タイプ別!gwにおすすめの国内旅行先

ゴールデンウィークは大人にとっての夏休み。誰もが楽しみにしている大型連休です。カップルであれば2人で過ごせる大切な時間ですし、家族であれば皆で過ごせる貴重な時間になるでしょう。

当然どこへ旅行に行こうかという嬉しい悩みも出てきます。海外という選択肢もありますが、国内もやはり人気がありますね。海外に比べて気楽に行くことができますし、時間もそれほどかからないというのが魅力でしょう。ただ、行く場所は毎回悩みますよね。

この記事ではそんな方のためゴールデンウィークにおすすめの国内旅行先を紹介していきます。これさえ読めば今年のゴールデンウィークにどこへ行こう決めることができますよ!

1.カップルにおすすめの国内gw旅行先

まずはカップルにおすすめの国内の旅行先をご紹介していきます。一緒に過ごせる時間を最大限楽しんでもらえる場所になっているので、ぜひ足を運んでくださいね。

1.北海道 函館山展望台

まずは定番の北海道から。GWは寒すぎず過ごしやすい気候なので、快適に過ごすことができます。

北海道といえば札幌時計台などを想像する方も多いですが、カップルにおすすめなのは「函館山展望台」です。ここからの景色は北海道では右に出るものはいません。ロープウェイを使えば約3分で頂上まで行けるのも魅力的ですね。

ロープウェイに乗っている最中も、街や港がよく見え移り変わる景色を楽しむことができます。お昼は屋上展望台が空いているので意外と穴場です。カップルで函館の景色を堪能しましょう。夜になるとやや混みますが、港街も夜の雰囲気になりより一層ロマンチックに。季節によっても表情を変えるので、GW以外に行っても飽きることはありませんよ!

2.山口県 角島大橋

山口県にある日本海側の観光地で今、急激に人気になっているのが角島大橋です。数年前までは「幕末の志士ゆかりの萩」ばかりが目立っていましたが、最近SNSで話題になり絶景スポットとして一躍有名になりました。

山口県の本州と角島を結び、その長さは全長1,780m。通行無料の橋なので、誰でも渡ることができます。徒歩はもちろん自転車でも渡ることができ、車だと3分ほどで角島まで行くことが可能です。

意外と知られていないですが、映画やドラマ、CMなどの撮影スポットとして使われていることも多いんですよ!青い海を見渡しながら橋を眺めていると、心も落ち着き穏やかな気持ちになれるでしょう。橋を渡りながらゆっくりお話をするのも、素敵ですね。

3.静岡県 三島スカイウォーク

静岡といえばどこが思い浮かぶでしょうか。「三島スカイウォーク」と出てくる人はまだまだ少ないですよね。実はこの三島スカイウォークは2015年末にオープンした新しめの旅行先になります。オープンしてからは県外からも多数の観光客が訪れている人気の場所になりました。

全長は約400mと巨大なつり橋で、天気が良ければ富士山も見ることができるのは嬉しいですね。つり橋なので長いですが、横幅はそれほどありません。実際に歩き始めると、想像以上に揺れを感じるのでスリルは満点。真ん中に行けば行くほど揺れを感じるので、ただ歩いているというよりはアクティビティに近い感覚かもしれません。まさしく吊り橋効果そのもので、男女の仲はより一層深いものになるでしょう。

橋の周りには高い建物はないので、360度のパノラマビューになっています。眺望は抜群。駿河湾や伊豆の山など、自然を十分に満喫することができますね。最初は揺れにソワソワしますが、慣れれば景色を楽しむことができるのでおすすめです。

2.子供連れにおすすめの国内gw旅行先

毎年ゴールデンウィークはどこに行っているでしょうか?京都や北海道と定番のスポットもいいですが、意外と有名でなくてもに楽しむことができる旅行先が沢山あります。たまにしかない長期休みは、しっかりと子どもにも楽しんでもらいたいですよね。

普段は仕事で忙しくてなかなか遊びに連れていくことができないと悩んでいる人も多いでしょう。しかし、いざ連れて行こうと決めてもどこに連れていくか悩むというのがお決まりのパターン。そんな悩みを解決すべく、ゴールデンウィークで子連れでもめいっぱい楽しむことのできる国内旅行先をご紹介しますね。少しでも参考になれば幸いです。

1.千葉県 成田ゆめ牧場

成田ゆめ牧場は、楽しさがつめこまれた観光牧場です。家族で行くには最適で、動物と触れ合うことはもちろん、おやつ作りや乳搾り体験もできます。トラクターに乗って遊覧をすることもできるので、ゆっくりとした時間を楽しむことができるのは大人にとっても助かりますね。

沢山遊んだあとは、自家製のチーズを使ったピザやハンバーグなんかを食べて午後に備えましょう。食後の運動には乗馬体験があるので、スケジュールはびっちり。

ゆめ牧場特製の生ソフトクリームは有名なので、ぜひご賞味ください。一日中牧場で遊ぶと考えると「何をするの?」と考える人もいますが、成田ゆめ牧場であれば十分に満喫できちゃいます。季節ごとに限定のイベントを開催しているので、いつ行っても変わり映えするのはありがたいですね。家族で行って、大人も子どもも楽しめる場所なのでおすすめです。

2.栃木県 那須どうぶつ王国

那須どうぶつ王国はその名の通り動物たちの王国になっています。東京ドーム約10個分という広大な敷地に、「王国タウン」と「王国ファーム」の2つのエリアがあり、それぞれを行き来することが可能です。

園内で飼育されている動物の数は、アルパカや羊、犬をはじめ約600頭。これだけいれば1日あっても全部を見て回ることが難しいくらいですね。

毎日様々なショーが開催されているので、どのショーを見るのか子どもと一緒に考える時間もまた楽しい時間になります。見るだけでなく、実際に触れ合うことができるというのも高ポイント!今まで触ったことのない動物と触れあうことができるのは那須どうぶつ王国ならでは。貴重な経験は一生の思い出になること間違いなしです。お気に入りの動物を見つけてめいっぱい楽しみましょう。

3.沖縄県 美ら海水族館

沖縄で家族で楽しめるおすすめの場所は、やはり美ら海水族館です。定番ではありますが、意外と行ったことのない人も多いのではないでしょうか。

太陽の光がサンサンと降りそそぐ「サンゴの海」水槽では大規模なサンゴの飼育展示を見ることができます。沖縄といえばサンゴなので、人気の展示場ですね。そして、やはり一番の見どころは世界最大の魚ジンベエザメや世界初の繁殖に成功したナンヨウマンタが観察できる大迫力の巨大水槽。美ら海水族館に来たならば必ず見ておかなければならない場所です。

大人が見ても大きいと感じる水槽と大迫力の海の生物たち。子どもの目にはさらに大きく映っています。ゆったりと泳ぐ魚を見ながら、かわいい子どものきらきらしている横顔を見ると、連れてきて良かったと思えますよ!他にも様々な展示場があるので、見どころ満載です。

3.海外の人をおもてなしするのにおすすめの国内gw旅行先

GWに海外から友人を招くという人も多くなっています。オリンピックも近づいている日本は海外から見ても注目度が上がっているのです。せっかく日本に来てくれたなら、日本の良いところを知ってもらいたいですよね。

海外の人をおもてなしする立場であれば尚更です。とは言っても、海外の人が楽しんでくれる旅行先がパッと思いつく人はなかなかいません。そこでここでは、海外の人をおもてなしするのにおすすめの国内旅行先をご紹介していきます。

1.山梨県 河口湖温泉

日本といえば温泉ですよね。河口湖が有名なので、あまり温泉には目がいかないかもしれませんが、河口湖には温泉が意外と多くあります。富士急ハイランドに行った帰りに寄ることもできるので、沢山遊んだ後の使れを癒すのには持ってこいです。素敵な景観と温泉で海外の人も喜んでくれるでしょう。富士山を間近で見ることもできるので、まさに日本の良いところピックアップしたお得な旅行先になります。

2.広島県 厳島神社

嚴島神社は海を敷地とした珍しい構成になっています。プラスして日本独自の鳥居の組み合わせで外国の人からしたら理想の観光地でしょう。

もちろん日本人が訪れても見どころ満載で、平安時代の寝殿造りの粋を感じられることができます。潮が満ちてくると海に浮かんでいるような不思議な光景で、なかなか見ることができません。広島へ行く人のほとんどが訪れる名所ですね。運が良いと天の川を見ることができるので、夜の時間帯もおすすめですよ!

3.東京都 新宿御苑

日本の中心である東京のさらに中心である新宿にある新宿御苑。元々は皇室の庭園として造られましたが、戦後には国民公園となり、多くの方に親しまれてきました。歴史ある場所なので、日本を感じることができますね。

さらに嬉しいのは新宿という好立地な点。東京の観光をしつつ寄ることができるのはありがたいですね。プラタナス並木が美しい整形式庭園などもあり、東京にいながら自然を感じることができるので癒されに行きましょう。

4.gwに国内旅行をするときの注意点

GWに国内を旅行する際にはより一層楽しむために注意すべき点がいくつかあります。GWに限った話ではないので、国内旅行をする際の参考にしてくださいね。

注意点は全部で以下の5つ。

➀旅行の最終的な目的はどこにあるか
➁旅行先で行きたい場所は決まっているか
➂現地ののスケジュールや混雑状況はどうか
➃予算はどのくらいで収まるか
⑤宿泊先の利便性や空きがあるか

 

それぞれ解説していきますね。

➀旅行の最終的な目的はどこにあるか

こちらは「カップルでより仲を深めたい!」「家族でアクティビティを楽しみたい!」など目的を決めるということ。目的に沿って旅行先も変わるのでしっかりと決めたいポイントですね。

例えば、子どもに楽しんでもらいたいという目的なのに、温泉地ではあまり楽しんではもらえないでしょう。それぞれの目的に合った旅行先を選択できるかが旅行においては大切なのです。

➁旅行先で行きたい場所は決まっているか

旅行先が決まっても、行きたい場所がなければ意味がありません。北海道に行こうと決めても、観光地やアクティビティは沢山あります。札幌時計台に行くのか、スキ―に行くのか、牧場に行くのかを決めなければいけませんよね。

その旅行先で本当に行きたいのはどこなのか、目的に合っている場所はどこなのかを正確に見極めなければならないのです。目的に合わせて行きたい場所も絞っておきましょう。

➂現地のスケジュールや混雑状況はどうか

旅行先で目的も行く場所も決まっているのであれば、現実的にその観光地を周ることができるかを考えます。場所によってはチケット制で定員があったりするのです。せっかく足を運んだのに入れないのでは、楽しい旅行も台無しですね。

その他にも車で行くのであれば渋滞の状況や公共交通機関のスケジュールも把握しておくと安心です。しっかりと計画を立てることで、最高の旅行にすることができますよ!

➃予算はどのくらいで収まるか

旅行に行くにはどうしてもお金がかかります。場所によっては入場料やアクティビティの料金がかかるので、その分も加味しないといけません。プラスして宿泊をするのであれば、ホテルや宿の宿泊費も計算しなければならなくなります。

当然湯水のようにお金を使うことはできないので、決められた予算でやりくりをしなければならないのです。行く前に現実的に可能であるかどうかは注意したいポイントですね。

⑤宿泊先の利便性や空きがあるか

さて、最後の注意点は宿泊先の利便性なども考えることです。行きたい場所からどのくらい離れているのか、交通の便は良いのかをチェックすることは非常に重要になります。

旅行先に行ったはいいものの、目的の場所から遠いのでは辛い思いをします。そんな失敗をしないためにも、宿泊先は慎重に選びましょう。

まとめ gwは移動時間が少なくてたくさん遊べる国内旅行がおすすめ

GWには移動時間が少なくて済む国内旅行がおすすめです。今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • カップルにおすすめの国内gw旅行先:「函館山展望台」「角島大橋」「三島スカイウォーク」
  • 子供連れにおすすめの国内gw旅行先:「成田ゆめ牧場」「成田ゆめ牧場」「美ら海水族館」
  • 海外の人をおもてなしするのにおすすめの国内gw旅行先:「河口湖温泉」「厳島神社」「新宿御苑」
  • 注意点は全部で5つ

GWに行く観光地は決まったでしょうか。もちろん今回ご紹介したものの他にもおすすめのスポットは数多くあります。

もっとGWを有意義にしたいという人はぜひ他の記事もみてくださいね。今回紹介した観光地をぜひ候補に入れて、素敵な時間をお過ごしください

関連記事

  1. バスツアーで人気!日帰り旅行スポット

  2. ゴールデンウィーク!穴場の海外旅行13選

  3. 病気になる夢!状況や人別の夢占いの意味

  4. 自宅でレッスン!おすすめヨガ動画10選

  5. 子供との旅行におすすめのホテル・旅館

  6. 割合や離婚率は?できちゃった婚のリアル

  7. 犬顔ってどんな顔?愛らしくて魅力的な犬顔の特徴

  8. ヨガウェアの選び方とおすすめのブランド