社員旅行におすすめのプランや行き先は?

会社で働く社員達へのちょっとしたご褒美、社員旅行。
中には休みになるなら旅行じゃなくて自宅でごろごろしたい、社員旅行でも上司や先輩に気を使わなきゃならないと不満を持つ人も居たりしますが、それはそれ。
今回は社員旅行に関しての情報をまとめました

1.社員旅行におすすめのプランの立て方

社員旅行を計画する幹事になった際、まず最初に困るのが「どういったプランにするか」というもの。
つまり計画自体をどうやって立てたらいいものか、というスタートラインのお話です。

そもそも社員旅行と言っても、法律や何かの決まりごとで厳密に定まっているわけではなく、会社によってその目的は様々です。

例えば従業員同士が一緒になって行動し、旅行期間中一緒に過ごす事でコミュニケーションを活性化させ、よりチームワークや職場環境を良くしようという目的

あるいは研修や人材育成のトレーニングと組み合わせた教育的な目的を持った社員旅行など。
勿論そんな事は関係なくただ単に真面目に勤めている従業員への息抜き、リフレッシュのために行われる慰安旅行だったりと、会社によって目的異なります。

そのため、社員旅行のプランを立てるにはまず自身の所属する会社における社員旅行の目的を把握する必要があります。

その目的さえ把握できればあとは簡単、コミュニケーションやチームワークの強化目的であるなら、社員が常に一緒に行動するような旅行先を選べば良く、教育・研修としての目的があるなら、社員のスキル向上に繋がる体験が可能な旅行先を選び、慰安旅行なら温泉などの日頃の疲れをリフレッシュできるような場所を選ぶ。

後は実際にどんな場所に行きたいか、というアンケートを取るのも一つの手でしょう。

//

2.社員旅行におすすめの行き先の決め方

社員旅行においての大まかな行き先の決め方は上記の通り、目的にあった行き先を決めれば良いだけの話です。
ただそれでも行き先は無数にあるため、そこから更に絞り込む必要があるでしょう。

行き先を決定するためには、比較と条件を用いると良いでしょう。
例えば費用・時間・距離などが一般的な条件です。
社員旅行であるなら当然使われるのは会社のお金、つまり経費です。
経費で落とせるからといって個人旅行じゃ行けないような場所を選んでも、それが経費を使った個人旅行ならまだしも、数十人、規模によっては百人単位で行われる社員旅行になれば必要な費用が洒落にならなくなります。
予算をしっかり把握し、予算内に収まるように行き先に必要な費用を確認・比較するのは大事です。

次に時間、当然ながら何事にも時間が必要であり、集団での旅行は個人旅行よりも行動に時間を要します。
その関係上、施設の利用時間が過ぎたりして予定が狂ったりもするため、余裕を持った時間配分ができるよう、利用可能な時間や移動時間を比較・計算して行き先を決めていくと良いでしょう。

そして距離、時間と切り離せない要素であり、距離が遠ければ遠いほど観光に使える時間は減り、移動という負担を強いる事になります。
折角の旅行、普段は行けない場所に行きたいという気持ちもわかりますが、旅行中ほどんどが移動時間で潰えたとなっては、ろくに楽しめないような目的を見失った旅行になってしまう事でしょう。

上記の要素の他にも旅行の目的に合わせた条件を元に候補を比較し、行き先を決めると効率的にプランを組む事ができます

3.社員旅行におすすめの人気の行き先とは?

続いて社員旅行におすすめの旅行先をご紹介します。
上記で解説した通り、旅行先を選ぶ場合は目的・条件が重要です。
そして各都道府県によって特色が異なり、また物価や公共の交通手段などが住んでいる県と違ったりもするため、行き先を決めた後は最低限必要な情報を調べておく必要があります。

また、知らない土地を移動するというのは結構手間取るもので、あまりきっちりと予定を詰めるとプランが破綻する可能性が高いので、想定している移動時間よりも少し余裕を持って予定を決めたり、効率的に移動できるよう、巡る観光スポットの順番を決めていきましょう。

1.沖縄県

最初にご紹介するのは沖縄県、日本の南にある島が集まった県であり、かつては琉球王国として日本とは別の国として存在していました。
立地上日本において唯一「南の島」と呼べるような亜熱帯地帯となっており、沖縄県特有の生態系や環境が見どころです。

沖縄特有の文化や琉球王国時代の歴史を知ることができる施設は新たな価値観を知ることができるため、社員の教育に適しています。
また温暖な気候、綺麗な海、熱帯林や動物などの自然は普段とは異なる環境でのリフレッシュ効果が期待できます。

沖縄旅行で観光に適したシーズンは5月から11月頃。
ゴールデンウィークから6月末辺りまでが梅雨の季節で、7月から9月中旬まで真夏のシーズンを迎えます。
気温的には10月や11月が最も過ごしやすいシーズンです。

ただ、同時にこの期間は台風の可能性が多くなり、特に夏場は台風の接近が多く、夏明けから秋にかけて接近する台風は大規模なものになるため、台風に注意する必要があるでしょう。

2.北海道

南の沖縄県の次は北の北海道がおすすめです。
広大な土地、豊かな自然は冬場には一面の銀世界となり、そこで培われた食材はどれも美味。
魚も、野菜も、肉も、酪農品もあらゆる食材が美味しい土地、それが北海道です。

温泉街もあり、食事も美味しく、自然が豊かと様々な目的の旅行先にぴったりですが、土地が土地のため札幌や十勝といった比較的栄えている場所なら兎も角、それ以外の場所は何も無い土地が広がっている事も良くあるため、観光スポットによっては移動に結構な時間を要するというデメリットがあります。

また、猛暑と言っても都会などの地獄の猛暑とは違ってある程度清涼感ある暑さである沖縄とは異なり、北海道の冬場は旅行どころではない寒さになる事もあります。
特に雪が滅多に降らない地方の人からすればまさに別の国が如く寒くなるため、冬場に旅行する際は真面目に、かつできるだけ最大限防寒の準備をするように注意を忘れないようにしましょう、でなければ冗談ではなく死者が出る可能性もあります。

ただ夏場でも涼しく、6月から8月でも朝などは肌寒い事があるなど、避暑地としては最適です。
都会などで暑苦しい夏に苦しんでいるのであれば、北海道で涼しい夏を過ごしてみるのも一つの選択肢でしょう。

3.静岡県

続いてご紹介するのは静岡県、静岡県といえば日本一の標高を持つ富士山を始めとして、熱海温泉を筆頭に温泉地が多数存在する県として知られています。
そのため慰安目的の社員旅行において昔から定番中の定番とされていました。

観光スポットとして人気なのは動物と触れ合える富士サファリパークや、現在はリゾート地として発展している熱海温泉、江戸時代から続く伊東温泉などの温泉地でしょう。
社員旅行の定番という事もあって、社員旅行向けのプランが多く計画が立てやすいというのもまた一つのメリットであると言えるでしょう。

また、ご当地グルメも富士宮焼きそば、浜松餃子、みしまコロッケと兎に角お酒の肴になるような物が多く、パーッと飲んで楽しめる旅行にできるでしょう。

4.神奈川県

最後にご紹介するのは神奈川県。
東京都から近いという立地もさることながら、静岡県に並ぶ温泉県としても知られています。
特に箱根は「箱根二十湯」と称される20個の温泉地を有しており、温泉巡りの旅行では他の県よりも遥かに選択肢が多い県でもあります。

勿論温泉地以外にも、横浜や猿島などの観光スポットも豊富にあります。
そのため温泉旅行以外にも、様々な目的に対応できる旅行地であると言えます。

4.社員旅行におすすめの人気プランとは?

社員旅行をする上で常識ではあるのですが、基本的に社員旅行は社員旅行用の旅行プランを利用することになります。
個人旅行や友達数人との旅行とは違って、まさに団体規模である以上、通常の旅行プランを選ぶことはできません。

そのため、社員旅行計画を立てる上でどのプランを選ぶのか、という事が重要となります。
基本的に目的別で様々なプランが用意されている事が多いため、旅行の目的にあったプランを選ぶと良いでしょう。

1.観光地巡りプラン

まずはオーソドックスすタイプな観光地巡りをメインとしたプラン。
基本的には各観光地を見物したりするタイプのため、結構移動が多いというのがデメリットではあるものの、日々仕事で疲れている身体を体験型施設で酷使する必要も無く、絶景や歴史的な展示品を目で見て楽しむことができます

主にその地域における文化を楽しむ旅になります。
そのため異なる文化を知ることによって価値観が広がり、人として一回り豊かになれる事でしょう。

2.スポーツ・自然体験プラン

次にスポーツや、アスレチックや自然に関係した体験が可能なプラン。
主にコミュニケーションやチームワークの強化を図ったり、人材教育の手段としたり、あるいはデスクワークで弛んだ身体を鍛えたりなど、旅行は旅行でも慰安旅行以外の目的で利用される事も多いプランです。

大抵はその場所でしか経験できない事だったり、普段はできない事だったりするため、珍しい体験ができるプランだと言えるでしょう。

3.地元グルメプラン

続いてその土地のグルメを食べ歩いたりする地元グルメプラン。
やはりなんと言っても食の喜びというものは万人に共通するもので、普段は別に味にこだわらないという人は居ても、さすがに「美味しいものが嫌い」という人は極稀でしょう。
食べ歩きであったり、ご当地グルメなどの地元でしか食べられない、あるいは地元だからこそ本場の味が楽しめるグルメを食べることができます。

ただ食事代も経費に加算する場合、結構な金額がかかるため、このプランを選べるかは会社と旅行の規模によるでしょう。
食事代もプラン費用の一部である場合は問題は無いかもしれませんが、しっかりと予算の管理をした上で選ぶようにしましょう。

4.ショッピングプラン

最後はショッピングプランです。
ショッピングプランは文字通り買い物をメインにしたプランです。
お土産であったり、食べ物であったり、衣服であったり、様々な物を買い歩くプランですが、当然ながら買うお金は個人の財布から出ます。

そのためそんな余裕がない人からすると特に何も買えないだけの旅行となるため、選ぶ際は個人個人の財布事情を把握した上で選ばなければ、旅行を経て人間関係に不和が生まれかねません。

また場所によって物価が異なるため、旅行先に関しても重要になります。
例えば東京であれば必然的に物価が高くなりますが、品揃えであればダントツであり、服から家具、電化製品まで欲しい物は大抵買うことができるでしょう。

対して北海道や大阪であれば、格安で食事ができるという点が選ぶ理由の一つになるでしょう。
良くも悪くも他のプラン以上に「価格」が重視されるため、考えなしに選ぶにはおすすめできません。

5.社員旅行のプランや行き先を決めるときの注意点

最後に社員旅行における注意点を解説していきましょう。
まず、社員旅行そのものを企画する場合、プランや行き先などを決める段階において、「いつ決めるか」という点に注意しましょう。

旅行日から短い場合、計画を練る時間が足りず不備が出る可能性が高くなります
しかし逆に長過ぎた場合、何らかの災害や事件によって旅行先のプランが崩れる可能性が高くなり、また予定日が先になりすぎると旅行に対してのモチベーションが薄れやすいといったデメリットがあります。

そのため、社員旅行の計画は最低でも予定日から3ヶ月前に考えるようにするのがおすすめです。

次に社員とプランの相性について。
ショッピングプランで「お財布に余裕がない人は楽しめない」と解説した通り、プランによっては楽しめない人が出てくる可能性があります。
例えばアレルギーや好き嫌いが激しい人の場合、動物とのふれあいや食事は楽しめない可能性が大きくなります。

身体的にハンデがある人は体験型の観光地はただ見ているだけになりますし、苦手な事がプランのメインになれば当然楽しみ辛くなります。

そのため、なるべく参加する社員について把握しておく必要があります。
好みは兎も角、体質的な事は必ず事前に確認しておきましょう。

まとめ 社員旅行は人気の場所やプランを組み合わせるのがおすすめ

最後に重要なポイントをまとめると

  • 社員旅行を計画する際には目的と条件を元に行き先やプランを比較する。
  • 会社によって社員旅行の目的が異なるため、計画する際にはその目的に沿った計画を立てる
  • なるべく全員が楽しめるよう、事前に参加する従業員について把握しておく

といった点を踏まえた上で、従業員が満足できるような社員旅行を計画しましょう

以上、社員旅行について解説しました。

関連記事

  1. 復縁のチャンスをこの手に。あの人の今の気持ちが当たりすぎて鳥肌!まだ諦められないあなたに。

  2. ママに人気のおすすめベビーフード一覧

  3. 既婚者合コンとは?傾向と開催方法を解説

  4. 赤ちゃんの授乳でちくびが痛い時の対処法

  5. 片思い中の女子必見!絶対に見逃せない男子の脈ありサインを大公開

  6. 着衣セックスに興奮する理由とおすすめの服

  7. 愛らしくて魅力的な顔、「犬顔」ってどんな顔?

  8. 【要注意】追われる夢の意味とは?追われる夢をみる原因や心理も解説