セフレが欲しい男性必見!セフレの作り方と関係を続けるコツ

セフレが欲しいけどどうやって作るの?とお悩みのあなた。

セフレは作りたいけど、知らない人にナンパなんてできないし、あまり身近な女性だと、気まずくなったり後腐れしそうで……。と、セフレを作ることはとても難しいように思えます。

しかし、メリットとデメリットを理解し、流れとコツをつかめば、セフレをゲットすることは可能です。

今回は、セフレの作り方、セフレ関係を維持するコツ、セフレと出会える場所などについてお伝えしていきます。

セフレを作ることのメリット

セフレができない理由の1つは、そもそもセフレのメリットとデメリットをきちんと理解していないからだともいえます。

なんとなく「セフレ欲しいなあ〜」と思っているだけで終わらせないために、まずはメリットとデメリットをしっかり理解しておきましょう。これからご紹介していくことは、セフレとの関係を維持していくためも大切なことです。ぜひ参考にしてください。

  • 性欲が満たされる

    なんといっても、まずこれでしょう。セフレとは、お互いに性欲を満たし合うためのパートナーです。

    人間の3大欲求が「食欲」「睡眠欲」「性欲」だということは知られていますね。しかし、これら3大欲求の中でも「性欲」については、露骨に口にすれば軽蔑されたりと、おおっぴらに言いづらいものであることもまた確かです。本命が相手だとなおさらうまくいかないこともあるでしょう。

    その点、セフレはお互いに「セックスのための関係」という理解が前提にあるため、欲求を満たしやいのです。

    充実したセックスが楽しめる

    コスプレしてもらいたい、手首を縛りたい、アナルセックスがしたい、痴漢プレイがしたい……など、本命相手だとなかなか言い出しづらいアブノーマルなプレイや、特殊なフェチであっても、セフレであればリスクエストが出しやすく、充実したセックスが楽しめます。

  • お互い割り切っているので束縛がない

    セフレはお互い「セックスを楽しみ、性欲を満たし合うための関係」という理解が前提です。ここには、本命相手とは違った関係性があります。

    結婚やお互いの将来について考える必要はありませんし、相手からのメールや電話に束縛されることもありません。

    また、「セフレは1人しか作ってはいけない」なんて決まりもありません。複数のセフレを持ち、その時の気分や試したいプレイによって、相手を決める男性もいます。

    妻や彼女との関係がうまくいく

    「えっ?」と驚くかも知れませんが、「セフレを作ってから、今までよりも恋人関係がうまくいくようになった」「夫婦生活が円満になった」という男性は多いです。

    理由は大きく分けて2つあり、1つは、本命への罪悪感です。本命から隠れてセフレとセックスを楽しんでいるという状況に、内心で後ろめたさを感じるため、本命に対しいつも以上に思いやりの気持ちが芽生えるのです。

    理由の2つ目は、精神的余裕によるものです。セフレと充実したセックスを楽しむことで欲求やストレスが発散されているため、本命に対して優しくなれますし、結果的に関係がうまくいくのです。

  • セフレを作ることのデメリット

    ここからは、デメリットについてもチェックしておきましょう。

    お金がかかる

    本命がいる場合や、自宅を教えたくない場合、セフレとはホテルで会うことが多くなります。

    毎回のホテル代はどちらが持つのか、それとも割り勘にするのかなど、お金に関することは、二人の間であらかじめ決めておいたほうが、互いの不満も少なく、関係が長続きします。

  • 恋愛感情が生まれてトラブルに発展する可能性がある

    セフレとの間に、特別な感情が芽生え始めたら要注意です。特に本命がいる場合、トラブルに発展する可能性が高まるからです。

    最初は「だいじょうぶ。セックスだけの関係だから」と始めた関係であっても、会う回数を重ねていけば、感情に変化が出てくるもの。

    あなたが気をつけていても、相手の女性があなたに対し恋愛感情を抱くことは十分ありえます。

    妻や彼女にバレることも

    言うまでもありませんが、セフレがいることは本命には絶対にバレないようにしましょう。

    バレてしまった後に「セフレ相手とは本気じゃない」、「恋愛感情もないし、浮気とは違う」、「セックスだけの関係なんだ」なんて正直に話しても、言えば言うほど泥沼化します。

    ちなみに、セフレの存在がバレる原因で多いのが、「メールやLINE」「お金の使い方」「におい」「目撃情報」の4点です。

    特に、セフレからのメールやLINEメッセージを見られたら一発アウトです。

    また、セフレとホテルに向かう時にマイカーを使う人は、残り香や、座席シートへの髪の毛の付着、ジュースホルダーの位置など、かなり細かいところまで気を配ってください。

    妊娠

    セフレとセックスする際は、必ずコンドームを使い避妊するようにしてください。

    本命とのセックスであれば、妊娠をきっかけに結婚という流れにもなります。しかし、本命がいる場合や既婚者は、セフレ相手が妊娠してしまったからといって容易に責任を取れる立場ではありません。最悪の場合、女性が中絶手術を受けたケースも少なくありません。

    快感に流されることなく、コンドームの使用を徹底しましょう。

    性病のリスクがある

    セフレ関係になる女性は、あなた以外にもセフレを持っている可能性があります。多くの人とセックスする機会があれば、確率的に、性病のリスクが高まります。

    性病の一例を挙げますと、「毛じらみ」、性器付近に水疱ができる「性器ヘルペス」、性器付近にイボができる「尖圭(せんけい)コンジローマ」、免疫細胞が減ってしまう「HIV・エイズ」などがあります。

    もし、体、特に性器付近に不調や異常を感じたら、まずは泌尿器科で診てもらい、治療が必要であれば、本命にも打ち明けねばなりません。

    性病を予防するためにも、必ずコンドームを使ってください。

  • 関連記事

    1. 初めての合コンで失敗しない方法を徹底解説!ルールや服装まで

    2. 合コンのネタで失敗しないものは?会話を盛り上げる鉄板5選!

    3. 大事にされてない女子の3つの特徴とは?彼氏の気持ちと別れるべきサインま…

    4. ふたりの距離がグっと縮まる!初めてのデートで失敗しない席選び

    5. 彼女とのデートは何時から?平日・休日デートプランの開始時間はこれだ!

    6. 主要な婚活サイトを徹底比較!タイプ別におすすめの婚活サイトを紹介!

    7. 平日の合コンはスーツがモテる!着こなしのポイントと小物選びのコツ

    8. 最強のコスパでセフレと便利な関係を続ける裏ワザ