ゴールデンウィークの穴場スポット旅行

ゴールデンウイークは暑すぎず寒すぎず、旅行に最適な季節。そのため、どこへ行っても混雑しがち。混んでいるから、と旅行を諦めている人もいるでしょう。

今回はあまり混雑していない、穴場の旅行スポットを関東、関西、東海の3つの地方に分けて紹介します。

1.ゴールデンウィークにおすすめ!関東旅行におすすめの穴場観光スポット

それでは関東旅行でおすすめの穴場スポットを紹介します。

1-1.東京都「青ヶ島」

東京都の穴場スポットといえば青ヶ島。
伊豆諸島の1つで八丈島の南、約60kmのところにあります。

青ヶ島は火山島で、現在でも活動している活火山です。また、カルデラの中にカルデラができるという二重カルデラでもあります。二重カルデラの島に人が住んでいるのは世界でも珍しい例です。

東京からの直航便はなく、八丈島から船かヘリコプターでしか行けません。ただ、船は悪天候による欠航も多く就航率は50%程度なのでヘリコプターをおすすめします。しかしヘリコプターは1日9席しかないので、予約を取るのが難しいのがデメリットです。

アクセスの難しさから青ヶ島の年間観光者数は多くても1500人弱程度で、1度は行ってみたい秘境と言われています。

青ヶ島は島全体が観光スポットですが、珍しいものとしては地熱を利用したサウナや地熱釜があります。活火山なので島のあちこちに噴気孔があり、昔から調理や暖房に使われてきました。天然のサウナは日によって温度が違い、自然を実感します。地熱釜は24時間誰でも無料で使え、旅行者も野菜や魚を蒸して食べています。

また、二重カルデラは島の丘から見ることができます。なかなか見られない光景なのでぜひ丘の上に登って見てください。島の北端は民家や電灯がなく満天の星空を楽しめる場所もあります。

島内にはいくつかの宿泊施設がありますが、自然を満喫するためにキャンプで宿泊するのもおすすめです。

1-2.栃木県「ツインリンクもてぎ」

ツインリンクもてぎは、日本で2つ目のサーキットです。

カートやロードレース、スーパーフォーミュラなど年間を通して多くのレースが行われています。

今回おすすめしたいのは、サーキット以外の場所、「モビリティテーマパーク」という遊園地です。アトラクションが豊富で、自然を感じられる体験施設もあります。おすすめのものをいくつか紹介します。

  • 巨大ネットの森SUMIKA……日本最大級の屋内ネットアスレチック。小さな子どもも楽しめるキッズコーナーあり
  • 森感覚アスレチックDOKIDOKI……39のアスレチックがある屋外施設。大きな昆虫や植物のオブジェがあり、自分が森の生き物になったような感覚が味わえます
  • 迷宮森殿ITADAKI……5階建の立体迷路でクイズを解きながら進んでいきます
  • ジップライン……空中散歩ができるジップライン。ガイド付きコースもあります
  • 森のふしぎ みっけ!……地図を見ながらクイズを解いたり、ミッションを完了させて進んでいきます
  • クラフト体験……ノコギリやヤスリなどを使って、木工クラフトをします。当日すぐに楽しめるプログラムと、本格的な予約制プログラムがあります
  • ピット工房……電動モーターカーを組み立て、走らせるプログラム。車の構造も知ることが可能

パーク内にはホテル以外にもグランピング施設があり、自然を満喫する旅行も可能です。

1-3.神奈川県「海の公園」

八景島のすぐ西にある「海の公園」横浜市内で唯一の海水浴場で、人口の砂浜が広がっています。ゴールデンウィーク中は浜遊びだけでなく、潮干狩りも楽しめるのでおすすめです。自然に住み着くようになった貝なので無料でできるのもポイント。

また、八景島駅近辺は磯場になっていてカニやヤドカリなどの生物探しができます。大人も楽しめる場所です。

バーベキュー場では食材を持ち込むプランと、バーベキュー台と一緒に予約しておく手ぶらプランがあります。存分にアウトドアを楽しみたい人にも最適です。ゴミは回収してもらえるので、帰りも楽チンですね。

砂浜では花火もできるので、少し早い夏を感じてください。

1-4.栃木県「あしかがフラワーパーク」

10万平方メートルの敷地に四季折々の花々が咲き乱れる、あしかがフラワーパーク。

ゴールデンウィークはあしかがフラワーパークの顔とも言える藤の花が見頃をむかえる時期です。シンボルツリーとも言える大藤はもともと別の場所に植わっていました。しかし都市開発のために移植されたもので、現在は大藤が4本と白藤のトンネルが栃木県天然記念物に指定されています。

ほかにも八重や黄花の藤が植えられており、時期を少しづつずらして長い期間にわたって藤の花を見られるよう工夫されています。

 

満開の藤棚は花の香りに満たされており圧巻で、夜にはライトアップもされて幻想的です。また、気分を盛り上げたい人には藤ソフトクリームもおすすめです。

 

ゴールデンウィークはあしかがフラワーパークが最も混む時期ではありますが、足元が見えないほどではありません。

また、この時期はツツジやシャクナゲと言った他の木々も咲いています。ゆっくりと歩きながら、パーク全体の自然の美しさを堪能してください。

2.ゴールデンウィークにおすすめ!関西旅行におすすめの穴場観光スポット

関西でゴールデンウィークにおすすめの旅行スポットを紹介します。

2-1.兵庫県「城崎温泉」

平安時代からある城崎温泉は、7つある外湯(日帰り入浴施設)を巡って楽しむタイプの温泉街です。

そのため、城崎温泉街では浴衣に下駄履きが正装と言われていて、多くの旅館が寝間着としての浴衣とは別に温泉街を歩く用の浴衣を用意しています。各旅館がさまざまなデザインの浴衣を取り入れていて、浴衣の好みで宿を選ぶ人もいるほどです。

ゴールデンウィークは浴衣で出歩くのに丁度良い季節なので、寒がりの人でも大丈夫です。また、着崩れた時に助けてくれる場所もあり、自分でうまく着付けられない人も問題ありません。

7つの外湯意外にも足湯や飲湯場があり、温泉をさまざまな方法で楽しめます。

2-2.和歌山県「南紀白浜」

和歌山県の南部にある南紀白浜は、海と温泉を楽しめるリゾートタウンとして知られています。

南紀白浜温泉は日本三大温泉、日本三古湯の1つに数えられ、日本書紀には当時の天皇が訪れたことも書かれています。

温泉街には民宿や旅館などもあり、一部のキャンプ場や料亭にも温泉施設があります。この温泉街も外湯を楽しむスタイルなので、日帰り温泉施設が多いのが特徴です。

南紀白浜の浜辺、白良浜は地名の通り真っ白な砂浜が特徴です。晴れた日の海の青とのコントラストは美しく、サラサラの砂の肌触りがとても気持ちの良い場所です。

関西地方でも有数の海水浴場で、毎年5月3日に海開きが行われています。ゴールデンウィーク中に海開きをするのは本州ではかなり早く、多くの海好きが集まります。

南紀白浜のおすすめレジャーといえば、アドベンチャーワールドです。パンダのいる動物園として知られています。パンダの他にもライオンやホッキョクグマ、イルカなど多くの動物が飼育されていて、動物との距離が近いことで人気です。

園内では多くのツアーが組まれており、ジープでトラやライオンに接近したり、海の動物に餌をあげたりできます。また、自転車を借りて自分たちのペースで回ることもできます。

2-3.三重県「鳥羽水族館」

日本国内で唯一ジュゴンが見られる鳥羽水族館。1200種類の生物を展示しており、国内最大規模です。

また、希少海洋生物の保護にも力を入れており、多くの生物が繁殖しています。ラッコやイルカオットセイなどが繁殖しているので、時期が合えば赤ちゃんを見られます。

動物だけでなく、イソギンチャクの新種を発見したり、ウミサボテンの繁殖をしたりと豊かな海を守るための研究を進めています。

鳥羽水族館には順路がないので、館内マップを確認しながら見たい生物や空いてるところから見ることができます。いつもは素通りしてしまうような生物もじっくり見ていると愛着が湧いてきますね。

ショーは大変人気があり、穴場とはいえ混んでいます。また、餌やりなどの少人数向けのイベントは、すぐに定員に達してしまうこともあります。「絶対に良い席で見たい、体験したい」というショーやイベントがあるのなら、早めに行動することをおすすめします。

入館者の8割が大人で、全ての年齢の人が満足できる水族館です。

3.ゴールデンウィークにおすすめ!東海旅行におすすめの穴場観光スポット

東海地方でおすすめの穴場観光スポットを紹介します。

3-1.静岡県「初島アイランドリゾート」

伊豆半島沖にある初島。その中に海外のビーチリゾートのような初島アイランドリゾートがあります。ゴールデンウィークはゆったりリゾート気分でのんびり過ごしたいという人におすすめです。

リゾート内はいくつかのゾーンに分かれています。

レジャーを楽しめるゾーンは、初島アドベンチャーSARUTOBIのアドベンチャーアイランドVOTANの二つが存在。

SARUTOBIは専用ハーネスを身につけ、樹の上を進んでいくアクティビティで体力や年齢に合わせてさまざまな難易度のコースを楽しみます。VOTANは巨大なアスレチックパーク。どちらもシューズがレンタルできるのがポイントです。

プールもありますが、ゴールデンウィークは営業していません。

リラックスゾーンは

  • 島の湯……露天風呂
  • R-Asia……ハンモックスペース

露天風呂は海岸線ギリギリにあるので、どこまでも続く海に浸かっているような気分が味わえます。R-Asiaで芝生の広場で風に揺られながら読書をしたり昼寝をすると、いつもよりゆっくりした時間の流れを感じられます

宿泊施設は、トレーラーヴィラかアジアンリゾートヴィラに二択。

どちらも冷暖房完備のグランピング施設で、目の前の自然を楽しみながら快適に過ごすことができます。バーベキュープランもあるので、キャンプらしさも満喫可能です。

3-2.愛知県「本宮山スカイライン」

ドライブ好きにおすすめする本宮山スカイラインは、愛知県新庄市にあります。

全長11.6kmで、もとは有料道路でしたが現在は無料で走れます。見下ろせば三河湾が広がるような場所ですが、山深く木々に囲まれマイナスイオンを浴びながら車を進めていると、天気が良ければ遠くには富士山を見ることができます。

本宮山県立自然公園内にあり、夜空いっぱいに星が広がることでも知られており、本宮山山頂では夜景とともに楽しむ人もいます

3-3.三重県「志摩地中海村」

ヴィラタイプの宿泊施設が点在する温泉ホテルで、日本に居ながらにして地中海旅行気分を味わえてしまう志摩地中海村。本場スペインの設計士によるデザインと、英虞湾から反射する太陽の光で異国に来たような雰囲気を味わえます。

地中海地方のさまざまな地域の雰囲気を模した街作りがされていて、場所ごとに違った印象を受けます。またペットと一緒に泊まれるのもポイントです。

村内ではクルージングやワークショップ、釣りなどのアクティビティを楽しめるほかプールやショッピングもできます。ショップには地中海沿岸の雑貨や食品も扱っています。

食事は伊勢志摩の食材を使った地中海料理が中心で、真珠が取れることで有名なアコヤ貝も食べられます。

写真映えする風景なので、SNSにアップしたい人のほか、家族写真をたくさん撮って思い出に残したい人にもおすすめです。

ゴールデンウィークは穴場スポットを狙って旅行しよう

最後にもう一度、おさらいをしましょう!

ゴールデンウィークにおすすめの関東旅行の穴場スポットは下記となります。

  • 東京都「青ヶ島」……上陸するのが難しい秘境
  • 栃木県「ツインリンクもてぎ」……サーキット以外にも遊べるスペースが充実
  • 神奈川県「海の公園」……ゴールデンウィークには潮干狩りも楽しめる砂浜あり
  • 栃木県「あしかがフラワーパーク」……ゴールデンウィークには藤の花が見頃

ゴールデンウィークにおすすめ!関西旅行の穴場スポットは下記となります。

  • 兵庫県「城崎温泉」……浴衣を着て温泉街を歩き外湯巡りを楽しむ
  • 和歌山県「南紀白浜」……海と温泉を楽しめるリゾートタウン
  • 三重県「鳥羽水族館」……日本で唯一ジュゴンを飼育している

ゴールデンウィークにおすすめ!関西旅行の穴場スポットは下記となります。

  • 静岡県「初島アイランドリゾート」……海外のビーチリゾート気分を満喫。レジャーもグランピングも楽しめる
  • 愛知県「本宮山スカイライン」……ドライブ好きにおすすめ。山と海が1度に楽しめる
  • 三重県「志摩地中海村」……地中海の街並みを模した温泉ホテル

ゴールデンウィークは多くの人が旅行に出かけます。どこも混雑していますが、穴場のスポットなら大丈夫。あなたに合った旅行先でゆっくり過ごしてください。

関連記事

  1. 女子へのクリスマスプレゼント決定版!絶対喜ばれるコスメを紹介❤

  2. 【27歳バツイチが語る】幸せにしてくれる「ハイスペック男子」と結婚して…

  3. 男から見た「美人じゃないけどなぜかモテる女性」の特徴

  4. 【ヤリチンが伝授】「ヤリモク男」を10秒で見分ける秘密の方法

  5. 自分の痛さがわからない男はスペック良くても35歳以降も婚活市場彷徨う

  6. 男は正常位の時は足の長さを見ている!?SEXの時に注目する体のパーツ4…

  7. 蒲田でデート!?予想外の場所でも最高の結果に結びつける必勝デートコース…

  8. どんな男も虜にする“ナチュラルな色気”はどうやって身に着ける?

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本