子連れ旅行におすすめの人気観光スポット

物の感じ方、体力など大人と子供には色々違いがあります。
例えば大人が感動するような絶景も、子供からするとすることが無くてつまらない場所と映る事もあります。

子連れ旅行はそういった「感じ方の違い」から全員が楽しめる旅行先を選ぶのが難しいため、旅行先を悩む方も多いでしょう。
今回はそんな人達に向けて、子連れ旅行におすすめな観光スポットをご紹介します。

1.子連れ旅行を計画する時におすすめのコツ

子連れ旅行においてネックなのが「子供用では大人が楽しめず、大人用では子供が楽しめない」という事。
といっても感性は個人によって違うというのは大人も子供も変わりないため、幼い内から大人のような楽しみ方をする子供も居れば、大人でも子供の用に楽しめる方も居ます。

しかし、大抵の場合は子供は遊ぶ事に楽しさを見出すため、滅多に見られない絶景よりも遊んで楽しめるアトラクションの方が喜ばれます。

そのため、子連れ旅行をするのであれば「大人も子供も楽しめる」という点を大前提にした選び方がコツとなります。
例えば子供と一緒に楽しむタイプのアトラクションや、家族向けの施設など。

子供が遊んでいる姿を見るのもいいですが、一緒に遊ぶ事で親子の絆が強くなるでしょう。

2.子連れ旅行のホテルやツアーを決めるときにおすすめのポイント

子連れ旅行をする上で日帰りだったり、ツアーを申し込む場合はどうしても他人の目が多かれ少なかれ問題となります。
それこそホテルの評価などで「子供が煩かった」という点でマイナスな評価をするレビューも多く、ホテル側としてもあまり子供に騒がれては他のお客に迷惑だと判断する事もあります。

そのため、ホテルやツアーを選ぶ際は、できるだけ「子供向け」や「家族プラン」といった単語が含まれているものを選ぶと良いでしょう。

3.遊びも温泉も!子連れ旅行におすすめの地方別人気観光スポット

それでは本題のおすすめの人気観光スポットをご紹介していきましょう。
今回はそれぞれの地方につき一つずつ観光スポットをご紹介していきます。
おすすめする要素としては、まず「大人と子供両方が楽しめる」という点。
他にも子供向けでも、大人が楽しめる要素があるという点やその逆の、大人向けでも子供が楽しめる要素があるといった点など。

今回ご紹介するもの以外にも家族旅行向けの観光スポットは沢山あるため、気になった方は調べてみても良いかもしれません。

1.北海道地方のおすすめ人気観光スポット

最初にご紹介するのは北海道の観光スポット。
北海道と言えば雪国と海の幸、ジンギスカンといったイメージが強いでしょう。
実際食べ物が美味しく、冬にはさっぽろ雪まつりが開催されたり、北海道の雪質はオーストラリアの方に人気があるようで、北海道旅行をするオーストラリア人が多いというデータも存在します。

そんな北海道で人気の温泉地といえばやはり登別でしょう。
そして登別には温泉だけでなく、子供が楽しめる施設として「登別マリンパークニクス」という場所があります。
これは一見すると西洋風でクラシックな建物ですが、中は水族館になっています。
外観からこれが水族館であるとは気づかないギャップもさることながら、真上を魚たちが泳ぐトンネル、サメやエイといった少し怖い魚と触れ合えるコーナーなど、子供が楽しめる要素が詰まっています。

2.東北地方のおすすめ人気観光スポット

続いては東北地方、北海道と同じく雪が降る県の多い地方であり、農業酪農漁業と日本の食料自給率を支える地方でもあります。
そんな東北地方で子供が楽しめて大人も満足できる旅行先と言えば、福島県のいわき市にあるホテルハワイアンズでしょう。

ホテルという名前ではありますが、実際は5つのエリアで構成されたテーマパークに近く、宿泊施設もそのエリアの一つというだけで、十分観光スポットとして成り立ちます。
大型の室内プールではウォータースライダーなどの遊べる機能もあり、ステージショーでは子供ウケの良いイベントが開催されます。

温泉施設も完備しているため、疲れを温泉で癒やしたり大人でもゆっくりと寛げるおすすめの観光スポットです。

3.関東地方のおすすめ人気観光スポット

続いては関東地方のおすすめ観光スポットをご紹介します。
関東地方と言えば観光地がたくさんある事で知られています、温泉地としても人気が高く、それこそ箱根二十湯で知られてる神奈川県、草津温泉や伊香保温泉で知られている群馬県など、有名な温泉地がたくさん存在します。

子供連れで旅行する上で定番かつ人気の観光スポットと言えばやはり「東京ディズニーランド」でしょう。
千葉県の舞浜にあるディズニーのテーマパークであり、世界的にも有名な遊園地の一つです。

同じく東京ディズニーシーという、テーマパークが存在していますが、ディズニーランドと比較するとディズニーシーはお酒が飲めたり、絶叫系のアトラクションが多かったりと大人向けのテーマパークだったりします。

どちらも近い場所にあるため、時間によっては両方楽しむことができますし、近くにはたくさんのホテルがあるため泊りがけの旅行にも最適です。

4.中部地方のおすすめ人気観光スポット

名前の通り、日本列島全体の中心近くにある地方である中部地方。
中部地方としてのまとまりがあるというよりは、関西と関東に挟まれる立地でどちらにも含まれない都道府県の集まり、という立ち位置だったりします。
実際かつては東海道、東山道、北陸道と別れており、現在でもこの区別で扱われたりする事もあったりと、「中部地方といえば」という共通点は無かったりします。

そんな中部地方で家族旅行におすすめな人気観光スポットと言えば、愛知県の名古屋港水族館です。
子供連れで楽しめる観光スポットや施設と言えば、定番はやはり動物園や水族館です。
それこそ動物や魚などの生き物が嫌いという方でもなければ楽しめる事でしょう。

名古屋港水族館は水中トンネルやイルカショーといった水族館として定番も押さえつつ、巨大スクリーンによるオーシャンシアターといった目玉もあり、何より夜の水族館を楽しめる「お泊り水族館」というサービスも存在します。
また、子供の教育にも役立つ「海辺の生物観察会」など、子供向けのイベントも用意されています。

5.関西地方のおすすめ人気観光スポット

続いて関西地方のおすすめ人気観光スポットについて。
関東に並ぶ都会の多い地方ではありますが、古き良き和の景色が守られている京都を始めとして自然や文化的な遺産、施設などの観光地が沢山存在しています。
勿論普通に子供連れで楽しめるテーマパークなどの施設も多いため、旅行で退屈する事はそうそう無いでしょう。

そんな関西でおすすめの観光スポットと言えば、大阪府枚方市にあるひらかたパークがおすすめです。
大阪と言えば他にも、東京ディズニーランドと並ぶテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」があります。
しかしあちらはアトラクションに年齢制限があったり、人気だからこそ「人が多すぎる」という問題が存在します。

対してひらかたパークは小さい子供が楽しめるアトラクションや、派手で綺麗なイルミネーション、夏はプール、冬はスケートなどの親子で一緒に遊べる季節限定の施設も有しているため、子供連れという場合はこちらがおすすめできます。

6.中国地方のおすすめ人気観光スポット

続いては中国地方の人気スポットについて。
中国、というと一般的にはお隣の日本とも歴史的に深いかかわりのある国を指す事が多く、日本における中国地方の名前に関しての由来はいまいちはっきりしておらず、諸説あります。
日本海と瀬戸内海に挟まれていて、日本海側を山陰地方、瀬戸内川を山陽地方と呼称する事もあるため、旅行をする際に山陰山陽という名称で表記されている際は中部地方であると考えておくと良いでしょう。

中部地方で子連れ旅行におすすめな観光スポットは「秋吉台自然動物公園サファリランド」でしょう。
名前の通り自然動物公園、サファリパークで「動物園」「遊園地」「サファリゾーン」の要素を兼ね備えた施設です。
動物とのふれあい、餌やりができる他にも、サファリゾーンを巡る車にも餌やり・探検・写真撮影とそれぞれ用途ごとに別れたものが用意されています。

また子供向けサファリである「キッズサファリ」というのもあり、こちらは動物と競争をしたり、動物を観察したりして遊びながら動物の事を学べるという施設になっています。

7.四国地方のおすすめ人気観光スポット

お次は四国地方について。
中部地方の直ぐ側にある、四国の名の通り4つの県で構成された地方です。
四国でおすすめの観光スポットとして挙げられるのが香川県の丸亀市にある「NEWレオマワールド」です。

一般的な遊園地タイプの施設で、観覧車やアトラクションといった遊園地では定番の物はもちろん、季節の花が植えられたファンタジックで綺麗なエリア、夜にはイルミネーションによって神秘的な「トンネル」になる日本一長いエスカレーター「マジックストロー」など、NEWレオマワールド固有の名物も沢山あります。

また、アトラクションの一つであるジェットコースター、絶叫系の乗り物として定番のジェットコースターですが、NEWレオマワールドでは「バーチャル・リアリティ技術」を用いた「VRジェットコースター」というものが存在します。

同じくVR技術を用いたアトラクションに身体を動かしてアクションを楽しめるという、まるでゲームの世界に入り込んだかのような体験ができるアトラクションがいくつかあるため、普通のアトラクションはマンネリ、という方でも楽しめるでしょう。

8.九州地方のおすすめ人気観光スポット

続いて九州地方の子供連れ旅行に最適な観光スポットについて。
九州地方は自然が多く、大分県のように大きな温泉街もあるため観光地としての人気が高い地方です。

そんな九州地方のおすすめ観光スポットは「ハウステンボス」です。
九州最大のテーマパークであり、オランダの街並みを元にしたおしゃれなテーマパークとなっており、夜にはイルミネーションで照らされて幻想的な夜景が広がり、九州最大というだけあって敷地も広大のため、単純に散歩して見て回るだけでも1日を費やせる規模です。

目で見てアトラクションで遊んで食事もできると、アトラクションがまだダメな小さいお子さんから、もう遊ぶ年じゃないという大人でも楽しむことができるテーマパークでしょう。

9.沖縄地方のおすすめ人気観光スポット

最後にご紹介するのは沖縄の観光スポットです。
本州からは離れた位置にある県で、分類上は九州地方の一部とされる事もありますが、基本的には沖縄県単体として表記されることが多く、九州地方としてまとめて扱われる際も「九州・沖縄」と表記されたりします。
そんな沖縄県は琉球王国として独立していた事もあって、日本でありながら日本とは別の文化が数多く存在しています。

県民性も温暖な気候からか穏やかだったり大雑把な人が多い反面、なぜか徒歩数分の移動ですら車を使用したりする人が多いという、不思議な県です。

そんな沖縄県でおすすめの人気観光スポットは「ビオスの丘」です。
沖縄県では綺麗な海が魅力の一つでもありますが、亜熱帯地帯という事もあって日本でも珍しい「南国の樹林」が存在します。
ビオスの丘はそういった沖縄特有の自然や動植物について体験を通して学ぶことができる場所となっています。

4歳以上のお子様が利用できるカヌーや、誰でも楽しめる水牛車などが楽しめます。

4.子連れで旅行するときの注意点

最後に子連れで旅行をする上で注意するべき事について。
まずは「絶対に子供から目を離さない」という事
人気観光スポットという事はそれだけ人が多いという事であり、一度に利用する人数が限られているという場合でも無い限り、決して子供だけで行動させたり目を離したりしないようにしましょう。

子供がちゃんと自立した人間であるのなら気にしなくても大丈夫ですが、まだまだ幼い子供であるなら、しっかりと見ていてあげなければ人並みにさらわれてしまうかもしれません。

他にも、他人の迷惑にならない事。
これは子供が騒ぎすぎないようにするという事だけではなく、「親も叱りすぎない」という事。

確かに子供の声がうるさいと思う人も居るでしょう、しかしあくまでも「楽しんでいる子供の声」と「怒鳴っている大人の声」なら、どちらが聴いていて不快な気持ちになるかは一目瞭然。

第一は楽しむ事ですが、ちゃんと周りの人の事も考えましょう。

まとめ 子連れ旅行は子供に人気の観光スポットを訪れるのがおすすめ

以上、子連れ旅行のおすすめ観光スポットのご紹介になりました。
大人と子供では感性が異なるため、どうしても片方だけしか楽しめないという場合や、子供の体力に付き合えないという場合もあるでしょう。
しかし旅行で最も大事なのは楽しむ事、露骨につまらなさそうな態度をされると楽しいものも楽しくなくなってしまいます。

  • 子供連れの旅行は子供が楽しめる施設やスポットがおすすめ
  • 場所によっては1桁代の子供でも遊べる場所がある
  • 子連れ旅行は周囲の人の迷惑にならないように一層気をつけよう

今回の内容をまとめると以上の通り、是非参考にしていただき楽しい旅行を計画してみてください。

関連記事

  1. 温泉ランキングで人気の温泉地や宿泊先は?

  2. フェチの種類一覧をチェック!あなたに当てはまるのはある?

  3. 花の夢が暗示する夢占いの意味やメッセージ

  4. 関東地方おすすめ温泉ランキングベスト13

  5. 男のひとり旅におすすめの国内人気スポット

  6. 最低気温が10度の日は何を着るべき?おすすめの服装は?

  7. リス顔の特徴!リスに似た芸能人とメイク術

  8. ジムでの出会いはある?実状や体験談まとめ