彼女が欲しい大学生必見!彼女ができない10の理由と作り方

     
PICK UP   この記事は
ECONOMY(年収500万円未満)

大学生になったらかわいい彼女を作って学校生活を充実させるぞ!

――そう意気込んでいたものの、なかなか彼女ができずに焦っていませんか?

人生最後の学生生活、どうせなら彼女を作って充実させたいですよね。

このページでは、「大学生活でなかなか彼女ができない」とお悩みのあなたに、彼女ができない理由と、彼女の作り方をご紹介します。

ぜひ参考にして、大学生活を学生生活最高に楽しいものにしてくださいね!

 

※バーや相席ラウンジに行こうか迷っている可愛い女性orハイスペックな男性のあなたは、3月22日開催の《フェリーチェパーティー》に今すぐ応募してください!

NewOPENのオリエンタルラウンジ横浜店で開催されるハイスペ限定婚活パーティー!ワンランク上の出会いがあなたを待っていますよ♪

大学生活で彼女ができない10の理由

彼女を作る方法を見ていく前に、まずは彼女ができない人の特徴についてチェックしていきましょう。

原因が分かれば、今の自分に足りないものや、これから気をつける点が見えてきます。

自分にあてはまるものがないか?日頃の言動を振り返りながらみてくださいね。

①コミュニケーション能力不足

「コミュニケーション能力の高い人」というと、話のネタが豊富で、気の利いた切り返しが得意で、初対面の相手にも積極的に話しかけられる……といったイメージが強いようです。

ですが、話を聞かされる女子は内心「この話題、興味ないんだけどな〜」「自分のことばっかり話す人だな……」などと感じているかもしれません。

大切なことは、一緒にいて楽しいかどうか。居心地が良いと感じてもらえるかどうかです。

一方的に自分の話したいことばかり話すことが、コミュニケーション力が高いというではありません。

話をするのが不得意な人は聞き役から始めてもいいし、最初のうちは「オウム返し」で話を広げる方法もあります。

「今日の授業難しかったね」「うん、難しかった」。これだけでもOKです。

コミュニケーションでは相手に対し「話をちゃんと聞いている」と示すことこそが重要で、普段の自分からかけ離れたキャラになる必要はありません。

②服装に気を使っていない

「人は中身が大切」だとは言いますが、第一印象は数秒で決定します。

ですから、自分の中身を知ってもらいたければ、なおさら外見には気を使うべきなのです。

学生服があった高校の頃と違い、大学生になると私服を着る機会が多くなりますよね。

おしゃれに自信がなければ、さまざまなファッション雑誌に目を通し、どんなコーディネートがあるのかリサーチすることから始めましょう。

わざわざ書店に行かなくても、全身コーディネートを紹介してくれている個人ブログや、インスタアカウントもありますね。

具体的な話をしますと、だぼだぼしたズボンなど、だらしなく見られる服装は避けたほうが無難です。

大学生の女子は「大人っぽい」男性を好む傾向があるからです。

服装選びで迷ったら、「清潔感」「シンプル」「キレイめ」の3点を意識してみてください。

色や柄が派手なものより、モノトーン調でまとめると、大人っぽい雰囲気を出しやすいです。

③髪型がだらしない・眉毛がボサボサ

服装と同じくらい、髪型や眉毛も、人の印象を大きく左右します。

ここでもキーワードは「清潔感」です。

服やコーディネートは自分で選ばなければなりませんが、髪型については美容師さんに、眉毛については眉毛サロンにおまかせしても良いでしょう。

自分が似合うと思っている髪型と、周囲が似合うと思っているあなたの髪型にはギャップがあるかも知れません。

ただ、プロにおまかせする時は、できるだけ自分でもセットしやすいスタイルにしてもらい、セットのコツについても確認しておきましょう。

④肌だって見られています

男性の肌はもともと女性の肌より皮脂が多いんです。

また、ひげ剃りが肌へ与えるダメージは大きいです!

それなのに何のお手入れもせず、ベタついたり、肌荒れを起こしていませんか?

しつこいようですが、「清潔感」は鉄則です。女子はしっかり見ていますよ。

朝のぬるま湯洗顔と、化粧水と、乳液。

スキンケアの習慣がなくても、まずはこの3ステップから実践してみてください。

⑤アルバイトをしていてもお金がない

アルバイト代が出ても欲しいものを買っていたらすぐなくなってしまう……という人も、彼女を作りたければ、自分磨きやデート代にかけるお金はちゃんと確保しておきましょう。

お互い学生の身なので、お金がないことは女子も理解しています。

外食を割り勘にしても理解はしてもらえますが、ここで自分のほうが少し多めに出すなどしてあげると、他の男子と差をつけることができるかもしれません。

⑥自慢話が多い

「コミュニケーション力」の項目で少しふれた内容ですが、自分の話ばかりしていませんか?

話しているほうは気分が良いかも知れませんが、聞かされるほうは楽しめているでしょうか?

特に嫌われるのが「過去の栄光トーク」です。

昔は成績が良かった、昔はモテた、昔は足が速かった……。

女子は「過去じゃなくて現在は?」と突っ込みたくてうずうずしているかも知れません。

過去の栄光は隠すくらいでちょうどいいと心得ましょう。

⑦上から目線で話をする

自慢話と同じくらい嫌われるのが、上から目線です。

自分の得意なことや知識があることについて、ひけらかしたい気持ちが強く出ていませんか?

内容は的確なアドバイスだったとしても、あなたの言い方や態度次第で、女子は不快な気持ちになってしまいます。

上から目線になれるということは、確かに知識や情報があるのでしょう。

せっかくなら、女子が聞き入れやすい形で表現するようにしましょう。

感謝してもらえたり、その後も頼られたりするきっかけになりますよ。

⑧レディーファーストができない

レディーファーストなんて時代遅れ?

いえいえ、なんだかんだ言って女子は優しくして欲しいし丁寧に扱われたいんです。

大げさな気遣いはかえって逆効果かもしれませんが、たとえば車道側を歩いたり、ドアを開けてあげたりするだけでも好感度アップです。

ポイントは「恥ずかしがらず、かつ、さりげなく」です。

⑨下心が見え見え

大学生ですから、性欲が旺盛なのは、ある意味で健全なことです。

ただ、最初から下心を隠しもせず接近してくる男子は、女子から警戒されます。

特に、飲み会などでお酒が入る場面は気をつけましょう。

まだそれほど親しくなっていない女子に、過剰なボディタッチを続けていれば、恋愛関係になるどころか拒絶反応を示される可能性のほうが高いです。

何より、女子の口コミネットワークを侮ってはいけません。

その場にいない女子からも危険人物扱いされてしまうなんて、悲しすぎますよね……?

⑩出会いの場へ行こうとしない

「自分は奥手だから」「コミュ障だから」「面倒だし」と、いろいろな理由をつけ、出会いが期待できる場を避けていませんか?

彼女を作りたいなら、普段なら行かないイベントや場所へも、積極的に出かけてみるべきです。

なぜなら、出会いの場が増えるほど、彼女を作れる機会も増えるからです。

まずは「何かいいことあればいいな」くらいのノリで参加してみましょう。

次のページでは、大学生活で彼女を作る方法について詳しく解説していきます。

関連記事

  1. 合コン幹事必見!成功する合コンの事前準備と当日のマニュアル

  2. イケメンなのにモテない10個の理由【女子の本音大暴露!?】

  3. 【完全保存版】これであなたも男にモテる!いい女の恋愛テクニック15選!…

  4. 広島で1番人気のハービー広島!お持ち帰りの極意を初心者向けに徹底解説

  5. 彼氏を誘うにはコツがあった!キスやベッドの誘い方5選!

  6. クラブで出会うには?クラブナンパを成功させるための5ステップ

  7. 今すぐ実践できる!人の気持ちがわからない人のための解決法4選

  8. 【厳選】普段のデートがロマンティックに♡都内屈指のデートスポット