デートで分かる15の脈なしサインと脈ありに逆転する4つの方法

「デートをしたけど、脈なしなのかな…」なんて、お悩みではないでしょうか?

おそらく、あなたがそう考えているならば、きっと脈なしなんでしょう!

もう一度、デートを振り返りながら脈なしのサインを振り返ってみましょう。

そして、大切なのは「脈なしからどうやって彼女を振り返らせるか」です!

今回は、女性の脈なしサインの具体例や、脈ありに変える方法をご紹介していきます。

自分のケースと当てはめてみて、狙っている女性が脈ありかどうかを判断しましょう!

1.デートでの脈なしサインリスト15個

女性が脈なしサインを出すタイミングは、デート前・デート中・デート後の3段階です。

それぞれのタイミングによって出される脈なしサインは異なります。

したがって、それぞれの段階ごとに、女性の言動を振り返らなければなりません。

まずは、デート前の脈なしサインから順番に当てはまるものがないかチェックしていきましょう。

1-1.デート前の脈なしサイン

デート前の脈なしサインは、2つあります。

当てはまっていないか、順番に見ていきましょう。

デート前1.デートの話が進まない

デートの話にはなるけれど具体的な話に進んでいかない場合も、脈なしの可能性が高いと言えます。

気になっている男性からの誘いであれば、女性からも積極的にデートの話を進めてくるはずだからです。

デート前2.他に誰かを呼ぼうと言われる

他に誰かを呼ぼうと言われた場合にも、脈なしの可能性があります。

2人きりで会いたくないということは、現段階ですぐに付き合うことは難しいです。

1-2.デート前の脈なしサイン【LINE編】

デート前【LINE】1.スタンプだけで返信がくる

LINEの大きな特徴のひとつであるスタンプ機能は感情を表すのにぴったりですよね。

「可愛いスタンプで返信をくれたから脈あり!」と思ってしまう人もいますが、実はスタンプだけで返信がきた場合は脈なしといえます。

スタンプ機能は便利ですが、文章を考える必要がないので当たり障りなく返信できてしまいます。

つまり、スタンプのみで返信がきた場合は「あなたに文章を考えるのが面倒」だと思っている証拠。

文章+スタンプなら気にする必要はありませんが、スタンプのみなら脈なしなので今後しつこいLINEにならないよう注意しましょう。

デート前【LINE】2.顔文字や絵文字がなく素っ気ない文章

LINEは顔が見えない分、言葉遣いや文字の装飾には気をつけなければいけません。

顔文字や絵文字がついていると「手間をかけて返信してくれたんだな」と嬉しくなりますよね。

飾り気のないLINEや短文で素っ気ない返信は、あなたとLINEするのが億劫と思っている証拠です。

素っ気ないLINEはマイナスイメージを持たれやすいもの。

あえてあなたに好意を持たれないように牽制の意味も込めているといえます。

デート前【LINE】3.既読が遅いor既読無視

好きな人とのLINEはいつ既読がつくのかそわそわしてしまいませんか?

既読がなかなかつかなくてさらにメッセージを送ってしまったり…。

しかしこの「既読」、つくのが遅ければ遅いほど脈なしといえます。

普段から既読が遅かったり忙しい時間帯に送っているわけでもないのに、極端に既読が遅いのであればあなたに興味がない証拠。

興味がない相手や面倒なLINEほど放置してしまうのです。

また、既読無視はあなたのことを迷惑だと感じている場合があるので脈なしといえます。

LINEが途絶えてしまったら、あなたに返信するのが面倒だと思われているので、返事を催促するのはやめましょう。

 

以上が、デート前に出される脈なしサインです。

デート前の脈なしサインだけでは、脈がないと判断し難い場合もあると思います。

脈なしか判断するために、デート中の脈なしサインも見ていきましょう。

1-3.デート中の脈なしサイン

デート中の脈なしサインは、6つあります。

  • 携帯を触る時間が長い
  • 質問をしても曖昧にかわされる
  • 相手から話をしてこない
  • パンツスタイルなどカジュアルな服装
  • 露骨につまらなそうな表情をする
  • 時計をチラチラ見たり帰りたい雰囲気を出す

当てはまっていないか、順番に見ていきましょう。

デート中1.携帯を触る時間が長い

デート中に携帯を触る時間が長いようであれば、脈なしの可能性が高いです。

どうしても急ぎで返さなければならない連絡かもしれませんが、そのような理由を伝えてもらえなかったなら、あなたに興味がないと言えます。

目安としては、1度のデートで理由を伝えずに長時間、3回以上携帯を触るようであれば、脈なしだと考えましょう。

デート中2.質問をしても曖昧にかわされる

デート中に質問をしても曖昧にかわされてばかりだったなら、脈なしサインを出されている場合があります。

デートの最初から最後まで、まったく楽しそうに質問に答えることがなかったなら脈なしだと考えましょう。

デート中3.相手から話をしてこない

デート中に相手から話をすることが一切なかったなら、脈なしサインを出されているかもしれません。

もしも興味のある相手と一緒にいるなら、自分からも話をして盛り上げようと思うはずです。

なので、相手が話に全然乗ってこなかったり、自分から話がしなかったら、脈なしだと言えます。

ただ、「あなたに興味があって少しでも多くの話を聞きたい」と思われていたり、「緊張して話ができない…」という可能性もゼロではありません。

そのため、見極める必要はありますが、基本的には相手から話をしてこないときは脈なしだと判断してよいでしょう。

デート中4.パンツスタイルなどカジュアルな服装

スカートや女性らしいデザインの服装でデートに臨む女性は多いです。

遊園地やスポーツ施設などのアクティブデート以外は、脈ありの場合そういった気合の入った服装で来ると思っていいでしょう。

あなたとのデートにカジュアルな服装で現れたなら、脈なしです。

デート中5.露骨につまらなさそうな表情をする

こちらが話しかけても笑顔がなく、むしろつまらなそうな表情をするのであれば脈なしといえます。

つまらなそうな表情をするのはあなたの話に興味がないということ。

露骨に顔に出すのは早くデートを切り上げたいサインです。

デート中6.時計をチラチラ見たり帰りたい雰囲気を出す

時計を見て時間を気にしたり、帰りたい雰囲気を出されたらすぐにデートを切り上げましょう。

こういった行動をとる女性は、あなたに好意を抱いていないため脈なしと判断できます。

 

以上が、デート中の脈なしサインです。

「デート前やデート中に脈なしサインがあったけれど、本当に脈が無いのかな。。」と、疑問に思う人もいると思います。

ここからは、デート後の脈なしサインをご紹介するので、チェックしてみてください。

 

2回目のデートを断られても、次にOKされるコツはこちらの記事でチェックしてください↓

1-4.デート後の脈なしサイン

デート後の脈なしサインは、4つあります。

  • お礼や感想の連絡が来ない
  • 次のデートの誘いを断られる
  • はっきり脈なしだと言われる
  • 6回デートしても進展がない

当てはまっていないか、順番に見ていきましょう。

デート後1.お礼や感想の連絡が来ない

デートが終わってからお礼や感想の連絡が来ないときは、脈なしの場合が多いです。

相手から連絡が来なければ、自分からお礼の連絡を入れてみてください。

もしも返信が来ないなら、脈なしだと考えても良いでしょう。

デート後2.次のデートの誘いを断られる

デートを終えてから次のデートに誘ったときに、断られてしまったなら脈はありません。

今回のデートを楽しんでもらえた場合や、自分のことを恋愛対象に思ってもらえた場合には、次のデートも来てくれるはずです。

誘っても断られてしまうのであれば、恋愛対象外だと判断されたのだと考えられます。

デート後3.はっきり脈なしだと言われる

デート終わりに相手から、「あなたとは付き合えない」などのように、はっきり脈なしだと言われた場合は、完全に恋愛対象外です。

この脈なしサインを出された場合は、挽回することは非常に難しいと言えます。

したがって、脈なしを明言されたのであれば諦めたほうが良いでしょう。

デート後4.6回デートしても進展がない

6回目のデートを終えても特に関係に進展がなければ、恋愛対象として見られていない可能性が高いです。

だいたい目安として6回デートを行って何も進展がなければ、友達として見られていると考えてください。

それ以上デートを繰り返しても、友達より先の関係になることは難しいでしょう。

 

以上が、デート後に女性が出す脈なしサインです。

ここまでご紹介した脈なしサインに覚えがあるなら、脈がないことを残念に思っているかもしれませんね。

しかし、場合によっては脈なしから脈ありに変えることができます。

一発逆転する方法を確認していきましょう。

 

脈なし女性を射止める方法は、こちらの記事もチェックしてください↓

2.脈ありに一発逆転する4つの方法

「気になる女性に脈なしサインを出されていた…」なんて、お悩みな人もいると思います。

しかし、諦めないでください!

「脈なしから脈ありに一発逆転したい!」と思っているなら、以下の4つの方法が取れないか考えてみてください。

  • 方法1.共通の友人に場を設けてもらう
  • 方法2.潔くもう一度デートを頼む
  • 方法3.しばらく期間を空けてから再度誘う
  • 方法4.次に会う時までに男を磨いておく

この2つの方法によって、挽回できる可能性はゼロではありません。

それぞれの方法について、順番に見ていきましょう。

方法1.共通の友人に場を設けてもらう

もしも狙っている相手と共通の友人がいるなら、会うための場を設けてもらいましょう。

2人では会ってもらえなくても、みんなと一緒なら会ってもらえる可能性があります。

そこで相手と仲良くなることができれば、また2人でデートができるかもしれません。

ただし、友人に迷惑をかける可能性もあります。

したがって、会うための場があるなら、気まずくなりにくいカラオケやバーベキューなどのみんなで盛り上がることをしましょう。

方法2.潔くもう一度デートを頼む

潔くもう一度デートを頼むというのも、脈ありに変えるための1つの方法です。

相手からは既に脈なしと思われているので、もう失うものはありません。

相手の迷惑にならない範囲で、もう一度会ってもらえないのかを頼んでみましょう。

電話や直接会うという方法だと相手の時間を奪ってしまうので、メールやLINEでの連絡にするべきです。

  • 前回のデートは◯◯について失敗してごめんなさい
  • 挽回するためのチャンスをください

というような内容をシンプルに送ってみてください。

返事がなければ、それ以上の連絡は避けたほうが良いでしょう。

 

もし2回目のデートに挑戦する場合は、下記の記事を読んで気を付けるべきポイントを勉強しておきましょう!

方法3.しばらく期間を空けてから再度誘う

脈なしの女性には猛アタックしても引かれてしまうだけなので、あえてしばらく距離をとりましょう。

いつも連絡があった相手から急にパタリと音沙汰なくなるというのは、なんとなく気にしてしまうもの。

「電話がなくなったな」「LINEがこなくなったな」とあなたを思い出させましょう。

しばらく期間が空いてからデートに誘えば応じてくれる場合があります。

あなたを意識してもらえるまで待つことが大切です。

方法4.次に会う時までに男を磨いておく

好きな人に「恋愛の対象」として振り向いてもらうには、自分磨きを忘れてはいけません。

まずは相手の好みのタイプを探ることから始めてみましょう。

相手の好みのタイプに近くことも自分磨きのひとつです。

自分の欠点を見つけたら直すことも必要です。

好きな人のために頑張れるのはとても素敵で、その誠意は相手にも伝わります。

次に会うときまで自分を磨いて、好きな人を振り向かせちゃいましょう。

3.もう一度チャンスがあればこんなデートにしよう

「一発逆転の方法を試して、またデートしてもらえることになった!」という人もいるはずです。

そのときは、前回の失敗は繰り返さないようにしましょう。

今回ご紹介した脈なしサインのチェックリストに当てはまらないようなデートができるように意識してください。

脈なしサインの原因を知ることで、挽回する可能性を高めることができます。

デート前とデート中・デート後での脈なしサインの原因を確認しておきましょう。

リベンジのチャンスをもらえたからには、全力で挑まなければ意味がありません。

 

女性からの好感度を上げるためには、ファッションや持ち物にも気を配る必要がありますよ。

下記の記事を読んで万全の体制を用意しましょう!

3-1.デート前に脈なしサインがあったときの改善策

デート前に脈なしサインがあった場合には、以下のような改善策があります。

  • 「いきなり距離を詰めすぎた」場合の改善策
  • 「相手の興味のないデートプランを提案した」場合の改善策
  • 「忙しい時期に誘ってしまった」場合の改善策

それぞれの改善策について、確認しておきましょう。

「いきなり距離を詰めすぎた」場合の改善策

いきなり距離を詰めすぎてデートに誘うのが早かっただけというケースは少なくありません。

デートに誘った際に、「もう少し仲良くなってから会いたい」などと言われていた場合には、徐々に距離を縮めなおすことを意識してください。

ただし、優しく断っているだけの場合もあります。

普段のやり取りの中で、相手が積極的に会話や質問をしてくるなど自分に関心を持ってくれていたのかを冷静に考えてください。

それによって、相手のペースに合わせながら距離を縮めましょう

「相手の興味のないデートプランを提案した」場合の改善策

あなたに興味はあっても、提案したデートプランにまったく興味がなかったというケースも考えられます。

デートに誘った際にデートプランに不満がある言動をしていたか思い返してみてください。

もしも不満があるようなら、プランそのものが脈なしだった原因だと言えます。

その場合には相手がやりたいことや行きたい場所を質問して、プランを再検討するべきです。

自分のしたいデートだけではなく、相手が楽しめるようなデートプランを提案することが恋愛のポイントとなります。

 

失敗のないおすすめデートプランが知りたい人は下記の記事をチェック!

「忙しい時期に誘ってしまった」場合の改善策

手が忙しい時期だからデートを断られただけという可能性もあります。

忙しくしていることを気づかいながら、忙しさが落ち着くまでたまに連絡を取るようにしてください。

3-2.デート中やデート後に脈なしサインがあったときの改善策

デート中やデート後に脈なしサインがあった場合には、以下の改善策があります。

  • 「デート中に問題があった」場合の改善策
  • 「友達としての関係の方が良いと思えた」場合の改善策

それぞれの原因について、確認しておきましょう。

「デート中に問題があった」場合の改善策

デートの途中で脈なしサインを出されていたなら、デート中に何か問題があった可能性が高いです。

「デート前は脈ありを感じていたのにデートの途中から冷たくなった。。」というときは、デートの内容を振り返ってみてください。

例えば、「デート中に歩かせすぎた」「お店を予約していて並ばせてしまった」などの理由が考えられます。

心当たりがあるなら、それについてまずは謝って改善したほうが良いでしょう。

「友達としての関係の方が良いと思えた」場合の改善策

「お互いとても楽しめたと思っていたのに、脈なしサインを出されていた。。」というときは、友達として一緒にいたいと思われている可能性があります。

一緒にいること自体は楽しいと感じてもらえているなら、友達認定されていることが脈なしの原因です。

このとき、異性として意識してもらう努力をしなければなりません。

そのためには、カップルの参加率が高いイベントに一緒に行くことが良いでしょう。

カップル向けのイベントに誘ってついてきてもらえるなら、そこで気持ちを伝えることによって関係が進展しやすいです。

4.引き際は見極めるべき

「一発逆転の方法を試したけれどダメだった」「もう一度もらえたチャンスを活かしきれなかった」という人もいると思います。

その場合は、潔く諦めるべきです。

引き際を見極めなければ、次の良い出会いがあったとしても気づけないまま損をしてしまう可能性があります

好きという思いをなくすことは難しいですが、新しい出会いにも目を向けてみましょう。

未練を振り切って新しい出会いに踏み出したいときは、空いた時間を利用して相席ラウンジへ行ってみるのがおすすめです。

オリエンタルラウンジ」は、20代半ばから30代半ばの素敵な女性がたくさん集まっているので、あなたの思いを振り切る素敵な出会いがありますよ。

相席ラウンジは自分の好きなタイミングで行くことができるので、無理のないペースで次の恋愛へ進むことができますよ。

5.まとめ

お互い好意を持っていると思っている相手でも、実は脈なしな可能性があります。

デート前やデート中、デート後に女性が出す脈なしサインを知って振り返ることで、自分が恋愛対象がどうかを判断可能です。

脈なしから一発逆転して付き合えるというケースもあるので、まずは脈ありかどうかを確認しておきましょう。

関連記事

  1. 初めての合コンで失敗しない方法を徹底解説!ルールや服装まで

  2. セックス嫌いな女性は多い!嫌いな理由と克服する7つの方法

  3. ノーブラの魅力を徹底解説!脱ブラジャー宣言でリラックスしよう!

  4. 男が忘れられない女の特徴とは?自分を彼の忘れられない女にする方法♡

  5. 回避依存症は男性に多い恋愛傾向!特徴や最適な付き合い方

  6. ラインがめんどくさい時はどうする?人間関係を壊さない秘訣を紹介

  7. これで安心!彼氏から連絡がこないときに取るべき対処法

  8. 【男女別】結婚相手の決め手5つと決め手に欠けると感じるポイント