ゴールデンウィーク!穴場の海外旅行13選

旅行の中でも、国外へと飛び出す海外旅行は全く異なる国を巡るため、どれだけ時間があっても足りないほど。
移動にかかる時間もあってできればまとまった休みを取れた時に行きたいですよね。
今回はまとまって休みを取れる時期である「ゴールデンウィーク」中におすすめな海外の穴場観光地をご紹介します。

1.ゴールデンウィークにおすすめの穴場海外旅行①スペイン

海外旅行に行くのであればまとまった時間を取って行きたい、となると連休が取れるシーズンとなり、お盆休みやゴールデンウィークなどの大型連休がその対象となるでしょう。
しかし、「自分が大型連休を取っているように、他の人も大型連休を取っている」という事でもあります。

そのため、普通の観光スポットというのはそういったまとまった休みで旅行しにきた人でごった返すもの。
せっかくの海外旅行も、これでは満足に楽しめないでしょう。

そこで、観光地の中でも比較的人が少ない穴場スポットをご紹介します。
最初にご紹介するのはスペインから。
スペイン、情熱の国とも呼ばれるこの国は観光地としても人気であり、それこそ有名な観光スポットを挙げればきりがありません。

例えば1882年から着工し、現在も建築中のサグラダ・ファミリアやヨーロッパの中でも最大級の王宮「マドリード王宮」などが定番かつ人気のある観光地でしょう。
そんなスペインのおすすめの穴場観光スポット、一つ目は「白い村」こと「ミハス」

ここはスペインの南部、地中海を一望できる位置にある小さな街です。
高級リゾート地でもあるため人も多いというわけではなく、騒がしい雰囲気が苦手な人でもゆっくりとお散歩しながら観光できます。
白い村というだけあって建物の壁は綺麗な白色であり、スペイン南部の強い日差しが反射する事で一層明るく輝いて見えます。

次におすすめなのはダリ美術館です。
サルヴァドール・ダリというシュルレアリスム(超現実主義)の巨匠の生涯、創作活動を残した美術館で、色々な意味で普通の美術館とは異なった変わった芸術を楽しめるでしょう。
また、スペインには同じく特定個人の作品を展示している博物館にピカソ博物館もあったりと、芸術方面でも観光スポットが非常に多い国だったりします。

2.ゴールデンウィークにおすすめの穴場海外旅行②イタリア

続いてご紹介する国はイタリア、スペインと同じく地中海に面する国であり、イタリアと言えばやはり古代ローマ帝国の残滓が残る国として観光地としてもトップクラスの人気を誇ります。
日本もそうですが、はやり昔から残るものというものはその歴史的価値は勿論、見る人の感情に訴えかける何かがあるもの。

イタリアの定番の観光スポットと言えばやはりローマ、コロッセオや水の都ヴェネツィアなど。
日本でもアニメなどのサブカルチャー作品で舞台に選ばれ、かつそれが名作として人気を博した事もあり、実際に見たことが無くてもどこかで見たことがある景色や場所も多いでしょう。

観光地として人気という事もあってこういった観光スポットは基本的に賑やかで騒がしいのですが、イタリアにも人があまり居ない穴場の観光スポットがいくつか存在しています。

例えば「コルトーナ」という街。
丘の上にある街であり、この街にある建物は中世時代のものがそのまま残っており、どこか寂れた雰囲気とタイムスリップ、あるはファンタジーの世界に迷い込んだかのような体験ができることでしょう。
観光客もあまり多くは無いため、イタリアの中でも珍しく静かに過ごせる場所だったりします。

また、静かな場所というわけでは無いものの「日本ではあまり知られていない人気の観光地」としてタオルミーナという都市もおすすめです。
ここは海外では大人気の観光地ですが、日本ではあまり知られておらず、山中にある街でありやや高い場所にあるため、綺麗な海を一望することができます。

3.ゴールデンウィークにおすすめの穴場海外旅行③グアム

西太平洋に浮かぶ米国領の島であるグアム。
スペインの植民地であった時代もある島であり、第2次世界大戦中は日本が「大宮島」という名前で占領統治していました。

熱帯地帯ということもあって一般的な「南の島」のイメージそのままである事が特徴で、一年中海水浴が可能な立地にあります。
最低気温が20度を下回る時期は10月と1~3月で、それでも18度から19度までであり、一年中最高気温が30度を超える可能性があります。

観光収入が経済の中心であるため、観光地として発展しており、日本人観光客も多い場所だったりします。
そんなグアムの穴場観光スポットでおすすめな場所、「静かに観光したい」という人におすすめなのは「アガニャ大聖堂」です。

ハガニアという場所にある大聖堂であり、真っ白な壁が特徴の建造物です。
大聖堂という神聖な場所のため、マナーの悪い観光客は論外として、基本的には静かな場所のため、熱気で浮かれそうな気持ちを落ち着けつつ観光を楽しむことができるでしょう。

他にもおすすめな観光スポットとして「グアム大学」があります
観光でわざわざ大学を見て回るのか、と思う方もいるかも知れませんが、このグアム大学はAKB48の「Everidey カチューシャ」のロケ地だったりします。
付近にグアム料理のレストランもあります。
観光客向けのレストランではない、地元民が通うレストランのため、他の旅行者と会う可能性も低いでしょう。

4.ゴールデンウィークにおすすめの穴場海外旅行④イギリス

お次に紹介するのは2020年、EUから離脱したイギリスです。
旅行をする上で重要な要素の一つに、その国の安定度があります。
日本はその点で言うとトップクラスに治安が良い事が挙げられます、イギリスに関してはEU離脱で今後国内事情がごたつく可能性もあるため、旅行の際には情勢の確認をしておくと良いでしょう。

そんなイギリスは、やはりかつては大英帝国として栄えに栄えていた事もあり、歴史や伝統的な建築物、場所がたくさん存在しています。
イギリスと言えばロンドン、ロンドンにも有名な観光スポットはたくさんあり、セント・ポール大聖堂やら、ビックベンやら、大英博物館など見どころが尽きません。

そんなイギリスの穴場観光スポットと言えば「ロンドンダンジョン」がおすすめです。
英語が何もわからない、という人であっても動きや演出などで楽しめるテーマパークであり、イギリス、特にロンドンは観光地として人気の反面、色々と暗い歴史もある街だったりします。

例えば霧の都ロンドンと呼ばれていた時代、街を覆うスモッグは一万人以上の死者を出しており、まさに公害の中でも最大規模の事例であると言えます。
それだけでなく世界的にも有名な猟奇殺人事件である切り裂きジャックこと「ジャック・ザ・リッパー」など、何かと血なまぐさい歴史に事欠きません。

ロンドンダンジョンではこういったロンドンの歴史における血なまぐさい・ぞっとする事件をイギリスらしいユーモアを交えたブラックジョークとして俳優たちが再現したり、アトラクションとして乗り物に乗りながら楽しめるという一風変わったテーマパークです。

「夢に出てくるレベルで怖い」と称されるだけあって、また楽しめると言えるかは別ですが、本格的な体験型ホラーはホラー好きな方であればおすすめです。

他にも、ロンドンで買い物をする際に人気なのがバラ・マーケットですが、観光客向けのバラ・マーケットは当然ながら観光客でいっぱいです。
そこで観光客が少ないマーケットとして「モルトビーストリートマーケット」をおすすめします。
ロンドン・ブリッジに近い場所にあるフードマーケットで、ロンドン各地のレストランで使用される食材などが販売されており、美味しいパンからビール、イギリスと言えば欠かせない紅茶まで、様々な食物が揃っています。

5.ゴールデンウィークにおすすめの穴場海外旅行⑤ドイツ

ヨーロッパ最後の観光地はドイツです。
かつては枢軸国として同盟だったドイツ、「基本的に真面目」という国民性や、比較的治安が良いという日本に通づる所がある国で、観光都市も多数存在しています。
ドイツもまた歴史ある国のため、今はあまり人が訪れない穴場観光スポットもたくさんあります。

例えばリューネブルクという都市は、かつて塩の製造によって栄えており、現在は静かな田舎町といったように落ち着いていますが、旧市街はかつて栄えていた時代の建物が多く残っており、田舎町とは思えないほどの豪華なレンガ造りの街並みが広がっています。
また、徳島県の鳴門市と姉妹関係にあるなど、日本とも縁がある都市だったりします。

6.ゴールデンウィークにおすすめの穴場海外旅行⑥オーストラリア

日本は食料の内6割程度を輸入に頼っています。
中でもオーストラリアがその割合を大きく締めており、それこそスーパーでオーストラリア産の牛肉などをよく見る事でしょう。
観光業でも日本に馴染み深く、日本人が良くオーストラリア観光をするように、オーストラリアの人も日本、特に北海道の観光を好むという傾向にあります。

オーストラリアと言えばシドニーが首都という事もあって観光地として人気ですが、今回おすすめする穴場スポットはオーストラリア第三の都市と呼ばれる「ブリスベン」です。
なんといっても特徴は都市の中心部にビーチがあるという事、亜熱帯地域という事もあってブリスベンは温暖な気候をしており、まるでハワイやグアムのような雰囲気です。

またオーストラリアと言えばコアラですが、ブリスベンにはローンパイン・コアラ・サンクチュアリという動物園があり、ここではなんと130頭のコアラが飼育されています。
まさに名前の通り「コアラの聖域」と言えるでしょう。

7.ゴールデンウィークにおすすめの穴場海外旅行⑦ベトナム

比較的近代に戦争をしていたという事もあって、物騒なイメージを持つ人も多いベトナム。
東南アジアのため日本とはわりと近く、近年はリゾート地として注目されています。
日本からは東京から6時間という位置にあり、各所でリゾート開発がされています

グアム同様南の島のイメージに近く、綺麗な海でバカンスを楽しみたい方におすすめです。
そんなベトナムの穴場観光スポットは「ダナン」です。
元々は港町として栄えていた街ですが、10年ほど前からビーチリゾートとして開発されており、リゾート地としては勿論、フランスが統治していた時代の名残が感じられる建築物がそこらにあり、歴史を感じられる観光スポットです。

元々港町ということもあって海鮮を使ったベトナム料理が美味しいというのも嬉しい点でしょう。

8.ゴールデンウィークにおすすめの穴場海外旅行⑧マレーシア

ベトナムに続き日本の南にあるアジア諸国の一つ、マレーシア。
国名はムラユの国という意味を持っており、このムラユという言葉はサンスクリットで山脈ある土地を意味するマラヤドヴィパが語源とされています。
日本も同じく山脈が国土の大部分を占める島国、日本との時差も1時間程度と、比較的環境的にも旅行がしやすいと言えるでしょう。

また、マレーシアの首都はかなり発展しており、それこそ東京に負けず劣らずビルが乱立、まるで都庁を思い起こすようなペトロナス・ツインタワーなど、かなり発展した国だったりします。

そんなマレーシアの穴場観光スポットはキャメロン・ハイランドです。
一面に広がる高原、比較的高温なマレーシアにおいて気温が低い地帯であるため、涼しく過ごしやすい場所です。
なんと言ってもお茶の産地として有名であり、ここで穫れたお茶っ葉を使用した紅茶を試飲することができる他にも、ホテルでは英国式のアフタヌーンティーが楽しめます。

9.ゴールデンウィークにおすすめの穴場海外旅行⑨台湾

日本とも関わり深い台湾。
かつては旧日本領であり、現在でも台湾人のご老人の中には日本語を話せるという方が多く、比較的親日家も多い国だったりします。

日本にはあまり馴染みがありませんが、東南アジアなどの日差しが強い国は日中は日差しが強すぎて活動しにくいために、夜市という文化が発展しています。
台湾でも同様に夜位置が発展しており、「臨江街夜市」という場所が穴場観光スポットとしておすすめです。

ここはいくつかある夜市の中でも台湾を構成する様々な国の伝統的な文化が入り混じった店が多く、かと言えば普通に生活用品のお店や和食の屋台などが出店していたり、「台湾らしさ」が最も出ている夜市として人気です。

10.ゴールデンウィークにおすすめの穴場海外旅行⑩モンゴル

かつては世界でも最強と謳われた騎馬民族が元となり生まれたモンゴル。
悠々と大地をかける騎馬民族達を思い起こすような広大な大地と自然が特徴的です。

また日本の相撲界においてはモンゴル出身の力士が多く、モンゴルにおいてもモンゴル相撲という文化がありますが、日本の相撲力士になる事は一種のステータス、日本で言う所の野球選手がメジャーリーグに行くような感覚のようで、日本にも馴染みが深い国であると言えます。

そんなモンゴルで穴場の観光スポットというと、「ボグド・ハーン宮殿博物館」が挙げられます
中華風にも見える寺院のような外観の宮殿であり、モンゴル最後の皇帝である「ボグド・ハーン」が暮らしていたという宮殿です。
モンゴルという国の外交・政治的な歴史を展示物から学ぶことができ、独特の文化を学べる観光スポットです。

11.ゴールデンウィークにおすすめの穴場海外旅行⑪タイ

タイ王国、タイランドとも呼ばれる国で、仏教文化の強い国でもあります。
そのため王宮や寺院など、仏教に関わる建築物が観光の目玉として挙げられます。
仏教にも関わりが深いインド神話関係の観光スポットもいくつかあり、例えば商業神としても知られるゾウの姿をした神様「ガネーシャ」の巨大な像が存在する「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」というお寺など、穴場観光スポットとしておすすめです。

元々現地の人から人気のあるタイプのお寺で、なんと言っても象徴的なピンク色の巨大なガネーシャ像のインパクトが強く、観光地としても人気を集めています。
また、お寺というイメージに反して結構エンターテイメント色が強く、なんと寺院内にはドラえもんや仮面ライダーなどのキャラクターのほぼ等身大の像があったりと、タイの事を何も知らないという人でも親しみやすい観光スポットです。

12.ゴールデンウィークにおすすめの穴場海外旅行⑫フィリピン

続いてご紹介するのは島国であるフィリピン。
我々の住む日本やイギリスなども島国ではありますが、基本的には本土である大きな島といくつかの少し離れた島を国土としています。
対してフィリピンはなんと7000近くの数の島がフィリピンという一つの国を形成しているのです。

フィリピンと言えば、こちらもまた「南の島」というイメージが強く、リゾート地として人気です。
中でも穴場としておすすめなのが「カオハガン島」です。
カオハガン島自体はフィリピンの島の中でも特別何かある場所ではありませんが、それでも綺麗なビーチや豊かな自然はまさにリゾート地と言った所。

特徴はこの島のオーナーは日本人男性であり、その関係もあってか日本人カップルが海外で結婚式を挙げる際、このカオハガン島にする人が多いというちょっと変わった人気スポットです。

カオハガン島の海は熱帯サンゴ礁保護区であり、綺麗な海の中では美しいサンゴ礁と熱帯魚が見られるため、シュノーケリングを楽しむにもおすすめです。

13.ゴールデンウィークにおすすめの穴場海外旅行⑬ミャンマー

最後にご紹介するのは東南アジア最後にして、東南アジアの秘境として知られるミャンマーです。
こちらも仏教文化の強い国であり、世界三大仏教遺跡の一つ、バガンがあることでも知られています。

首都はヤンゴンですが、主要な観光地の尽くがヤンゴンから遠い、という国だったりします。
そこで今回は穴場観光スポットとして、逆にヤンゴン内のおすすめ観光スポットをご紹介します。

ミャンマーの穴場観光スポットはずばり「19thストリート」です。
ミャンマーと言えば絶景、あるいは仏教関連の施設。
しかしミャンマーの魅力の一つに串料理がある事はあまり知られていません。

ミャンマーは串料理が多く、この19thストリートには日本人にも馴染み深い焼鳥屋がたくさん存在します。
そこかしこに串料理を楽しむ事ができるお店があるため、お酒が飲める方は食べ比べをシながらお酒を楽しめるでしょう。

まとめ ゴールデンウィークの旅行は観光しやすい穴場の海外旅スポットがおすすめ

以上、GWにおすすめな海外旅行スポットをご紹介しました。

  • 「穴場」は人が少ないorその国の一般的な文化とは異なるという2通りある
  • 人が少ない=人気が無いというわけでは無く、知られて居ないため人が少ない可能性もある
  • 穴場スポットは移動に時間がかかる事もあるため、時間的猶予を持って行動した方が良い

今回の記事におけるまとめは以上の通り。
大型連休などのシーズンは有名な観光地は人が多くなってしまうため、快適に観光を楽しみたい方は穴場スポットを巡ると良いでしょう。

関連記事

  1. 赤ちゃんの夢が暗示する夢占いの意味とは?

  2. 銀山温泉ツアーで人気の宿・観光先は?

  3. 利き手や利き足だけじゃない!利き目とは?

  4. 片思いに効く心理テストはこれ!彼の心をつかむ恋愛テクニックも紹介

  5. 元カノの夢が暗示する心理と夢占いの意味

  6. ダンスダイエット!おすすめDVD・動画

  7. インスタグラムによくある不具合10個と解消方法

  8. ママ活は稼げる?パターン別の料金相場一覧