お盆休みにおすすめ!穴場の国内旅行先は?

お盆休みというものは地域によってその日程が異なる事もありますが、基本的には8月中であるというのが一般的なお盆休みの期間です。
正式なお盆の期間は迎え火の8月13日から送り火の8月16日までの4日間、そこに土日や祝日などが加われば大型連休になることもあります。
今回はそんなお盆休みにおすすめの旅行先をご紹介します。

1.お盆休みの国内旅行!関東地方のおすすめ観光スポット

日本各地に旅行におすすめな観光スポットというものは存在していますが、各都道府県全てをご紹介するときりがありません。
そのため今回は関東・関西、そしてそれ以外の代表的な観光スポットという形でいくつか抜粋してご紹介していきます。

まずは関東地方、関東地方と言えば東京のイメージが強いという方も多いことでしょう。
しかし、東京以外にも見どころのある県は多く、また観光地として人気な県も揃っています。

1.千葉県 ふなばしアンデルセン公園

最初にご紹介するのは千葉県のふなばしアンデルセン公園になります。
千葉県の船橋市にあるテーマパークであり、千葉県のテーマパークといえば誰もが知っているあの「東京ディズニーランド」や「東京ディズニーシー」が有名ですが、日本の人気テーマパークで上記のディズニー施設と大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンに次ぐ3位を獲得した人気テーマパークだったりします。

1位と2位のテーマパークは絶叫系のアトラクションや個性豊かな人気のキャラクターが特徴ですが、ふなばしアンデルセン公園にはそういった豊富なアトラクションも無ければ、キャラクターも存在しません。

ではどのような要素が人気を集めているのかというと、豊かな自然とそれぞれの特色に分かれた5つのエリア、子どもたちが遊んで楽しめるアスレチックなど。
つまり一般的な遊園地タイプのテーマパークと違うタイプのため、自然系テーマパークとして高く評価されている、という事なのです。

ただ、その関係上どちらかと言えば大人が楽しむ施設というよりは比較的子供向けのため、子供連れの家族におすすめの旅行先といえるでしょう。

2.栃木県 道の駅 ろまんちっく村

続いて道の駅 ろまんちっく村についてご紹介していきます。
こちらは栃木県の宇都宮市にある道の駅で、レストランや温泉、プールやパン焼き体験など様々な体験を楽しむことができます。
道の駅とは商業施設や宿泊施設、他にも地域振興施設と呼ばれる道路施設の事で全国に1000ヶ所以上も存在しています。

中でもろまんちっく村は道の駅の中でも最大規模といえるほどの広さを誇り、その敷地面積は東京ドーム10個分。
その広大な敷地内には遊び、かつ学ぶことができる施設が揃っています。
一通り遊んだ後は天然温泉で疲れを落とすこともできるでしょう。
お風呂にも様々な種類があり、露天風呂や玉石を敷き詰めた内風呂、サウナもあります。

またドッグランも2種設置されており、わんわんカームという犬用の美容室も完備しています。
近場に住んでいるという方や、ペットを連れていけるという方限定ではあるものの、犬と一緒に旅行を楽しむこともできるでしょう。

3.茨城県 ビアスパークしもつま

続いてご紹介するのは茨城県の下妻市にあるビアスパークしもつまです。
「ビア」「スパ」ークというだけあって、この施設ではビールと温泉を楽しむことができます。
しもつま地ビールの醸造施設を併設しており、3種類のビールを出来たてで飲むことができます。

そして温泉、天然温泉を利用した露天風呂と内湯の他にサウナや薬湯風呂も完備しています。
他にも製造体験が可能な農産物加工施設があり、ここではハムやウインナーなどの肉類、梨ジャムやクッキー、アイスクリームなどのお菓子も製造していて、この内クッキーやアイスクリームを製造体験することが可能です。

この加工品や、原材料である下妻産の野菜の販売を行っている直売所や農園もあり、農園ではいちごやぶどう、他にも前述した梨ジャムに使われる梨などの収穫体験を行うことができるため、このビアスパークしもつまでは食に関係する出来事を楽しむ事ができるでしょう。

2.お盆休みの国内旅行!関西地方のおすすめ観光スポット

関東に引き続きご紹介するのは関西地方のおすすめ観光スポットです。
関東と言えば東京であるように、関西と言えば大阪が代表的な都道府県であると言えますが、京都や兵庫など他にも観光地として有名な県が揃っています

1.滋賀県 滋賀農業公園ブルーメの丘

関西地方おすすめの観光スポット、最初にご紹介するのは滋賀県の蒲生郡にある滋賀農業公園ブルーメの丘です。
こちらは中世のドイツをイメージした体験型の農業公園のため、自然とふれいあいたい方におすすめできる施設であると言えるでしょう。

大きく分けて公園ゾーンと農場ゾーンに分かれています。
どちらでも体験系のアクティビティはある他、普通に1日で回ることが可能なため、せいぜいどちらから楽しもうか、という程度の違いでしょう。

公園ゾーンは「はじまりのエリア」「にぎわいのエリア」「あそびのエリア」「水のエリア」の4つのエリアで構成されています。
対して農場ゾーンは「つどいのエリア」「はなのエリア」「どうぶつのエリア」「めぐみのエリア」の4つのエリアと「ブルーメ牧場」「まきばの館レーベン」の2つで構成されていて、入場ゲートは公園ゾーンのはじまりのエリアにあるため、基本的には公園ゾーンから巡るのが一般的でしょう。

2.京都府 京都国際マンガミュージアム

続いては京都府京都市にある京都国際マンガミュージアムです。
京都と言えば古くから残る伝統的な和の景色や文化が第一に挙げられますが、それ以外の観光スポットも豊富で、京都国際マンガミュージアムもその一つです。

漫画と言えば日本が誇るサブカルチャー文化の一つ、海外でも日本の和の文化や食の文化に並んで人気のあるジャンルであると言えます。
そして漫画というものは国内だけではなく、海外でも生まれているもの、代表的なものと言えばアメリカン・コミックス、いわゆる「アメコミ」と呼ばれるもので、DCコミックスやマーベル・コミックなど、漫画だけではなくアニメや映画に派生して日本でも人気を集めている作品が数多く存在しています。

京都国際マンガミュージアムは国内外の漫画に関係した資料を集めている施設で、単純に漫画喫茶のように様々な漫画が楽しめる、という施設でもありますが、古い時代の漫画に関連した雑誌や資料なども取り揃えており、純粋な「歴史」を知る施設としても役立ちます。

漫画博物館としての規模も最大級であり、国内外から30万点以上もの漫画が取り揃えられています。

3.兵庫県 カワサキワールド

続きまして兵庫県の神戸市にある企業博物館です。
カワサキ、とあるように日本が誇る企業の一つ、川崎重工の企業博物館で、神戸海洋博物館の真横にあるため、カワサキワールドを観光するのであれば、大抵の場合はそのまま神戸海洋博物館も観光する事になるでしょう。

企業博物館であるため、基本的にはその企業に関しての色々な情報・商品が展示されています。
他の企業博物館に共通する点で言えば創業者紹介や歴史紹介のコーナーなど。

川崎重工と言えば乗り物で知られます。
バイクはもちろん、ヘリコプターや新幹線、船まで様々な乗り物を製造しています。
そのため、陸海空それぞれに分かれたゾーンでは、陸ならば新幹線、海なら各船舶の製造方法や水上バイク、空ならヘリコプターを用いたフライトシミュレーターなどが体験できます。

他にも地球環境コーナーや、工場用のロボットなどを見ることもできます。

3.お盆休みの国内旅行!関東・関西地方以外のおすすめ観光スポット

関東・関西地方の観光スポットをご紹介した後は、全国の他の都道府県の中から代表的なものをピックアップしてご紹介していきます。
それぞれ北海道の積丹半島、沖縄県のおきなわワールド、静岡県の初島アイランドリゾート、愛知県の竹島ファンタジー館の4つとなります。

今回ご紹介するのはあくまでも一部、それこそ今回ご紹介できなかった都道府県の中にも旅行におすすめな穴場観光スポットはたくさんありますし、今回ご紹介した都道府県にもまだまだおすすめの観光スポットは存在しているため、旅行しながら探してみるのもまた一興でしょう。

1.北海道 積丹半島

まずご紹介するのは北海道の積丹半島です。
積丹と書いて読み方は「しゃこたん」で、名前の由来は北海道の民族「アイヌ民族」で使われていたアイヌ語の「シャク・コタン(夏の村)」であるとされています。
夏の村、というだけあって8月にあるお盆のシーズンにぴったりな観光スポットであると言えるでしょう。

開発が進んでいない半島というだけあって自然が豊かであり、世界でも唯一である「トドの遊泳」を商業化しているという特徴があります。
他にもアザラシやイルカなどが定着しており、また魚介類も名物として楽しめるなど、海に関係した楽しみ方ができる観光スポットでしょう。

また、積丹半島発祥のものとして多くの人が知っているであろう「ソーラン節」があります。
これはニシン漁の歌であり、その通り積丹半島ではニシン漁で栄えていました。

2.沖縄県 おきなわワールド

北の北海道に続いて日本における南の果て、沖縄県の南城市にあるレジャー施設ある「おきなわワールド」をご紹介します。
こちらは沖縄の琉球王国時代から続く伝統的な建築物を再現した街並みや、鍾乳洞などの自然の創り出した芸術を楽しむことができる施設になります。

基本的に鍾乳洞が人気を集めている施設で、一応鍾乳洞内部はツアー用に道が用意されていますが、当然ながら他には一切手をつけられていない上、鍾乳洞の各地にある鍾乳石は現在進行系で成長しています。
そのため道の真上に鍾乳石がある場合、滴り落ちる滴が頭上から襲いかかってくる事もあるため、きちんとタオルなり雨合羽なり用意しておきましょう。
ただ、傘などは場合によっては迷惑だったりするため、できれば雨合羽などの方が良いでしょう。

そして上から滴が落ちてくるという事は床も当然濡れているため、靴もできれば滑りにくいものや濡れても問題ないものを履いてくる方が良いかもしれません。
一応道に沿ってスロープもあるため、それを掴んでいれば転んだとしても大事にはなりにくいでしょう、ただしスロープも濡れている可能性が高いため、それはそれとして濡れるのは避けにくいかもしれません。

3.静岡県 初島アイランドリゾート

続いては静岡県の熱海市にある初島アイランドリゾートがおすすめです。
熱海と言えばかつては温泉街として有名であり、それこそバブル時代においては温泉地と言えば熱海と呼ばれ、有名な温泉地を「○○の熱海」と称するほどでした。

しかしバブルの崩壊によって観光客が減少し、一度熱海は温泉地としての人気が大きく減少してしまいましたが、現在ではリゾート方面に転換・展開する事によって観光地としての人気を取り戻しつつあります。

この初島アイランドリゾートもそういったリゾートの一つであり、初島自体は面積も0.437平方キロメートル程度の小さな島ではありますが、観光施設が一通り揃った人気観光スポットです。
初島自体、縄文時代の遺跡を始めとして古くから人々に認知されていた場所のようで、そういった歴史的な文化を知る事もできます。

初島アイランドリゾートはもともと1964年に富士急ハイランドなどで知られる富士急が「初島バケーションランド」という名称でオープンした施設で、2006年頃に老朽化した施設を全面改装、テーマパークからリゾート施設に転換した、という経歴がある施設です。

4.愛知県 竹島ファンタジー館

最後にご紹介するのは愛知県の蒲郡(がまごおり)市にある竹島ファンタジー館です。
ファンタジーという名前が付けられているものの、施設としては鉱物や化石、貝といった鉱物系に関係した物を展示するテーマパークです。

こちらは日本だけではなく、世界各国で収集された貝で作られたオブジェや、希少な貝・石・鉱物などが展示されています。
特徴としては「ミシェル」と「ガマゴー」というオリジナルキャラクターと共に4ヶ所あるミニシアターを巡るという体験で、「歩く映画館」と称されています。
LEDライトによって幻想的に映し出され、音と映像によって演出されたお話はまさに「ファンタジー」であると言えるでしょう。

また、竹島ファンタジー館内のお土産店の他にも、魚々の里 とまりんというお店も併設されており、こちらでは鮮魚や干物といった海の幸を購入することができます。

まとめ お盆休みの旅行でも穴場の観光スポットはたくさんある

以上、お盆休みにおすすめな国内旅行スポットをご紹介しました。

  • 所謂「メジャーなスポット」以外にも観光スポットは沢山ある
  • 複合施設や体験型施設が多く、実体験を伴って思い出に残るタイプの観光地が多い
  • お盆は夏場のため、海鮮系や海などの涼しい観光スポットが人気でおすすめ

今回の内容をまとめると以上の通り、他にも魅力的な観光スポットが沢山あるため、お盆休みが長いという人は、穴場スポット探索の旅をしてみるのも良いかもしれません。

関連記事

  1. 逃げる夢が暗示する夢占いの意味を診断!

  2. ダイエット中の消費・摂取カロリーを解説!

  3. ダイエットサプリ!選び方とおすすめ一覧

  4. 【悲報】ジムでの出会いは少ない!逆ナンなら成功率が高いって本当?

  5. 割合や離婚率は?できちゃった婚のリアル

  6. 騒がしい東京でまったりのんびりデートができる場所は?おすすめ25選

  7. トイレ掃除の夢が暗示する夢占いの意味

  8. 海の夢が暗示する夢占いの意味をチェック!