夏におすすめ!国内で人気の旅行先特集

夏のまとまった休みに旅行に行きたいけれど、どこに行こうかと迷ってしまうという人もいますよね。

今回は誰と行きたいのか、どんな雰囲気を楽しみたいのかという目的別に紹介します。楽しい旅にするために、下調べは重要です。ぜひ参考にしてください。

1.夏のリゾート気分が満喫できるおすすめ旅行先

夏をゆったりした気持ちで過ごせる、おすすめの国内旅行先を紹介します。都会の喧騒から離れたい人におすすめです。

1-1.北海道

広い大地が迎えてくれる北海道。自然もアクティビティも満喫できて、他の地域と比べて涼しくて過ごしやすいのもポイントです。

北海道の夏の旅行で押さえておきたいのが富良野や美瑛の景観です。

咲き乱れるラベンダーだけでなく、美瑛の青い池やパッチワークの路などがあり、人と自然の共生を実感できます。

また、夏は知床の自然を楽しみやすい時期です。知床峠に続く道は夏だけ通ることができ、山の中を通っていると美しい自然を楽しめます。また、ホエールウォッチングも夏がおすすめです。

洞爺湖は、とりわけリゾート気分を満喫しやすい場所。日本百景に選ばれ、世界ジオパークにも登録されています。雄大な自然を眺めていると、ゆったりした気持ちになれます。

1-2.沖縄県

日本夏のリゾートといえば沖縄。海を眺めてゆっくりできるのが良いですね。

プールやプライベートビーチ付きのホテルも多いので、ホテルの敷地から出なくても旅行気分を満喫できます。

首里城や識名園など、琉球王家にまつわる世界遺産も多く、王族気分を楽しむ散歩もおすすめです。2019年に首里城の一部は焼失してしまいましたが、首里城公園は入園でき多くの場所を見て回ることができます。

また、沖縄本島以外の島々を訪れてみるのもおすすめです。離島は本島とは雰囲気が違い、よりゆったりした気分で過ごせます。

初めて離島に行くのなら石垣島がおすすめです。本島からは400kmほど離れていますが、東京や大阪からの直行便もあります。早くからリゾートとして注目されたため適度に栄えており、自然も観光も楽しみたい人に最適です。

1-3.静岡県・伊豆

伊豆と言っても雰囲気の違いによって次のように分けられています。

  • 東伊豆……熱海や伊東など
  • 南伊豆……下田など
  • 西伊豆……沼津や土肥など
  • 中伊豆……三島や修善寺など

リゾートというと東伊豆地域の印象が強いでしょう。熱海や伊東は江戸時代頃から温泉保養地として知られています。レトロな街並みが残り、近代的なリゾートホテルもある温泉街として人気です。

下田はペリー上陸の地として知られています。龍宮窟や爪木崎のように自然の作り出した絶景も多く、絶壁に朱色の鳥居が印象的な白浜神社ように自然と人工物が作り出す景色を楽しむこともできます。

沼津や土肥は港があるので、美味しい海鮮と出会える場所です。海水浴場もあり、温泉も楽しめるので水の中でリラックスしたい人におすすめします。また、社寺も多く散歩にも適した場所です。

山の景色を楽しみたいのなら、三島や修善寺にも足を延ばしてください。特に三島のスカイウォークは山の景色を上から楽しめて、いつもとはちょっと違った感覚を味わうこともできます。

2.家族で夏を満喫できるおすすめ旅行先

家族で旅行を楽しみたい人におすすめの国内旅行先を紹介します。家族の絆が深まる旅にしてください。

2-1.鹿児島県・屋久島

「普段とは違った体験をしたい」という家族におすすめの旅行先は鹿児島県の屋久島です。森だけでなく、川や海もあり自然を体感できます。

屋久島に行くのなら、縄文杉を見たいと考えている人も多いでしょう。しかし、家族旅行で行くのなら縄文杉トレッキングは慎重に検討してください。

縄文杉トレッキングは片道10km以上の岩場を含むコースを進まなくてはいけません。往復で10時間程度かかる場合もあり、雨が降ることも多く、小学生にはかなりハードです。よく話し合って決めてください。

縄文杉を見に行かなくても屋久島を充分満喫できます。川ではカヤックなどを
海ではシュノーケリングを楽しめ、ウミガメに会える可能性もあります。

また白谷雲水峡はジブリの長編アニメ映画『もののけ姫』の森のモデルになっています。トレッキングコースもいくつか用意されていて、1時間程度で回れるものもあるので家族の体力に合わせて選べるのが魅力です。

2-2.東京都・八丈島

東京都に含まれる八丈島は東京駅からは300km以上離れており、羽田空港から飛行機か、東京の竹芝桟橋から船で行くことができます。飛行機の直行便は1時間程度で到着し、家族旅行でも行きやすいのがポイントです。

八丈島も海と山の両方を楽しむことができます。

島の海岸は岩場が多く、砂浜はほとんどありません。そのため、海遊びは泳いだりシュノーケリングが中心になります。干潮時に潮だまりができる場所では、生物観察にも適しています。

八丈島は八丈富士と三原山の2つの海底火山からできている島なので、トレッキングもおすすめです。特に八丈富士は展望台まで車で行くことができ、階段も整備されており、比較的簡単に登ることができます。火口をぐるっと1周することも可能です。

三原山も途中までは車で行くことができ、階段がある場所もありますが道が狭いので注意が必要です。また、山腹には沼や滝などがあるので、体力があるのなら冒険をしに行ってみるのもおすすめです。サンショウウオが泳ぐ姿を見られるかもしれません。

2-3.長野県・軽井沢

人気のリゾート地、軽井沢。避暑地としても有名で、暑くて出かけたくないという家族にもおすすめです。

小学生低学年くらいまでの小さい子供と一緒ならぜひ行って欲しいのが「軽井沢おもちゃ王国」。東京ドームと同じくらい広い敷地には屋内外にさまざまなアトラクションがあり、授乳スペースやオムツ替え施設、お湯のサービスなど子連れに優しいサービスが充実しています。

大人もゆっくりと楽しみたいのなら、軽井沢タリアセンがおすすめ。敷地内には美術館や庭園があり、リゾート気分を楽しめます。サイクルモノレールやゴーカート、ボルタリングなどのアトラクションもあり、子供も大満足です。家族でゆっくり湖畔を散歩するのも良いですね。

3.時間がある夏だからこそゆっくり回れる旅行先

ゆっくり時間が取れる夏だからこそ行きたい旅行先を紹介します。観光地をたくさん回るなら、時間を効率的に使えるようにルートをしっかり調べておいてくださいね。

3-1.京都府

京都は古くから日本の中心として栄えた土地で、観光スポットが多い土地。行きたい場所が多すぎると感じるかもしれませんが、厳選してゆっくり見るのも良いですし、たくさんの場所を訪れるのもおすすめです。

京都の観光名所として抑えておきたい定番スポットは下記となります。

  • 清水寺……「清水の舞台から飛び降りる」という文句で有名な場所です。清水の舞台からは京都を一望できる絶景スポット
  • 金閣寺……正式名称は鹿苑寺と言い、建物の内外に金箔を貼った豪華なお寺です。池の水面に映る姿が美しく、一度は見ておきたい建物
  • 銀閣寺……金閣寺とは違い銀は貼られていない銀閣寺。金閣寺と比較すると地味に見えますが、わびさびを感じられる厳かな雰囲気が人気
  • 上加茂神社……神様が降り立った神山を再現した立砂で有名な神社です。『源氏物語』を書いた紫式部が参拝したとも言われており縁結びやパワースポットとしても人気
  • 北野天満宮……全国にある天満宮の総本山で、学問の神様である菅原道真を祀っているため、多くの受験生が願掛けにきます
  • 伏見稲荷大社……千本鳥居がSNS映えすることでも人気の伏見稲荷大社。全国にあるお稲荷さんの総本山
  • 二条城……江戸幕府初代将軍・徳川家康が京都御所の守護と将軍が京都に来るときの宿として建て、3代・家光が完成させたことで知られています。また、15代将軍慶喜が大政奉還をして江戸時代が終わった場所でもあります。

社寺や城など、日本史を学ぶ際に出てくるものを中心に紹介しました。本当に観光スポットが多すぎて紹介しきれません。「幕末」や「パワースポット」などテーマを絞って観光スポットを決めるのも良いかもしれません。

他にも一味違った京都の楽しみ方をしたい人には、以下のような場所もおすすめです。

  • 京都国立博物館……国宝や重要文化財を含む約12,000点が収蔵されている京都国立博物館。キョーハクの愛称でも親しまれています。明治古都館の建物自体も国の重要文化財に指定されています
  • 京都タワー……京都駅の目の前にあるランドマークです。京都の街を一望でき、世界遺産や国宝を見下ろせるのも特徴的
  • 京都水族館……大阪には海遊館という大型の水族館があるので、あまり注目されませんが、京都水族館は日本初の100%人工海水を利用した水族館。特別天然記念物のオオサンショウウオを展示

3-2.石川県・金沢

北陸新幹線の開業でアクセスが良くなった金沢。観光地として再注目されています。金沢旅行で外せないスポットを下記にいくつか紹介します。

  • 兼六園……金沢といったら兼六園。国の特別名勝に指定され、日本の三名園に選ばれている日本庭園
  • 金沢城……加賀藩主・前田氏の居城で、日本100名城に選ばれています。現在の建物は復元のもので、日本古来の工法で釘を使わずに建てられています
  • ひがし茶屋街・にし茶屋街・主計街茶屋街……金沢三茶屋街で、江戸時代から続く敷地割が残った茶屋様式の町家が並んでいます。重要伝統的建造物群保護地区に指定されていて、SNS映えすると人気高し
  • 近江町市場……金沢の海の幸を堪能したいのなら、市場がおすすめ。旬のものを目で見て楽しめます。夏はトビウオや甘鯛が旬

3-3.広島県

観光もグルメもアクティビティも充実している広島。ぜひ行って欲しいのは戦争と平和に関する場所です。

  • 原爆ドーム……世界文化遺産。ヒロシマの惨状を伝える建物で、核兵器廃絶のシンボル
  • 平和記念公園……毎年8月6日に平和記念式典が行われています。被爆前は市内有数の繁華街
  • 平和記念資料館……被爆者の遺品や当時の写真などを展示

また、広島には他にも世界遺産があります。

厳島神社……海の中に立つ鳥居が有名で、日本三景の1つ。平清盛によって現在のような海の上の社殿が作られました

平和記念公園から厳島神社のある宮島へは「世界遺産航路」という高速船がおすすめ。効率的に移動できますし、いつもとは違う風景を楽しめます。

広島のグルメといえば尾道ラーメンやお好み焼きが浮かびます。また、穴子料理も有名で、初夏から夏が旬です。

3-4.山梨県・富士五湖エリア

富士山周辺の富士五湖エリアは標高が高く涼しいので、夏の旅行にぴったりです。
見所も多いので、ゆっくり歩きながら自然を満喫する旅をしてみてください。

また、富士五湖全てが世界文化遺産に登録されているので、全て回ってみるのも良いですね。

富士山は世界遺産に登録されていますが、「自然」ではなく「文化」遺産です。日本の山信仰の象徴と多くの芸術や文学でモチーフとして取り上げられたことが評価されています。多くの人が魅力的に感じる富士山をより深く知る旅にしてください。

  • 本栖湖……富士五湖の中で最も水深があり、ウインドサーフィンを楽しむ人が多い
  • 精進湖……富士五湖の中でも周辺の開発が進んでおらず、そのままの自然を楽しむことができる
  • 西湖……一度は絶滅したと思われていたクニマスが再発見されたことでもしられる西湖。青木ヶ原樹海と隣接
  • 河口湖……富士五湖の中で最も湖岸が長く、最も標高が低い河口湖。温泉街も存在
  • 山中湖……富士五湖の中で最大の面積がある山中湖。年間400万人が訪れる観光地で美術館があり、サイクリングロードなども整備

時間がある夏は旅行に最適の季節

リゾート気分が味わえる夏におすすめの旅行先は下記となります。

  • 北海道……涼しく、自然もアクティビティも楽しめる
  • 沖縄県……夏のリゾートといえば沖縄が最適
  • 静岡県・伊豆……関東からアクセスしやすい昔からの保養温泉地

家族で楽しめる夏におすすめの旅行先は下記となります。

  • 鹿児島県・屋久島……『もののけ姫』の世界が広がる
  • 東京都・八丈島……海も山も楽しめる
  • 長野県・軽井沢……避暑地として有名

時間が取れる夏におすすめの旅行先は下記となります。

  • 京都府……日本らしい見所が多い
  • 石川県・金沢……昔からの街並みが残る
  • 広島県……戦争と平和について考える旅になる
  • 山梨県・富士五湖……標高が高く、水辺の近くなので涼しく過ごせる

まとまった休みが取りやすい夏は旅行にぴったりです。旅行で新しい発見をしたり、家族との絆を深める体験をしてみてください。

関連記事

  1. きれいなおっぱいの条件と美乳の作り方

  2. ツイートで見かける「シコい」の意味とは?

  3. 温泉旅行の参考に!全国エリア別人気温泉宿

  4. マッチングアプリで後ろ姿だけの人の特徴

  5. 日本語・英語のバレンタインメッセージ文例

  6. デブスに未来はない?特徴と脱デブスして結婚するための条件

  7. 女子旅行におすすめ!関東人気観光スポット

  8. 2泊3日旅行におすすめの人気観光スポット