海外の人にも!日本旅行でおすすめの観光地

日本を訪れる外国人観光客は、1年でおよそ3000万人と言われています。もしかしたら日本に旅行に来ている海外の観光客と仲良くなり、国内を案内することになるかもしれません。

もしくはネットを通じて仲良くなった海外の友達が日本を訪れる可能性だってあります。日本旅行でおすすめの場所を聞かれた時、あなたならどこに連れていきますか?

当記事では今回、日本を訪れた海外の人に満足してもらえる、日本旅行でおすすめの観光地やプランをご紹介します。

1.日本旅行でおすすめの観光地・プラン「京都でお寺巡り」

旅行で日本を訪れる外国人が、訪れたい観光地として真っ先に名前を上げる京都。昔ながらの日本を凝縮した街並みや雰囲気に惹かれる外国人は多いのです。

そんな京都の中でも、以下にご紹介するスポットは絶対に外すことはできません

  • 伏見稲荷大社
  • 清水寺
  • 地主神社

1-1.伏見稲荷大社

全国に3万あるといわれる稲荷神社の総本営。五穀豊穣や商売繁盛、家内安全などの神様として、多くの人が参拝に訪れます。伏見稲荷大社といえば、朱色の鳥居が数多く立ち並んでいる「千本鳥居」が有名。鳥居は「稲荷塗り」といわれ、朱色にすることが慣習になっています。朱色には生命・大地・生産といった意味があります。

伏見稲荷大社の境内には、神様の使いである白狐が祀られています。狐は穀物を食い荒らすネズミを退治してくれるため、五穀豊穣の使いといわれています。神社内には表情豊かな狐が多数います。口には鍵や巻物、宝珠などを咥えているのでぜひ見つけてみてください。

千本鳥居を抜けた先には「奥社奉拝所」があります。古来、「命婦谷」と呼ばれていた場所で、奥には稲荷神が降臨されたとされる「稲荷山三ヶ峰」があります。奥社奉拝所は、離れた場所から三ヶ峰を拝む場所なのです。

奥社奉拝所の奥には、願い事が成就するかどうかを試せる「おもかる石」があります。願い事を念じて石灯籠の頭を持ち上げます。重いと感じたら願い事を叶えるのは難しく、軽ければ叶うといわれています。

伏見稲荷大社の後ろには、パワースポットとしても注目されている「稲荷山」が鎮座しています。東山三十六峰に数えられる稲荷山には、「株の値が上がる」として株のトレーダーに人気の「根上りの松」や「お塚」とよばれる神様の祠、「難切り不動尊」などなど、稲荷山の頂上に向かうまでに多くのパワースポットを巡ることができます。

頂上から下山途中にある荒木神社は、縁結びの神様である口入稲荷大神が祀られています。キツネのおみくじは外国人の参拝者にも大人気です。

伏見稲荷大社に向かう参道は、JR稲荷駅の目の前にあるので、初めて訪れる観光客でも安心です。

1-2.清水寺

「清水の舞台から飛び降りる」という言葉もあるくらい、日本人にも馴染み深い清水寺。京都には寺院や神社が数多くありますが、清水寺は1.2を争う有名な寺院の一つです。海外からの観光客にも人気の観光スポット。

清水寺を訪れて、まず最初に目に入るのが「仁王像」が守る仁王門。大きさと迫力に圧倒されること間違いなし。仁王門の近くには、高さ31メートルの三重塔があります。日本にいくつかある三重塔の中でもトップクラス。遠く離れた位置からでも見えることから、京都・東山のシンボルといわれるほど。夜間はライトアップされ、独特な朱色と相まって幻想的な雰囲気を楽しめます。

仁王門をくぐった先に見えるのが「随求堂」。願いを叶えてくれる「大随求菩薩」が祀られており、お堂の下を大随求菩薩の体内に見立てた「胎内巡り」が体験できます。

清水の舞台はからは京都の市街が見下ろすことができます。秋の紅葉シーズンなどは、色鮮やかな紅葉の美しさに圧倒されます。夜になるとライトアップされ、まるで燃えているかのような光景に目を奪われてしまいます。

清水の舞台の北東には、清水寺の名前の由来になったといわれている「音羽の滝」があります。滝から流れる水は古来から「延命水」、「黄金水」と呼ばれており、清められた水として信仰の対象でした。

パワースポットとしても知られており、女性の間では「健康」、「恋愛」、「学業」の願いが叶うと大人気です。

1-3.地主神社

清水寺を訪れたなら、境内にある地主神社も参拝しておきましょう。地主神社の境内には縄文時代からの遺物である「恋占いの石」が鎮座しています。名前の通り、縁結びのご利益があるといわれており、強力なパワースポットとして知られています。

10メートルほどの間隔で置かれている2つの恋占いの石の一方から、目を閉じて歩いて反対側の恋占いの石まで辿り着ければ恋が叶うといわれています。

地主神社には縁結びだけでなく、数多くのご利益があるパワースポットがあります。「地主神社を参拝すれば叶わない願いはない」といわれるほど。

2.日本旅行でおすすめの観光地・プラン「海外の人のための東京観光」

海外からの観光客がまず訪れる場所といえば東京でしょう。海外の人のために案内したい東京の観光名所には以下のような場所があります

  • 浅草寺
  • 竹下通り
  • 東京スカイツリー

2-1.浅草寺

東京都台東区にある浅草寺。東京都内で最古の寺として、現在も多くの観光客で賑わっています。境内には五重塔や影向堂(ようごうどう)など見どころがたくさん。浅草寺は東京都内で唯一、坂東三十三観音霊場でもあります。

浅草寺は拝観料が無料で、24時間いつでも参拝が可能。海外から訪れた観光客が好きなときに参拝できるのも魅力のひとつです。ただし、本堂だけはAM6:00~PM17:00までとなっているので注意が必要です。夜は浅草寺の境内をライトアップしているので、昼間とは違う雰囲気を楽しむことができます。

浅草寺といえば「雷門」の名前で親しまれている「風神雷神門」。浅草寺を訪れた観光客の多くが記念撮影を行っています。

雷門をくぐり、仲見世通りをすぎると朱塗りの「宝蔵門」があります。左右に仁王像が置かれていることから「仁王門」とも呼ばれています。門の裏には山形県から奉納された大わらじが飾られています。

浅草寺の境内には五重塔や伝法院と呼ばれる庭園、 そして聖観世音菩薩が安置されている本堂があります。

本堂の手前には線香をあげられる常香炉が置かれています。身体の悪い部分に煙をかけると、悪いものを取り除いてくれるといわれています。

1994年に建設された影向堂では 、浅草寺に参拝した証明になる朱印が発行されています。観光の記念にもピッタリです。

2-2.竹下通り

若者向けの流行やファッションを追いかけたいなら、竹下通りは外せません。ゴスロリファッションやコスプレなど、竹下通りでしか見られない独特なファッションで話題になっています。まさに自由な若者の街として、外国人観光客にも大人気。

スイーツなどの流行が生まれるのも竹下通りからといっても過言ではありません。最近ではインスタ映えを狙ったお店などが増えています。ダイソーやマツモトキヨシなど、観光客が爆買のために訪れることでも有名。現在流行っているものや、これから流行するものを体験したい海外の人を案内するのにピッタリなスポットです。

2-3.東京スカイツリー

東京スカイツリーは東京タワーに並んで東京のシンボル。天望デッキからは東京を眺めることができます。さらに、東京スカイツリーの近隣には水族館やプラネタリウムなどが並んでおり「東京スカイツリータウン」と呼ばれています。

東京スカイツリーは高さ634mと、電波塔として世界一。3層に分かれた天望デッキから見る東京の見晴らしは絶景です。晴れていれば富士山を見ることもできます。天望デッキにはレストランやオフィシャルショップがあり、食事や買物を楽しめます。

スカイツリーラウンドシアターでは、窓ガラスを巨大スクリーンに見立て、映像を上映するなどイベントも豊富。最上階の天望回廊は、まるで空を散歩しているような気分が味わえます。

スカイツリーの真下には「すみだ水族館」があり、クラゲやペンギンで心癒されます。夜になるとライトアップされ、幻想的な世界が広がるのも魅力。しかも、館内のカフェではお酒も販売中。水族館で水槽を眺めながら、ゆっくりとお酒が楽しめます。

さらにコニカミノルタがプロデュースするプラネタリウム「天空」も見逃せません。三日月シートに寝転びながら、ゆったりと星空を眺めることができます。

東京スカイツリーの限定品や公式キャラクターのグッズなどを購入するなら、東京ソラマチがおすすめ。海外からの観光客がお土産を買うのにピッタリのショップです。

3.日本旅行でおすすめの観光地・プラン「グルメと温泉を楽しむ九州観光」

東京や京都とは一味違った魅力が満載の九州。特にグルメと温泉を楽しむために九州を訪れる海外の観光客は多いのです。

九州で観光を案内するなら、以下にご紹介するスポットがおすすめ。

  • 太宰府天満宮
  • 福岡市内
  • 湯布院温泉

3-1.太宰府天満宮

「天神様」でお馴染み、「学問の神様」として名高い菅原道真公を祀っている題材普天満宮。学業成就や合格祈願のために多くの受験生が毎年訪れています。他にも厄除けの神様としても有名で、国内外からたくさんの参拝客が訪れます。

参道には数多くの土産屋などが軒を連ねており、お土産を買うのにピッタリ。太宰府天満宮では定期的にイベントが催されている点も押さえておきましょう。

参道を進んでいくと、御神牛が祀られているのを目にするはず。牛の体に触ると怪我や病気が治るとして、御神牛には多くの人が列を作っています。

先に進むと心字池があり、記念撮影をする人がたくさんいます。右手には菖蒲池があり、季節によっては色とりどりの菖蒲が咲き誇っています。

御本殿の左右には、「飛梅」と「皇后の梅」が植えられています。1月~3月の梅の花が咲く時期に訪れたらぜひとも見てみましょう。

御本殿を楼門進むと朱色のひょうたんが数多くかけられている「厄晴れひょうたん掛所」にたどり着きます。「梅の木の下でひょうたん酒を飲むと厄除けになる」という言い伝えがどおり、願い事を厄晴ひょうたんにおさめ、願いが叶うとひょうたんを掛けていくためどんどん増えていたのだそうです。

3-2.福岡市内

福岡・博多といえばラーメンや鍋など美味しいものがたくさん。福岡タワーやシーサイドももち海浜公園、福岡ヤフオクドーム、キャナルシティ博多などオススメの観光スポットも豊富です。

福岡市内を一望できる福岡タワーは、観光名所として海外の人にも大人気です。訪日観光客はチケット代が2割引とお得。

シーサイドももち海浜公園はマリンスポーツショップなどがあり、ビーチスポーツを楽しめるビーチ。近場には福岡ヤフオクドームや福岡市の博物館や図書館など、観光目的以外の人達も多く利用しています。

ヤフオクドームでは、野球の試合はもちろん、コンサートなども開催されています。海外の観光客を案内してたときに、どんなイベントが開催されているかをチェックしておきましょう。

3-3.湯布院温泉

九州にある温泉といえば「湯布院温泉」が全国的に有名。徒歩で散策するなら湯の坪街道から金鱗湖までが定番のルート。様々なショップをのぞきながら湯布院を巡ることができます。他の場所も巡るなら、自転車や車など移動手段の確保が必要になります。

湯布院を代表する観光スポットといえば、金鱗湖があげられます。明治初期の儒学者が、湖で泳ぐ坂のの鱗が夕日で金色に見えたことから金鱗湖と名付けたそうです。

名前の通り、穏やかな湖面に周囲の景色が映り込み、幻想的な雰囲気を醸し出しています。気温の低い朝方に、霧が立ち込めた金鱗湖はとても美しく、一見の価値ありです。

そして、由布院温泉は別府についで源泉数が全国2位という温泉地。有名な旅館やホテル、料理の美味しい宿も多数あります。たいていの宿には露天風呂があるので、ゆっくりと旅の疲れを癒やすのもいいでしょう。プライベートを大事にしたい人のために、貸し切りのお風呂なども用意されているので、自分の好みに合わせた宿を選ぶことをおすすめします。

まとめ 違う地方の人や外国人の日本旅行には有名観光地を含めた旅行プランを提案するのがおすすめ

日本に旅行に来た外国人を案内するなら、今回ご紹介した観光スポットがおすすめです。

  • 京都なら伏見稲荷大社、清水寺、地主神社
  • 東京なら浅草寺、竹下通り、東京スカイツリー
  • 九州なら太宰府天満宮、福岡市内、湯布院温泉

せっかく日本に来てくれたのだからと、珍しいところに連れていきたいところですが、有名なところを巡りたいと考えている人が多いものです。

違う地方の人や外国人の日本旅行には、まず有名な観光地を含めた旅行プランを提案してあげましょう。海外の人にも知られている場所を案内してあげれば、きっと喜んでもらえるはずです。

関連記事

  1. 【目的別】失敗しない出会い系サイト・アプリの選び方

  2. 漢字一文字の名前をつけたい!人気の漢字60選

  3. ヨガパンツの種類とおすすめの選び方

  4. 日本語・英語のバレンタインメッセージ文例

  5. 「どうして抱きついてきたの?」抱きつく心理とリアクション方法を解説!

  6. ダイエットに効果的!おすすめの運動方法

  7. 年末年始の国内旅行!おすすめ穴場スポット

  8. 旅行におすすめ!関東近郊人気観光スポット