赤ちゃん連れにおすすめの国内・海外旅行

赤ちゃんがいると旅行に対してさまざまな条件が必要になります。この記事では赤ちゃん連れの家族におすすめの観光地や宿泊先をご紹介。赤ちゃん連れに人気のホテルやベビープランが充実した宿泊先などがまるわかり!ぜひ参考にしてくださいね。

1.赤ちゃん連れ旅行におすすめ!国内・海外の人気観光スポット

まずは赤ちゃん連れ旅行におすすめの国内、海外の人気観光スポットをご紹介

  • 長野県 富士見高原リゾート 花の里
  • 沖縄美ら海水族館
  • シンガポール動物園

上記3つについて解説します。

1.長野県 富士見高原リゾート 花の里

標高1250mに位置する花の里は、様々な楽しみ方ができます。花の里カートに乗れば、ロマンスエリアと白樺エリアをカートで巡ることができます。カートは自動運転のため、免許など必要ありません。赤ちゃんだけでなく、愛犬や猫ちゃんと一緒に花の里へ行きたいと方がおられるかもしれません。花の里レストハウスで「ペットも一緒にお願いします」と告げれば、仲良く一緒に回れます。一周1.8kmで、かかる時間は35分。赤ちゃん連れの親御さんからすると、かわいい赤ちゃんが、ぐずることのない場所かは常に考えること。40分足らずであれば、赤ちゃんもご機嫌で過ごしやすいでしょう。

抜群の眺望を楽しみたいのなら、想像の森・展望エリアへ移動しましょう。2017年に『ワイルドフラワーエリア』『山頂ロックガーデン』が設けられたこともあり、どんどん注目が集まっています。夏場はこちらのエリアを訪れる人も少なくありません。7月20日から8月18日の期間は、展望リフトが毎日運行されています。「夏はどこへ出かけようか?」とお悩み中の人に、ぴったりの場所でしょう。

2.沖縄美ら海水族館

「沖縄県を訪れたからには、美ら海水族館をぜひ訪れたい!」と考える人は多いもの。沖縄の神秘を肌で感じながら、これまで見たことがない生き物の魅力に酔いしれましょう。フロアーごとにしっかりと特色が分かれているため、とても見やすいです。

一階では沖縄の深海を再現した『深海への旅』が、二階では回遊魚にフォーカスした『黒潮への旅』が、三階では命あふれる見事な彩の世界『サンゴ礁への旅』が、四階では『大海への誘い』が楽しめます。また館外ではイルカショーまで見させてくれるサービスっぷり。多数の顧客を獲得し続け、人気の高い水族館であり続けている理由が、美ら海水族館を訪れることで納得できるはず。

生き物の魅力はもしかすると、言語化しづらいかもしれません。あまりの迫力に口をあんぐり開けて、絶句することもあるでしょう。しかしその反応こそ正直で、感情をある意味で雄弁に語っています。まだ訪れたことのない人は、ぜひ赤ちゃんを連れて遊びに行ってみましょう。一生の思い出となること請け合いです!

3.シンガポール動物園

シンガポール動物園の売りは、なんといっても動物との距離が近いところ。やはり生き物は近くで感じるのが、最も迫力ある楽しみ方。息遣いや鼓動、匂い、鳴き声などを五感で感じられます。

動物へのアプローチは、その国が持つ文化によって大きく変わります。例えば、かつての日本では飼い犬を外の庭小屋で飼育することが普通とされてきました。しかし欧米の人から見ると、「家族を外に置いた状態のまま平気でいることが理解できない」となります。各々の国がどのように動物と接しているのかを見る良い機会でしょう。広さは上野動物園の約2倍の28ヘクタール。広大な土地だからできる展示の仕方があります。シンガポールを来訪する機会がある人は、ぜひ一度足を運んでくださいね。

2.赤ちゃん連れ旅行におすすめ!国内・海外の人気ホテル

続いて紹介するのは、赤ちゃん連れ旅行におすすめの国内、海外の人気ホテルです。

  • 神奈川県 季の湯 雪月花
  • 千葉県 ヒルトン東京ベイ
  • グアム レオパレスリゾートグアム
  • ハワイ ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ

上記4つについて語りましょう

1.神奈川県 季の湯 雪月花

『神奈川県 季の湯 雪月花』は、箱根の登山鉄道の強羅駅からたった1分で到着できるため、初めての人でも迷う心配がありません。風情溢れる旅館に泊まる一つの楽しみとして、美味しい和の料理が挙げられます。こちらの旅館では「五感で愉しんでいただきたい」という思いで、プロフェッショナルな職人が腕によりをかけてくれます。また源泉掛け流しの大浴場と三つの貸切風呂も好評。日々の疲れを癒しましょう。

育児につかれた親御さんは、旅行中に心身をゆっくり癒したいはず。『神奈川県 季の湯 雪月花』では、リラクゼーションに力を注いでいます。アロマトリートメントで溜まった疲労を取り除きましょう。全身メニューでは『たぬき寝入りコース』というユーモラスなネーミングのコースもあります。マッサージがあまりに気持ちよすぎて、たぬき寝入りではなくグーグーと本格的に寝息を立ててしまうかもしれないですね。

2.千葉県 ヒルトン東京ベイ

『ヒルトン東京ベイ』は、「結婚式をどこで挙げようかな」と考えている人にとっては、かなり気になる場所でしょう。ディズニーランドからほど近く、ディズニーランドに立ち寄るというコースもありですね。公式サイトのレビューを確認すると、ほとんどの人が大満足。一万人以上の人がレビューを投稿し、☆5つの中で平均が4つ以上というのは驚異的といわざるをえません。最高のおもてなしを安定して提供し続けた結果なのでしょう。清潔感たっぷりの部屋や「ぜひまた訪れたい!」と思わせます。

カップルで宿泊する人だけでなく、小さなお子様連れで泊まる人もよくいます。年間でかなりの数の客数になるのは間違いありませんので、幼い子供連れのお客様に対する対応の引き出しがかなりあるでしょう。海を望める部屋もあるため、ロケーションを楽しみたい人もばっちり。宿泊する人の中に誕生日の方がいると、メッセージカードでお祝いしてもらえるサービスもあるようです。日本が誇る最高のおもてなしを知りたければ、『ヒルトン東京ベイ』に泊まってくださいね!

3.グアム レオパレスリゾートグアム

人気が高いグアムは、時として日本人が大挙することがあります。「海外旅行の時くらい、赤ちゃんとゆっくりとした時間を過ごしたい」という人も多いのでは?そんな人に推奨したいのが『レオパレスリゾートグアム』。こちらは観光客が少なめの土地なので、ゆっくりとマイペースに過ごせます。日頃から仕事を頑張っている人ほど、「海外では日本語を耳にしたくない」と考えるもの。家族以外の日本人が発する日本語を聞いた途端に現実に引き戻され、げんなりする経験は海外旅行をしたことがある人間にとって、実は結構なあるある。

ホテルで働くスタッフは、日本語でのやりとりがある程度可能。海外へ初めて出かける人からすると「自分は英語を流量に話せないけど大丈夫かな!?」と心配になりますよね?『レオパレスリゾートグアム』であれば、そんな心配はご無用。多忙な日常を抜け出して、最愛のベイビーとともにゆったりとした時間を過ごしましょう。

4.ハワイ ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ

ハワイはグアムと並んで、日本人観光客に最も人気がある土地。ワイキキ内で最も広い敷地面積を誇るため、ビックスケールを体験できます。敷地面積は9万平米。プールの数は5つもあるため、泳ぎ放題。ホノルルにあるダニエル・K・イノウエ空港より車で25分のため、非常にアクセスしやすいでしょう。駐車場が完備されており、1泊につき1台の駐車が可能になっています。チェックインは15時で、チェックアウトは11時。

春夏秋冬は日本が誇る魅力のひとつ。しかし「冬は苦手……」という方が実は少なくありません。常夏の国は冬に来訪することで、日本とのギャップを感じやすくなります。時間に余裕がある人は、赤ちゃんを連れて寒い日本を脱出し、贅沢すぎる時間を過ごしてみましょう。

3.赤ちゃん連れ旅行におすすめ!ベビーに優しい宿泊先

最後に紹介するのは、ベビーに優しい宿泊先は

  • 北海道 ホテルマイステイズプレミア札幌パーク
  • 静岡県 ヴィラージュ伊豆高原
  • 栃木県 鬼怒川温泉ホテル

上記の3つ。各々について解説しましょう

1.北海道 ホテルマイステイズプレミア札幌パーク

最寄り駅からわずか2分で行けるアクセス抜群の『ホテルマイステイズプレミア札幌パーク』は、北海道旅行が大好きな人の注目を集めている宿。ミキハウス子育て総研の『ウェルカムベビーのお宿』に認定されているため、赤ちゃん連れの家族がこれまでにたくさん宿泊しています。

25階の建物は日本の宿泊施設の中で、群を抜くスケール感。「さすがは北海道のホテル!」と感心すること、うけあい。人気の秘密は朝食にあり!和布と洋風の双方が用意されたバイキング形式のため、大好きな料理を好きなだけ食べられちゃいます。総勢60種のバイキング料理を目の当たりにすれば、朝の眠気もたちまち吹き飛んでしまうことでしょう。

2.静岡県 ヴィラージュ伊豆高原

「旅行に行きたいけど、愛犬と離れるのが不安で決断できない……」というお悩みはよくあるようです。中にはペットを購入した瞬間から、「旅行は諦めよう」と考えている人もいるのだとか。静岡県にある『ヴィラージュ伊豆高原』に赴けば、全ての悩みは解決。赤ちゃんとワンちゃんが一緒に泊まれる部屋が用意されているからです。どれだけ素晴らしいロケーションであっても、「ペットホテルに預けた、あの子は大丈夫かしら?」と心配になれば、楽しみも半減しかねないもの。それなら一緒に旅行して、喜びを同じ空間で味わいましょう。

『レストランIZUMI』が提供する、絶品の和洋食ビュッフェを味合えばそれだけで破顔すること確定。大浴場、露天風呂、サウナが完備されている温泉も大好評。ぜひ『ヴィラージュ伊豆高原』で、かけがえいのない家族とともに、笑顔を弾けさせましょう。

3.栃木県 鬼怒川温泉ホテル

栃木県日光にある鬼怒川温泉ホテルは、一緒に宿泊した人の絆を深める『結旅(ゆいたび)の宿』として有名。赤ちゃんを連れて、旅行に出かけることは大変なことも少なくありません。夫婦の協力は必要不可欠。しかし、息を合わせるからこそ家族の絆が深まるというのは紛れもない事実。伊達に「日本最古のリゾートホテル」と称されていません。

どの分野においても、パイオニアにはただならぬ気概が存在します。もちろんそれは鬼怒川温泉ホテルにも該当。日常を離れ『湯』『食』『旅』を満喫することにより、一層の結束が深まることでしょう。これまでにたくさんの赤ちゃん連れを笑顔にさせてきただけあり、対応力は抜群。赤ちゃん連れの家族が泊まれる部屋、大浴場には、しっかりとベビーソープが完備。プレイルームでは、周囲を気にせず目いっぱい一緒に遊ぶことができます。ミキハウス子育て総研の『ウェルカムベビーのお宿』に認定されるということは、安心して赤ちゃんと泊まれる宿がすでに証明されています。ぜひ宿泊して、一流のおもてなしを実感してみてくださいね。

まとめ 赤ちゃん向けの観光地やホテルを選んで旅行プランを立てるのがおすすめ

最後に重要なポイントをおさらいしましょう。

赤ちゃん連れ旅行におすすめの国内、海外の人気観光スポットは、

  • 長野県 富士見高原リゾート 花の里
  • 沖縄美ら海水族館
  • シンガポール動物園

上記3つ。

赤ちゃん連れ旅行におすすめの国内、海外の人気ホテルは、

  • 神奈川県 季の湯 雪月花
  • 千葉県 ヒルトン東京ベイ
  • グアム レオパレスリゾートグアム
  • ハワイ ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ

上記4つ。

赤ちゃんに優しい宿泊先は

  • 北海道 ホテルマイステイズプレミア札幌パーク
  • 静岡県 ヴィラージュ伊豆高原
  • 栃木県 鬼怒川温泉ホテル

上記の3つとなります。

「赤ちゃんが大きくなるまで旅行は我慢しておこう」と決めていた人も、こちらの記事を読んで新たな情報をインプットすることで考えが変わってかもしれません。

現在のユーザーニーズは、かなり多種多様。お客さんの要望や気持ちをしっかり汲み取り、『真のおもてなし』を提供できるホテルのみが生き残っているシビアな時代に突入しつつあります。ぜひこの機会に、赤ちゃん連れでも泊まれる宿泊施設を探し出し夢のような時間をお過ごしください!

関連記事

  1. 名前人気ランキング常連!「優」が付く名前110選

  2. インスタグラムをブラウザで操作する方法

  3. お子さんへの初めての贈り物!「栞」を使用した名前

  4. 中学生におすすめのデートプランとは?

  5. 前の恋人の夢が暗示する夢占いの意味

  6. 2泊3日の国内カップル旅行のおすすめは?

  7. 婚活バスツアー!内容や参加方法を徹底解説

  8. ゴールデンウィークにおすすめの穴場温泉