セフレが欲しい男性必見!セフレの作り方と関係を続けるコツ

セフレが欲しいけどどうやって作るの?とお悩みのあなた。

セフレは作りたいけど、知らない人にナンパなんてできないし、あまり身近な女性だと気まずくなったり後腐れしそうで……。

と、セフレを作ることはとても難しいように思えます。

しかし、メリットとデメリットを理解し流れとコツをつかめば、セフレをゲットすることは可能です。

今回は、

  • セフレの作り方
  • セフレ関係を維持するコツ
  • セフレと出会える場所
  • セフレにしやすい女性の特徴

などについてお伝えしていきます。

1.セフレを作ることのメリット

セフレができない理由の1つは、そもそもセフレのメリットとデメリットをきちんと理解していないからだともいえます。

なんとなく「セフレ欲しいなあ〜」と思っているだけで終わらせないために、まずはメリットとデメリットをしっかり理解しておきましょう。

これからご紹介していくことは、セフレとの関係を維持していくためも大切なことです。ぜひ参考にしてください。

メリット1.性欲が満たされる

なんといっても、まずこれでしょう。セフレとは、お互いに性欲を満たし合うためのパートナーです。

人間の3大欲求が「食欲」「睡眠欲」「性欲」だということは知られていますね。

しかし、これら3大欲求の中でも「性欲」については、露骨に口にすれば軽蔑されたりと、おおっぴらに言いづらいものであることもまた確かです。

本命が相手だとなおさらうまくいかないこともあるでしょう。

その点、セフレはお互いに「セックスのための関係」という理解が前提にあるため、欲求を満たしやいのです。

メリット2.充実したセックスが楽しめる

  • コスプレしてもらいたい
  • 手首を縛りたい
  • アナルセックスがしたい
  • 痴漢プレイがしたい

など、本命相手だとなかなか言い出しづらいアブノーマルなプレイや、特殊なフェチであっても、セフレであればリスクエストが出しやすく、充実したセックスが楽しめます。

メリット3.お互い割り切っているので束縛がない

セフレはお互い「セックスを楽しみ、性欲を満たし合うための関係」という理解が前提です。

ここには、本命相手とは違った関係性があります。

結婚やお互いの将来について考える必要はありませんし、相手からのメールや電話に束縛されることもありません。

また、「セフレは1人しか作ってはいけない」なんて決まりもありません。

複数のセフレを持ち、その時の気分や試したいプレイによって、相手を決める男性もいます。

メリット4.妻や彼女との関係がうまくいく

「えっ?」と驚くかも知れませんが、「セフレを作ってから、今までよりも恋人関係がうまくいくようになった」「夫婦生活が円満になった」という男性は多いです。

理由は大きく分けて2つあり、1つは、本命への罪悪感です。

本命から隠れてセフレとセックスを楽しんでいるという状況に、内心で後ろめたさを感じるため、本命に対しいつも以上に思いやりの気持ちが芽生えるのです。

理由の2つ目は、精神的余裕によるものです。

セフレと充実したセックスを楽しむことで欲求やストレスが発散されているため、本命に対して優しくなれますし、結果的に関係がうまくいくのです。

2.セフレを作ることのデメリット

ここからは、デメリットについてもチェックしておきましょう。

デメリット1.お金がかかる

本命がいる場合や、自宅を教えたくない場合、セフレとはホテルで会うことが多くなります。

毎回のホテル代はどちらが持つのか、それとも割り勘にするのかなど、お金に関することは、二人の間であらかじめ決めておいたほうが、互いの不満も少なく、関係が長続きします。

デメリット2.恋愛感情が生まれてトラブルに発展する可能性がある

セフレとの間に、特別な感情が芽生え始めたら要注意です。特に本命がいる場合、トラブルに発展する可能性が高まるからです。

最初は「だいじょうぶ。セックスだけの関係だから」と始めた関係であっても、会う回数を重ねていけば、感情に変化が出てくるもの。

あなたが気をつけていても、相手の女性があなたに対し恋愛感情を抱くことは十分ありえます。

デメリット3.妻や彼女にバレることも

言うまでもありませんが、セフレがいることは本命には絶対にバレないようにしましょう。

バレてしまった後に

  • 「セフレ相手とは本気じゃない」
  • 「恋愛感情もないし、浮気とは違う」
  • 「セックスだけの関係なんだ」

なんて正直に話しても、言えば言うほど泥沼化します。

ちなみに、セフレの存在がバレる原因で多いのが、

  • 「メールやLINE」
  • 「お金の使い方」
  • 「におい」
  • 「目撃情報」

の4点です。

特に、セフレからのメールやLINEメッセージを見られたら一発アウトです。

また、セフレとホテルに向かう時にマイカーを使う人は、残り香や、座席シートへの髪の毛の付着、ジュースホルダーの位置など、かなり細かいところまで気を配ってください。

デメリット4.妊娠

セフレとセックスする際は、必ずコンドームを使い避妊するようにしてください。

本命とのセックスであれば、妊娠をきっかけに結婚という流れにもなります。

しかし、本命がいる場合や既婚者は、セフレ相手が妊娠してしまったからといって容易に責任を取れる立場ではありません。

最悪の場合、女性が中絶手術を受けたケースも少なくありません。

快感に流されることなく、コンドームの使用を徹底しましょう。

デメリット5.性病のリスクがある

セフレ関係になる女性は、あなた以外にもセフレを持っている可能性があります。多くの人とセックスする機会があれば、確率的に、性病のリスクが高まります。

性病の一例を挙げますと、「毛じらみ」、性器付近に水疱ができる「性器ヘルペス」、性器付近にイボができる「尖圭(せんけい)コンジローマ」、免疫細胞が減ってしまう「HIV・エイズ」などがあります。

もし、体、特に性器付近に不調や異常を感じたら、まずは泌尿器科で診てもらい、治療が必要であれば、本命にも打ち明けねばなりません。

性病を予防するためにも、必ずコンドームを使ってください。

次のページではセフレ作りのための4つのステップをお伝えします。

 

3.セフレを作るために実践する4つのステップ

ここからは、具体的なセフレの作り方をお話します。

  1. 自分磨き
  2. ターゲットを知る
  3. 出会う
  4. セフレになる

ステップごとに見ていきましょう。

ステップ1.自分磨き

恋人関係になるわけじゃあるまいし、自分磨きなんてあんまり必要ないでしょ?と考えていたら大間違いです。

セフレ作りは彼女作りより難易度が高い、と言う人もいるくらいです。

相手への気遣いができること

セフレ=体だけの気楽な関係=丁寧に扱う必要はない。これはかなり乱暴な考えですが、相手への優しさや気遣いがあって初めてセックスが充実したものになり、関係が長続きするものだということは肝に銘じておく必要があります。

「ホテル代こっちが毎回払ってやってるんだから」「食事もおごってやっただろ」というふうに、何かの見返りとしてセックスを強いるようになっていくと、だんだんと相手の女性も離れてしまいます。

清潔感があること

髪はボサボサ、肌はベタベタ、その上体臭もひどい……これでは、女性にとってセックスを楽しむどころではありません。

ファッションについても同じことが言えます。シャツがよれよれで皺だらけだったり、爪が汚かったり、靴が汚れていませんか?

聞き上手になること

女性が話す時は、できるだけ共感を示し、求められない限り反論をはさまないようにしましょう。

相手が意見を求めてくる場合は別として、女性は「話したいから話している」場合が多いものです。

あなたの意見を聞きたいわけではなく、ただ聞いて欲しいのです。

「この人は私の話をちゃんと聞いてくれる」ということが伝われば、信頼に繋がります。

下心が出ていないこと

最終的にセフレ関係をめざしているとしても、最初から下心全開では失敗します。

先ほど「聞き上手になること」とお伝えしましたが、要は、相手の女性を思いやることです。

自分の欲求を最優先させたい気持ちは分かりますが、近道のようで遠回りになってしまいます。

誠実になりすぎない

女性を優しく扱うのはとても大切な事であり、セフレを作るためにも必要です。

問題なのは誠実になりすぎてセフレでなく、ただのお友達で終わってしまうこと。

誠実すぎて次第に、相手に主導権を握られてしまうといったケースです。

高級なお店でのデートや、プレゼントばかりを求められるようになってしまったら、時間やお金ばかりの出費が重なります。

ステップ2.ターゲットのニーズを知る

相手の女性がセフレに何を求めているかを意識し、そのニーズに合わせた態度をとりましょう。

彼氏や夫のいる女性がセフレを求めるきっかけは、本命とのセックスで満たされていないケースが多いです。

最近すれ違っている、セックスがマンネリ化してきた、本命相手に言えないアブノーマルなプレイを楽しみたい……など、女性にもそれぞれ悩みや欲求があります。

相手女性が現在どういった悩みを持っており、セフレにどういう関係を求めるのかを知り、そのニーズを満たせるよう立ち回りましょう。セフレになれる確率がぐっと高まります。

ステップ3.出会う

セフレ関係になりたい女性がすでにいる場合は別にして、そもそもそんな女性とどこで出会えるのでしょう?

合コンで出会う

合コンの酔った勢いでホテルへ行き、セックスの相性が良かったのでそのままセフレになった……という、「お持ち帰り」から始まるケースもあるにはありますが、お持ち帰りはその一夜限りで終わってしまうこともしばしば。

合コンで出会った女性と長期的なセフレ関係を築きたければ、もう少しだけ時間をかけたほうが良いでしょう。

まず合コン当日は「セフレ候補を探す」くらいの余裕があったほうがベターです。狙い目は、下ネタに抵抗がない女性、寂しがりやな女性です。

ターゲットを絞ったら、合コン終了までに連絡先を聞いておき、後日二人だけで会う機会をつくります。二人きりのほうが、女性にとっても、周囲を気にせず下ネタトークができます。

と言ってもいきなり「どんなセックスが好き?」は唐突なので、「今までどんな人と付き合ってきた?」から入り、「男性によって体の相性ってあった?」、「どんなエッチが好き?」といったふうに、女性の反応を見ながら、段階的に質問していきましょう。

ここまで来れば、セックスに持ち込みやすい雰囲気が作れているはずです。

一回目のセックスの後は、日を開けずに次の約束を取り付けます。女性に「私、遊ばれただけ……?」と心配する隙を与えないことが大切です。

会社で出会う

SPA!が実施したアンケート結果によれば、セフレを持っている男性100人の2割近くが「会社」で出会ったと回答しています。

きっかけとして多いのが、悩み相談に乗っているうちに……というものです。上司の愚痴を聞いてあげたり、仕事のミスを慰めてあげたりするうちに、相談相手のことが気になってくるというもの。

職場にセフレがいるというのはシチュエーションとしてはかなりスリルがありますが、いざ関係がこじれた時にどちらかが退職に……という事態になりかねません。

普段の飲み会への参加率や、下ネタへの反応、人間関係がさばさばしているかどうかなど、セフレ向きかどうかの判断につながる材料は、持っておくに越したことはありません。

クラブで出会う

クラブに来るような女性たちは、セフレやワンナイトラブを求める人が多くいます。

クラブ特有の音響や、お酒の効果もあるため開放的な気分にもなりやすいでしょう。

そんな女性たちに声をかければ、お持ち帰りができ、セフレに発展できる可能性も濃厚になります。

注意点としては狙った子が女子だけで来ているか(連れに男がいないか)を確認しましょう。

男の連れがいた場合にはトラブルに発展する可能性が出てくるためです。

また、クラブに来る女子は他の男とも多く関係を持っている可能性があるので、性病のリスクも高まることを覚えておきましょう。

マッチングアプリやマッチングサイトで出会う

マッチングアプリやマッチングサイトの最大のメリットはお手軽に始めることができること、事前に相手のプロフィールを知ることができることです。

そのため、ピンポイントで趣味や話題が合う人と接点を持てるのが長所です。

この長所を上手く活かせば相手の警戒心をやわらげ、親近感を持たれやすくなります。

注意点としては、気になった子が「サクラ業者」ではないか、しっかりと見極めることです。

リアルでの出会いではないため、直接会うために時間や料金がかかってしまうことも覚えておきましょう。

マッチングサイトでおすすめを1つ紹介するとハッピーメールでしょう。

累計会員数2000万人で出会えた確率も74.5%と、ユーザー数も会える確率もマッチングサイトの中でも群を抜いています。

楽しく遊べる異性の友達を探しているユーザーも多いので、セフレを作りたい!という人はほぼ必ず登録しています。

会員登録は公式サイトから無料でできるので、こちらから詳細を確認してみてくださいね。

 

>>ハッピーメール公式サイト

 

その他、セフレ作りにおすすめのアプリを紹介した記事はこちらをどうぞ。

相席ラウンジや相席屋

相席ラウンジや相席屋の最大の長所は、相手は女性たちだけで来ていることです。

クラブと違い、ナンパをしたらトラブルに巻き込まれたということがありません。

他の人に邪魔されず、お酒を飲みながら話をすることができるのが大きな強みです。

主導権を掴んだら、場所を変えて2次会へ持ち込むことが大切です。

ホテルやカラオケに誘うことができれば、ワンナイトラブやセフレの関係を築ける可能性も。

注意点としては、このようなお店は女性は飲食代が無料だったりします。

それ目当ての女性たちといつまでも同じお店で飲み続けると、料金と時間だけがかさんでいくだけなので、見切りは早めにつけましょう。

ステップ4.セフレになる

理想の女性を見つけてセックスに持ち込めたとしても、それっきりということもあります。

かと言って、毎回新しい相手を探すのは大変ですよね。

ここでは、一度きりのセックスで終わらせないために、セフレ関係を維持していくコツをご紹介します。

ルールを決める

  • 「この時間帯は電話NG」
  • 「LINEはしない」
  • 「お互いのプライベートは踏み込まない」

など、連絡手段や私生活に関するルールを決めておくことで、後々のトラブル防止につながり、「あくまでセフレ関係」という認識を共有することにつながります。

無理はしないこと

仕事や本命を差し置いてまで、セフレ関係を維持しようとしてはいけません。

先ほど、ルールを決める必要性について触れましたが、会う頻度や、「この曜日は会わない」といったことをあらかじめ決めておき、セフレ関係に溺れてしまわないようにしましょう。

程よい距離感を保つ

本命のいるセフレ相手に頻繁に連絡したり、自分の都合で呼び出したりと、干渉し過ぎないようにしましょう。

「他にもセフレ相手いるの?」など、独占欲が感じられるような質問もNGです。

女性は「この人、面倒臭そう……」と思う相手とはセフレ関係を続けたいと思いません。付かず離れずの距離感を常に意識しましょう。

一度にセフレを作りすぎない(まずは一人に絞って関係を築く)

慣れない内から、一度に多くのセフレを作りすぎると、予定がダブルブッキングしたり連絡がおろそかになってしまいます。

そうなってしまうと、せっかく何人もセフレを作ったにも関わらず相手からの信用を失い、逃げられてしまう可能性もでてきます。

そうならない為にも、初めは一人のセフレと信頼関係を築き上げることに専念しましょう。

キープ要員をしっかり確保できれば、新しいセフレとの関係が失敗したとしても、ダメージは少なくすみます。

次のページではセフレになりやすい女性の特徴をご紹介します。

 

4.セフレになりやすい女性の特徴とは?

世の中には色々なタイプの女性がいますが、いったいどのような女性をセフレにしやすいのか?と悩む方のために、セフレになりやすい女性の特徴を3つご紹介します。

地味なファッション

恋愛経験が少ない女性は大体ファッションや、ヘアスタイルなど、見た目に気を使わない傾向があります。

恋愛経験が少ないということは、ライバルが少ないとも言えるでしょう。

そのような女性に積極的にアプローチを掛けると、「この人、今までの人と違うかも」「私なんかでいいのかな?」と思い、心を開いてくれます。

恋愛やオシャレに関しては苦手であるため、関係を急いだりはせず、ゆっくりとセフレとして育てていくのが良いでしょう。

寂しがりや

寂しがりな人は身体よりも、心が寂しがっているケースが多く見受けられます。

そのため、まずは

  • 身体が寂しいのか?
  • 心が寂しいのか?

といった見極めから始めましょう。

身体が寂しがっている女性の特徴は、

  • 「寂しい」とよく口にする
  • 露出の多い服や派手なメイクをしている
  • 香りの強い香水をしている

ことが挙げられます。

これらは「自分を女として見てほしい」と思っているからこそです。

そのため、比較的セフレになりやすい傾向にあるでしょう。

心が寂しがっている女性の場合は、上記のような特徴はあまり見られません。

なぜなら寂しすぎて、そのようなことをする元気すらないためです。

それでも、心のどこかで「誰かに優しくしてほしい」「一緒にいたい」と思っています。

ゆっくりと話を聞いて、心を開くところから始めてみましょう。

お酒の場だと警戒心を持たれるため、心が寂しいタイプの女性はカフェやファミレス等、人が多く健全な場所で話をすると印象度が上がります。

信頼関係さえ築ければ、もともとは寂しがりであるため、身体の関係になるのも早いです。

構ってちゃん

セフレを作る上で、王道ともいえるタイプが構ってちゃんでしょう。

彼女たちはとにかく、自分の存在や意見を認めてほしい承認欲求のかたまりです。

嫌なことがあった時に話を聞いて共感してくれたり、寂しい時に常にそばに居てくれる人を求めています。

そのため、このような女性のタイプは仲良くなったら、「共感」や「肯定」をする機会を増やしてみましょう。

そうするだけでも、親近感や信頼度は上昇しセフレにもなりやすいです。

注意点としては、このようなタイプの女性は不特定多数の男性と行為に及んでいる可能性が濃厚だということです。

セフレにしやすい大きなメリットでもあるのですが、性病のリスクもあるでしょう。

また、少しでも彼女への連絡が遅くなると、すぐに他の男性へと走ってくケースが多く見られます。

当たり前のことですが、特にこまめに連絡を取ることを意識しましょう。

セフレとの関係の続け方を詳しくまとめた記事はこちら。

まとめ:デメリットやリスクを踏まえてセフレのいる生活を楽しみましょう!

いかがでしたか?

  • セフレを作るメリット・デメリット
  • セフレの作り方や注意点
  • 関係を続けていくコツ
  • セフレになりやすい女性の特徴

についてお話してきました。

とくに本命がいる場合は、恋愛感情に発展しないようなルールづくりが不可欠であることがお分かりいただけたと思います。

デメリットやリスクを理解し、セフレ相手の事情やニーズを思いやりながら、程よい距離を保ち続けられるよう意識すること。

ここをしっかりおさえておけば、お互いに充実したセックスを楽しむ生活が送れます。

女友達をセフレにする方法はこちら。

 

関連記事

  1. 鷹ノ爪リリカが解説!本命になれない女の特徴!本命女になる方法は?

  2. 男性が女性の頭を撫でる心理とは?撫で方で見定める相手の気持ちと正しい対…

  3. 付き合って3ヶ月目は別れやすい?喧嘩せず仲良く過ごす方法を紹介

  4. 彼氏ができない理由とは?非モテ女を卒業する解決策を紹介!

  5. 毎週のデートって多すぎる?理想のデート頻度とマンネリ化しない工夫

  6. 【東京】自分にぴったりの婚活パーティーを選び方をご紹介!

  7. 合コンは席順で勝負が決まる!黄金配置と席替えテクニックをご紹介!

  8. 2回目のデートに誘う間隔には正解があった!付き合うためのコツを紹介