gwにおすすめ!国内・海外で人気の旅行先

gwは長い休暇になるので旅行をしたくなりますよね。

もしgwに旅行したいなら今のうちから計画を立てることをおすすめします。旅行を計画するうえでもっとも悩むのが行先ではないでしょうか?

今回はgwの旅行をテーマに

  • gw旅行の行先を決めるコツ
  • おすすめの観光スポット

を国内と海外に分けて紹介していきます。今回の内容を読んでしっかりと頭に入れておけば、gwに素敵な旅行ができること間違いなしです。ぜひ一読してください。

1.国内の旅行先を決めるコツとgwにおすすめの観光スポット

国内旅行の良いところはコミュニケーションが通じることかと思います。外国への旅行も魅力的ではありますが外国語を喋れないとトラブルの元になりかねません。

そんなところでストレスを抱えるくらいなら国内旅行の方がいいという方も多数います。今回はgwでの国内旅行となりますので、行先を決めるコツとおすすめ観光スポットを紹介します。

1-1.人気の観光スポットは避ける

gwに国内旅行する際の最大のコツは人気の観光スポットを避けることです。

多くの日本人はgw期間は休みであり、この期間を狙って旅行する人も多いです。また、最近は外国人旅行客も日本に来るようになり、いわゆる定番の観光スポットには外国人も大勢来ています。このことからも日本人でも知らないような穴場の観光スポットを選ぶのが吉です。

日本人でも知らない観光スポットですから外国人旅行者も少なくなるので、ゆったりとした旅行ができるでしょう。

1-2.温泉地などでゆっくり過ごす

gwに入る前は多くの会社で慌ただしくなりますよね。休みに入る前に納めなければならない仕事が入り、普段以上に疲れてしまう場面も出てくるかと思います。疲れた状態でアクティブに動き回るのは難しいものです。

そこでgwには温泉旅行をするのもいいかと思います。温泉に浸かることで疲弊している体をリフレッシュさせることでgw明けの仕事も捗ること間違いなしです。

1-3.gw旅行で人気の国内おすすめ観光スポット

ここまでgw旅行先の選び方のコツをお伝えしました。しかし、具体的にどこがいいのかも知りたいですよね。早速おすすめのgw旅行先を紹介しましょう!

佐賀県「嬉野温泉」

某人気お笑い芸人が持ちネタとして佐賀県をテーマにした歌を歌っていましたが、だからと言って佐賀県には本当に何にもないってわけではありません。佐賀県には嬉野温泉という素晴らしい温泉があるのです。

嬉野温泉の最大の特徴は日本三大美肌の湯の一つであることです。普通の温泉でも肌がツルツルになって美肌効果が期待できるのに嬉野温泉は更に期待できることになります。これは女性なら一度は入ってみたいと思いますよね。

嬉野温泉の泉質は重曹泉であり、無色透明です。ややぬめりがありますが、これはナトリウムを多く含んでいる証拠です。このナトリウムが皮脂や分泌物を乳化し、洗い流してくれるのです。嬉野温泉にゆっくりと浸かって、湯上りの肌の状態を確かめてみてください。ツルツルとした気持ちいい感触を実感できることでしょう。

そして温泉から上がったら名物の嬉野温泉湯どうふを召し上がってください。温泉水で煮込まれた豆腐なのですが、とろけるような食感は今までの豆腐料理を凌駕してくれます。温泉水に含まれている成分が豆腐を絶妙にとろけさせてくれるおかけで、こんなにも美味しい豆腐料理ができるのです。

香川県「小豆島」

香川県と言えば「うどん」を想像する人が多いかと思います。もちろん、うどんも美味しいですし手作り体験とかもできるので香川県は楽しいところです。しかし、うどん以外の魅力もあることを知ってもらいたいです。

その一つに香川県にある小豆島を紹介します。香川県の北東にある島ですが、ゆったりと癒される自然がとても魅力です。見どころはたくさんありますが、初めての方なら「エンジェルロード」「小豆島オリーブ園」「寒霞渓(かんかけい)」「醤の郷(ひしおのさと)」「二十四の瞳映画村」を周るのがおすすめです。

エンジェルロードは潮の満ち引きにより、海だった場所がまるで天使の道のように出現する観光スポットです。恋人同士、手をつないで渡ると願いが叶うなんて言い伝えもあるほどです。小豆島オリーブ園では名物のオリーブやハーブが育てられており、お土産として喜ばれる品物の一つと言えます。

寒霞渓はミュシュランでも1つ星を獲得したほどの絶景を眺めるスポットです。四季折々の表情を見せる大自然はまさに圧巻です。醤の郷は明治時代からの蔵を見ることができます。ここで造られた醤油やつくだ煮も絶品です。二十四の瞳映画村は映画「二十四の瞳」で使われたセットが残っており、昭和20年代の時代を感じることができます。

沖縄県「白保海岸」

沖縄は旅行先としても非常に人気があり、観光客が多いのではないか?と思うかもしれません。しかし、沖縄と一口に言っても那覇がある沖縄本島の他にも宮古島や西表島などたくさんの離島があります。その中でも石垣島にある白保海岸はgw旅行におすすめです。

白保海岸で見てほしいのは白い珊瑚と緑色のアオサが特徴的な景観です。海も透明感があり、天気が良ければ青い雲とのコントラストがリラックスを誘います。肉体的な疲労を取り除くだけでなく、精神的な疲労さえも取り除いてくれるほどです。特に北半球でも最大級の大きさであるアオサンゴの大群は一見の価値ありです。

ゆったりするだけでなく、シュノーケリングも楽しむことをおすすめします。サンゴ礁をこれでもか!というくらい堪能するにはシュノーケリングが適しているためです。海上からしか見えなかったサンゴ礁が海中から眺めることができるのです。そのあまりにも神秘的で美しい景色はもう一度見たい!と思わせるのに十分なほどです。

2.海外の旅行先を決めるコツとgwにおすすめの観光スポット

国内もいいですが海外の旅行もいいですよね。言葉が少し通じない部分もあるかもしれませんが、意外とボディランゲージ&覚えたての外国語でも通じるものです。

日本にはない魅力が海外にはありますし、日本人があまりいない場所だからこそリラックスできることもあるかと思います。そんな海外の旅行先の選び方のコツから見ていきましょう。

2-1.日本人が少ない海外旅行先を選ぶ

gwに海外で旅行をするなら日本人が少ないところがいいです。日本人が多いということは旅行客が多く、少しゴミゴミとして海外旅行をしている感があまりありません。普段の生活から離れるという意味でも日本人が少ない海外旅行先を選ぶのが吉です。

2-2.自然あふれる場所でのんびり過ごす

国内旅行同様にgwでの旅行は日々の生活の疲れやストレスを取り除くことが大事です。ニューヨークやパリのような都会的なところも魅力的ですが、ここは自然あふれる場所を選ぶのがいいでしょう。日本とは違った自然の魅力があるのが海外です。新しい発見の積み重ねで、すっかり人生観も変わってしまうくらいの体験もできるかもしれません。

2-3.gw旅行で人気の海外おすすめ観光スポット

海外旅行先の選び方のコツを知ったのはいいですが、どこがいいのか難しいですよね。今回は日本人があまり知られていないものの、現地に足を運ぶと「こんな素敵な場所あったんだ!」と驚ける新鮮味たっぷりの観光スポットをお伝えしちゃいます。

モロッコ「マラケッシュ」

モロッコは北アフリカの西側にある国であり、日本人にはあまり馴染みがないかもしれません。街の外観はアラビアンナイトの世界にやってきたような印象を受けるので、刺激的な体験ができることでしょう。そしてモロッコのマラケッシュは特におすすめです。

世界遺産が多く、「南の真珠」とも呼ばれるほどの美しい街並みは圧巻の一言です。マラケッシュ旅行で特に見てほしい観光スポットが「マラケッシュ旧市街」「ジャマ・エル・フナ広場」の2つです。

マラケッシュ旧市街は建物の壁が赤くされているのが最大の特徴です。イメージで言えばディズニー映画のアラジンに出てくるような街並みが近いかと思います。

まさに異国を感じる街並みは通りの横からアラジンやジャスミンが現れてくるのではないかと勘違いしてしまいそうです。そんな幻想的な世界を感じられるのはココしかありません。その証拠として世界遺産にも登録されているほどです。

そしてジャマ・エル・フナ広場もまた魅力的な観光スポットです。元は公開処刑場の場でもあったのですが、現在は食べ物屋や貴金属のお店、大道芸人たちが賑わうマーケットです。エネルギッシュな様相は異国を感じるに十分な魅力を持ち、世界無形文化遺産に名を連ねています。

クロアチア「ドブロブニク」

クロアチアはイタリアのヴェネチアから東にある国です。その南がわにある都市がドブロブニクとなります。ドブロブニクの魅力は何と言っても街並みの景観です。その美しい景観は多くの海外旅行者から注目されています。日本でも少しずつですが注目されつつあり、ゆったりと観光できるのは今のうちかもしれません。

ドブロブニクに訪れたらまず見てほしいのが城壁です。城壁を歩くことでオレンジ色の屋根で統一されている街並みとアドリア海を眺めることができます。その美しさは心が現れるような感覚になり、歩くのがただただ楽しい感覚に引き込まれてしまいます。この城壁は街をグルっと囲むように作られており、1周コースと半周コースがあるので体力に応じて選ぶといいでしょう。

ドブロブニクの外側を回ったら中に入って散策しましょう。旧市街を周るのがおすすめです。白いレンガで造られた建物が並びたち、中世ヨーロッパの街並みを歩いている感覚になること必至です。

思わずファンタジー小説の一人になったような気分にさせてくれます。特にメインストリートであるプラツァ通りはお土産店や飲食店が多く、300メートルほどなのでほどよい散歩コースです。

散歩をしてお腹がすいたらランチを取るのもいいですよね。特におすすめが海に近いせいもあるかと思いますが海鮮系の料理です。魚や貝をふんだんにつかったリゾットやフリットを食べれば、エネルギー重点完了です。あますことなくドブロブニクを堪能してください。

まとめgw旅行は人混みを避けてのんびり過ごすのがおすすめ

gw旅行先のおすすめを国内、海外に分けて紹介しました。改めてになりますが、最後に今回の内容をおさらいしたいと思います。

  • 国内旅行先を選ぶポイントの一つは「人気の観光スポットを避ける」ことである
  • 国内旅行先を選ぶポイントのもう一つは「温泉地を選んでリフレッシュする」ことである
  • 国内旅行先のおすすめの一つは佐賀県の嬉野温泉である
  • 嬉野温泉は日本三大美肌の湯として有名であり、温泉水を使った湯どうふも絶品
  • 国内旅行先のおすすめのもう一つは香川県の小豆島である
  • 小豆島は観光スポットが多く、初めてなら「エンジェルロード」「小豆島オリーブ園」「寒霞渓」がおすすめ
  • 国内旅行先のおすすめの最後は沖縄県の白保海岸である
  • 白保海岸は白い珊瑚と緑色のアオサがある海が特徴的で北半球最大規模のアオサンゴの大群が見れる
  • 海外旅行先を選ぶポイントの一つは「日本人が少ない観光スポット」を選ぶことである
  • 海外旅行先を選ぶもう一つのポイントは「自然あふれる場所」を選ぶことである
  • 海外旅行先のおすすめはモロッコのマラケッシュである
  • マラケッシュはアラビアンナイトの世界に入ったような感覚に浸れる
  • 海外旅行先のもう一つのおすすめはクロアチアのドブロブニクである
  • ドブロブニクはオレンジ色の屋根と白いレンガで造られた建物が特徴的でファンタジー世界の一員になった感覚になる

上記となります。

国内は国内の魅力、海外は海外の魅力があることがわかったかと思います。今回紹介した旅行先は本当に一度は行ってほしいところなので興味を持ったら、ぜひ旅行先の候補にしてください。

gwですから人が多いところではかえってストレスを溜めてしまうかもしれません。日々の仕事や生活の中で累積した疲労やストレスは豊かな自然や静かな場所で発散するのがベストです。ぜひ今回紹介した旅行先に行って新しい体験とリフレッシュをしていただければと思います。

関連記事

  1. 亀の夢!状況や様子が暗示する夢占いの意味

  2. ヨガ初心者向け!ヨガの基本と始め方

  3. 子供の夢が暗示する夢占いの意味とは?

  4. バスツアーで人気!日帰り旅行スポット

  5. 亡くなった人の夢!夢占いでの意味を解説

  6. 片思い中の女子必見!絶対に見逃せない男子の脈ありサインを大公開

  7. タクシーの夢が暗示する夢占いの意味とは?

  8. 鈴木涼美のプロフィール・作品を徹底解剖!