関東で人気のおすすめ3大温泉地を徹底紹介

日本の魅力の1つといえば全国に存在する温泉地の数々
今回は関東エリアで人気のある、所謂3大温泉地と呼ばれる温泉地について解説していきます。

1.関東で人気の温泉地!群馬県「草津温泉」

最初にご紹介するのは群馬県にある草津温泉です。
日本三名泉の1つとしても数えられ、湧き出す水量は日本一を誇ります
ちなみに他の日本三名泉は岐阜県の下呂温泉と兵庫県の有馬温泉です。

昔は草津の湯・草津湯と呼ばれていて、この「草津」という名前の由来は「臭水」つまり臭い水であるという説があります。
この臭い水というのが硫黄臭のする水、つまり温泉の事を指しています。

お湯が出てくる源泉は大源泉が6つあり、酸性度が高いという特徴があります。
酸性度が高いため抗菌作用があり、また源泉から湧き出る温泉は非常に高温(低くても50度前後、高いものになると90度前後)のため、基本的には温度を下げてから配湯されています。

1.温泉街のみどころ

源泉の中核を成す「湯畑」を中心として温泉街が広がっており、この湯畑自体も毎分4000リットルのお湯が湧き出ており、高温なため常に湯気が立ち込めていて、湯畑自体がその高温な湯を加水する事なく温度を下げるための施設として機能しているため、シンボルでありながら重要な設備でもある名所だと言えるでしょう。

同じく湯畑の名前を冠する場所に「白旗湯畑」という場所があります。
こちらは源頼朝が発見したという言い伝えが在る源泉で、草津温泉の中では唯一白濁した湯が出てくる場所です。
他の源泉から出る湯は全て無色透明のため、草津温泉巡りをする中で気分転換に入るには最適でしょう。

また、前述した非常に高温のお湯が湧き出る場所の1つ万代鉱(ばんだいこう)という所があり、ここは1970年と比較的近代に源泉として発見されていて、なんと摂氏90度という超高温なお湯が湧き出ています。

この高音なお湯は真水として一般家庭にも供給されていて、更には冬場に道路が凍ったりした際に融雪に用いられたりもしています。
ただ、過去に犠牲者が出る事故が起きてからは源泉地区が立入禁止となっているため、吹き上げる蒸気を眺めるという程度の観光になります。

2.日帰り旅行におすすめの温泉

続いて草津温泉で日帰りにおすすめな温泉をご紹介しましょう。
まずは「大滝乃湯」です。
こちらは5つの湯船があり、それぞれ異なる温度の湯を巡っていく「合わせ湯」を体験することができます。
他にも内湯、露天風呂、打たせ湯などなど、様々な温泉施設が揃っているのも魅力です。

次に御座之湯、こちらは石造りとヒノキの2種類の浴槽があり、また上記で解説した湯畑の源泉と、万代鉱の源泉という2種の湯を楽しむことができるという特徴があります。

最後に千代の湯、予約制ではあるものの無料で時間油を利用することができます。
草津の名所である湯畑のすぐ近くという事もあり、観光しながら寄ることができるという立地の良さも魅力でしょう。

3.宿泊におすすめの温泉宿・ホテル・旅館

草津温泉付近だと「草津温泉 ホテル櫻井」という宿泊施設がおすすめです。
老舗なだけあってサービスの質が高く、料理も評価が高いと、宿泊施設としてとても高い評価を集めています

ただ、老舗という事は建物自体も古く、多少の機器であれば調達して設置する事ができるものの、改築改装が必要な設備となるとそうはいかず、最近できたばかりのホテルなどと比べると設備面でやや劣ります。
料金プランは8800円からになります。

2.関東で人気の温泉地!群馬県「伊香保温泉」

2つ目は同じく群馬県の温泉地、伊香保温泉です。
伊香保温泉の泉質は黄金の湯と白銀の湯と呼ばれ、それぞれ黄金の湯が硫酸塩泉を指し、白銀の湯はメタケイ酸単純泉を指します。

その歴史は古く、正確な年代ははっきりしていませんが、大体1300年前、あるいは1900年前と日本という国の歴史がまだまだ浅い時代から存在が確認されている歴史ある温泉地です。
現在のような温泉街として成立したのは戦国時代からで、大正時代に一度大火事を経験しているものの、今もなお人気の温泉地として親しまれています。

1.温泉街のみどころ

温泉街の見どころはずばり石段街でしょう。
伊香保温泉の温泉街は急斜面な立地に作られているため、合計365段の石段を中心に温泉旅館や土産物屋などの施設が軒を並べているというような形となっており、この石段は温泉街のシンボルとして親しまれています。

この石段の下に黄金の湯の源泉が流れていて、ここから各温泉旅館などに分湯されているという仕組みです。
石段を登っていた最上部には伊香保神社があり、温泉街にある神社というだけあって温泉や医療を司る神様を祀っています。

2.日帰り旅行におすすめの温泉

続いて伊香保温泉で日帰りにおすすめな温泉をご紹介します。
まずは伊香保温泉郷の入り口に位置する「黄金の湯館」です。
大浴場、露天風呂といった基本的な温泉施設だけでなく、シアタールームや卓球広場、カラオケルームにゲームコーナーとまるで旅館のような娯楽施設も存在しており、日帰りどころか旅行で1日過ごしてしまいそうな充実ぶりです。

次に「お宿 玉樹」という温泉をご紹介します。
こちらは黄金の湯と白銀の湯を両方楽しめる他、なんと言っても女性向けのサービスが充実しているという点が特徴的です。

浴槽の素材もヒノキがもちいられており、体の芯からあたたまる事が出来、またスチームミストのサウナも完備しています。
貸し切り岩風呂やエステ体験などもあるため、女性におすすめな温泉です。

最後に「大江戸温泉物語 伊香保」もおすすめです。
和の雰囲気がたっぷりと詰まった露天風呂が魅力で、こちらも黄金の湯と白銀の湯の両方を楽しむことができます。

露天風呂は黄金の湯、内風呂は白銀の湯というように分かれています。
こちらも玉樹と同じく女性に嬉しいサービスが充実していて、各種スキンケア用品が取り揃えられています、伊香保で唯一の古式サウナである「釜風呂」を完備しているというのも魅力の1つでしょう。
釜風呂というのは要するに和式サウナのようなもので、低音でじっくりと身体を温めていくサウナとなっております。

3.宿泊におすすめの温泉宿・ホテル・旅館

伊香保温泉でおすすめの宿は「旅館 さくらい」です。
伊香保温泉のシンボルでもあり必ず通る事になる石段に隣接した施設の1つであり、「さくら」の名前が示すとおり所々に桜のような鮮やかなピンク色や桜柄があしらっています。

貸し切りの露天風呂もあり、石造りの月見の湯と花見の湯の2つがあり、どちらも50分2000円で利用することができます。
ちなみにこの宿で利用している温泉は白銀の湯のため、無色透明無味無臭のメタケイ酸単純泉となります。
料金プランは6380円からになります。

3.関東で人気の温泉地!神奈川県「箱根湯本温泉」

最後の温泉地は神奈川県にある箱根湯本温泉です。
温泉地としての規模も大きく、なんと箱根湯本だけで40軒以上もの温泉宿が存在しています。都心から近いながらも自然が豊かで、観光地としても人気が高く、今回ご紹介するのは箱根湯本温泉だけになりますが、箱根温泉に分類される温泉地はかなりの数が存在します。

ざっと挙げるだけでも箱根二十湯と称される温泉地、つまり20箇所の温泉が存在しています。
更にここから箱根七湯、箱根八湯、箱根十七湯に分かれ、箱根湯本温泉はその中でも箱根七湯の一番目という箱根を代表する温泉地として親しまれています。

立地としても箱根の玄関口とも言える場所にあります。
泉質は単純泉・アルカリ性単純泉で、主な効能は神経痛・関節痛・冷え性に効くといったもの。

箱根の代表温泉というだけあって、1200年もの歴史を持ち箱根の数ある温泉地の中でも最も大きい温泉街です。

1.温泉街のみどころ

見どころ、とは少し違うかもしれませんが、箱根の入り口なだけあって箱根湯本駅もあるためアクセスが用意というのは1つの魅力ではあります。

日帰りで楽しみやすく、また駅周辺にも施設が揃っています。
宿の数が多いという点も、旅行の目的に合った宿を見つけやすいと言えるでしょう。

温泉街の見どころとして駅から近い場所にある「豆腐処 萩野」というお店があります。
ここは湯坂山の湧き水を使った豆腐が人気で、この豆腐を使ったスイーツが観光客に人気です。
他にも様々な食べ歩きスポットが揃っているため、食事無しの宿を選びたくなるくらい食の魅力が溢れる温泉街となっています。

2.日帰り旅行におすすめの温泉

日帰りにおすすめな箱根湯本の温泉は多く、特に箱根湯本自体に駅があり、かつ温泉街と駅が近いというのは日帰り旅行がしやすいという事にも繋がります。

おすすめの温泉1つ目は「天山湯治郷」で、山間の川沿いに敷地を持つ温泉になります。
温泉施設が敷地内に2つあり、それぞれ別料金のためどちらも利用したいという方は両方の施設に入場できる「はしご湯券」を購入しましょう。
「ひがな湯治 天山」と「かよい湯治 一休」に分かれており、前者は岩風呂、後者は木製風呂という違いがあります

次に「雉子亭 豊栄荘」という温泉がおすすめです。
こちらは自然に囲まれた温泉宿であり、季節によって彩りが変わる自然の風景を堪能しながら温泉に浸かることができます。

ただこちらは日帰りで利用する場合1日5組限定と、まず予約必須なため、気になった方はちゃんと予約しておく必要があるでしょう。

3.宿泊におすすめの温泉宿・ホテル・旅館

箱根湯本は宿が多いとご紹介した通り、おすすめな宿も豊富です。
それこそきりが無いため、高級宿とリーズナブルな宿の2つをご紹介しましょう。
まずは高級宿、「金乃竹 塔ノ澤」がおすすめです。

こちらは自然に溶け込む飾り気のないシンプルな宿、というコンセプトであり、無駄にごちゃごちゃした目が疲れるようなホテルは苦手、という方におすすめです。
部屋には露天風呂があり、そちらの評価も高く、またそこから見える景色も一見の価値ありです。

接客やサービス内容もあれやこれや親切丁寧にやるのではなく、付かず離れず必要な時にサービスをするというような徹底した体制のため、過度な干渉は嫌だという方でも安心できます。
宿泊プランは68000円からになります。

次は比較的リーズナブルな価格設定の宿、「湯本富士屋ホテル」がおすすめです。
レストランでは和食、中華、フレンチが楽しめ、食事に関する評価が高い宿となります。
また一人で宿泊できる一人部屋があるのも1つの評価点となるでしょう、一人で宿泊できる宿はありますが、「一人部屋」があるかどうかというと話は別。

部屋は広すぎても、一人で宿泊する際は無駄でしかないとも言えます。
それなら、一人で過ごすのに十分な広さで部屋代を抑えたい、という人も居る事でしょう。
そういった人におすすめです。
料金プランは19600円からになります。

4.関東にはまだまだ人気の温泉地がたくさんある

今回は3つの温泉地のみを紹介しましたが、関東にはまだまだ沢山の温泉地が存在しています。
残念ながら東京にはメジャーな温泉地があるわけでは無いものの、それでも日本の都市として交通の要所であるため東京から関東各地の温泉地へ向かう事もできます。
例えば今回解説した箱根湯本は東京の新宿から1時間ほどで迎える距離にあります

それこそ神奈川県には箱根二十湯があると解説したように、今回ご紹介した群馬県と神奈川県にもまだまだ沢山の温泉地があります。
中にはその立地上温泉街として発展させることが難しい温泉地もありますが、秘境の温泉と呼ばれているような場所もあります。

その関係上ややたどり着くのに不便だったり、日帰りは難しい距離だったりもしますが、温泉地として発展していないからこそ見える大自然の絶景も楽しめたりするため、その辺りは一長一短であると言えるでしょう。

まとめ 関東には日帰りも宿泊も楽しめる温泉地がたくさんある

以上、関東でおすすめの3つの温泉地をご紹介しました。

  • 群馬県の草津温泉は酸性度と湯温が高い
  • 伊香保温泉は泉質の異なる源泉が2つある
  • 神奈川県の箱根湯本温泉は温泉街の魅力が高い

他にも関東には温泉地がいっぱいあるため、気になった方は調べてみると良いでしょう。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. パパ活は犯罪になる?違法行為や事例を解説

  3. 落ちる夢が暗示する夢占いの意味とは?

  4. 怖い夢が暗示!あなたの心理と夢占いの意味

  5. 写真の夢!夢占いの意味をパターン別に紹介

  6. ハムスターの夢が暗示する夢占いの意味

  7. 男の子・女の子別!夏をイメージする名前

  8. 血の原因や状況で診断する夢占いの意味