ヨガインストラクターにおすすめの資格

スポーツジムやヨガスクールなどでヨガインストラクターになりたいと考えている人もいるのではないでしょうか。でも、ヨガインストラクターになるために必要な資格はあるのかわからないですよね。

当記事では今回、ヨガインストラクターになるために必要な資格や習得方法を解説します。さらに、ヨガインストラクターになるうえで人気の資格や、取得までにかかる期間・費用についてもご紹介します。

1.ヨガインストラクターの資格は民間資格であり必須ではない

結論からお伝えすると、ヨガインストラクターの資格はあくまで民間資格なので、必ずしも資格が必要ということはありません。それどころか、ヨガ未経験の人でもインストラクターになれるのです。

ヨガを経験したことがある人の方が有利ですが、最近では一度もヨガの経験がない人を募集しているスクールなども増えています。

個人でスクールを開こうと考えているなら、経験と知識は必須です。しかし、ジムやスクール、ヨガスタジオなどであれば、働きながら研修を受けることができますし、必要であれば資格を取ることも可能です。

学生の頃からヨガインストラクターになろうと決めている人であれば、専門的な学校に通ってからヨガインストラクターになる人もいます。ですが、中にはヨガと全く関係のない職についていた人が、ヨガに興味を持ってヨガインストラクターに転職するケースも多いのです。

2.ほとんどのヨガインストラクターが資格を取得している理由

ヨガインストラクターに資格は必要ありません。しかし、中途半端な知識は間違いを教えたり、怪我をさせる恐れがあります。

ヨガインストラクターが資格を取るのは、正しい知識を身につけるためです。他人に教えるのに知識や経験は必要不可欠です。

インターネットや書籍が溢れている現在、ヨガの知識は簡単に得ることができます。ヨガのポーズや名称を紹介している動画も多いため、一度もヨガを経験したことがなかったとしても、知識だけなら蓄えることが可能です。

しかし、もしかしたら自分では正しいと思っていることが、実は間違っている可能性もあります。最悪なのは間違ったポーズを正しいと思い込み、誤った身体の使い方を教えてしまい怪我をさせることです。

独学の最大のデメリットは、自分の間違いを指摘してくれる人がいないことです。間違いを間違いのまま覚えていたら、望むような効果は得られません。

正しい知識を身につけるためにも、ヨガの知識や経験を持っている人に教わることが重要です。

また、資格を習得するということは、「自分は正しい知識を持っている」という証拠になります。

例えば、以下のような二人の講師がいたとしましょう。

講師A「私はヨガをやったことはないけど、本や動画で勉強して知識がある」
講師B「私はヨガを10年やっていて、資格をちゃんと持っている」

教えてもらうならどちらが安心しますか?

おそらく、多くの人は講師Bに教えてもらいたいと思うはずです。ヨガインストラクターの資格は必ずしも必要ではありませんが、教えてもらう生徒に信頼感と安心を与えられるのです。

3.ヨガインストラクターの資格を取る方法

ヨガインストラクターの資格を取るには以下のような方法があります。

  • ヨガスタジオの養成講座などを受講する
  • ヨガインストラクター専門の養成学校に通う
  • ヨガインストラクターのための通信講座で学ぶ

仕事をしながら資格を取りたい人もいるでしょう。お金に余裕がなく、学校に通えないという人もいるかも知れません。自分の都合に合わせて学び方を選ぶといいでしょう。

1.ヨガスタジオの養成講座などを受講する

もっとも簡単なのが、ヨガスタジオで養成講座を受講する方法です。ヨガスタジオやスクールでは、ヨガを体験できるだけでなく、養成講座も行っています。

ヨガを専門的に主催している団体であれば、インストラクターの養成コースが用意されています。

ただし、ヨガスタジオやスクールでも、養成コースがない場合もあります。まずはヨガインストラクターの養成コースがあるかをチェックしましょう。

2.ヨガインストラクター専門の養成学校に通う

質やレベルの高いヨガインストラクターを目指すなら、専門の養成学校に通うのがベストです。

専門学校ではヨガ以外にも様々なインストラクターを育成しています。本気で指導者を目指している人が多く通っており、カリキュラムも充実しています。養成講座に通う以上に、知識と経験を得ることができるでしょう。質の高いヨガインストラクターを目指すなら、専門の養成学校に通うことをおすすめします。

3.ヨガインストラクターのための通信講座で学ぶ

仕事をしながら自分の時間を調整して学びたいなら、通信講座という手段があります。送られてくるテキストやDVDを参考に、自分のペースで学ぶことができます。仕事で忙しく、養成講座や養成学校に通う時間がない、という人にピッタリな方法といえるでしょう。

ただし、通信講座は知識を得ることはできますが、実際にヨガを体験することはできません。また、通信講座で学べることは、ヨガを紹介している動画で事足りてしまう可能性も大いにあります。お金を出して通信講座を受けているのに、学べる知識が無料で手に入る動画と一緒だったり、実際に経験したことがないため細部が分からないなど、インストラクターとして十分な知識が手に入るとは限りません。

また、通信講座は教えてくれる人がいないため、分からない部分や間違いを訂正してくれる人がいません。間違いを間違いのまま覚えてしまい、インストラクターになって恥を欠く恐れもあります。

通信講座で学ぶとしても、実際に経験するためにスクールやジムなどでヨガを体験しておいたり、講師に質問してわからない部分を明確にするなどしたほうが良いでしょう。

4.ヨガインストラクターに人気の資格5選

ヨガインストラクターになるなら、以下にご紹介する人気の資格を取得しておきましょう。

  • 全米ヨガアライアンス
  • NPO法人 日本YOGA連盟
  • 一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)
  • 社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)
  • 国際ボディメンテナンス協会(IBMA)

1.全米ヨガアライアンス

アメリカを拠点に設立されたヨガ協会です。質の高いヨガインストラクターを育成するために、生徒のレベルは一定以上の水準になるように知識量と練習量が定められています。求められるレベルが高いため、生徒の向上心も高く、知識と技術を持ったヨガインストラクターが育ちます。

ヨガインストラクターは民間資格で、全世界で共通の資格がないため、全米ヨガアライアンスの資格が基準のひとつになっています。

全米ヨガアライアンスに認定を受けているスクールで受講することで、全米ヨガアライアンス認定インストラクターとして、高い教育を受けたことを証明する認定書を得ることが可能です。

2.NPO法人 日本YOGA連盟

ヨガを通じて幅広い年代の健康と福祉を促進することを目的に、ヨガインストラクターの育成を行っている団体です。

「お元気ですか?ココロとカラダ」をキャッチフレーズに、身体面と精神面の両方のバランスを整える手段としてヨガを指導しています。日本各地の企業や教育施設、医療施設などで体力づくり、病気の予防等のためヨガの普及を行っており、求められれば各地にヨガのインストラクターの派遣も行っています。

日本YOGA連盟では、ヨガインストラクターとして生徒に指導できるだけでなく、他の講師に指導方法やスキルを教えるための資格を得ることができます。

日本YOGA連盟で得られる資格には以下のようなものがあります。

ティーチャーインストラクター

  • 7日間インストラクター養成講座で指導が可能
  • 会員向けの講習や勉強会で指導が可能
  • 事業計画の立案といった活動を中心の役割を担える

インストラクター

ヨガインストラクターとして、生徒にヨガを教えることができます。スタジオやジムなどで、インストラクターとして働きたい人は、インストラクターの資格を目指すといいでしょう。

アシスタント

日本YOGA連盟から講師を派遣する歳、アシスタントとして活動できる資格です。

温泉ヨガ指導員

温泉施設でヨガの指導を取り入れている場合、指導することができる資格です。温泉地ならではの呼吸法などを学べます。

3.一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)

一般社団法人全日本ヨガ協会で認定されるAJYAライセンス1級、準1級を終了することで、全米ヨガアライアンスで受けられるのと同じアライアンス200時間(RYT200)が取得できます。

全日本ヨガ協会では、他にもヨガを学ぶ環境に応じて、目的に合わせたライセンスを取得可能です。ライセンスを取得することで、全日本ヨガ協会の認定を受けた教室の開設や独立することができます。

4.社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)

ヨガについての知識や呼吸法、瞑想、ポーズといった実技を、初心者でも習得できるようにカリキュラムが組まれています。

基礎学科と基礎実技の講座が用意されており、解剖学、運動生理学、瞑想、呼吸法、ヨガの歴史等を学んだり、インストラクターに必要な技術と道具の使い方、ポーズを学ぶことが可能です。

社団法人JYIA認定スクールのプログラムを修了すると、認定試験の受験資格が得られます。JYIAライセンスを取得することで、教室の主催者となる資格や、教室を開設・独立することもできます。

JYIAライセンスには以下のような種類があります。

3級 マスターコース

ヨガ初心者からインストラクターを目指すのに必要な入門コース。ヨガの歴史や解剖学などを学べます。

2級 アドバンスコース

解剖学からヨガのポーズを理解することを目的にしています。安全なクラスの組み立て方など、指導者としての実力を磨けます。

1級 シニアコース/計60時間

アドバンスコースを修了した人のみが受講可能。さらにヨガのスキルを高めることを目的にしています。

5.国際ボディメンテナンス協会(IBMA)

美容や健康といった、ボディメンテナンスを専門にした協会です。資格もボディメンテナンスに関するもので、知識と技術を持つプロフェッショナル育成を目的にしています。

国際ボディメンテナンス協会では、ヨガのポーズや筋肉の使い方を学べることができます。生徒同士で確認しながら実践を積むことが可能です。

資格にはヨガ3級 Basic、ヨガ2級 Advance、ヨガ1級 Masterがあり、修了することでIBMA認定のインストラクター資格証書を取得できます。

5.ヨガインストラクターの資格取得にかかる期間と費用

各講座や養成学校でヨガインストラクターの資格を取得するには、当然ですが費用がかかります

養成講座に通うためには入学金や登録料、受講料が必要になります。入学金は50,000円前後。受講料は200,000~300,000円前後と、ヨガスタジオによって幅があります。

養成学校は高いレベルの講義を高い知識と経験を得られる代わりに、高額な受講料が必要になります。入学金と受講料をあわせて500,000~1,000,000円前後かかる場合があります。

通信講座はDVDなどの教材などの費用として40,000~100,000円前後になります。ただし、通信講座で勉強しても、ヨガインストラクターの認定をもらえないこともあります。事前にヨガインストラクターの資格を取れるかをしっかりとチェックしましょう。

まとめ 必須ではないがほとんどのヨガインストラクターは資格を取得している

ヨガインストラクターになるために、決まった資格はありません。初心者やヨガ未経験者であっても、ヨガインストラクターになることは可能です。

しかし、資格を持っていることで以下のようなメリットがあります。

  • 自分にしっかりとした知識と技術があることを証明できる
  • 資格を持つことで認定を受けて教室の開設や独立ができる
  • 確かな実力があると目に見えてわかるため生徒が安心する

ヨガインストラクターの資格を取るには、以下のような方法があります。

  • ヨガスタジオの養成講座などを受講する
  • ヨガインストラクター専門の養成学校に通う
  • ヨガインストラクターのための通信講座で学ぶ

養成講座は自分の時間と都合に合わせて通えるのがメリット。費用も高すぎないため手軽に通えるのがポイントです。

本格的な知識と経験を得たければ養成学校に通うのが良いでしょう。ただし、高額な費用がかかってしまう点に要注意です。

通信講座は自宅でできる手軽さがありますが、教えてくれる人がいないため間違った知識を持ってしまう恐れがあります。

自分の状況と費用と相談し、自分に合った方法でヨガインストラクターの資格を取りましょう。

関連記事

  1. 日帰りや観光も!関西おすすめ穴場温泉18選

  2. 片思い中の女性必見!恋愛成就のためのポイントやテクニックを解説

  3. おすすめラインアイコンの設定・変更方法

  4. ダイエット中の外食!店やメニューの選び方

  5. 犬顔ってどんな顔?愛らしくて魅力的な犬顔の特徴

  6. 1ヶ月で成功!結果を出すダイエットのコツ

  7. 9月の誕生石・星座の宝石の意味とは?

  8. 関東地方でおすすめの人気観光スポット