ヨガの服装!選び方やおすすめのヨガウェア

ヨガのレッスンに通う時、「動きやすい服装で来てくださいね」と言われます。しかし、未経験者ではどんな服がヨガに向いているのかわかりません。

今回はヨガの時の服装の選び方を紹介します。

ヨガの種類や性別、初心者かどうかでもおすすめの機能は違うので、自分に合ったものを選んでください。

1.ヨガを行うのに決まった服装はない

ヨガを始める際に「ヨガウェアを購入しなくては」と考えている人もいますが、実際にはヨガを行うのに決まった服装はありません

そのため、手持ちの服の中からヨガに合いそうなものを選んで着用しても問題ないのです。

手持ちの服の中から選ぶときのポイントは以下の通りです。

  • 手や足を大きく動かすことができる
  • 膝や肘の曲げ伸ばし、前屈などを邪魔しない
  • 寝た時にチャックやベルトが当たって痛くない
  • 汗を吸う

これらの条件を満たす服があるのなら、急いでヨガウェアを買う必要はありません。じっくり調べたり、ヨガのレッスンの様子を見て先生に相談したりしながら自分に合うものを選んでください。

2.ホットヨガを行う場合は服装選びが大切

ホットヨガとは室温35~39度、湿度を60%前後の高温多湿の室内で行うヨガのことです。これはヨガ発祥の地であるインドの気候を模した状態だと言われています。

通常のヨガよりも体への負荷が大きいですが、新陳代謝の改善に大きな効果が期待できます。

ホットヨガでは通常のヨガよりも大量の汗をかきますが、室内が多湿なので自然に乾くことはありません。そのため、吸湿性の良い服装が必須となります。

また、服が水分を吸って重くなりやすいので、布の量が少ないショートパンツやレギンスタイプのウェアを選ぶ人が多いです。トップスはタンクトップか体にフィットする半袖のTシャツが良いでしょう。

ダボっとしたスタイルは服が体に貼り付いて動きの邪魔をする可能性があるので、おすすめできません。

3.ヨガの服装選びの注意点

ヨガの服装を選ぶときにはリラックスできるものを選びます。

特にこだわりたいのが、着心地や違和感です。

肌触り……服の肌触りは好みが分かれるところです。ヨガは体をひねったり大きく回したりと、服と体が擦れることも多く体型によっても着やすい服は変わります。

人によっては、縫い目が擦れるのが苦手という人もいるので、一度試着してみるのがおすすめです。試着する時間がなくても初めて買う場合は布地を触って感触を試してみるのが良いでしょう。

フィット感……フィット感はサイズ感とも言い換えられます。一人ひとり体型が違うので、同じサイズの服を着てもフィットしていると感じるものが違います。ヨガの服装では締め付けないけれど、体に沿うものが動きやすいです。

また、普段からスポーツをする人は運動時の負荷を軽くしてくれる着圧タイプのレギンスを愛用している人もいるでしょう。しかし、着圧レギンスはヨガには向かない場合があります。膝や筋肉の負担を軽くするためのテーピング加工が、ヨガの動きを妨げる可能性があるのです。

伸縮性……伸縮性のある服装の中でも、肩と股関節の動きを制限しないものが良いです。特に見落としがちなのが肩です。ヨガでは肩を大きく動かします。半袖の服でも腕を上げた時に引っかかるようなものもあるので、試着して手を上にあげる動きを試してみてください。タンクトップタイプなら気にせずにできて良いですね。

股関節の動きは実際に着て動いてチェックしてみてください。ヨガを始めたばかりの頃は体が硬く問題なかったパンツでも、関節が柔らかくなってくると動きづらいと感じる場合もあります。自分のレベルに合わせて、ストレスなくヨガに取り組めることが大切です。

凹凸がない……ヨガの服装を選ぶ時に見落としがちなのが、服の凹凸です。ヨガは床に座ったり寝転んだりして行うこともあります。その時、チャックやウエストの紐などちょっとした段差が気になる場合もあります。

ヨガ中に不快感を感じると、集中力が途切れてしまうことがあるので、なるべくシンプルなものを選んでください。

4.女性におすすめのヨガの服装は?

女性におすすめのヨガスタイルを紹介します。

1.初心者はヨガの動きを妨げない手持ちの服装がおすすめ

初心者で、どんなウェアを購入したら良いのか迷っているのなら、とりあえずは手持ちの服でレッスンに行ってみるのもよいでしょう。

自宅で試着をし、股関節や肩の動きを邪魔しないか、吸水性は十分か、という点のみチェックしておきます。

ウェアは手持ちのものでも十分ですが、注意して欲しいのは下着です。

一般的なブラジャーは運動するとストラップがズレ落ちやすく、ホックが外れる可能性もあります。スポーツブラやカップ付きキャミソールなど、ストラップがずれにくくホックのないものを選んでください。

また、ヨガの動きには深呼吸が大きく関わります。締め付け感の強くないものを着用し、息を吸った時の肋骨の動きを邪魔しないものを選びましょう。

さらにうつ伏せになったり、前かがみになった時に胸元が見えないウェアがおすすめです。

2.ヨガスタジオに通うならおしゃれなヨガウェアがおすすめ

定期的にヨガスタジオに通うのなら、おしゃれなヨガウェアを探してみてください。

手持ちの服でしばらく通ってみると、他の人たちのウェアを見る機会が増え自分の好みなどが分かってきます。スタジオで先生におすすめのウェアや選び方のポイントを質問してみるのもおすすめです。長く続けられると思ってから、お気に入りの一枚を時間をかけて探すと、さらにヨガへのモチベーションが上がります。

ヨガに慣れてくると手持ちの服では動きにくいと感じる場合もあり、その時に「専用のヨガウェアを買おう」と考える人が多いようです。

3.女性に人気のヨガウェアのコーディネート例

ホットヨガにもおすすめ!レギンスとタンクトップ

体のラインが出ることに抵抗がない人におすすめなのが、レギンスとタンクトップのコーディネート。体を大きく動かしても服が邪魔になることはなく、ゆっくり体を動かしながら行うヨガにも適しています。

カップ付きキャミソールやタンクトップを使えば、トップスも1枚ですむので楽ちんです。

腰の冷えが気になる場合はショートパンツとの重ね着もおすすめです。

フィット感のあるTシャツとクロップドパンツ

初心者におすすめなのが、Tシャツとクロップドパンツのスタイル。裾が絞ってあるクロップドパンツは7分丈程度のものが多く、足を大きく動かしやすいのが特徴です。また、足裏を足に当てるポーズでも、汗で滑ったりすることがないので安心と人気です。

5.男性におすすめのヨガの服装は?

男性用のヨガ専門ウェアはまだ少ないのが現状です。手持ちの服や他のスポーツウェアをヨガで使うときのポイントを紹介します。

1.ポーズに集中できるリラックス感・サイズ感のもの

ヨガのときはリラックスできることが大切です。ゆとりがありながらも、フィット感のある服装を選んでください。

特に男性は身長や体型、筋肉量の個人差が大きいです。サイズ感を確認して用意する必要があります。

さらに男性はダイナミックな動きをするヨガを好む傾向にあります。大きめサイズのトップスは前屈の時に顔に布がかかってしまう場合があります。またフィットしすぎのパンツは足を大きく開くと違和感を感じたりもします。

実際に手足を大きく動かしてみて、動きを邪魔しないか確認してください。

2.吸汗性に優れているもの

ヨガは見た目よりもハードで、じっとりと汗をかく運動です。汗を良く吸い、できれば速乾性のある素材の服を選んでください。

ヨガ中に汗が伝うと不快に感じ集中力がなくなってしまいますし、マットの上に汗が落ちると滑って怪我の原因になる可能性もあります。

3.男性に人気のヨガウェアのコーディネート例

ハーフパンツとレギンス、フィット感のあるTシャツ

男性だけのヨガレッスンスタジオも増えてきていますが、女性と一緒のクラスを受けている人も多く、「清潔感」に気を使っている人も多いです。

吸水性と速乾性に優れたレギンスに短い丈のパンツを合わせると清潔感があります

トップスでも露出の多いタンクトップやノースリーブより、Tシャツが好まれています。

6.スタジオで目立ちたいならおしゃれなヨガブランドの服装がおすすめ

ヨガは手持ちの服でもできる、と紹介してきましたが、ヨガのスタジオレッスンに通っていると周りの人のおしゃれなヨガウェアが気になる人も多いです。おしゃれなヨギ(ヨガを楽しむ人々)はヨガ専門ブランドのウェアを着用しています。

ヨガブランドのウェアはおしゃれで、毎日ヨガを楽しむ人の中にはヨガウェアをコーディネートして普段着としている人も多くいます。しかも「今からスタジオに行く」という雰囲気は一切なくとてもおしゃれなのです。

ヨガブランドのウェアはシンプルなアースカラーやニュアンスカラーを中心にしているものやボタニカルながらが入ったもの、きれいな色を多く使ったカラフルなものなどバリエーションもあるので、自分のお気に入りのブランドを見つける楽しさもありますね。

特に次のようなブランドが人気を集めています

スリア……サンスクリット語で太陽を意味する。着心地にこだわった日本のブランド
チャコット……ダンス用品メーカーで動きやすさと体のラインをきれいに見せるディテールが人気
ルルレモン……普段着づかいしやすいと人気のカナダのブランド
ヨギーサンクチュアリ……天然素材を使ったウェアが豊富

ヨガブランドのウェアならヨガの動きにもぴったりです。少し高価ですが良い素材を使っているものが多く、長持ちするので結果的にコスパは良いです。

7.初めてヨガをするときの服装はguやユニクロのスポーツウェアがおすすめ

ヨガを始める時は長く継続できるかわからないので、ヨガブランドのウェアは高すぎると感じてしまいます。

初めてヨガをする人はguやユニクロといったファストファッションのスポーツウェアコーナーで探してみてください。次のようなおすすめポイントがあります。

  • 安価でカラーバリエーションが豊富
  • 本気すぎるヨガウェアではないけれど、それっぽい
  • 店舗が多いので実物を確認したり試着したりしやすい
  • ネットショップもあるので、色やサイズ違いで購入したい時にも便利
  • メンズも充実

ユニクロやguの魅力はリーズナブルで、サイズとカラーのバリエーションが豊富な点です。ウェアを上下で揃えてもそれほど高くありませんし、幅広いサイズ展開で、いろいろな体型の人に対応できます。

また、デザインはシンプルなものが中心ですが、アーティストとのコラボデザインも定期的に発表され、普段にはない柄ものも多く販売されます。柄物に初挑戦するときにもおすすめです。

また、メンズの展開があるのもポイントです。メンズウェアを扱っているところは少ないのでネット通販で購入している男性が多いですが、ユニクロなら店舗数も多くウェアを手に取って試着して選ぶことができます。

まとめ ヨガをするときは動きやすくて自分の気持ちが上がる服装がおすすめ

最後に重要なポイントをまとめましょう。

  • ヨガを行うのに決まった服装はない。手持ちの服から選んでOK
  • 手持ちの服から選ぶ時のポイント
  • 手足を動かしやすい
  • 前屈など体全体を大きく動かすことができる
  • 寝たときに金具やベルトが邪魔にならない
  • 汗を吸う
  • ホットヨガは吸水性がポイント
  • 布が汗を吸うと重くなるので、布の量が少ない服装がおすすめ

ヨガの服装選びのチェックポイントは下記の通り。

  • 肌触り
  • フィット感
  • 伸縮性
  • 凸凹がない

女性におすすめのヨガの服装は下記となります。

初心者は

  • 動きやすい手持ちの服で十分
  • 事前に自宅で試着し、動きやすさや吸水性をチェック
  • 一般的にブラジャーはNG。スポーツブラやカップ付きキャミソールなどを着用
  • うつ伏せでも胸元が見えないか鏡でチェック
  • スタジオにしばらく通ってから
  • 他のレッスン生を見ておしゃれなヨガウェアをチェック
  • 先生におすすめを聞いてみる
  • ヨガになれると手持ちの服では動きにくさを感じることも

おすすめのコーディネート例は、下記を参照に。

  • レギンスとタンクトップ
  • ホットヨガなど汗をたくさんかく場合におすすめ
  • 体にフィットして動きやすい
  • Tシャツとクロップドパンツ
  • 裾が しぼってあるクロップドパンツは体型カバーと足の動かしやすさが特徴

男性におすすめのヨガの服装は、下記を基準にしてください。

  • 着やすさとフィット感を重視
  • ハードなヨガを楽しむのなら、汗をよく吸うものを
  • 人気のコーディネート例
  • ハーフパンツとレギンス、フィット感のあるTシャツ
  • 女性と一緒にレッスンを行うときにも最適

スタジオで目立ちたいのならヨガブランドのウェアがおすすめ。

人気のブランドは下記。

  • スリア
  • チャコット
  • ルルレモン
  • ヨギーサンクチュアリ

初心者にはユニクロやGUのスポーツウェアがおすすめです。下記の情報をインプットしておいてくださいね。

  • 安価でシンプルカラー
  • バリエーションとサイズの幅が豊富
  • 店舗が多く試着しやすい
  • ネット通販で色やサイズ違いで注文可能
  • メンズも充実

ヨガを始めたいけれどヨガウェアをどこで買ったら良いのか迷っている人は、とりあえず手持ちの動きやすい服でレッスンに行ってみてください。定期的に通ううちに「こんなものが欲しいな」と具体的にイメージできるようになります。

また、動きやすい服装を持っていない場合、初めから高価な専用ウェアを購入するのに抵抗を感じる人もいるでしょう。ユニクロなどのスポーツコーナーで紹介したポイントを押さえたヨガに使える服装を選んで購入してみてください。

ヨガを行うのに決まった服装はないので、自分がヨガを行いやすいと感じるものを着用してください。

関連記事

  1. 夢占い診断!犬の夢が暗示する意味とは?

  2. 中・上級者におすすめしたい海外ひとり旅

  3. 外国人の日本旅行!人気の観光スポットは?

  4. 夏休み旅行!夏におすすめの観光スポット

  5. 【完全保存版】浅草デートにおすすめのコースやスポットをご紹介!

  6. ジムダイエット!選び方とおすすめメニュー

  7. 結婚できないかも!不安に押しつぶされそうなときの対処法

  8. 実家の夢が暗示する夢占いの意味を診断!