温泉旅行の参考に!全国エリア別人気温泉宿

国内旅行と言えば温泉めぐり、日本と言えば各地に温泉がある事が特徴の1つであると言えます。
今回はそんな温泉旅行の際に利用できる温泉宿をご紹介していきます。

1.温泉旅行で人気がある温泉宿・ホテル・旅館の条件

温泉を利用するのであれば、大抵の場合はその温泉がある宿やあるいは温泉の周辺にあるホテル・旅館を利用することになるでしょう。
日帰りなら宿を利用する必要も無いものの、日本という国は国土の割には山が多く縦に長い形をしているためどうしても移動に時間や手間がかかるため、必然的に日帰りで行ける範囲には限りがあります。

温泉旅行を最大限楽しむのであれば、宿泊施設も良いに越したことはありません。
それこそ温泉がどれだけ素晴らしくても、ボロボロで隙間風の酷い宿であれば温泉を堪能した余韻が台無しになりますし、出されたご飯が不味かったり見た目が悪かったりするとしょんぼりとした気分になってしまいます。

まずは人気がある、あるいは人気が出る宿泊施設の条件について解説していきましょう。

1.客室が良い

第一に客室が良いという条件。

これに関しては大前提であると言えるでしょう、埃っぽい部屋は論外ですし、多少古いのもそれはそれで味がありますが、古くて扉がガタガタ、床も軋んでうるさいとなると話は別。

いかに室内を綺麗にしているか、布団などを丁寧に畳んであるか、立地にもよりますが部屋から見ることができる風景が綺麗かどうかなど、客室が良いと判別するための条件はいくつもあります。

1日2日程度の宿泊期間でも、その部屋で寝泊まりして過ごす以上は部屋の状態は気になるもの。
そして客室の手入れというものはその宿泊施設のレベルが最も出やすい場所であるとされています。

客室の状態が劣悪という事は従業員にろくな教育を施していないか、きちんとチェックするような体制が存在しないという事であり、その逆であればきちんと教育を施し、かつおもてなしの心をちゃんと理解している事を表しています。

2.食事内容が良い

旅行の楽しみの1つと言えば食事。
現地の名物を食べるのは旅行ならでは、旅館やホテルともなれば美味しい料理が出てくる期待も高くなります。

食事内容が良い、というのは単純な美味しさの他にも、量や盛り付け方、食事の出し方など料理に関する様々な部分が対象となります。
例えば時折問題となるのが、「料理の流用」という問題

食事を残す方というのは結構居ますが、残った食事というものは基本的に廃棄する事になります。
当然他人がすでに手を付けたものである以上、衛生的にも問題がありますし、心情的にもあまり良いものでは無いでしょう。

ただ、そういった人が残した料理をそのまま他の人に出す、というような事をした料亭が問題になった事もあります。
勿論そのような非常識的な事をする所はそうそう無いものの、そういった料理に対する姿勢、というのも宿泊施設の評価に関わってきます。

3.適正な価格

次に価格。

モノの値段というものは、そのモノに対する価値を表すための指標となるものであり、できる限り適正な価格であることが望ましいもの。
高いものには価格が高くなるだけの理由があり、安いものには安くなるだけの理由があるもの。

例えば高い宿泊施設であれば、部屋が広い、綺麗、料理が豪華、様々なサービスが利用可能といった高くなる理由が存在します。
逆に安いのであれば、小部屋では無く大部屋だったり、部屋が小さかったり古く安っぽい感じであったり、食事もあまり豪華とは言えない、あるいはセルフサービスであったりといったコスト削減による安さの理由が存在するのです。

そしてどちらが良いというものではなく、高ければ当然質も良くはなりますが、それだけ一度の出費が増えるためお金に余裕がある人でも無ければできる事が限られてしまいます。
安ければそれだけ他の観光などにもお金が使えますし、旅行自体の費用も抑えられるため、気軽に旅行を楽しむことができるでしょう。

大事なのは適正な価格、質が低いのに高い宿泊施設は論外というのは誰もが納得する悪徳なものであると言えるでしょう。

4.露天風呂がある

所謂「温泉旅館」ともなると、旅館の内部やあるいはすぐ近くに温泉があったりします。
そこから湯を引っ張って個室にそれぞれ個室風呂や個室露天風呂などが備わっていたりもするため、旅館内で温泉を楽しむことができます。

お風呂の中でも露天風呂は開放的な空間でお湯に疲れるという魅力があり、更に立地によっては素晴らしい景色を堪能する事もできるでしょう。
露天風呂、並びに個室温泉の有無も十分に評価に値する要素であると言えます。

5.観光が楽しめる

旅行の醍醐味と言えば観光。
特に温泉のある場所は温泉街として発展している事も多く、そういった場所は観光地として名所が多く存在しています。

そういった観光地に近く、移動が苦にならないような立地の宿泊施設は評価が高い傾向にあります。
立地というものはどれだけ移動手段が便利になっても重要視される要素であるため、「立地が良い」というだけで宿泊費用が高くなる事もあります。
また、適正価格だとしても当然他の人もこぞって利用しようとするため、競争率が高くなってしまうでしょう。

2.温泉旅行者に人気!ランキング上位の全国エリア別おすすめ温泉宿・ホテル・旅館一覧

今回ご紹介するおすすめ温泉宿はエリア別に分かれていて、それぞれ

  • 「北海道・東北」
  • 「関東」
  • 「北陸・中部」
  • 「近畿」
  • 「中国・四国」
  • 「九州・沖縄」

といったように紹介していきます。

今回ご紹介した温泉宿以外にもおすすめできるような素敵な温泉宿はいくつもあります
実際に行きたい場所の宿が紹介されていなかった、という場合も目的地付近の宿を調べ、上記で解説した人気のある宿の条件に当てはまるかどうかを考えてみるのも良いでしょう。

1.北海道・東北エリア

最初にご紹介するのは北海道、東北エリアになります。

北海道の温泉と言えば

  • 登別温泉
  • 洞爺湖温泉
  • 阿寒湖温泉

などが有名でしょう。
名前だけは聞いたことがあるという方も多いでしょうが、有名なだけあってどれも景色が素晴らしかったり、温泉街が存在していたりと温泉旅行にはぴったりです。

東北地方であれば、

  • 青森県の酸ヶ湯(すかゆ)温泉
  • 岩手県の網張温泉
  • 秋田県の玉川温泉
  • 宮城県の秋保(あきう)温泉
  • 山形県の銀山温泉
  • 福島県の東山温泉

などが有名です。

他にも様々な温泉地が存在しますが、キリが無いため今回はそれぞれ各県の代表的な温泉地付近にある温泉宿を1つご紹介していきましょう。

まずは北海道、阿寒湖温泉付近にある「あかん遊久の里鶴雅(あかんゆくのさとつるが)」がおすすめになります。

阿寒湖と雄阿寒岳を一望する事のできるお部屋、北海道の幸を堪能できる料理、阿寒湖に接している露天風呂などなど、上記で解説した条件の数多くが該当したおすすめの宿です。
料金プランは13200円からになります。

次に青森県、酸ヶ湯温泉付近にある「酸ヶ湯温泉旅館」がおすすめです。

こちらは古く趣のある温泉宿であり、古いが故の不便さなどが欠点にはなりますが、食事の質は良く温泉も質が良くかつ混浴(女性限定時間もあり)のため、客室部分以外での評価が高い宿であると言えます。
料金プランは8250円からになります。

続いて岩手県、網張温泉付近にある「南網張ありね温泉」がおすすめです。

落葉樹林に囲まれた高原にあり、澄んだ空気や豊かな自然風景が堪能できる宿で、北欧家具による内装が似合う清潔感がある明るめな雰囲気のおしゃれな宿となっています。
温泉の評価も高いものの、食事に関しての評価がやや低め、といった宿となります。
料金プランは7300円からになります。

お次は秋田県、玉川温泉付近にある「新玉川温泉」がおすすめです。

源泉100%の強酸性温泉、箱蒸し浴といった温泉部分の評価が高い宿です。
食事はバイキング形式で種類も豊富、ただ特色があるというわけではなく、ありきたりな食事内容という方も居ます。
料金プランは9450円からになります。

続けて宮城県、秋保温泉付近にある「仙台 秋保温泉 岩沼屋」がおすすめです。

お部屋、温泉、食事と宿としての質に関しては評価の声が多く、コンセントがやや少ない、部屋でWi-Fiが使えない(導入検討中)といった細かな不満の声は見られるものの、総合的な評価が高い宿であると言えます。
料金プランは9900円からになります。

次に山形県、銀山温泉付近にある「美味求真の宿 天童ホテル」がおすすめです。

大浴場と露天風呂があり、大浴場から眺める滝が印象的なホテルで、特に価格相応、あるいはちょっと良いというような価格に対しての質の良さが評価点として挙げられます。
また子供向けサービスの評価も高いため、子供連れで旅行する際に特に楽しめることでしょう。
料金プランは7550円からになります。

最後に福島県、東山温泉付近にある「くつろぎ宿 新滝」がおすすめです。

源泉かけ流しのお風呂が特徴の宿で、外観は古いものの内装は新しく作り直されているため、中は綺麗なお部屋となっています。
朝食はビュッフェスタイルで評価も高いのですが、夕食に関しては野菜の割合が大きく、賛否があります。
料金プランは5800円からになります。

2.関東エリア

続いて関東エリアのご紹介です。

関東も有名な温泉地が非常に多く、

  • 群馬なら草津温泉
  • 栃木なら那須温泉や鬼怒川温泉
  • 千葉なら鴨川温泉
  • 神奈川なら箱根二十湯

と言われるほど歴史ある温泉地があるなど、温泉めぐりも楽しめるエリアです。

まずは群馬県、草津温泉付近にある「草津温泉 ホテル櫻井」がおすすめです。

老舗なだけあってサービスの質が高く、料理も評価が高いと、宿泊施設としてとても高い評価を集めています。
ただ、老舗という事は建物自体も古く、多少の機器であれば調達して設置する事ができるものの、改築改装が必要な設備となるとそうはいかず、最近できたばかりのホテルなどと比べると設備面でやや劣ります。
料金プランは8800円からになります。

次は栃木県、那須温泉付近にある「那須高原 ホテルビューパレス」がおすすめです。

露天風呂を備え、部屋も食事も高評価なホテルです。
古い建物のため所々古臭さも感じられますが、お部屋はきちんと清潔感があるように整えられているため、趣在る雰囲気を楽しめるでしょう。
料金プランは3500円からになります。

続いて千葉県、鴨川温泉付近にある「房総鴨川温泉是空」がおすすめです。

食事の評価が良く、ロビーからの眺めは海を一望できる他、静かな場所にあるため落ち着いた滞在が期待できる宿泊施設です。
料金プランは10820円からになります。

最後は神奈川県、箱根町湯本付近にある「箱根湯本温泉 喜仙荘」がおすすめです。

最寄り駅から徒歩8分、箱根にある宿の中でもアクセスが良い方であるため、観光目的の旅行にぴったりな宿です。
露天風呂や料理の評価は高いものの、建物がやや古いためか、部屋によっては隣部屋の音が聞こえてしまうという事もあるため、利用の際は注意しましょう。
料金プランは9900円からになります。

3.北陸・中部エリア

お次は北陸及び中部エリアになります。

北陸の温泉地と言えば

  • 石川県の加賀温泉郷
  • 福井県の芦原温泉
  • 富山県の宇奈月温泉

が有名でしょう。

中部地方で言えば、

  • 岐阜県の下呂温泉
  • 三重県の湯の山温泉
  • 愛知県の西浦温泉
  • 静岡の舘山寺温泉

などが有名です。

まずは石川県、加賀温泉郷付近にある「瑠璃光」がおすすめです。

大浴場と露天風呂があり、食事も評価が高く総合的な評価が高い宿と言えます。
二十四時間いつでもお風呂に入れるため、好きな時間に入りたいという方におすすめでしょう。
料金プランは5500円からになります。

続いて福井県、芦原温泉付近にある「あわら温泉 まつや千千」がおすすめです。

蟹やお造りなどの海産物がメインとして出てくるため、お魚が好きな人には食事が楽しめる宿と言えるでしょう。
露天風呂もあるため、温泉を堪能することも可能です。
料金プランは7700円からになります。

次は富山県、宇奈月温泉付近にある「黒部・宇奈月温泉 やまのは」がおすすめです。

食事はバイキング形式で、2019年3月頃に客室のリニューアルが行われているため、お部屋も新築同然に綺麗なのが特徴です。
また、スタッフに海外出身の人が多く、やや日本語にたどたどしさがあるものの、元気のある接客が評価されています。
料金プランは6600円からになります。

次に中部地方の岐阜県、下呂温泉付近にある「ホテルくさかべアルメリア」がおすすめです。

部屋にもよりますが温泉街を一望できるような立地にあり、海や自然を一望できるタイプの景色とはまた異なった景色を楽しむことができます。
露天風呂もあり、食事や接客対応など総合的に高い評価の宿です。
料金プランは6400円からになります。

続いて三重県、湯の山温泉付近にある「湯の山温泉 旅館ことぶき亭」がおすすめです。

松阪牛や伊勢海老といった豪華食材を用いた料理、湯の山温泉で唯一6つもの貸切温泉を有するといったポイントが特徴の宿になります。
料金プランは9500円からになります。

次は愛知県、西浦温泉付近にある「ホテルたつき(龍城)」がおすすめです。

個室露天風呂があり、料理も評価が高め、眺めも良いなどの良いところがある宿ではありますが、少々古い建物であるため、部屋の作りが古く設備面でやや劣る点があります。
料金プランは7350円からになります。

最後は静岡県、舘山寺温泉付近にある「山水館欣龍」がおすすめです。

古めな建物のため設備面で最新のホテルなどには劣るものの、遊覧船乗り場から近いため部屋からの眺めが良く、また食事は河豚やうなぎなどを使った繊細な料理が特に評価が高く、それこそ食事だけでも来た価値があったと言われるほど。
料金プランは11000円からになります。

4.近畿エリア

近畿、関西エリアには日本三大古湯と呼ばれるものの1つ、和歌山県の南紀白浜温泉を始めとして兵庫県の有馬温泉、京都府の天橋立温泉、滋賀県の長浜太閤温泉、奈良県の洞川温泉などがあります。

まずは和歌山県、南紀白浜温泉付近にある「湯快リゾート 南紀白浜温泉 白浜御苑」がおすすめです。

建物の内外共に綺麗な宿であり、明るく設備も揃っており、また食事に関しても評価が良いと全体的に評価の高い宿泊施設です。
料金プランは11550円からになります。

続いて兵庫県、有馬温泉付近にある「有馬温泉 月光園 游月山荘」がおすすめです。

なんと言っても姉妹館の温泉も利用できるため、この宿に宿泊するだけで3つの温泉をめぐることができます
建物自体は年代を感じさせるものの手入れが行き届いているため、古さが良い雰囲気を演出している趣在る質感となっています。
料金プランは15000円からになります。

次は京都府、天橋立温泉付近にある「文珠荘松露亭」がおすすめです。

天橋立のすぐ近くにあるという好立地に、評価の高い京料理、部屋からはきちんと手入れされた庭が広がり、阿蘇海が一望できる眺めと、高めな価格に相応しい高品質な宿です。
料金プランは33000円からになります。
次に滋賀県、長浜太閤温泉付近にある「ホテル&リゾーツ 長浜」がおすすめです。
なんと言っても部屋からの見晴らしが良く、琵琶湖とマリーナが一望可能です。
露天風呂もあり、プールも貸し切りとなります。
料金プランは4000円からになります。

続きまして奈良県、洞川温泉付近にある「宿 花屋徳兵衛」がおすすめです。

客室には個室風呂があり、食事も牡丹鍋を楽しむことができます。
建物自体も綺麗で清掃が行き届いており、接客などを含めた総合的な評価が高い宿となっています。
料金プランは9200円からになります。

5.中国・四国エリア

お次は中国、及び四国エリア。

  • 愛媛県の道後温泉
  • 鳥取県の皆生温泉
  • 香川県のこんぴら温泉郷
  • 山口県の萩温泉郷
  • 島根県の玉造温泉
  • 岡山県の湯原温泉
  • 高知県のあしずり温泉郷
  • 広島県の宮浜温泉
  • 徳島県の大歩危温泉

などがあります。

愛媛県、道後温泉付近にある「道後温泉 ふなや」がおすすめです。

洋室と和室が両方あるタイプの宿泊施設で、皇族の方々が宿泊したという実績のある宿です。
接客対応などの評価が高く、老舗としての実績もある全体的に質の高い宿泊施設であると言えるでしょう。
料金プランは12540円からになります。

次は鳥取県、皆生温泉付近にある「皆生游月」がおすすめです。

日本海を一望できる露天風呂はまさに圧巻の一言、見晴らしと引き換えに風が強い日などの影響をもろに受けてしまうという欠点はありますが、他には無い景色は魅力的でしょう。
料金プランは11550円からになります。

続いて香川県、こんぴら温泉郷付近にある「湯元こんぴら温泉華の湯 紅梅亭」がおすすめです。

広い展望風呂がついた部屋があり、また駅からも近いという立地の良さも高評価です。
和室・洋室両方あり、食事も評価が高く、全体的に高評価な宿といえるでしょう。
料金プランは9570円からになります。

お次は山口県、萩温泉郷付近にある「萩グランドホテル天空」がおすすめです。

食事の評価があまりよろしくないものの、部屋や接客に関しては評価が良く、言ってしまえば価格相応、という評価の宿となります。
料金プランは5500円からになります。

次は島根県、玉造温泉付近にある「玉造温泉 湯之助の宿 長楽園」がおすすめです。

松葉ガニなどが出てくる料理は評価が高く、昔ながらの温泉街の雰囲気を残す宿であるため、新しく綺麗な宿とはまた違った雰囲気を楽しむことができるでしょう。
料金プランは8250円からになります。

続いて岡山県、湯原温泉付近にある「湯原温泉 森のホテルロシュフォール」がおすすめです。

特徴はペットを連れて行く事のできる専用棟のコテージ、ペットの居る人は旅行をするのも一苦労、日帰りなら兎も角泊りがけとなるとペットの面倒を見てくれる人が居なければおちおち安心して旅行もできません。
しかし、それならば一緒に泊まってしまえば良いという逆転の発想が可能なこの宿泊施設は、ペットと共に旅行してみたいという人におすすめです。
料金プランは3740円からになります。

次は高知県、あしずり温泉郷付近にある「足摺国際ホテル」がおすすめです。

太平洋を一望できるオーシャンビューの露天風呂、露天風呂だけでなく海側の客室も太平洋を一望する事ができます。
晴天時に限りますが、無料でスターウォッチングの案内サービスも受けられます。
料金プランは9000円からになります。

続きまして広島県、宮浜温泉付近にある「庭園の宿 石亭」がおすすめです。

料理は海鮮系がメインで、海と山に囲まれた自然豊かで静かな雰囲気を楽しむことができます。
また庭園の宿というだけあって広がる庭も立派なもので、そういった眺めの部分に魅力を感じる方におすすめです。
料金プランは20900円からになります。

最後は徳島県、大歩危温泉付近にある「サンリバー大歩危」がおすすめです。

景色の良い露天風呂があり、また宿の食事では無いものの近くには蕎麦屋があり、他にもコンビニエンスストアなど立地面でも便利な場所にあるという点が評価されています。
料金プランは7389円からになります。

6.九州・沖縄エリア

最後に九州及び沖縄エリアのご紹介になります。

九州では

  • 大分県の別府温泉
  • 佐賀県の嬉野温泉
  • 熊本県の黒川温泉
  • 鹿児島県の指宿温泉
  • 福岡県の原鶴温泉
  • 長崎県の雲仙温泉
  • 宮崎県の青島温泉

などが有名です。

沖縄県であれば、

ジュラ紀温泉

がおすすめです。

まずは大分県、別府温泉付近にある「別府温泉 ホテル白菊」がおすすめです。

屋根のない露天風呂、細かな所までしっかりと手を入れているサービス、食事も評価が高く、総合的に見て高評価な宿であると言えるでしょう。
料金プランは11000円からになります。

次に佐賀県、嬉野温泉付近にある「大正屋」がおすすめです。

温泉豆腐が目玉で、全体的に上品な薄味の料理が出てくるため、健康を気にしている方におすすめです。
料金プランは12100円からになります。

続いて熊本県、黒川温泉付近にある「黒川温泉 旅館 奥の湯」がおすすめです。

豊富なお風呂の種類が特徴の宿で、自然の中にあるため川のせせらぎ、木々の枝葉が揺れる音など、自然が奏でる音の中ゆっくりと癒やされることができます。
料金プランは10450円からになります。

次は鹿児島県、指宿温泉付近にある「砂むし温泉 指宿白水館」がおすすめです。

豊富な品目の食事や広々とした館内が特徴の宿です。
広く綺麗なのは魅力でもありますが、人によっては移動に負担がかかるという場合もあるため、ゆっくりとくつろぎたい方におすすめです。
料金プランは11000円からになります。

続いては福岡県、原鶴温泉付近にある「原鶴温泉 パーレンス小野屋」がおすすめです。

綺麗な庭に露天風呂、お風呂は畳敷きのため安全で、料理もバランスが良いとコスパが良いという点が評価されている宿です。
料金プランは6050円からになります。

長崎県、雲仙温泉付近にある「雲仙温泉 民芸モダンの宿 雲仙福田屋」がおすすめです。

露天風呂つきの部屋もある風情のある宿で、比較的和食に偏りがちな温泉宿の食事で一風変わった料理が楽しめます。
料金プランは7590円からになります。

次は宮崎県、青島温泉付近にある「青島海幸温泉 青島グランドホテル」がおすすめです。

価格相応な設備に、温泉も美肌効果があると評判が良く、観光地である青島を巡る際にも便利な宿となります。
料金プランは3500円からになります。

最後に沖縄県のジュラ紀温泉が楽しめる「ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ」おすすめです。

この宿で使われている湯はその名前の通り、現在から約2億年も昔、ジュラ紀頃の地層から湧き出ている温泉で、その湯を源泉かけ流しで入浴することができます。
沖縄と言えば海、この宿では窓一面がオーシャンビューとなっております
料金プランは25300円からになります。

まとめ 温泉旅行は宿泊する温泉宿・ホテル・旅館が楽しみのひとつになる

以上、全国エリア別人気温泉宿についてご紹介していきました。

  • 日本には全国各地に温泉がある
  • 群馬県や大分県など、特に温泉地が沢山ある県もある
  • 温泉街には温泉街としての観光価値がある
  • 旅行の疲れを癒やしたり、観光拠点となる宿選びは重要。

温泉旅行をする上では以上の事を意識しながら、出てくる料理や部屋の内装、周囲の施設などを調べつつ楽しみながら宿を探してみると、旅行前にも楽しめる事でしょう。

関連記事

  1. 月を使う名前!男女別に人気の名前を紹介36選

  2. 吐く夢が暗示する夢占いの意味を診断!

  3. 仲間はずれの夢が暗示する夢占いの意味

  4. 不倫サイトやアプリの実状!既婚者でも使えるおすすめ6選

  5. 落ちる夢が暗示する夢占いの意味とは?

  6. 中・上級者におすすめしたい海外ひとり旅

  7. 気温13度の服装!男女別おすすめコーデ

  8. 蠍座が生まれ持つ性格と運勢を要チェック!