チャットパッドの楽しみ方と注意点とは?

インターネット掲示板、出会い系サイト、チャットサイトなどなど、ネットというものが普及してからは遠く離れた見知らぬ誰かと交流する手段や機会が増えました。
今回はそんな交流サイトの一つであるチャットパッドについて解説していきます。

1.そもそもチャットパッドとは?

そもそもチャットパッドって何?聞いたことがあるけど具体的にはどんなサービスなの?という所から解説していきましょう。
チャットパッドとは、その名の通り「チャット」を楽しむことができるサービスです。

LINEやTwitterなどのSNSを主に利用している人からすると「チャット」という単語にピンと来なかったりもするかもしれませんが、チャットとはネット上でコミュニケーションを取る事の総称であるため、広義ではSNSもチャットツールの一つであると言えます。

チャットパッドは不特定多数の誰かとネット上で雑談を楽しむことができるサービスであり、普通のチャットアプリやサイトとの大きな違いとして、「ランダムで相手が選ばれる」という機能がメインとなっています。

勿論ネット上のチャットサイトを利用している人の大半は見ず知らずの赤の他人ではありますが、利用を続けている以上は大抵同じ人と話す事になるでしょう、そうして一つのチャットサイトに定着している常連の事を「住人」と呼称する事もあります。

しかし、チャットパッドの場合は利用している相手の中からランダムに選ばれた人と会話する、という形であるため、それこそ毎回違う相手と話すことができます。

1.チャットパッドの運営会社

そんなチャットパッドを運営している会社は「株式会社モノリス」と言い、「ICT(情報通信技術)を活かし人々の生活をより豊かなものにする」という理念のもと会社を運営・経営しています。

そんなモノリスがチャットパッドのサービスを提供する理由は「SNSやブログサービスなどの、他者との交流よりも自分語りや独り言を中心にした現代において、自分とは異なる人間と会話をする事で新たな知見を得られるチャットを復活させたい」というもので、上記でSNSも広義ではチャットであるといえると言いましたが、具体的にSNSやブログと何が違うのかという点についても解説していきましょう。

まず、チャットというのは形式としてはLINEが近いでしょう、リアルタイムで発言をやりとりするため、実際に会話しているのと殆ど変わらないでしょう。
対してTwitterやブログの場合、「自分(相手)の独り言やつぶやき」に対するメッセージという形で交流が行われるため、基本的にチャットやLINEよりも消極的な交流になります。

その方がストレスが少なく済むというメリットこそあるものの、逆に言ってしまえば「自分と同じ価値観の人間と話すことが多くなる」という事にも繋がるため、自分とは異なる人と話すことによる新たな知見が得られにくいというデメリットも存在します。

そのため、チャットパッドでは「自分とは異なる人との会話」に重きを置いた結果、ランダムで会話相手が決まるというサービスになった、という理由が存在しています。

2.チャットパッドは出会い系サイトではない

ランダムで会話相手が選ばれるという、一種のマッチングアプリ的な側面を持つチャットパッドですが、出会い系サイトではありません。
しかし利用者の中で出会いを求めたり、あるいは実際に会う事を求める事を目的とした所謂「出会い厨」と呼ばれる存在が多いのもまた確か。

ただ、この出会い厨という存在は古今東西、それこそネットが普及する前から「ナンパ」という形で存在していたように、人と交流する場であれば発生する問題でもあります。
チャットパッドはあくまでも「チャットを介して見知らぬ人とふれあい、良い意味で摩擦がある繋がりを得る」という事を目的としたツールです。
出会いを求める場といっても、出会い系サイトとはまた用途が違うため、出会い系のような目的で利用することは辞めておいた方が良いでしょう。

それこそ場合によっては悪質なユーザーとして通報されてしまう可能性も十分存在しています。

3.チャットパッドの楽しみ方

チャットパッドは「ランダムに誰かとマッチングする」というシステム上、チャットの仕組みとしては所謂「2ショットチャット」と呼ばれるタイプのチャットです。
これは相手と2人きりで行われるチャットのため、不特定多数とわいわい楽しみたい、というよりも誰か1人とじっくり話し合いたいという楽しみ方に向いています。

そのため、運営会社である株式会社モノリスがこのサービスを提供する理由である「自分とは異なる趣味・職業・価値観・年代の相手と話すことで得られる新たな知見」や「良い意味で摩擦があるつながり」を体験するという楽しみ方が一般的です。

また、見知らぬ人との会話練習にも使えるでしょう。
楽しみ方、とは少々異なりますが、色々な人と会話をする事によってどういった人間が居て、どういった会話をすれば仲良くなれるのか、あるいはどういった会話や話し方が嫌われるのかを低リスクで学ぶことができます。

SNSの発展によって他者とのコミュニケーションの機会は増えましたが、それ以上に「同じ性質の人間と会話する機会」に偏りがちになっています。
同じ価値観を持つ相手との会話はストレスが少なく楽しく楽なものでしょう、しかし同時に「視野や常識を狭める」という事にも繋がります。
世界は広く、それこそ個人レベルの常識の違いどころか、住む国によって全く異なる常識が存在している事もあるのです。

そんな中でその場所、その人の常識の範囲や価値観の違いを理解していない、あるいは自分の常識が正しいと思い込んでしまっていると事故や事件の原因にもなりかねません。
人は未知、「自分が知らない事」に対して恐怖や忌避を覚えるとも言いますが、この忌避や恐怖を知的好奇心に変えることでより生きやすく楽しい人生になることでしょう。
そのためにも、チャットパッドは未知を知るために最適なツールの一つであると言えます。

4.チャットパッドの使い方

チャットパッドの使い方として、まずはインストールを行いましょう。
インストールして起動すると、チャットを開始するというボタンがあります。
これを押すこと、以上です。

他にも、チャットパッドそのものに備わった機能ではありませんが、掲示板というものが存在します。
こちらは主にチャットパッドのメンテナンス中に避難所として利用されたり、ランダムチャットで意気投合した方を誘い出し、そこで話したりするといった用途で利用されています。

会員登録や個人情報の入力などは無く、それこそ旧来のチャットサイトと同様に手軽に利用することができます。

2.チャットパッドのメリット・デメリット

チャットパッドのメリットとデメリットについて解説していきましょう。
メリットは上記で何度も語ったように、「見知らぬ人・自分と異なる人と会話することで新たな知見が得られる」という事、手軽に話し相手が見つかる他にもサービスが続く限り「過疎」の可能性が少ないという事も挙げられます。

それこそネットが普及した初期こそチャットサイトというものは賑わっていましたら、旧来から存在するチャットサイトの中で今でも利用している人が多い所というのは極わずか。

しかしチャットパッドの場合、その手軽さと、基本的に必要なのは自分と相手の2人だけという点からいまだ過疎とは無縁です。

もちろん永遠に続くサービスという保証も無いため、それこそ運営会社が倒産する、あるいはネット環境が一変して利用できなくなるといった理由でサービスが終了する可能性もあります。

次にデメリットについて。
「狙った人とは話せない」という事、ランダムでマッチングする関係上、性別は勿論年齢も完全にランダムです。
更には上記で触れた出会い厨などは当然異性との出会いを求めているため、同性とマッチングした瞬間に会話を切る事も珍しくありません。
また一度の会話では相手の事を深く知る事もできないため、特定の人と付き合いが長くなりにくく、交流関係が広がりにくいというのもデメリットかもしれません。

3.チャットパッドを利用するのに向いている人・向いていない人

実際にどんな人がチャットパッドに向いているのか、あるいは向いていないのかを見ていきましょう。
まずは向いている人、単純に暇な時間などに話し相手が欲しいという方、お話が好きな方にはおすすめでしょう。
他にも自分が知らない事を知りたいという方にも向いています。

対して向いていない人というと、出会いを求めている方、深い付き合いを築きたい方、友人を作りたいという方、特定の事を語り合いたいという方など。

  • 1つ目は、まず出会いを求める場では無いという事
  • 2つ目は、基本一回きりの会話であるため、浅く広くの交流になるという事
  • 3つ目は、2つ目と同じく浅く広くという関係上、仲良くなっても掲示板で連絡先を交換するなどしない限り再度マッチングする可能性が低いという事
  • 4つ目は、ランダムマッチングである以上、自分が知っている事や語りたい事を相手が知っているとは限らない上、悪い場合だと自分が好きな事が嫌いな人である事もあります

そのため、こういった人はそれぞれ特定の用途に特化したコミュニケーションツールやサイトを利用すると良いでしょう。
出会いを求めるなら出会い系、特定の事を語りたいのであればそれに関係したコミュニティサイトなど、適した場所を利用するほうが効率的というものです。

4.チャットパッドは釣りが多い?

ネット上で昔から存在する「釣り」という行為。
もちろん文字通り魚釣りをしているというわけではなく、嘘で人を誘い騙す事を釣りに見立てた事に対する通称です。

思わせぶりな反応を見せ、連絡先を交換した結果相手の性別が違ったり、あるいは全く異なる人の連絡先であったり、悪質なものであれば詐欺やウイルスなどの犯罪行為に嵌める事もあります。

チャットパッドはこの釣りが多い、という噂があります
実際の所は釣り自体はあまり多くないと言えるでしょう。
というのも、釣りにもいくつか種類があり、基本的には「注目されたい」という欲求が歪んだ結果釣り行為を行い、回りの人間を引っ掛けて反応を楽しむという愉快犯が多いため、一対一かつ任意で会話を終了する事ができ、更にそれこそ再度マッチングしない限りは同じ相手と話す機会も無いチャットパッドは釣りにあまり向いていません。

「手軽にできる」という事は逆に言えば「時間をかけたくない」という人が利用するわけであり、暇を持て余して釣りをするような人が利用するツールはそれこそ時間をかけて話すことができるチャットサイトや掲示板などになります。

ただし絶対に居ないというわけではないため、気をつけるに越したことはありません。

5.チャットパッドで個人情報を抜かれることはある?

インターネットが普及して同時に問題となったのが個人情報の拡散や抜き取りなど。
それこそネットが無い自体、個人情報というものはそうそう簡単に拡散したりする事も無く、抜き取る方法も限られていました。

しかしインターネット上ではハッキング・クラッキング、流出、ウイルスなどによって遠隔で個人情報を抜く事ができてしまうのです。
それこそサイトに登録した結果、そのサイトに登録した個人情報が悪用されるという事例がいくつも存在しています。

ではチャットパッドで個人情報が抜かれるかというと、そもそも会員登録などを行わないという関係上、少なくとも入力した個人情報が悪用されるという可能性は存在しません。
ただし、チャットパッドでの会話が元で個人情報が抜かれる可能性はゼロであるとは言えません。

例えば相性が良いから連絡先を交換しようと言われ、連絡先を書いたらその連絡先を相手に悪用されるといった場合など。
こればかりは単純に簡単に相手を信用せず、例えば捨て垢と呼ばれるいつでも使えなくできるようなアカウントが用意できる連絡手段を用いるなどの対策・予防をしておけば大丈夫でしょう。

6.チャットパッドで会話の中身を公開されることはない?

公開チャットなら兎も角、一対一の非公開チャットである以上、話した内容が公開されるというのは嫌だ、という方も多いでしょう。
チャットパッドは会話内容が公開される事は無い、と明言しているため、少なくともチャットパッド側が会話内容を公開する事はありません

ただし、こちらも上記の個人情報と同様に、利用者が公開してしまう可能性は存在します。
そのため、あまり晒されて困るような話はしないようにしましょう。

7.チャットパッドでどのようなことをしたら事件・逮捕になる?

基本的にチャットパッドはコミュニケーションツールの一つではありますが、ネットが普及し、SNSが一般的なものとなってからというものの、ただのコミュニケーションツールでも犯罪に用いられる事が増えてしまいました。

犯罪教唆になるような事は勿論の事、詐欺や悪徳・違法サイトへの誘導なども犯罪事件として逮捕される事になります。
また、成人の方が未成年に対して実際に会うといった出会いを持ちかける事も、場合によっては逮捕の可能性があるため、注意しましょう。

「バレなきゃ犯罪じゃない」ともいいますが、バレたら犯罪になる以上やってることはいけない事であり、またやって良い理由にはなりません。

8.チャットパッドを利用したことがある人の体験談

実際にチャットパッドを利用した人の体験談、これも利用する人によって良し悪しが変わってきます。
最初は性別による体験談の違い、利用者の割合は男性が多いのですが、前述した出会い厨に関しても男性の割合が圧倒的に多いため、男性の利用者の中でも「男性だとわかった瞬間にチャットが切られる」という事が多いという体験談がいくつか見受けられます。
当然出会い厨の人達は大抵異性との出会いを求めているため、同性と話すことは無駄だと会話すらしない事もよくあります。

そして女性側だと出会いを迫られたり、しつこく連絡先を聞かれたり、あるいは性的ないわゆるセクハラを受けたりする事が多い、という体験談が見受けられます。
ただこればかりはチャットパッドに限らず存在するため、相手が嫌なタイプだと思えばすぐに会話を終了してしまえば良いでしょう。

良い体験談で言えば、なんと言っても手軽に時間を潰せて、かつ後腐れなく会話を終えることができるというメリットがあります。
時間帯によってマッチングにかかる時間や、マッチングする人の傾向が変わったりもしますが、暇な時間に誰かと会話する事ができるという事、Twitterやブログの場合は他の人に反応してもらえるかどうかという運や、返事までの時間差などの即応性に関しての問題も無い上、アカウントが存在しているわけでもないためアカウント特定や粘着などをされることが無いため、その点ではSNSなどよりもむしろストレスが少ない、という体験談も存在しています。

9.チャットパッドを利用するときの注意点

最後にチャットパッドを利用する上での注意点をいくつか。
基本的にランダムマッチングする関係上特定の人と話すことはできません。
そのため特定個人と話すためのツールとして使えない、というだけでは無く一度話していた相手となにかの問題で会話が終了してしまった場合、再マッチングするのはとても難しいため、同じ人と会話を長時間続けたいという場合は場所を移すなり、連絡先を交換すると良いでしょう。

そして連絡先を含めた個人情報の取り扱いについての注意点。
チャットパッドは前述した通り2人きりでチャットをすることになりますが、文字として発言が残る関係上いくらでも会話や発言内容をコピーして保存する事ができます。

そのため一度個人情報を記載してしまうとそれは簡単に記録されてしまうため、連絡先を交換する事になったとしても、できる限り拡散や悪用されても問題ないであろう、いわゆる捨て垢や捨てアドレスを用いると良いでしょう。

最後に出会い厨について。
ネットの普及によって住んでいる場所が違う人との交流が簡単になりました。
しかしそれと同時にネットのサイトやSNSで直接会おうと誘い、誘拐や暴行などといった事件が発生していることが問題視されています。

実際に声と顔を見て会話をしていても人は騙されるもの、それが文字だけの会話であれば更に簡単に騙されてしまいます。
つまり、会話の雰囲気だけで「いい人」と判断するのは危うく、それこそ向こうから出会いを持ちかけてくるような場合は、しっかりと考え、警戒した上で答えるようにしましょう。

まとめ チャットパッドは注意点を守って楽しく使おう

以上、チャットツール「チャットパッド」について解説しました。

重要な点をまとめると、下記のようになります

  • 登録不要で簡単に使える
  • 基本的にランダムで話し相手とマッチングする
  • 2ショットチャット形式で会話は公開される事が無い
  • 会話は自由に切る事ができる

今回の内容をまとめると以上の通り、しっかりと注意点を把握して守った上で、チャットパッドを楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 職場の片思いを実らせたい!彼の脈あり・脈なしを見極めてアピールしよう

  2. 元カノが夢に登場!夢占いが暗示する意味

  3. 冬を満喫!地方別おすすめ人気観光地とは?

  4. 男性側が得られるパパ活のメリットとは?

  5. マッチングアプリ「SILK(シルク)」はママ活向き?

  6. パパ活アプリの年収証明はメリットだらけ

  7. 冬の国内女ひとり旅におすすめの観光・宿泊

  8. 蛇の夢!色や状況が暗示する夢占いの意味