どんな男もメロメロになる女子の必殺モテLINEテク

目次

どうも、恋愛コラムニストのやうゆ(@yauyuism)です。
僕はこれまでマッチングアプリで4000人以上の女性とLINE交換をしてきました。
そんな中で気になる異性にLINEを送ったのに、いつまでも未読のままで既読がつかないと「嫌われたのかな?」「ブロックされたのかな?」と、不安な気持ちになることもしばしば。
もう20代後半に差し掛かりますが、何歳になっても好きな人からLINEの返信がこないのは胸がざわつくものですわ。
とはいえ、僕もよく女の子のLINEを未読のままにしがちなので、他人のことをとやかく言える立場ではございません。
返信がしづらかったり、返信が必要ないのかな?と思ったりすると、そのまま未読スルーしちゃうことがあるんですよね。
ですが一方で、「早く返信こないかな?」と思う女性からのLINEもあるのも、また事実。
実はちょっとしたことに気をつけるだけで、一気に相手から返信をもらいやすくなる方法があるんです。
好きな人からテンポよくLINEの返信をもらえれば、話がスムーズに進み、恋愛も上手に進めることができるでしょう。
そこで今回は、男目線で「男が夢中になる女子のLINEテクニック」についてお伝えします。
これまで4000人以上の女性とLINEしてきた僕が、男目線で返信したくなるLINEをお教えしますよ。
男心を知りたい女性は、ぜひ最後までお付き合いくださいね!

⑴目的を明確にする

男性が1番返信しやすいLINEは、目的が明確なLINEです。
目的が明確であれば、相手がどんな返事を求めているかが分かるので返事しやすいんですよね。
例えば「今度いつ会いてる?」「元気?」「○○教えて」といった連絡は、どんな返信をすればいいかが分かるので、すぐ返事できます。
逆に「○○だったんだよね!」「○○しちゃった」みたいな、報告系のLINEは「何を返事すればいいんだろう…」と悩んでしまうので、未読スルーすることが多いです。
特に、「今度いつ会いてる?」とLINEするのは効果的ですね。
男性は基本的に女性をデートを誘うことが多く、女性からデートに誘われる機会はほとんどないからです。
そのため、女性からデートに誘われるとそれだけで「脈ありかな?」と思う単純な生き物なので、女性からデートに誘うのは、返信がくるだけでなく、男心を掴むのにもおすすめなんですわ。
またLINEでは、自分の感情を一方的にぶつけるのではなく、相手がなるべく返信しやすい文章を考えることが大事ですよ。
自分の話したいことばかり話してると、LINEしている相手は置いてきぼりになってしまうので、「返信しなくていいかな」と思ってしまいます。
好きな人からの返信が欲しいなら、相手のことを考えた上で、目的がはっきりしてるLINEを送りましょう!

⑵相手のLINEに対するスタンスを把握する

相手の男性のLINEに対するスタンスを把握するのも大事です。
人それぞれLINEの使い方は違うからですよ。
会話のようにずっとメッセージのやりとりをしていたい寂しがり屋な人、用がある時しか連絡したくない人、そもそもLINEを見ない人など、LINEに対するスタンスは個人差があるんですよね。
そのことを理解しないで、自分から一方的にLINEを送ってばかりだと、返信はこなくなりますよ。
確かにね、好きな男性とのLINEが未読のままだと、不安な気持ちになるのはわかります。
しかしLINEの既読がつかないときや返信がこないときに焦って、追いLINEを送ると相手の男性にマイナスな印象を与えやすいです。
そのため「忙しいんだな」「そういう人なんだな」と、相手のことを想像して気長に返信を待ったほうがいいですよ。
脈なしだったり、自分に対する優先順位が低かったりする可能性があるのも事実ですが、一方で単純にLINEをあまり開かない人であることも考えられます。
LINEで愛情を確かめることはできないので、LINEで一喜一憂するより、相手のことを想像して待っていたほうが良い関係を築けるでしょう。
会った時に「LINEはすぐ返信返すタイプ?」と相手のLINEに対するスタンスを把握しておくといいでしょう。
事前にあまりLINEを見るタイプではないのがわかれば、返信が来なくてそわそわすることはなくなります。

⑶質問で終わる

好きな人から返信が必ず欲しいのなら、LINEを質問で終わるのがおすすめです。
なぜなら質問されたら、すぐ答えたくなりますからね。
ただ質問が「はいorいいえ」で返すような内容だと会話が広がらないので、「なんでそう思うか」を聞くようなオープンクエスチョンで質問するといいですよ。
「どんな人が好きなの?」といった恋愛系の質問や、「いつ会える?」といったデートに繋がる質問をすると距離が縮まりやすいです。
さっきも言いましたが、女性からの恋愛系の質問やデートのお誘いは慣れてない男性が多いので、ドキドキさせて距離を縮めるのに有効なんですよ。
「今日何してた?」「趣味はなに?」「土日なにしてる?」みたいなありきたりな質問よりは、聞くほうもドキドキするような少しキワどい質問を投げかけたほうが距離は縮まるでしょう。
好きな人とのLINEは質問で終わらせること、なおかつ質問内容を恋愛系やデートのお誘いといった、相手をドキドキさせる質問をするのがいいですよ。

⑷好意を伝える

少し勇気がいりますが、男性に好意を伝えるのも、LINEの返信が来やすくなるテクニックの1つです。
「好き」とまではいかなくても、「会いたい」「嬉しい」「素敵」といった好意を匂わせるワードを積極的にLINEに入れていくことで、男心をくすぐることができます。
やっぱり自分のことを褒めてくれる人とのLINEは楽しいので、つい返信したくなりますよね。
会う時に伝えるのが恥ずかしいセリフでも、LINEだからこそ言えるセリフってあると思うので、好意を積極的に伝えていきましょう。
とはいえ、あまりにグイグイいきすぎると距離感間違えて嫌われるリスクがあるので、小出しに好意を伝えるようにするといいですよ。
LINEの返事が欲しいなら、時には勇気を出して好意を伝えてみましょう!

⑸可愛いスタンプを使う

男性は、女性が使うLINEのスタンプが可愛いと、返信したくなるんですよね。
使ってるスタンプが可愛かったり面白かったりすると、反応したくなります。
文章だけのやりとりよりも、スタンプがあったほうがコミュニケーションが単調にならないので、LINEしてても飽きないんですよね。
その子の個性がうまく出ているようなスタンプだと、特に突っ込みたくなりますよ。
ちなみに僕は「自分つっこみクマ」「ねこ」「自分の名前が入ったスタンプ」を使う女の子が好きです。
こういうスタンプを使う子はあざとくて好きですわ。
LINEスタンプを使うだけで会話が生まれやすくなるので、スタンプを積極的に取り入れていきましょう!

まとめ

以上、男目線で「男が夢中になる女子のLINEテク」を紹介しました。
男性が返信したくなるLINEを考える上で大事なのは、相手をよく想像することですよ。
自分の感情を一方的にぶつけるのではなく、相手がなるべく返信しやすいLINEを考えることが大事です。
目的が明確なLINE・質問で終わるLINE・可愛いスタンプは、返信がしやすいのでLINEが続きやすいですね。
とはいえ、返信がこないからといって必要以上に悲しむ必要はありません。
LINEで愛情を確かめることはできませんからね。
返信がこないのは、好きな人が単純にLINEをあまり開かない人であることも考えられますよ。
そのため、LINEで一喜一憂するより、相手のことを想像して待っていたほうが良い関係を築ける可能性が高いです。
この記事を見たあなたが好きな人と素敵な恋愛ができるよう、応援しています!
どうも、ヤリチンでした。

Avatar photo

フェリーチェ編集部

follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top