国内でリフレッシュ!おすすめ女の一人旅

ストレス要素があちらこちらにある現代社会、日々生きるのに大変な女性も多いことでしょう。
適度なストレスは心身の健康に必要ですが、過度なストレスは毒、発散しなければいずれ心身を破壊してしまうでしょう。
今回はリフレッシュを目的とした女性の一人旅についてまとめました

1.温泉でリフレッシュ!女の一人旅におすすめの国内観光スポット

女性の旅行と言えば温泉、美容効果のある温泉は勿論、女性は身体の仕組みの関係上冷え性な方が多いため、温泉を好む傾向があるという説も存在します。
日本は山が多く、その関係上温泉を生み出す火山や地熱が沢山存在します。

そのため日本全土に温泉が存在しており、古くから温泉を用いた湯治は文化の一つとして親しまれていました。
そして古くから温泉が掘られていても、未だ開発されていない源泉が数多く存在していたりもします。

ちなみに温泉の効能や効果、ぬるぬるする・さらりとしているといった泉質は基本的に鉱物由来の成分が関わっており、同じ温泉地でも源泉が異なれば泉質も異なるというのは珍しくありません。

1.神奈川県 箱根湯本温泉

最初にご紹介するのは箱根湯本温泉。
箱根だけでも1記事書けてしまうほどに沢山の温泉が存在している事で有名ですが、中でも箱根湯本温泉は箱根温泉の中でも代表的な温泉地であり、箱根湯本駅を中心に温泉街が広がっているため、アクセス良し観光に良し温泉巡りに良しと、温泉旅行においてまさに最適な観光スポットであると言えるでしょう。

泉質は単純泉・アルカリ性単純泉で、効能は神経痛や関節痛、冷え性に効くとされています。
ちなみに箱根には温泉が多いというのは前述の通りですが、実際の所どれだけあるのかというと、「箱根二十湯」と呼ばれる温泉、つまり20ヶ所の温泉が存在しています。
その中から特に代表的だったり古くから続くものは箱根十七湯、箱根八湯、箱根七湯となり、箱根湯本駅は箱根七湯、その中でも一番目に挙げられるほどに代表的な温泉です。

2.大分県 湯布院温泉

続いてご紹介するのは大分県にある湯布院温泉です、別の言い方では由布院温泉で、どちらも読み方は「ゆふいん」です。
違いという違いはあまりなく、地名としては湯布院、JRの駅名は由布院という程度の違いだったりします。

温泉街以外にも観光地として発展していますが、その裏では町としての適切な規模や景観を守らなければならないという意見もあるため、中々難しい場所でもあるといえるでしょう。
観光地として見た場合、湯布院は「アートの街」とも言われ、絵画や彫刻、陶芸や音楽といった芸術を楽しめる施設が沢山存在しており、温泉以外にも観光に適したスポットが沢山あります。

町としても自然の多い田園風景が残っているため、リフレッシュ目的に最適であると言えるでしょう。
泉質は単純泉で、効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、疲労回復など。

3.静岡県 熱海温泉

おすすめ温泉スポット、最後にご紹介するのは静岡県にある熱海温泉です。
熱海温泉と言えば、バブル全盛期では日本の代表的な温泉地として知られていました。
その人気は絶大であり、他の人気温泉地すら「○○の熱海」と例えられるほどに、温泉地と言えば熱海と呼ばれているような時代もありました。

しかし、バブルの崩壊と共に観光地としての人気は転落、一時期は「○○の熱海」も落ちぶれた熱海のようだと貶す意味合いを持つほどでした。
ただ現在熱海は温泉街として縮小しつつあるものの、リゾート志向に転換しており、観光地としての人気は回復傾向にあります。

そのためかつての立派な温泉街としての楽しみ方はできなくなってしまいましたが、他の温泉地とはまた違ったリゾート志向の温泉地として楽しむことができます。
バブル期から転落したと言っても観光地としての人気は無くなったわけではなく、あくまでもバブル期の繁栄が異常だっただけ、とも言えます。

泉質はナトリウム・カルシウム―塩化物・硫酸塩温泉で、海岸沿いは塩化物泉、山沿いは硫酸塩泉と熱海の中でも立地によって泉質が異なります。
効能に関してですが、泉質が多岐に渡る関係上効能も様々で、他の温泉でも挙げた効能の他にも慢性婦人病や虚弱児童、動脈硬化、やけど、きずなどなど、様々な効能が存在します。

//

2.グルメでリフレッシュ!女の一人旅におすすめの国内観光スポット

人生における幸福とは何か、と哲学的な事を言ってみますが、実際の所人間とは単純な生物なもので、「美味しいものを食べれば幸福感を得られる」という仕組みになっています。
食をただの栄養補給と考える人も居ますが、娯楽と考える人も居ます。

食は旅行における楽しみの一つであり、折角普段行かない場所に行くのですから、普段食べられないものはその土地でしか食べられないもの、その土地で食べた方が美味しいものを食べたいと思うのもまた当然の欲求でしょう。

今回は中でもグルメが人気の観光地をご紹介します。

1.北海道

まずは北海道、北海道といえばなんと言っても日本における食料自給率の要、日本国内の食料自給率の内北海道はトップクラスで、食料自給率というのは要するに自国でその国に住む人にどれだけ食料を供給できるか、もっとわかりやすく言えば「他国から輸入せずに自国内でどれだけ供給できているか」を示す指標です。

例えば食料自給率を%で表すと、平成28年度であれば北海道や大阪の食料自給率はカロリーベースの計算では1%なのに対し、北海道は185%を記録しています。
日本の全国平均では38%なのを踏まえると、北海道がどれだけ日本の食料自給率を支えているかがわかりやすいでしょう。

ちなみに食料自給率自体は東北地方は全体的に数値が高く、以外にも北海道より秋田県の方が高かったりもします。

グルメという観点でみていくと北海道はジンギスカンなどの肉、様々な野菜、そして魚介類と幅広く美味しいものが揃っていますが、どちらかというと料理そのものよりも素材の味が評価されている傾向にあります。

そのため産地直送のグルメを堪能したいという方におすすめと言えるでしょう。
北海道のグルメと言えばカニやいくらなどの海鮮類、ジンギスカンや札幌ラーメンなど。

2.大阪府

次にご紹介するのは大阪府、かつては天下の台所と称されていた大阪ですが、前述の食料自給率の話で見れば、大阪は特別美味しい食材を生産している、というわけではありません。
しかし日本においてグルメと言えば、ほぼ間違いなく大阪の名が挙がります

北海道が食材の良さを活かした海鮮料理やジンギスカンを売りとするなら、大阪はその調理方法に生まれた料理の良さ、そしてそれに対する「価格」を売りとする場所であると言えます。

大阪のグルメは高級感のある料理よりも、「安くて美味しい」という物が多い傾向にあります。
勿論高くて美味しい料理も沢山ありますが、それで言えば東京だってグルメの町になるでしょう。

大阪のグルメといえばたこ焼きやお好み焼きといった「粉もの」、串カツやステーキ、勿論スイーツも沢山あり、クレープやスフレケーキ、チーズケーキなど様々。
有名な所で無くとも、ちょっとしたうどん屋でもかなり安く、200円以内でうどんを食べられ、替え玉数十円でお腹いっぱいになるまで食べることもできます。

3.愛知県

続いてご紹介するのは愛知県。
愛知県のグルメを語る上で外せないのはその「味噌文化」でしょう。
愛知県のグルメは多種多様であれど、代表的なのはその県民性にも関わる味噌文化。
豆味噌、赤味噌、白味噌と様々な味噌を用いたグルメはどれも絶品です。

熱々な料理も多く、味噌で身体が温まるため、冬場などの寒い時期では格別な美味しさになること間違いなし。
愛知県のグルメといえば、やはり味噌を使ったグルメ。
味噌煮込みうどん、味噌カツ、どて煮など。
他にもきしめんやあんかスパゲティ、手羽先やひつまぶしなども愛知県のグルメとして知られています。

4.福岡県

グルメ巡りにおすすめの観光地、最後にご紹介するのは福岡県です。
グルメ天国とも称される福岡県には今回ご紹介した他県に負けず劣らず絶品グルメが沢山存在します。

食材で言えば明太子と言えばコレ!と言える「博多明太子」に始まり、他にも様々な海の幸を楽しむことができます
他にもとんこつラーメンの中でも別格のように扱われている博多ラーメンや、モツ鍋などが代表的なグルメとして親しまれています。

また、実は福岡県のソウルフードの一つにうどんがあります。
うどんと言えば香川県のイメージが強いかもしれませんが、一説では福岡県がうどん発祥の地と言われており、福岡県の各地にうどん屋があるのです。
そのため、ラーメンだけではなくうどんも美味しいものが揃っており、食べてみる価値があると言えるでしょう。

3.買い物でリフレッシュ!女の一人旅におすすめの国内観光スポット

最後にご紹介するのはショッピングにおすすめの観光地です。
散財もまた一つのリフレッシュ方法、こつこつお金を貯めるのも将来のためになりますが、元来お金というものは使うためにあるもの、それこそ使わず溜め込むというのは経済を停滞させ、他の人にお金が回らなくなり、貧富の差が広がるという悪循環の元。

といっても流石に一人の人間が溜め込んだり散財した程度で経済が大きく変わるわけではありませんが、使わないというのもそれこそ宝の持ち腐れ。
癖になんてお金遣いが荒くなるのもそれはそれで問題ですが、たまにある休日に使うくらいは構わないでしょう。

1.東京都

お買い物をするのであれば、候補となるのは物が集まる場所、あるいは流行である物が生まれる場所でしょう。
日本において最も活気がある都会である東京は、間違いなく日本でもっとも物が集まる場所であると言えます。

単純に服や化粧品といったブランド物は勿論の事、何かしらの趣味の品、果ては東京限定の土産物まで。
都会というだけあってショッピングスポットには事欠かず、有名な渋谷109を始めとして有明町、銀座、六本木と東京各地で大型の商業施設が存在しています。

ただ、如何せん狭い範囲をギチギチに発展させている関係上迷いやすいため、きちんと時間に猶予を持って巡った方が良いでしょう。
それこし新宿駅は現代のダンジョンと呼ばれるほどに複雑怪奇、改築に改築を重ねた結果迷路のように広がっています。
高いビルなどもそこかしこに建っているため、場所によっては目標の建物が一切見えないという事も良くあるため、迷わないように注意しましょう。

2.京都府

次にご紹介するのは京都です。
上記の東京が日本の文化の最先端の場所とするのなら、京都は日本の古き良き文化を集めた場所。

世界に誇れる和の文化に関係したショッピングを楽しめます。
と言っても京都にも普通にショッピングモールなどはあり、例えばJR京都駅にある「ジェイアール京都伊勢丹」は駅にあるという事もあってアクセス・規模共に京都でもトップクラスのショッピングスポットです。

京都駅周辺は他にも駅ビルやらおしゃれな雑貨やら、ショッピングを楽しむ場所も多いため、別に和に興味がないという人でも普通のショッピングを十分に堪能できるでしょう。

3.兵庫県

最後にご紹介するのは兵庫県、日本海と瀬戸内海に挟まれたこの県は多くの観光客が訪れる場所。
国内外から観光客があつまる場所のため、兵庫県の各地に買い物スポットが存在します。
例えば神戸三田プレミアム・アウトレットはアウトレットモールとしても人気であり、かつアメリカのロサンゼルスにある高級住宅地をモデルとした街並みはまるで外国のような雰囲気があり、国内旅行でありながら海外に居るような気分に浸れます。

他にもショッピングだけでなくイベントも楽しみたいという方にはサンシャインワーフ神戸もおすすめです。
こちらはサンシャインガーデンと呼ばれる広場があり、そこでは月数回様々なイベントが催されており、イベントの中にはフリーマーケットがあるため、ちょっと変わったショッピングを楽しめることでしょう。

まとめ 国内でリフレッシュするなら気楽な女の一人旅がおすすめ

以上、リフレッシュしたい女性向けのおすすめ一人旅観光地をご紹介しました。
人のリフレッシュ方法は様々、特定の趣味があるという方はその趣味に関係した場所を旅行してみるのもいいでしょう。

今回の記事をまとめると以下の通りになります。

  • 温泉旅行は温泉そのものだけでなく、温泉街で楽しむことができる
  • グルメ巡りはその都道府県の特色に合わせたグルメを選ぶとハズレが無い
  • ショッピングに適した観光地は比較的駅に近い

以上の点を踏まえ、日頃の鬱憤を綺麗サッパリリフレッシュしてしまいましょう。

関連記事

  1. 復縁のチャンスをこの手に。あの人の今の気持ちが当たりすぎて鳥肌!まだ諦められないあなたに。

  2. 女性向け風俗・女性用マッサージとは?

  3. ヨガ講師・インストラクターになるには?

  4. 女の子につけたい!人気の可愛い名前まとめ

  5. おうちでヨガ!タイプ別おすすめヨガdvd

  6. 男の子にも女の子にも人気の漢字「奏」 意味や使い方を徹底解剖!

  7. ジャンル別に紹介!キラキラネーム一覧

  8. セルライトを潰すのはNG!除去方法は?