温泉旅行におすすめ!人気のホテル・温泉宿

温泉旅行に行くときは温泉やグルメ情報をしっかりとインプットしておくことが大切。この記事では、東北・関東・関西・九州地方の4エリアに注目し、旅館ランキングや温泉旅行で人気のホテルや温泉宿をご紹介しています。各々のおすすめポイントに注目しながら、読み進めてくださいね。

1.東北地方のおすすめ!温泉旅行で人気のホテル・温泉宿

東北地方には数々のおすすめホテルや、温泉宿が存在します。

最初に紹介するのは

  • 山形県かみのやま温泉「花明かりの宿 月の池」
  • 岩手県湯川温泉「山人-yamado-」

上記二つの温泉です!

1-1.山形県かみのやま温泉「花明かりの宿 月の池」

上山は、松平氏の城下町として繁栄した歴史を誇ります。城下町のみではなく、温泉町や宿場町としても栄えた歴史があります。

「僧の月秀上人が上山温泉が立ち寄り、鶴がすねの傷を癒やして発見した」という伝説があります。そのため『鶴脛(つるはぎ)の湯』と称されているのです。鶴と縁深い場所だけあって、付近には鶴脛町(つるはぎちょう)という鶴の名前が入った町があるほど。お風呂の当館正面限界の正面には『鶴の休石』があります。

こちらの石は、薬師堂境内の開湯由来になった鶴にちなんで置かれています。また薬師堂には屋根付きの足湯も存在。慢性疲労、動脈硬化症、神経痛など、多くの効能を実感できる泉質を楽しめます。大浴場や檜露天風呂など、気分に合わせて使い分けましょう。

ちなみに檜露天風呂では、夕方の時刻よりキャンドルで花明かりを浮かべるオシャレな演出が見られます。お酒好きの人には露天風呂に浸かりながら飲める枡酒の『酒舟』がおすすめ。お酒を飲みながら温泉で体を温めるなんて、日本という国で暮らす幸せを感じられる一瞬ですね。

温泉は24時間営業ですので、午前10時からのお昼までの2時間以外は、いつでも浸かることができます。

1-2.岩手県湯川温泉「山人-yamado-」

『山人』と書いて『やまど』と読みます。日本という国は、たくさんの山に囲まれ豊かな自然の恩恵を受け続けてきました。西和賀の土地で『山人』と呼ばれる人たちは、山仕事に従事していたり、山について精通している方ばかり。

そこには確かな尊敬の念が込められています。山は季節によって表情が変化。春の匂いを感じられる木の芽時と、山全体が鮮やかな紅葉に埋め尽くされる秋のシーズンでは、まるで装いが変わるのです。『山人』と称される方々は、山に関する様々なことを熟知。山を知り尽くした『山人』にちなんで、『山人-yamado-』と名付けられました

地域で精算したものをその地域で消費することを、地産地消といいます。『山人-yamado-』は、地産地消がモットー。「特定の季節にここでしか食べられない食材を使ったお料理をお客様に提供したい」という強いこだわりを持ち続け、シーズンによって異なる味わいを贈り続けています。

特に新鮮な野菜はぜひとも味わっていただきたいほど美味。「これが本来の野菜の甘みなんだ」と実感できるはずです。朝食と夕食の双方がおすすめ。シェフのきめ細かいサービスをぜひあなたの舌で味わってくださいね。

2.関東地方のおすすめ!温泉旅行で人気のホテル・温泉宿

関東地方にあるホテルや温泉宿で「ここだけは外せない!」というものを厳選。

  • 群馬県草津温泉「草津白根観光ホテル櫻井」
  • 神奈川県箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」
  • 栃木県鬼怒川温泉「鬼怒川金谷ホテル」

上記3つの宿について解説します。

2-1.群馬県草津温泉「草津白根観光ホテル櫻井」

『草津白根観光ホテル櫻井』の強みは、幅広い客層に対応しているところでしょう。家族で行っても楽しめますし、カップルや夫婦が愛を深めるのにも一役買います。

また女子旅やグループ、団体で来訪するお客様用のプランが各々存在。最も人気の高いプランが、豪華バイキングと草津の湯を堪能できる「お部屋お任せプラン」。11,000円でたくさんの料理とお湯が楽しめるだけでなく、客室の眺望も抜群。

しかも売店やラウンジ、カラオケ、マッサージ、エステなどを楽しめる館内利用券1,000円分がついてくともあり、実質10,000円(税別)で、旅行が満喫できるのです。「一生忘れることのない旅行ができたら最高!」というカップルは、本客殿の『露天風呂付き客室』がおすすめ

多くのカップルがこちらのプランを選んで「とても満足だったのでまた来たい!」とリピーターになっています。長さ30メートルの大浴場は草津最大級。圧倒的に開放的なロケーションは、旅人の疲労を回復させます。ホテル櫻井名物の湯もみ太鼓ショーは、二階のお祭り広場で開催。湯もみという貴重な体験ができるだけでなく、圧巻の太鼓ショーを満喫できます。

2-2.神奈川県箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」

『季の湯 雪月花』は、強羅駅から歩いて1分でアクセスできる場所にあります。客室の数は全部で158。何と158室全部に檜の露天風呂が設置。果物や花を浮かべ四季の薫りを感じられやすい演出が施されています。

もちろん大浴場もあり、源泉かけ流しをたっぷり味わうことが可能。大浴場は「篝火の湯」「玉桂の湯」の2種類があり、好きな方を選べます。温泉の効能は幅広く、五十肩、関節痛、打ち身、冷え性、神経痛、皮膚病、疲労回復、慢性消化器病などに効果があります。貸切風呂は3箇所あり、定員は2名で無料。予約が必要ないため、気楽に使えます。

夕食は「花鳥」「風月」の二つがあります。「花鳥」では魚介類をふんだんに用いた四季彩鍋を、「風月」では和牛しゃぶしゃぶ&寿司や天ぷらを食べられます。どちらも舌がとろけるほど美味しいため、選択に迷いそうですね。しかしどちらを選んでも大正解。双方を味わうために、何度も『季の湯 雪月花』を訪れる人もいるほどです。朝食は和食膳。朝も夜も楽しみが詰まっています。ファミリーで来る人もいますが、カップルや夫婦で足を運ぶ愛や絆をさらに深める人たちも少なくありません。

2-3.栃木県鬼怒川温泉「鬼怒川金谷ホテル」

ホテルの創業者であるジョン・カナヤ氏ほど粋な人物はいません。あまりのオーラに銀座で花売りをしていた女性が思わず直立不動になり、挨拶をしたという伝説があるほど。恵まれた境遇にあったカナヤ氏は、若い時期から世界各地のホテルや観光地に足を運びました。

自身の名前が入っている「鬼怒川金谷ホテル」には、カナヤ氏のスピリットと思想がふんだんに込められています。鬼怒川といえば日本を代表する河川で、国内屈指の温泉街としても有名。渓谷が醸す自然美を味わいながら、心身を緩めることができます。

「お客様にとって、渓谷の別荘であるのが理想」というモットーで作られており、洗練された非日常空間は度々訪れたくなるほど魅力がいっぱい。東洋と西洋が絶妙に調和したホテルに足を運んだ人は、一様に「もっと早くこの場所を知りたかった」と悔しがるほど。金谷流の懐石料理は地元でしかとれない貴重な食材を使い上品に仕上げています。

懐石料理がベースとなっていますが、絶妙に西洋のテイストを取り入れ、ここでしか体験できない味を実現しました。一流の空間で一流の料理を食べる贅沢によって、最高の一時を過ごせます。日本文化に敬意を払い、西洋の文化を讃えるカナヤ氏の考え『和敬洋讃』を体感すると、病みつきになるはずです。

3.関西地方のおすすめ!温泉旅行で人気のホテル・温泉宿

関西地方のホテルや温泉宿で、ぜひとも行っていただきたいのが

  • 兵庫県有馬温泉「有馬ロイヤルホテル」
  • 和歌山県紀州・白川温泉「紀州・白川温泉むさし」

上記の二つ。

各々に関する情報をお伝えしましょう

3-1.兵庫県有馬温泉「有馬ロイヤルホテル」

有馬ロイヤルホテルは「浴衣が素敵」と好評を博しています。

男性用のものは緑が基調となった品のあるストライプデザイン。女性はワインレッド。やはり浴衣は非日常空間へ来たことを感じる重要な要素。有馬の街を歩くのに、おしゃれ浴衣は欠かせません。忘れてはいけないのが、オリジナル懐石料理。有馬温泉創作料理コンテストで、見事金賞&銀賞を受賞している料理人が存分に腕を振るってくれます。

有馬の温泉は、あの豊臣秀吉が愛したという歴史を持ちます。日々の業務による緊張の連続で体がコチコチに固まっている人は、有馬温泉ならではの『金泉』によって疲労を回復させましょう。「温泉で体以外に心も癒やしたい」と考えている人にとって、有馬の『金泉』はまさにぴったり。平成16年に完成した露天風呂は大変好評で、毎日たくさんの人の疲れを癒やしています。

3-2.和歌山県紀州・白川温泉「紀州・白川温泉むさし」

『旅館むさし』のルーツは、旅館綿水。和歌山が輩出した民俗学者である南方熊楠は旅館綿水を気に入り、度々訪れました。その後、旅館綿水は白浜に場所を移します。昭和25年、旅館綿水から『旅館むさし』へと継承され現在にいたります。

5つ星の宿認定されたり、日本の温泉100選や日本の夕陽100選の宿に選ばれるなど、輝かしい実績を残すことに成功。それだけではありません。JTB・るるぶトラベル シルバーアワード受賞、Agoda2015ゴールドアワード受賞、厳選!日本のいい湯宿選定されるなど、躍進は止まらないのです。

人気を集めているのが、和亭宿泊者専用屋上露天風呂の『天空』。湯に浸かりながら、極上の景観を味わうともう病みつきになるかも?スタッフが「どうすればお客様に喜んでもらえるのか?」という、おもてなしを考えながら接客しているため、顧客満足度が高め。バイキング形式の食事も「色々選べて楽しい!」と好評を博しています。

4.九州地方のおすすめ!温泉旅行で人気のホテル・温泉宿

最後は九州地方にある、温泉客に人気が高いホテルや温泉宿をご紹介!

  • 大分県湯布院温泉「おやど 二本の葦束」
  • 佐賀県嬉野温泉「萬蔵閣敷島」

上記2つについて説明します。

4-1.大分県湯布院温泉「おやど 二本の葦束」

『おやど 二本の葦束』を訪れた人たちは、「料理が素晴らしかった」と絶賛することも少なくありません。中津の鱧料理、姫島の車海老、国東の太刀魚やタコ、佐賀関は関鯖や関鯵、日田の鮎、日出町の城下カレイ、臼杵のふぐ(白子・きも)、安心院のスッポンなど、現地しか味わえない食材がたっぷり振る舞われます。

やはり旅行の醍醐味は非日常。「こんなに美味しいものがあったんだ!」という感動は、かけがえのないものとなるでしょう。公式ホームページに「思い立ったが旅の始まり」と書かれている通り、少しでも興味を持った人はぜひ『おやど 二本の葦束』に足を運んでみましょう。きっと知らない世界に心が震えるはずですよ。

4-2.佐賀県嬉野温泉「萬蔵閣敷島」

『萬蔵閣敷島』は、「ふらっと立ち寄れる日帰り温泉」としても有名。「ちょっと時間ができたから、どこか日帰りで行こうかな?」と思い立った人が、気楽に立ち寄れる場所として重宝されています。

日帰りの貸し切り露天風呂は予約が必要なく、直接『萬蔵閣敷島』を訪れてもOK。『優しい光の湯処』『楠を見る露天風呂』の利用時間は15時から21時。双方とも大人810円、子供410円(共に税込み価格)とかなりリーズナブル。季節の豊かな彩りを楽しめる個性派温泉として、これからもたくさんの人に親しまれることは間違いないでしょう。

まとめ 温泉旅行は人気のホテルや温泉宿に宿泊すると満足度が高いのでおすすめ

最後におさらいをすると

東北地方は

  • 山形県かみのやま温泉「花明かりの宿 月の池」
  • 岩手県湯川温泉「山人-yamado-」

 

関東地方は

  • 群馬県草津温泉「草津白根観光ホテル櫻井」
  • 神奈川県箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」
  • 栃木県鬼怒川温泉「鬼怒川金谷ホテル」

 

関西地方

  • 兵庫県有馬温泉「有馬ロイヤルホテル」
  • 和歌山県紀州・白川温泉「紀州・白川温泉むさし」

 

九州地方は

  • 大分県湯布院温泉「おやど 二本の葦束」
  • 佐賀県嬉野温泉「萬蔵閣敷島」

上記のホテルや温泉宿が特に一押し。ぜひ温泉旅行に行く予定がある人は、しっかりチェックし現地を訪れてみてくださいね。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. クジラの夢が暗示する夢占いの意味を診断

  3. よく笑う人の秘密、笑顔の裏にあるものは?

  4. 国内旅行で人気の観光スポットを徹底解剖!

  5. 匂いフェチの特徴!男女別の惹かれる匂い

  6. 付き合うとは?「付き合う」ことで悩んだらチェックしたいこと

  7. 自転車の夢が暗示する夢占いの意味を診断!

  8. 5月の誕生石はふたつ!各宝石の特徴や意味