ハイスペ男が大好きな「センスのいい女」って結局、誰のこと??

結局選ばれるのは「センスのイイ女」

“ナンパスポット”と呼ばれる場所に女三人で行ってみた日、同じく3人組のスーツを着た男性に声をかけられる。

「何系のお仕事ですか?」という質問に対して「会社名」で答えてくるあたり、社名を武器にしている男たちなのが想像つく……。

 

女性なら誰でもこんな経験ありますよね。

 

そのなかでも「僕、普段こういう場には来ないんですよ」といわんばかりの品の良さそうな男性こそ、私たちが落としたい男性ではないでしょうか。

みんなで会話中に盛り上がっているときも、何度かお互い目が合う。その後、彼と2人での会話が自然と始まったりします。

そして彼に連絡先を聞かれ、後日デートの打診が来るのです。

 

モテる女性は、狙った男性を簡単に手にできる。

 

計算なんかしなくても、この流れが完璧なほどスムーズに行われるのです。

彼女たちと、連絡先も聞かれず「楽しかったね、じゃあね」で終わる女とでは、何が違うのでしょうか。

ハイスペックな男性に興味を持ってもらえる女とそうでない女、

その違いは「センスがあるかどうか」です

//

そもそもセンスって何?

選ばれる女が持つ「センス」の正体って、何なのだろう。

広辞苑で「センス」の意味を調べると「物事の微妙な感じをさとる働き・能力。感覚。」そして「思慮・分別」とも記載があります。

もともと英語としての”sense”は「感覚」という意味を持っています。

物事の微妙な感じをさとる能力が優れている、「センスが良い」ということは要するに、とてもあいまいな基準での「人間性の高さ」を表すのではないでしょうか。

物事の微妙な感じをさとる能力が高いということは、相手の心境の変化に敏感で、相手が心地よいと思えるコミュニケーションを自然と出来る人だと言えます。

 

さらに場の微妙な空気を察知し、自分がどう振る舞うべきかを常に考えられる人でもあります。

一般的に、「服のセンスがいい」と言われるのも、トレンドやTPOによって、自分がどのような服装をすべきかを考えられる人。

服のセンスが良い人は対人コミュニケーションも上手い傾向にありまsす。

私たちは無意識に「センスの良い人」に人間性の高さを感じたり、コミュニケーションでの心地よさを感じたりして、自然と惹かれていっているのです。

センスってどうやって身に着ける?

モテる人にはこの3つのセンスの良さが兼ね備えられています。

一つ目は、服装・メイクなどの外見のセンスの良さ

二つ目は、相手を不快にさせない、相手の感情を読み取れるなどのコミュニケーション的なセンスの良さ

三つめは、自分の意思を持っていたり、素直であることなど性格的なセンスの良さです。

 

外見のセンス

外見のセンスがいい人とは、

TPOに合わせた服装、自分のスタイルを分かった着こなし、メンテナンスされた身体つき、顔面の良さを最大限に引き出したメイク

が出来ている人の事をさします。

 

ここに関しては総合的な美意識の底上げが必要です。

美意識の天井は果てしなく、綺麗な人ほど美意識が高いです。

同時に、頑張れば頑張るだけ自分の容姿に跳ね返ってくるのが美容に取り組む醍醐味でもあります。

実際、女性をまじまじと見れば、その人が美容にお金と時間をかけているかどうか分かります。

自分の容姿に投資をしている女性は、いい意味で「お金をかけている女」感が滲み出ているのです。

男性たちはそれを感じ取り、ぞんざいに扱ってはいけない女として、一目置かれる存在になるでしょう。

服装やメイク、ボディメイクも同じです。お金と時間がかかった身体なのかどうかを判断するポイントになります

抜かりなくしておきましょう。

コミュニケーションのセンス

コミュニケーションは最もセンスが発揮されるところです。

コミュニケーションのセンスがいい人は、相手の気持ち、周囲の空気の些細な変化を感じ取り、場に合わせた行動・反応が取れる人です。

コミュニケーションのセンスは、これまでどんな人と関わってきたか、どのような環境で育ってきたかなどによって、大きく違ってくるものです。

人見知りで相手に気を遣わせたり、逆に空気が読めず相手を不快にさせたり……。

こればかりは一朝一夕に変えられるセンスではありません。

ただ、ハイスぺ男性をつかむためのコミュニケーションのセンスを磨くコツはあります。

それは「ありのままの自分で接しながらも、自分をさらけ出しすぎないこと」です。

人は偽りを感じるととても警戒してしまいます。特にハイスペックな男性は建前にとても敏感です。

男性が喜ぶとされているオーバーリアクションも、スマートなハイスぺ男子の前では逆効果。

「酔っちゃった~♡」と言って過剰にボディタッチをしてくる女性は、その時点で自分にふさわしい女性の対象から外されてしまいます。

「こうすれば男は喜ぶでしょ?」という狙いは彼らには伝わってしまうので、良く思われたいという気持ちに身を任せすぎず、あくまで偽りの無い自分で接しましょう。

一方で「ありのままの自分でいること」=「自分をさらけ出す事ではないことも認識しておく必要があります。

特に持てるハイスぺ男子には、聞き上手が多いです。気持ちよくなって自分の事を話過ぎないようにしましょう。

魅力的な女性は、ミステリアスさや面白さを必ず秘めているものです。

周りのおしゃべりな女性を思い浮かべてみてください。彼女たちは、友達としては面白くても、男性を引き付ける魅力や色気は、少ないのではないでしょうか。

彼がもっと話を聞きたくなる程度に自分の話はとめておき、彼の話も引き出すようなコミュニケーションを取りましょう。

この世の中、聞き手のほうが優位性を保てることを忘れずに・・!

 

性格のセンス

一番難しいのが「性格のセンス」が良いこと、です。

性格にセンスがあるのか?と思うかもしれませんが、性格のセンスが良いということは、要するに人間性が高いかどうかだと思っています。

簡単に言えばいい人かどうかです。

いい人とは、一般的に他人に優しい行動が取れたり、相手の意見を取り入れる素直さが合ったりする人のことを指す場合が多いです。

 

また、他人との違いを受け入れられたり、価値観の違いを認められるかどうかも「性格のセンスが良い」要素になります。

特に初対面の場合、人は会話の中から相手が「いい人かどうか」を無意識に探っています。

ハイスペックな男性にとっては、女性の「外見のセンス」、「コミュニケーションのセンス」が良いことは当たり前で、この「性格のセンス」こそが付き合う女性の判断基準となることがほとんどなのです。

外見は文句無いし、コミュニケーションも何の問題もないけど、彼女とは長く付き合っていくイメージが持てない・・・というハイスぺ男子は多いのです。

男女は人間力が釣り合っていないと、長く付き合う事はできません。

 

彼の人間性の高さにふさわしくない女性はどんなに綺麗で会話が上手であっても、彼女になりうる対象には入ることはできません。

結局、ハイスペックな男性を落とすためには「性格のセンスの良さ」がとても大切なのです。

性格をいい悪いで判断するのはとても難しいことです。

ただ、少なくとも、価値観の違いを認められる人、倫理観があり、正しいことを実行できる人、心に余裕を持てる人は、どの人から見ても魅力的に見えます。

性格のセンスを磨くことは私たち皆が常にアップデートしておくべきことなのは間違いありません。

ベースを磨きながら、表面のスキルをアップデートさせること

もしあなたが若くて可愛い女性であれば、男性を振り向かせることは難しくありません。

巷にあふれる「モテテクニック」を駆使したら、そこそこハイスペックな男性を落とすことも簡単でしょう。

しかしそれが通用しないのが、ガチなハイスペック男子たちです。

3人組のハイスぺ男子にナンパされて、小手先のテクニックを披露し、とろんとした目つきで彼を見つめても、彼にとっては「ヤりたい」以上の対象にはなりえません。

もちろん、あなたにとっても彼が「ヤりたい」のみの対象であればガンガンにボディタッチしていきましょう。

ただ、本命彼女を狙うなら、3つのセンス磨いておくことを忘れずに。

関連記事

  1. 復縁のチャンスをこの手に。あの人の今の気持ちが当たりすぎて鳥肌!まだ諦められないあなたに。

  2. 【醜形恐怖】総額500万の整形で失ったもの〜「失敗作」と言われて〜

  3. ハイスペック男子との出会いの場6選!選ばれる女になるコツは?

  4. お金持ち男性が好む女性の特徴は?落とすテクを知って玉の輿に!

  5. 本命を口説くなら夜景の見える店で。大人女子が喜ぶ大阪のグルメ店6選

  6. ダメンズの特徴10選!ダメンズウォーカーを抜け出す秘策とは?

  7. 病みつきになる…!セックスが上手い女の共通点

  8. 【顔出し!?】隠遁人妻の整形遍歴!300万の整形は割りの良い投資だ