彼女が欲しい大学生必見!彼女の作り方とできない10の理由

大学生になったらかわいい彼女を作って学校生活を充実させるぞ!

――そう意気込んでいたものの、なかなか彼女ができずに焦っていませんか?

人生最後の学生生活、どうせなら彼女を作って充実させたいですよね。

このページでは、「大学生活でなかなか彼女ができない」とお悩みのあなたに、彼女の作り方と彼女ができない理由をご紹介します。

ぜひ参考にして、大学生活を学生生活最高に楽しいものにしてくださいね!

1.大学生活で彼女を作る方法

ここからは、女子との出会いの場をチェックしていきます。

1-1.授業やゼミで出会う

大学での出会いはおおいに活用しましょう。

同じ授業やゼミを受けている場合は、共通の話題も多く、話のきっかけには困りません。

お互いに初対面であっても、授業の内容や勉強に関することであれば、自然にやり取りができます。

たとえば、タイプの女子や気になる女子が教室にひとりで座っていれば隣に座り、「すみません、少し遅れて来てしまったのですがノートを見せてもらってもいいですか」と声をかけてもいいでしょう。

グループで課題に取り組む機会があれば、連絡先交換もスムーズです。

1-2.アルバイト先で出会う

バイト先を選ぶ時は時給の高いところを選びがちですが、同年代の女子が多そうなところを選ぶことで、出会いも増えるでしょう。

飲食店やサービス業であれば、お客さんとして下見に行っても良いですし、そのバイト先で働いている友人がいれば、雰囲気を教えてもらっても良いですね。

気になる女子が仕事を教えてくれる立場であれば「いつも教えてくれてありがとう。お礼に今度ランチおごらせて」と約束を取り付け、それをきっかけに交流を深めることができます。

1-3.サークルや部活で出会う

スポーツや趣味の集まりであるサークルで出会う女子は、授業やゼミで知り合う女子以上にあなたと価値観が似ていることが多いです。

スポーツ系サークルであれば、他大学と交流することも多いかと思います。

もし学内で気になる女子がいない時、交流試合も出会いのチャンスだと思いましょう。

1-4.合コンに参加する

大学生同士の合コンは、社会人同士の合コンに比べ「友達さがし」や「人脈作り」の要素が強いです。

あまり気負う必要はありません。

とりあえず参加してみましょう。

そもそも合コンに誘われない……という場合、いっそ自分が開くというのも1つの方法です。

…が、参加経験も少ないのにいきなり開催するとなると、ハードルが高いですよね。

では、どうするか。

大学では、定期的に合コンを開催している人がいます。

まずはその人と知り合いになり、声をかけてもらう機会を増やしていきましょう。

 

合コンに参加する際は、下記の記事を参考にしてみてくださいね↓

1-5.友達の紹介で出会う

もしあなたの身近に交友関係が広い友人がいたら、「誰かいい子いたら紹介して」と意思表示しておくと良いでしょう。

ただし、紹介してもらうためには、あなたが友人にとって「紹介するに値する男」であることが大前提です。

  • 身だしなみや髪型は清潔感があるか?
  • 普段から自慢話や上から見線で話をする癖がついていないか?

など、自分自身について振り返ってみてください。

「いいやつだから一度会ってみて」とあなたのことを紹介してくれた人の面目を潰すようなことがあってはいけませんよ。

1-6.大学のイベントで出会う

大学では、学祭やサークルの集まりなど、さまざまなイベントが開催されています。

開催する側であれば、準備や後片付けで女子と共同作業するチャンスも増えます。

また、他大学のイベントに参加することで、出会いが増やせます。

学内外で開かれるイベントはすべて出会いの場ととらえ、チャンスを逃さないようにしましょう。

1-7.同窓会で出会う

大学生活中、初めての同窓会があるかもしれないですね。

同窓会は「いい出会いがあるかも」と考えている人も少なくなく、実際に恋愛に発展するケースもたくさんあります。

昔遊んだりした仲であれば、まず久々に会って見違えた姿にギャップ萌えをしたり、すぐに打ち解けやすかったりしますよね。

当日にLINEやSNSを教えてもらっておくことが重要ですから、たくさん交流して聞き出しましょう。

同窓会で発展したい恋は友達に協力してもらうことも可能なので、気になる女子と仲が良い人とも交流しておいた方がよいでしょう。

1-8.就職活動で出会う

実は、就職活動は出会いの宝庫。

学校の就職セミナーから会社の最終面接まで出会いが待っています。

就活イベントでは、同じ目的でいるので自然と話しかけられますし、グループワークでも同じ活動をしているので連絡先を交換しやすいです。

インターンや同じ会社の選考中も同じ価値観の方が集まっているので、話が合いやすく共感することも多いでしょう。

ただし、気をつけた方がよいことが1つ。

それは、相手によっては就職活動が本格化していくにつれ緊張感が高まって気持ちの余裕がなくなり、態度もつれなくなってくること。

仲良くなるには、お互いに気持ちに余裕のある活動初期の頃が狙い目だと思っておいたほうがよいですね。

就職活動中は辛いことも多いので、就活の悩みなどを聞いてあげたり、優しくしてあげることが大切です。

1-9.合宿免許で出会う

自動車やバイクの免許を短期間で集中して取得できるのが、合宿免許です。

大学の長期休みを利用し参加する人も多いようです。

「期間中に免許をとる!」と共通の目的を持って集まっているため、参加者同士打ち解けるのも早く、免許合宿で彼女ができた!という男子も多いです。

勉強や試験の合間に観光も楽しめるプランを設定している合宿免許もあります。

インターネットで検索し、合宿地や雰囲気をチェックしてみましょう。

1-10.マッチングアプリで出会う

大学生は時間があると言われたって彼女探しばかりやっているわけにもいかないし、もっと効率よく自分に合う人を探せたら……

そう感じているならば、スマホアプリを活用しましょう。

アプリは年齢制限のあるものや有料のものもあるので、登録前に必ず確認してくださいね。

メンタリストDaiGoさん監修の「with」や、女性誌で紹介されることが多い「tapple」が人気ですが、最近注目されている「Pairs」が1番おすすめです。

Pairsは、会員数が1,000万人を超えで、平均4ヶ月で恋人ができるという実績があります。

まず、Pairsは基本情報の項目が細かいので理想の相手を見つけやすいです。

しかも「海外旅行が趣味」、「お米は硬めが好き」など100,000個もあるコミュニティの中から共通の趣味を持つ人を探すことができます。

同じ価値観の人が見つからないはずがありません。

こんなにハイスペックなアプリにも関わらず、女性が無料で男性が1,320円~でアプリを利用できるのも人気の理由です。

 

 

Pairsについてはこちらの記事でも詳しくまとめているのでご参考にどうぞ!

1-11.クラブで出会う

クラブといえば、「ナンパ」。

ナンパしたい・されたい人が集まっています。

なんといっても、声の掛けやすさや警戒の緩さが他とは違います!

出会いやすいといっても過言ではありません。

ただし、本気の恋愛をしたいならば、普通のナンパ目的の人と勘違いされないようにしましょう。

そうしなければ、一夜限りのセフレと勘違いされて本気だとは思ってもらえませんよ。

1-12.相席ラウンジで出会う

ちょっぴり大人な出会いを体験したい人は、相席ラウンジへ行ってみましょう。

オリエンタルラウンジ」という相席ラウンジは、20歳以上の女性と22歳以上の男性が入店できる上質な出会いの場所です。

大学4年生になって、22歳を迎えた人は新境地にチャレンジしてみるのもありですよ。

利用している女性の年齢層は20代半ばから30代半ばくらいの年代なので、年上のお姉さんと出会いたい人にはピッタリでしょう。

2.大学生活で彼女ができない10の理由と改善策

「彼女がほしいのに全然できないのはなぜだろう?」

そう悩んでいる人のために、彼女ができない人の特徴についてチェックしていきましょう。

原因が分かれば、今の自分に足りないものや、これから気をつけるべき点が見えてきます。

自分にあてはまるものがないか?日頃の言動を振り返りながらみてくださいね。

2-1.コミュニケーション能力不足

「コミュニケーション能力の高い人」というと、話のネタが豊富で、気の利いた切り返しが得意で、初対面の相手にも積極的に話しかけられる……といったイメージが強いようです。

ですが、話を聞かされる女子は内心「この話題、興味ないんだけどな〜」、「自分のことばっかり話す人だな……」などと感じているかもしれません。

大切なことは、一緒にいて楽しいかどうか、居心地が良いと感じてもらえるかどうかです。

一方的に自分の話したいことばかり話すことが、コミュニケーション力が高いというわけではありません。

話をするのが不得意な人は聞き役から始めてもいいし、最初のうちは「オウム返し」で話を広げる方法もあります。

  • 女子「今日の授業難しかったね」
  • あなた「うん、難しかった」

これだけでもOKです。

コミュニケーションでは相手に対し「話をちゃんと聞いている」と示すことこそが重要で、普段の自分からかけ離れたキャラになる必要はありません。

2-2.服装に気を使っていない

「人は中身が大切」だとは言いますが、第一印象は数秒で決定します。

ですから、自分の中身を知ってもらいたければ、なおさら外見には気を使うべきなのです。

学生服があった高校の頃と違い、大学生になると私服を着る機会が多くなりますよね。

おしゃれに自信がなければ、さまざまなファッション雑誌に目を通し、どんなコーディネートがあるのかリサーチすることから始めましょう。

わざわざ書店に行かなくても、全身コーディネートを紹介してくれている個人ブログや、インスタアカウントもありますね。

具体的な話をしますと、だぼだぼしたズボンなど、だらしなく見られる服装は避けたほうが無難です。

大学生の女子は「大人っぽい」男性を好む傾向があるからです。

服装選びで迷ったら、

  • 清潔感
  • シンプル
  • キレイめ

の3点を意識してみてください。

色や柄が派手なものよりモノトーン調でまとめると、大人っぽい雰囲気を出しやすいです。

2-3.髪型がだらしない・眉毛がボサボサ

服装と同じくらい、髪型や眉毛も人の印象を大きく左右します。

ここでもキーワードは「清潔感」です。

服やコーディネートは自分で選ばなければなりませんが、髪型については美容師さんに、眉毛については眉毛サロンにおまかせしても良いでしょう。

自分が似合うと思っている髪型と、周囲が似合うと思っているあなたの髪型にはギャップがあるかも知れません。

ただ、プロにおまかせする時は、できるだけ自分でもセットしやすいスタイルにしてもらい、セットのコツについても確認しておきましょう。

2-4.肌だって見られています

男性の肌はもともと女性の肌より皮脂が多いんです。

また、ひげ剃りが肌へ与えるダメージは大きいです!

それなのに何のお手入れもせず、ベタついたり、肌荒れを起こしていませんか?

しつこいようですが、「清潔感」は鉄則です。

女子はしっかり見ていますよ。

  • 朝のぬるま湯洗顔
  • 化粧水
  • 乳液

スキンケアの習慣がなくても、まずはこの3ステップから実践してみてください。

2-5.アルバイトをしていてもお金がない

アルバイト代が出ても欲しいものを買っていたらすぐなくなってしまう……という人も、彼女を作りたければ、自分磨きやデート代にかけるお金はちゃんと確保しておきましょう。

お互い学生の身なので、お金がないことは女子も理解しています。

外食を割り勘にしても理解はしてもらえますが、ここで自分のほうが少し多めに出すなどしてあげると、他の男子と差をつけることができるかもしれません。

2-6.自慢話が多い

「コミュニケーション力」の項目で少しふれた内容ですが、自分の話ばかりしていませんか?

話しているほうは気分が良いかも知れませんが、聞かされるほうは楽しめているでしょうか?

特に嫌われるのが「過去の栄光トーク」です。

昔は成績が良かった、昔はモテた、昔は足が速かった……。

女子は「過去じゃなくて現在は?」と突っ込みたくてうずうずしているかも知れません。

過去の栄光は隠すくらいでちょうどいいと心得ましょう。

2-7.上から目線で話をする

自慢話と同じくらい嫌われるのが、上から目線です。

自分の得意なことや知識があることについて、ひけらかしたい気持ちが強く出ていませんか?

内容は的確なアドバイスだったとしても、あなたの言い方や態度次第で、女子は不快な気持ちになってしまいます。

上から目線になれるということは、確かに知識や情報があるのでしょう。

せっかくなら、女子が聞き入れやすい形で表現するようにしましょう。

感謝してもらえたり、その後も頼られたりするきっかけになりますよ。

2-8.レディーファーストができない

レディーファーストなんて時代遅れ?

いえいえ、なんだかんだ言って女子は優しくして欲しいし丁寧に扱われたいんです。

大げさな気遣いはかえって逆効果かもしれませんが、たとえば車道側を歩いたり、ドアを開けてあげたりするだけでも好感度アップです。

ポイントは「恥ずかしがらず、かつ、さりげなく」です。

2-9.下心が見え見え

大学生ですから性欲が旺盛なのはある意味で健全なことです。

ただ、最初から下心を隠しもせず接近してくる男子は、女子から警戒されます。

特に、飲み会などでお酒が入る場面は気をつけましょう。

まだそれほど親しくなっていない女子に過剰なボディタッチを続けていれば、恋愛関係になるどころか拒絶反応を示される可能性のほうが高いです。

何より、女子の口コミネットワークを侮ってはいけません。

その場にいない女子からも危険人物扱いされてしまうなんて、悲しすぎますよね……?

2-10.出会いの場へ行こうとしない

「自分は奥手だから」「コミュ障だから」「面倒だし」と、いろいろな理由をつけ、出会いが期待できる場を避けていませんか?

彼女を作りたいなら、普段なら行かないイベントや場所へも積極的に出かけてみるべきです。

なぜなら、出会いの場が増えるほど、彼女を作れる機会も増えるからです。

まずは「何かいいことあればいいな」くらいの軽いノリで参加してみましょう。

3.まとめ:大切なのは、動き出すこと

いかがでしたか?

彼女の作り方について、参考にできるもの、実践できそうなものが見つかったのであれば幸いです。

ここまで見てきたように、出会いの場や情報はあふれています。

身近なところにも出会いのチャンスはいくらでも転がっているのです。

あとは、あなたが動き出すかどうかです。

「彼女欲しいなあ……」とぼやいているうちにも、あなたの貴重な大学生活はどんどん過ぎています。

ファッション雑誌をめくるだけでもいいし、美容院で髪型を変えてみるだけでもOK。

自分磨きを続けていけば、だんだんと自信がわいてきます。

自信がわいてきたら、合コンやイベントにも積極的に参加していきましょう。

本心から「彼女を作りたい」と思っているのなら、何かひとつでも行動を始めてみることです。

まずは一歩、踏み出してみませんか。

関連記事

  1. 【完全版】O型女性を口説くために必須の情報6つとアプローチ方法

  2. 元カノからの連絡の意味は?未練だけではない女性心理8つと対処方法

  3. 人はどうすれば幸福になれるのか?いくらお金や自由を得ても幸福になれない…

  4. 感度がイイと愛される♡とろける前戯をしてもらえる裏ワザまとめ

  5. 恋愛対象外な女性の特徴は?一発逆転のマル秘テクニックも紹介!

  6. 夏の合コンで他の男と差をつけろ!合コンでモテる夏服コーデ5選

  7. 執着を手放すたった1つの方法は?恋愛に前向きになる秘策を解説!

  8. 【保存版】彼を虜にする家デートのプラン5選!事前準備も紹介