授かり婚!結婚・出産の準備や流れとは?

妊娠が判明した「授かり婚」カップルの場合、往々にして結婚・出産の準備をどのように進めたらよいか迷ってしまうもの。こちらの記事では、何かと不安を覚えやすい授かり婚カップルのために、結婚の報告や、結婚式、出産までの道のりを詳しくご紹介します。

1.授かり婚の報告のタイミング・注意点

授かり婚で気になるのが周囲の人間へどう報告するのかと、タイミングでしょう。

  • 両親への報告
  • 職場への報告
  • 友人・知人への報告

について解説します。

1-1.両親への報告

まずは自分の両親へ授かり婚をすることになったことを、自身の口から伝えましょう。授かり婚とできちゃった婚は、よく似た印象を持たれがちですが、厳密にいうと異なります。できちゃった婚は、子供を作るつもりがないのにできてしまうパターン。

授かり婚は、結婚前に子供ができることを二人とも合意している形式。つまりできちゃった婚よりも、授かり婚の方がプラスの印象を与えやすいのです。とはいえ親の世代からすると、「妊娠は入籍、結婚を済ませてからじゃないの?」という価値観が一般的。

授かり婚報告を行った際に、叱られたり感情的な反応を返ってくる可能性は低くないと思っておきましょう。それでも新たな命を授かったこと自体は、とてもおめでたいこと。誠意を持って伝えれば、理解してくれるはずです。

お互い自分の親に授かり婚の報告を済ませたあとは、女性側の親に二人で足を運びことの敬意を説明しましょう。情報ゼロの状態で、いきなり授かり婚報告をされるのと、自分の息子や娘から聞いたあとに、告げられるのとでは反応が大きく変わります。すでに事実を知っており、聞かされたときは混乱したとしても、時間が経過するにつれて脳内が整理されていきます。

男性側に対して男親が厳しい一言を言い放つこともありますが、しっかりと覚悟を持っていることが伝われば、あとは心配いりません。義父や義母になる人への結婚報告は、ただでさえ緊張するもの。ましてや授かり婚ともなれば、尋常じゃないプレッシャーを感じる人もいるでしょう。「どんな言葉が返ってきても、きっちりとこちらの意志を誠実に伝える」という覚悟があれば、問題ありません。最後にものを言うのはマインド。精神状態をしっかりと整えて臨みましょう。

1-2.職場への報告

通常、入籍や結婚は3ヵ月前に報告するのが職場における暗黙のルール。しかし授かり婚は急に決まるため、そのルールに反してしまいます。まずは直属の上司に「実は結婚する運びとなり……」と説明をしてください。

上司から「全員に報告する場を設けるから、みんなへの報告は少し待って」と言われた場合、その意見に従いましょう。もし上司から「自分で報告してもらっていいから」と許可が出たら、直接同僚たちにも話しましょう。女性によっては、つわりに苦しめられ、これまでのように仕事をできなくなるケースがあります。頻繁にトイレへ駆け込むようになると、心配されますので、早い段階で授かり婚の報告をするといいでしょう。きちんと理解してもらうことにより、周囲のフォローを得られます。

1-3.友人・知人への報告

友人や知人への報告は、親しさの度合いによって変わります。ごくごく親しい人や、親友と呼べるような関係性の人に対しては、早めに報告して問題ありません。ただし、そこから話が広がらないように「もう少し黙っておいてほしい」と念押しするのを忘れずに。妊娠初期は万が一のことを考えると何が起こるかわかりません。

安定期に入った中期の段階で友人や知人にお知らせするのがいいでしょう。たくさんの人に知らせるため、「知らせ漏れ」が起きないかチェックリストを作るのも有効な手段。「自分は聞いてないんだけど?」と、仲間外れにされたように感じる人が出ないよう注意してくださいね。

2.授かり婚の入籍のタイミング・注意点

妊娠していなければ、入籍の日付はある程度思うようにできるもの。しかし授かり婚の場合は、妊婦さんの体調を赤ちゃんのことを考え、記念日や誕生日などの日付にこだわらなくてもいいかもしれません。優先すべきは、やはり妻と子供というわけですね。出産後は、認知届や児童手当、保険証の交付手続きなどでかなりバタバタします。入籍は出産後よりも出産前にしておいた方があらゆる面でスムーズです。

3.授かり婚の引っ越しのタイミング・注意点

引っ越しのタイミングで考慮すべきは、当然妊婦さんの体調。できることなら妊娠初期か妊娠中期に済ませておきたいものですね。妊娠初期でも、つわりがひどい場合は、時期を先延ばしした方がいいでしょう。

妊婦さんの負担は、男性からするとはかりしれないもの。だからこそ、機微にに動いたり優しい声掛けをするなどの気遣いが求められます。女性と比べて男性は総体的に、気があまりつかない生き物。もしどう動いていいか分からない時は、奥さんに直接「どうしてほしいか言ってもらっていい?」と確認しましょう。

コミュニケーションをこまめにとることが大切となります。重たい物などは、当然男性が持ったり運んだりして、できるだけ妻側の負担を減らせるよう努めましょう。

4.授かり婚の挙式準備と流れ

挙式前にやることは、式場見学を済ませブライダルフェアに参加し、式場と日取りを決めましょう。身内だけでやるのか、それともたくさんの人を招いて盛大な式にするのかも早い段階で決定させましょう。

招待客のリストアップが済んだあとは、電話、メール、LINEなどで出席を確認。招待状を作り発送してくださいね。次に新婦さんが挙式当日に着るドレス選び、引き出物、プチギフトの決定と注文、料理やウェディングケーキ、式の演出を決めましょう。ゲストの人数が決まったら、座札や席次表の発注、式場の最終見積りという流れになります。妊婦さんはマタニティエステで美しさに磨きをかけておきましょう。

4-1.結婚式を行う時期

授かり婚をする人が、結婚式を行う時期には2パターンあります。ひとつめはマタニティ婚といって、妊娠中に挙式をするやり方。もう一つは出産後に結婚式を行う方法。各々のメリット・デメリットについて解説していきましょう。

マタニティ婚のメリット・デメリット

マタニティ婚のメリットは、夫婦の絆が深まりやすいというのがまず挙げられます。二人だけでなく、すでに三人目の家族が妻のお腹の中にいるわけですから、「三人で幸せになるぞ!」という決意が固まりやすいのでしょう。

挙式自体おめでたいものですが、出産というダブルのおめでたになるわけですから、出席した人たちもお祝いしやすいのは間違いありません。結婚式の際に撮った写真は、子供が育ったあとに「あなたがお腹の中にいた頃、パパとママは結婚式をしたの」と語れるはず。先々の楽しみとして、マタニティ婚のフォトは重宝されるのです。

デメリットは、妻側に負担がかかりやすい点。初産となると、未経験のことが次から次へと襲い掛かります。ストレスに晒されへとへとになっている時に、挙式をするというのはかなりの負担になるでしょう。妊娠初期はつわりに悩まされる妊婦さんも少なくありません。マタニティ婚をするのなら、安定期に入る妊娠中期がベスト。

臨月が近づいてくると、結婚式を挙げるのは必然的に難しくなります。マタニティ婚は、お腹の中にいる赤ちゃんの成長具合や、妊婦さんの体調によってかなり左右されるため、時期の見定めが困難といえます。またお腹が膨らんでくると、着られるウェディングドレスの幅が狭くなるというのもデメリットになります。

出産後に結婚式を行うメリット・デメリット

もし挙式が難しいと判断したら、出産後に結婚式をするという選択肢もあります。産後の挙式は赤ちゃんが1歳前後の時に行われるケースが多い模様。妊婦さんは上記の項目でも触れたとおり、着られるドレスが限定されます。

しかし産後に元の体型に戻すことができれば、様々なウェディングドレスが選び放題。女性にとって結婚式は、一生で最も輝ける場の一つ。やはり好きなドレスを選べるのは大きなメリットといえますね。産後の結婚式は、子供と一緒に三人で挙げられます。小さくてキュートな子どもを間に挟んだパパとママの写真は、幸せそのもの。一生の宝物となるでしょう。

マタニティ婚と比べた場合、女性側に精神的な余裕が生まれやすいのは産後の結婚式。妊娠中は無事に全てが運べるのか、不安になる人も少なくありません。元気な赤ちゃんが生まれてスクスク育てば、杞憂に過ぎなかったと理解でき、余計な不安を心配を取り除けるでしょう。

一方、デメリットは、赤ちゃんを連れて出歩くため、挙式の打ち合わせが大変なこと。隣で泣かれると、あやさなければなりませんし、プランナーと何の打ち合わせをしていたか分からなくなるケースも。おとなしい赤ちゃんなら問題ありませんが、子供の感情ばかりはコントロールが不可能です。また乳児は急な発熱も多く、体調を壊すリスクを常に抱えています。

記念すべき結婚式の日に、赤ちゃんが体調不良で来られなくなったなんて、こんな悲しいことはないですね。ママ側の大変な点は、出産によって崩れた体型をもとに戻すこと。やはり美しい姿でウェディングフォトに収まりたいのが乙女心。育児をしながらダイエットもするとなると、大きな負担となります。運動などが習慣化しており、筋肉量が多い人はシェイプアップするのはそこまで大変ではないかもしれません。しかし年齢を重ねて基礎代謝量が減ってくると、「ダイエットが簡単ではない」と感じる女性も多いでしょう。

4-2.妊娠中のドレスの選び方

マタニティ婚をする人にとって、ドレス選びは時期ごとに分けられます。

  • 妊娠初期
  • 妊娠中期
  • 妊娠後期

の3種類について説明します。

まず4か月目までの妊娠初期ですが、「マーメイドライン」「Aライン」「プリンセスライン」と呼ばれるものがおすすめ。つわりに苦しむことも多い妊娠初期は、締め付けが緩く着心地が良いものを基準に選ぶといいでしょう。妊婦さんはどうしてもウエストラインを作りづらいものですが、コサージュやリボンなど大きなモチーフを上手に利用することによって、さりげなく腹部を隠すことができます。

妊娠中期は「Aライン」「プリンセスライン」「エンパイアライン」「ソフトマーメイド」が推奨されます。妊娠中期は、産後の授乳に向けて胸が大きくなってくる時期。普段よりもバストサイズが1cmから2cmほどアップすることを想定しておきましょう。腹部周辺もかなり丸みを帯びる時期です。その分、ドレスの丈が上がるため、通常よりも長めの丈のものを選ぶことによって、座った姿勢の際、ナチュラルに映ります。

妊娠後期となると、体型からドレスの選択肢がかなり絞られ「Aライン」と「エンパイアライン」の二択となります。エンパイアラインのドレスは、胸元下部に切り替えがついています。切り替え部分からスカートが広がっているため、お腹のあたりにゆとりが生まれます。

前記したとおき、マタニティ婚をしたいのなら、やはり最も安全な妊娠中期がおすすめ。つわりがひどくないのであれば、妊娠初期でも問題はありません。妊娠後期は「どうしても出産前に挙式をしたい!」という、強い意志がある人のみに推奨できますが、様々な要素を考慮した場合、やはり妊娠中期を選んだ方が安全です。

5.授かり婚の出産準備の進め方

授かり婚は逆算して動くことが大切です。出産間際に何かやるべきことが残っていると、妊婦さんに負担がどうしてもかかります。出産時期がある程度、分かったら妻が出産のみに集中できる環境づくりを夫がしてあげてくださいね。その際に、親の力を借りることも出てくるでしょう。チームワークと連携があれば乗り越えられます。みんなで一致団結すれば、さらに絆を深められます。

6.授かり婚における結婚・出産にともなう費用

挙式にかかる費用は300万円前後が相場。祝儀を3万円に設定しておけば、200万円は返ってくるといわれています。最近では親族のみを招く小規模結婚式が増えており、こちらの形式の場合は30万円あれば十分行えるでしょう。妊娠期間に必要となる費用は10万円。分娩には30万円ほどが必要なため、合計で40万円ほどの換算となります。

まとめ 授かり婚は報告や結婚式のタイミングが重要

最後におさらいをすると

授かり婚の挙式準備をする際

  • 結婚式を行う時期
  • 妊娠中のドレス選び

は早めに決めておく。

妊婦のドレス選びは

  • 妊娠初期……マーメイドライン、Aライン、プリンセスライン
  • 妊娠中期……Aライン、プリンセスライン、エンパイアライン、ソフトマーメイド
  • 妊娠後期……Aライン、エンパイアライン

と妊娠中の時期によって異なります。

授かった命が誕生した際、みんなから祝福してもらえるように、進め方は「慎重かつスピーディーに」を意識しましょう。また男性側が女性側を常に気遣いフォローするスタンスも大切。不安を覚えることも多い妊婦さんを、誠心誠意フォローしてあげてくださいね。

関連記事

  1. 年末年始の国内旅行!おすすめ穴場スポット

  2. ヨガレギンスの選び方とおすすめブランド

  3. 夢占いでキスされる・するはどういう意味?相手や場所別に解説!

  4. 【2018年版】絶対に恋したくなる!ハッピーエンドの恋愛映画を5選!

  5. 梅田の出会いスポット11選【恋活・婚活にもおすすめ】

  6. 女子旅行におすすめ!関東人気観光スポット

  7. 片思いの女子必見!告白を成功させて両思いになるための極意を伝授

  8. ニコイチの意味や使い方について知りたい