中学生のセックス事情!伝えたい知識とは?

R-18という分類があるように、基本的にセックス、性行為というものはある程度自立した大人、高校生を卒業した辺りから許される行為であると言えます。

しかし、ダメだと言った所でそれが完璧に守られているというわけではなく、実際に行為に至っている中学生はある程度存在します。
今回はそんな中学生のセックス事情や、必要な知識について解説していきます。

1.中学生のセックス経験の割合

世の中にはしてはいけない事、というものが定められています。
しかし、いくら言葉や字、絵でダメだと示した所で肝心の対象そのものが封じられていなければ、手をだしてしまう人は一定数存在するもの。

それこそ押してはダメというボタンがあったとして、そのボタンが決して壊れないケースで守られていない限りは必ず押してしまう人が現れます。

もっと一般的な事で言えば、タバコやお酒、運転や性行為などが当てはまるでしょう。
前者の3つは手に入れる方法こそ限られていますが、それこそ入手不可能であるというわけでは無く、未成年による行為として良く問題となっています。

中でも性行為に関しては主に成人による未成年に対する淫行が取り沙汰されるものの、中学生同士を含めた未成年同士で行われる事もまた、表沙汰になっていないだけで数多く事例が存在しているのです。

中学生のセックス経験割合は、日本性教育協会という所が調査したデータによると約5%です。
パーセンテージとして見ると少ないと受け取る方もいるかも知れませんが、100人に5人という割合は決して少ないとは言えず、それこそ一つの学校で一人どころか、一つの学級で数人は経験者が居るという状態です。

2.中学生のセックスに関する問題とは?

中学生がセックスをする上で問題となる事は、それこそ高校生や大学生が行う事よりも多岐に渡り、かつ深刻なものとなります。

まず一つ目は身体に対する負担。
性行為というものは相応に身体へ負担を与えます、女性側は勿論男性側にも負担は大きく、それこそ性的興奮による死亡例は結構な数存在しています。
中学生はまだ発育途中の未熟な身体であり、そこに無理な負担をかける事は好ましくありません。

次に妊娠に関係する事、大抵の場合は中学生になる頃には男女共に子供ができる身体になっています
つまりセックスをするという事は、子供ができるという事。
ある程度知識がつく高校生であればまだ避妊という概念を理解しているかもしれませんが、中学生でしっかりと避妊をしてセックスを行うとは信じ難いでしょう。
そして仮に妊娠してしまった場合の負担も大きいものになります、体の負担は当然、産むという選択肢も高校生や大学生よりも選びにくいでしょう。

高校生であれば最悪学校を中退し、バイトをする事でお金を稼ぐことで責任を取るという選択肢も取れるでしょう。

しかし中学生はそうもいきません。
中学生がセックスに及ぶ上で、「責任を取ることができない」というのが最大の問題であると言えます。

3.日本における中学生の性教育事情

性行為、及び生殖行動というものは学校でも習います。
所謂保健体育の授業で習うことが多いものの、その実態と言えばあくまでも「生物学的なメカニズムの解説」に終始しており、それこそ「セックスをすると子供ができる」という程度の事しか教わりません

しかし、人間という生物がセックスをする上でその目的が子作りであるかと言えば、答えはノーでしょう。
ただ快感を求めるために行う事もあれば、子供はまだ作りたくないけど恋人と愛を確かめ合いたいというような求愛行動の一貫として行う事もあります。

教育というのであれば、当然ながらこういった感情的な意味合いで行われる性行為についても正しい教育を施さなければなりません。

確かに無闇矢鱈に未成年のうちから性的なものに見て触れて体験するのは良くない事なのかもしれません。
しかし遠ざける事が良いことなのかと言えば、それも違います。
知識が無ければ正しい行動を判断することはできず、教わらなければできない人も居ます。

昨今は青少年の健全のためと言って性的なコンテンツへの規制を強めている傾向がありますが、「正しく性的な知識を身につける事ができない」という教育環境が改善されない限りは、青少年の健全も何も意味は無いでしょう。

4.外国における中学生のセックス・性教育事情

日本については以上の通りになりますが、では海外での性教育やセックス事情はどうなのかというと、例えばフィンランドなどは性教育を必修としており、盛んに性教育が行われています。

その結果、性教育が選択科目であった頃と比べると人工中絶数が減り、かつ性感染症に関しても同様に減るというデータが出るようになりました。
つまり「正しい知識を教える事で、性行為における問題を減らせた」という事例の一つであると言えるでしょう。

セックスに関しては詳細なデータは少ないものの、初体験の年齢が何歳か、という全国の平均ランキングでは一位であるアイスランドが15.6歳、続いてドイツ、スゥエーデン、デンマークとヨーロッパ諸国は比較的早めに初体験を行う傾向にあります。

対して日本は17.2歳程度、アメリカは16.9歳、最下位はインドの19.8歳で基本的に成人してから初体験を迎えた、という平均値が出ている国は存在していません。

海外と比較してみても、教科書で性器の仕組みと行為による受精のプロセス程度しか教えない日本の性教育は遅れている、情報が不足していると言えます。

5.中学生のセックスに対する悩み

実際にセックスをしたことがある、あるいはセックスをする機会がある中学生達が抱えている悩みはどんなものがあるのか。
あくまでも悩みについて紹介と解説を行うだけであり、悩みを解決して性行為を推奨するという意図はありません

どんな事であれ、悩み事というものは解決した方が良いもの。
それこそ時間が解決してくれるようなもの以外は悩む時間が長引けば悪化したり、取り返しのつかない事になったりするかもしれません。

悩んだ結果間違った知識、あるいは判断を下す事だってあります。
性行為はそれこそ身体を壊す可能性も秘めた危険性も存在する行為です。
悩みを抱えた結果間違った判断を下し、行動した結果二度と子供が作れない身体になってしまっては取り返しのつかない事になってしまうでしょう。

1.男女共通の悩み

まず男女共通の悩みとしてあるのが「妊娠」「病気」「行為方法」など。
上記でも触れたように、中学生の内から妊娠するというのは今後の人生に大きな影響を及ぼします。
身体が出来ていないという事以上にも、今の時代的に問題があると言ったほうが正しいでしょうか。

それこそ昔、戦国時代などは10代前半で結婚出産が当たり前ではありましたが、それは今と異なる社会、時代、そして平均寿命が短いなどと言った理由があったからこそ。
今の時代では未成年が産むというだけでも一大事となり、更に育てるには様々な障害が存在します。

また、産まないという選択肢を選ぶにしても、それは中学生だけで決定し行動できるようなものではありません。
妊娠してしまった、どうしようという悩みは男女共通の悩みであると言えるでしょう。

次に病気について。
性行為に性病はつきもの、不衛生であったり性病を持った人と性行為を行う事で性病に罹ります。

大抵の中学生、勿論中学生だけでなく大人でも性病なんてものに罹ってしまっては恥ずかしくて病院にもいけないという人は居る事でしょう。
当然性病に罹ってしまっては性行為や自慰について聞かれる事になるため、羞恥心が勝って隠してしまう、という事もあります。

基本性病は自然治癒しないものであるため、大抵はそのまま性病を抱えたままだったり、悪化してしまう事になってしまうでしょう。

最後に行為そのものについて。
性教育で教えてもらえるのは性行為の仕組みと受精について、そして性器の仕組み程度の事。

つまりセックスをする上でどういった手順があってどういう事が必要なのか、という事については教えられません。
そのため、そもそもセックスをする上でどういう事をすればいいのか、本当に相手が気持ちよくなってるのか不安、という悩みは男女共通でしょう。

2.男の子の悩み

続いて男子特有の悩みについて。
一つ目は「本番で勃起しない」というもの。
これは緊張によって勃起しなくなるという生理現象であり、基本的には病気ではありません。

勃起不全という症状が出るのは大抵40代に入ってからであり、そもそも性行為に関係なく勃起自体しないというのはまた別のお話、一度病院で診てもらった方が良いでしょう。
普段は勃起するのに、本番行為で勃起しない・しにくいというのは緊張由来のものであるため、時間をかけて緊張をほぐせば問題ないでしょう。

次にセックスで絶頂まで快感を得られないという悩みと、早々に絶頂を迎えてしまうという悩み
こればかりは個人によるとしか言えません。

前者であれば自慰行為をしすぎで、セックスにおいて快感を得られにくい状態であったり、性的な興奮が不十分でそもそも快感を得られていないという理由が考えられます。
後者であれば持久力の問題や緊張していたりといった理由が考えられます。

3.女の子の悩み

対して女子の悩みについて。
女子であれば、セックスで快感を得られない・痛いという悩みが多いでしょう。
男性器とは異なり、女性器の場合は十分に濡れていないと快感が得られにくく、愛撫や興奮が不十分な状態でセックスを行うと快感どころか痛みを伴う事になります。

この悩みに関しては事前にしっかりと愛撫を行うか、慣らしていく事で解決するでしょう。

6.中学生カップルがセックスする前に教えておきたい知識

前述した通り、この記事は中学生同士による性行為を推奨しているわけではありません。
しかし、「してはいけない」と言うだけでは行為を止める事もできませんし、不十分な知識から問題が生じる可能性が高くなります。

だからこそ、「してはいけない」というだけではなく、「するなら最低限こういった知識はつけておこう」と正しい知識だけは与えておく必要があるのです。

1.生理・射精の知識

まずは人の身体の仕組みとそれに伴う知識について。
基本的な仕組みは性教育で習う事ではありますが、男性が女性の生理を実感できないように、女性に男性の射精を実感する事は普通できません。
そのため、ここでは男子側が女性の生理について、そして女子側が男性の射精について覚えておくべき知識を解説していきます。

まずは生理について。
生理の具体的な仕組みは置いておくとして、知っておくべき事としてまず生理は「妊娠していない間は来るもの」であるという事。
つまり性行為の後に生理が来なくなった、という場合は高確率で妊娠している事になります。
生理中、及び生理前の女性には不快な感覚が訪れてしまいます、そのため生理前・生理中の女性は単純に不調であると認識しておくと良いでしょう。

また、詳細は後述しますが、生理中にセックスをしても妊娠しないと言われていますが、具体的には間違いだったりします。
そのため、妊娠しないためと理由をつけて生理中に性行為を行うのはおすすめしません。

次に射精について。
精子を含んだ精液を体外に排出するという仕組みですが、射精の前にはカウパー腺液というものが分泌されます。
わかりやすく言えば男性器を刺激していると出てくる無色透明の液体の事で、これそのものには精子は含まれていません。
含まれてはいませんが、射精以外でも精子が排出される事があり、それがカウパー腺液と共に出てくる場合があります。
そのため、実際の射精を外に出したからといって妊娠しないとは言えません。

また、男性は基本的に精巣に蓄えられた精子の量が射精回数に直結しているため、女性とは異なり絶頂の回数が限られているだけでなく、一度の絶頂を経て再度勃起するまでに時間がかかったりもします。

2.妊娠・中絶の知識

次に性行為によって発生する妊娠についての知識と、妊娠した状態から産まないという選択肢、中絶についての知識です。
まず、基本的に妊娠する前提条件として生理、初潮を迎えている事と精通を迎えている事が挙げられます。
どちらか片方が迎えていないというのであれば、基本的に妊娠の可能性は低いでしょう。

妊娠してから出産まではおおよそ10ヶ月前後、妊娠したかどうかを確認する方法はいくつかあり、感覚的なもので言えば生理が来なくなった、というもの。
確実なのは妊娠検査薬を用いる事です。

仮に妊娠させてしまった、してしまったという場合、中学生であるならば大抵は中絶を選ぶ事になるでしょう。
中絶は妊娠してからの月日によって方法が変わり、基本的には時間が経つにつれて身体への負担が増します。
費用に関しては勿論中学生が到底払える額ではないというのが第一、何よりも女性への負担が問題となります。

それこそ場合によっては二度と子供を産めなくなる身体になる可能性すら存在します。
カップルで愛を確かめ合う行為としてセックスした結果、将来愛情の証である子供を作れなくなってしまっては問題でしょう。

また、お互いの遺伝子が結び合って生まれた命を奪う、端的に言えば「殺す」という選択をする事になります。
その事を念頭に置く事を忘れないようにしましょう。

3.避妊の知識

妊娠しないためには避妊をする必要があります。
まず第一に、避妊する上で重要なのがコンドームです。
男性器に伸縮するゴムのカバーを被せて射精の際に精液が膣内に届かないようにする、という避妊具の事で、コンビニで買う事ができます。

前述した通り、例え外に出したとしてもそもそもカウパー腺液に精子が混じってしまっている事があるため、セックスの最中に中に出たカウパー腺液で妊娠する可能性がある以上、決して避妊している事にはなりません、大前提としてコンドームをつけている事が最低限の条件と言えます。

次に生理中なら妊娠しないという説が存在します。
確かに所謂安全日と呼ばれる日であれば妊娠する確率はかなり低いでしょう。
ただし、精子というものは4日程度生きています。

つまり生理中にセックスをしても、精子が生き残ってしまい、結果妊娠してしまうという可能性が多いにあり得るのです。

他にも、生理中は後述する性感染症のリスクも高まります。

4.性感染症の知識

最後に性感染症について。
いわゆる性病と呼ばれる病気で、様々な種類が存在します。
代表的なものと言えば淋病や梅毒など。

基本的に性行為によって発症・感染する他にも、雑菌が性器や傷から侵入し、発症する可能性があります。
放置すると最悪性器が使い物にならなくなる可能性があるため、その疑いがある場合は早期発見早期治療を心がけ、恥ずかしがらずに病院で診てもらうと良いでしょう。

まとめ 中学生には正しいセックスの知識を事前に教えておくことが大切

以上、中学生でのセックス事情と伝えたい知識について解説していきました。

重要なポイントをまとめると以下の通り。

  • 中学生でもセックス経験者の割合は5%も存在している
  • セックスには相応のリスクが存在する
  • 日本の性教育はあくまでも性交と受精の仕組みしか教えられない
  • 海外では「正しい知識」を教える事で人工中絶や性感染症が少なくなるというデータが存在している

今回の内容をまとめると以下の通りです。
日本に限らず、ダメな事を規制したり排除して忌避する傾向がありますが、遠ざけるばかりでは必要な知識すらつけられず、むしろ無知のまま「何をしていいか」という事がわからずに危険な事をしてしまう可能性があります。
もちろんしないにこした事は無いでしょう、しかし、遠ざけるのではなく正しく必要な知識を教えておくことで、万が一があった際のリスクを減らすことができます。

関連記事

  1. 旅の計画におすすめ!人気旅行サイト一覧

  2. 目的別!ダイエットにおすすめのメニュー

  3. しつこい女に気をつけろ!スッパリ諦めさせる断り方を紹介!

  4. 38歳ってどう?38歳女性の特徴・結婚できない理由と婚活ポイント

  5. 彼氏と別れたあとはどう過ごす?充実した時間を過ごすための方法とは

  6. うさぎ顔の特徴!うさぎ似芸能人とメイク術

  7. 結婚できない理由って?結婚できる女性になるためにすべきこと!

  8. 温泉ランキングで人気の温泉地や宿泊先は?