアン同士の出会いチャットSNS」とかなりド直球なのが『ビアンONLINE』。こちらのアプリは無料であまり楽しむことができません。トークし放題の一ヵ月プランは月額19,800円とかなり高額。お財布に余裕がある人しか、利用するのは難しそうです。

退会するのを忘れると、毎月自動で19,800円の支払いが行われるため、使うのには注意が必要。高額だけでなく「サクラも少なくない」という噂がレビューで確認できます。他のレズビアンを対象としたアプリと比較してみて『ビアンONLINE』が気に入った人は、使ってみましょう。

 PCMAX

『PCMAX』はレズビアンだけでなく、男女が出会えるマッチングアプリ。ではレズビアンの人がどのように『PCMAX』を使って、巡り合えばいいのでしょうか?

まず掲示板検索をクリックして、「アダルト」のタブをクリックしてください。カテゴリーの中に「マイノリティー」の項目があるので、こちらもチェック。性別に「女性」と入れて検索すればOK。レズビアンの人が掲示板へ書き込んでいるプロフィール情報などが表示されます。メールは無料で送れますので、積極的にアプローチしてみましょう。

ハッピーメール

『ハッピーメール』も『PCMAX』と同様に、レズビアンだけを対象にしたアプリではありません。男女の出会い目的で作られたアプリですが、レズビアンの人も利用しています。

ハッピーメールでレズビアンの人と出会いたければ、掲示板を活用しましょう。「大人の掲示板」に「同性愛」の項目がありますので、そちらをクリック。無料でメールを送り合うことができますので、「この人と仲良くなりたい」と思った人がいれば、アタックしてみてくださいね。

3.アプリやサイトで素敵な相手に巡り会うためのプロフィールの書き方のコツやテクニック

アプリやサイトで素敵な相手と出会うためには、プロフィールの書き方に気を配る必要があります。コツはかなりシンプル。自分という人間をわかりやすくまとめること。そして「これについてもっと聞いてもいい?」と、深堀りしたくなるようなトラップをしかけておくこと。

LGBTの世界が多種多様な分野に分かれているのは、ここまで読んでいただいた人ならおわかりのとおり。だからこそ、詳細にかつまとまった書き方を意識する必要があるのです。プロフィールを書くこともコミュニケーションの一種。自己完結になることなく、「どうすれば読んだ相手との距離が縮まるんだろう?」と考えながら書くことで、かなり出会いの結果が変わってくるはずです。

まとめ レズビアンの出会いの方法はたくさん!積極的に利用しよう

レズビアンの出会い方をおそらいすると

  • 知り合いや友達から紹介してもらう
  • LGBT関連のイベントやオフ会に参加する
  • レズビアンバーに行く
  • SNSや掲示板で相手を募集する
  • 出会い系アプリやマッチングサイトを利用する

上記5つが主流になります。

またレズビアンの人におすすめしやすい出会い系サイト・マッチングアプリは

  • Find f
  • LING
  • bianONLINE
  • PCMAX
  • ハッピーメール

上記5つとなります。

「ジェンダーは多様化していて当然」という価値観が広まってきている令和の世の中だからこそ、同性の出会いに興味がある人は、自由な巡り合いをしてみてくださいね。あなたに良いご縁があることをお祈りしております!

関連記事

  1. バスの夢!状況や行動で分析する夢占い

  2. FTM出会いの方法!お気に入りサイトは?

  3. 女性のひとり旅におすすめの海外旅行先

  4. パパ活女子におすすめ!パパ人気の服装は?

  5. しつこい女に気をつけろ!スッパリ諦めさせる断り方を紹介!

  6. 道後温泉!おすすめ観光スポット・宿泊特集

  7. 片思い中の女子必見!絶対に見逃せない男子の脈ありサインを大公開

  8. 授かり婚!結婚・出産の準備や流れとは?