年末年始の国内旅行!おすすめ穴場スポット

多くの人が長い休みを取れる年末年始は、家族や恋人、友達と一緒に旅行に行ける絶好のチャンス。でも、人気の観光スポットや海外への旅行は、リフレッシュできるどころか余計に疲れてしまいますよね。

そこで当記事では、国内旅行でおすすめな穴場の観光スポットを地方別でご紹介します。年末年始にどこに行ったらいいか待っている人や、人気の観光スポットよりも静かにのんびり楽しみたい人は、ぜひ当記事を参考にしてください。

1.年末年始は海外旅行より国内の穴場観光スポットを巡るのがおすすめ

年末年始になると長期休暇が取れるため、海外旅行をしようと考える人も多いはず。例えば、食事が美味しい台湾や中国、神秘的な雰囲気が堪能できるタイやマレーシア、日本とは真逆に暖かく、ビーチリゾートが楽しめるハワイやグアム、そして日本人に大人気なヨーロッパなど、人気の観光スポットは同じことを考えている日本人観光客で溢れています。

年末年始に海外旅行をするのもいいのですが、場所によっては人の多さにうんざりする可能性も。リフレッシュしに海外旅行に行ったのに、余計に疲れて帰ってくることにもなりかねません。

そこでおすすめなのが、国内の穴場観光スポット巡りです。有名でこそないものの、知る人ぞ知る名所といった穴場は、観光客も少ないのでゆっくりと旅行を楽しめます。人が多いのが苦手、静かで穏やかな時間を過ごしたい、旅行に行ってまで疲れたくないという人は、国内の穴場観光スポットへの旅行をおすすめします。

2.年末年始の国内旅行で避けたい!混雑が見込まれる人気の観光スポット

年末年始に国内旅行で混雑する人気の観光スポットといえば、

  • 北海道の旭川動物園、函館
  • 京都の嵐山、清水寺、京都御所
  • 東京のスカイツリー、浅草
  • 千葉のディズニーランド、ディズニーシー

など。季節を問わず楽しめる観光スポットは、日本人だけでんなく海外からの観光客にも大人気です。

有名な人気の観光スポットには多くの人が訪れる理由があり、一度は足を運んでみる価値もあります。しかし、観光客が多いからこそ、待ち時間が長い、お目当ての店が混雑しているなど不便な点も多いのが難点です。

3.年末年始の国内旅行におすすめ!北海道地方の穴場観光スポット

国内の旅行先として必ず名前が挙げられる北海道。広大な自然を体験したい人、美味しい料理を求める人などが、国内外問わず訪れています。そんな北海道地方の穴場観光スポットをご紹介します。

新富良野プリンスホテル

北海道富良野市にある「新富良野プリンスホテル」は、毎年ニューイヤーフェスティバルを開催しています。敷地内に設けられている特設会場には、沢山の屋台が軒を連ねており、美味しい食べ物を堪能できます。ゲーム大会やナイターゲレンデを圧雪車で周回するといったイベントが催されています。そして、新年のカウントダウンと同時に花火が打ち上げられます。

名称:新富良野プリンスホテル
住所:北海道富良野市中御料
電話:0167-22-1111
開催時間:22時00分~24時30分頃
料金:入場無料(飲食代は別途必要)
公式サイト:http://www.princehotels.co.jp/newfurano/

小樽ビール 小樽倉庫No.1

北海道小樽市にある「小樽ビール 小樽倉庫No.1」は、ビールに目がないという人におすすめです。毎年年末になると、小樽ビール 小樽倉庫No.1ではカウントダウンパーティーが開催されています。ビールの本場ドイツのパブを模した店内で、本場のビールが飲める小樽ビール 小樽倉庫No.11では、カウントダウンパーティーが毎年恒例になっています。入場料は無料なので、年末年始に北海道を訪れた際は立ち寄ることをおすすめします。

名称:小樽ビール 小樽倉庫No.1
住所:北海道小樽市港町5-4
電話:0134-21-2323
開催時間:20:00~29:00
料金:入場無料(飲食代は別途必要)
公式サイト:https://otarubeer.com/jp/

4.年末年始の国内旅行におすすめ!東北地方の穴場観光スポット

季節の中で冬の長い東北地方は、年末年始になると雪が降り積もる地方でもあります。歴史ある建築物や観光スポットが盛りだくさん。特に温泉地が多いことでも有名です。そんな東北地方の穴場観光スポットをご紹介します。

国民保養温泉地 酸ヶ湯温泉

青森県青森市にある「酸ヶ湯(すかゆ)温泉」は、日本国内でも有数の豪雪地帯として知られる、青森県八甲田山系の中腹にある温泉宿です。160畳もの広さをもつ「千人風呂」は圧巻。千人風呂には

  • 熱の湯
  • 四分六分の湯
  • 鹿の湯
  • 冷の湯

と複数の浴槽があり、様々な効能や温泉を満喫できます。

ただし、千人風呂は混浴が基本なので、抵抗を感じる女性もいるかも知れません。時間帯によっては男女別で入浴も可能です。大浴場の「玉の湯」であれば、男女別なのでゆっくりと温泉が楽しめます。そして、酸ヶ湯といえば雪の多さ。雪の降る地域は国内にも数多くありますが、酸ヶ湯の積雪量は圧巻です。

名称:酸ヶ湯温泉
住所:青森県青森市大字荒川南荒川山 国有林 小字酸湯沢50
電話:017-738-8400
公式サイト:http://www.sukayu.jp/

銀山温泉

山形県尾花沢市にある「銀山温泉」は、大正ロマンを感じさせる温泉街です。夕方になると灯されるガス灯は、ノスタルジックな雰囲気を一層高めてくれます。木造りの温泉旅館が立ち並ぶ風景は、まるでタイムスリップしてきたような錯覚を覚えるほど。山形は豪雪地帯としても知られており、雪化粧した風景は美しいの一言。年末年始の雪の多い季節だからこそ、訪れたい温泉地です。

名称:銀山温泉
住所:山形県尾花沢市大字銀山新畑
公式サイト:http://www.ginzanonsen.jp/

5.年末年始の国内旅行におすすめ!関東地方の穴場観光スポット

国内旅行といえば関東地方は鉄板といえるでしょう。東京ディズニーリゾートやサンシャインシティ、東京スカイツリーなどなど、観光スポットには事欠きません。そんな関東地方の穴場観光スポットをご紹介します。

チームラボボーダレス

東京都江東区にある「チームラボボーダレス お台場」では、最新のプロジェクションマッピングを利用したアートが満喫できます。光を使ったアートは、非日常的で綺麗でありながら、押し寄せる映像に圧倒されてしまいます。ロマンチックな雰囲気を楽しみたいカップルから、小さな子供がいる家族連れまで幅広い年代の人が楽しめます。

名称:チームラボボーダレス お台場
住所:東京都江東区青海1丁目3−8 お台場パレットタウン
公式サイト:https://borderless.teamlab.art/jp/

箱根小涌園ユネッサン

神奈川県の箱根町にある「箱根小涌園ユネッサン」は、温泉とプールが楽しめるリゾート施設。温水プールなので季節を問わず楽しむことが可能。大型のウォータースライダーや子供向けのジャングルジム、箱根の自然を一望できる展望露天風呂などがあります。子供は元気いっぱいに遊べますし、大人はのんびりと温泉に浸かり、日々の疲れを癒せるスポットです。

名称:箱根小涌園ユネッサン
住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
公式サイト:https://www.yunessun.com/

6.年末年始の国内旅行におすすめ!中部地方の穴場観光スポット

金のシャチホコで有名な名古屋城、日本最高峰の富士山などなど、観光スポットが豊富な中部地方。そんな中部地方で穴場の観光スポットをご紹介します。

白川郷合掌造り集落

岐阜県大野郡白川村には、昔ながらの合掌造りの家が立ち並んでいる「白川郷合掌造り集落」があります。世界遺産にも登録されている有名な観光スポット。年末年始の雪の降る時期は、白川郷も雪化粧された美しい姿を見ることができます。ただし、観光地ではありますが、現在も住人が普通に生活しているので観光の際は十分に配慮しましょう。

名称:白川郷
住所:岐阜県大野郡白川村
公式サイト:https://shirakawa-go.gr.jp/en/

ひがし茶屋街

石川県金沢市東山にある「ひがし茶屋街」は、昔ながらの日本の姿を残しています。着物のレンタルもできるので、海外の観光客にも大人気なスポット。和の雰囲気を感じながら散歩を楽しみ、お腹が空いたら美味しい料理を出す割烹料理店やカフェでお腹を満たすなど、ゆっくりと流れる時間を楽しめます。

名称:ひがし茶屋街
住所:石川県金沢市東山1丁目13
公式サイト:https://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/spot/detail_10212.html

7.年末年始の国内旅行におすすめ!関西地方の穴場観光スポット

観光スポットはもちろん、おいしい食事もたくさんある関西地方。そんな関西地方の穴場スポットをご紹介します。

鳥羽水族館

三重県鳥羽市にある「鳥羽水族館」は、国内で唯一ジュゴンが見れる水族館です。他にもトドやイルカへの餌やり体験、ビーバーやリクガメとのふれあい体験など、海の動物を間近で見れるイベントも開催しています。

名称:鳥羽水族館
住所:三重県鳥羽市鳥羽3丁目3−6
公式サイト:https://www.aquarium.co.jp/index.php

びわ湖テラス

滋賀県を代表する観光スポットといえば、びわ湖を挙げる人も多いのではないでしょうか?そんなびわ湖を見下ろしながら、のんびりと食事を楽しめるのが「びわ湖テラス」です。標高1,100mからびわ湖を一望できるびわ湖テラスには、2つのテラスがありのんびりとした時間を楽しめます。

名称:びわ湖テラス
住所:滋賀県大津市木戸1547−1
公式サイト:http://www.biwako-valley.com/tips/biwako_terrace/

8.年末年始の国内旅行におすすめ!中国地方の穴場観光スポット

出雲大社や厳島神社、鳥取砂丘、原爆ドームに平和公園と、日本人なら一度は訪れたい観光スポットが数多くあります。そんな中国地方の穴場観光スポットをご紹介します。

平松茶屋

広島県廿日市市にある「平松茶屋」は、厳島神社や大鳥居、千畳閣の五重塔を見渡せる絶好のスポットです。年末年始はもちろん、春や秋など四季によって美しい姿を見ることができます。世界文化遺産の厳島神社は観光スポットとして有名ですが、人が多すぎてゆっくり観光できないのが難点。平松茶屋ならもみじ饅頭とお茶を楽しみながら観光スポットを眺められます。

名称:平松茶屋
住所:広島県廿日市市中江町318−1

おかやまフォレストパークドイツの森

岡山県赤磐市にある「おかやまフォレストパークドイツの森」は、日本国内にいながらにして、ドイツの農村を体験できるテーマパークです。ドイツの田園地帯をイメージしており、果樹園やワイナリーなど農村の暮らしも体験できます。アルプスの少女ハイジでおなじみの「ハイジのブランコ」も楽しめます。

名称:おかやまフォレストパークドイツの森
住所:岡山県赤磐市仁堀中2006
公式サイト:https://www.farmpark.co.jp/doitsunomori/

9.年末年始の国内旅行におすすめ!四国地方の穴場観光スポット

鳴門海峡、松山城、四万十川など、観光スポットはもちろん、香川県のうどんは他県の人でも知っていますよね。そんな四国地方の穴場スポットをご紹介します。

タオル美術館ICHIHIRO

愛媛県今治市にある「タオル美術館ICHIHIRO」。タオルの生産量日本一を誇る今治市ならではの美術館です。タオル美術館は名前の通りタオルをテーマにしたアート作品が多く展示されています。また、タオルを製造する工程を見学できたり、最新のタオルを購入も可能。美術館なのにヨーロピアンガーデンやカフェ、レストランもあったりと、ゆったりとした時間を満喫したい人にピッタリです。

名称:タオル美術館ICHIHIRO
住所:愛媛県今治市朝倉上甲2930
公式サイト:http://www.towelmuseum.com/

ヴィラ・サントリーニ

高知県土佐市にある「ヴィラ・サントリーニ」は、とても美しいリゾートホテル。エーゲ海のサントリーニ島を再現した美しいホテルです。断崖絶壁に白壁の街並みが特徴的なサントリーニ島は、「奇跡の島」と称されるほどの美しさが特徴。日本にいながらにしてエーゲ海へ旅をした気分が味わえます。

名称:ヴィラサントリーニ
住所:高知県土佐市599−6
公式サイト:http://www.villa-santorini.com/

10.年末年始の国内旅行におすすめ!九州地方の穴場観光スポット

九州地方といえば熊本城や阿蘇山、ハウステンボスや太宰府天満宮が有名ですね。九州を訪れた観光客が必ず立ち寄るスポットです。そんな九州地方の穴場観光スポットをご紹介します。

フローランテ宮崎

宮崎県宮崎市にある「フローランテ宮崎」は、綺麗な花が咲き誇る植物園です。洋風、和風など様々なコンセプトに合わせた花が植えられています。冬になるとイルミネーションで彩られた花々が、夜を美しく飾り立てています。幻想的な雰囲気を堪能できるチャンスなので、年末年始に宮崎市を訪れたらぜひ立ち寄ってみてください。

名称:フローランテ宮崎
住所:宮崎県宮崎市山崎町 浜山414-16
公式サイト:http://www.florante.or.jp/

アフリカンサファリ

大分県宇佐市にある「アフリカンサファリ」では、まるでアフリカのサバンナのような風景が広がっています。動物園とは違い、檻に入っていない動物たちを間近で観察できます。自家用車やジャングルバスで近づけるため迫力満点。小さな動物たちと触れ合えるので、子供たちにも大人気です。

名称:アフリカンサファリ
住所:大分県宇佐市安心院町南畑2−1755−1
公式サイト:http://www.africansafari.co.jp/

11.年末年始の国内旅行におすすめ!沖縄地方の穴場観光スポット

沖縄地方といえば青い空に青い海と美しい風景が広がり、一年を通して暖かく旅行にピッタリ。そんな沖縄地方の穴場観光スポットをご紹介します。

海洋博公園

沖縄県国頭郡本部町にある「海洋博公園」は、昭和50年に開催された沖縄国際海洋博覧会を記念して作られた国立公園。園内には世界最大級の水族館「沖縄美ら海水族館」、400種の植物を集めた「熱帯・亜熱帯都市緑化植物園」、2,000株以上のランが展示されている「熱帯ドリームセンター」など、様々な施設が軒を連ねています。

名称:海洋博公園
住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
公式サイト:http://oki-park.jp/kaiyohaku/

美浜アメリカンビレッジ

沖縄県中頭郡北谷町にある「美浜アメリカンビレッジ」は、米軍の基地跡を利用して作られたテーマパーク。トリックアートなど体験できるアミューズメントが豊富で、観覧車が特徴的な「カーニバルパーク・ミハマ」、一風変わった商業ビルが立ち並ぶ「デポアイランド」、レストランなどがある「アメリカン・デポ」と、いくつかのエリアに分かれています。ライブハウスや美術館などもあり、年末年始の休日を満喫できること間違いありません。

名称:美浜アメリカンビレッジ
住所:沖縄県中頭郡北谷町字美浜9−1
公式サイト:https://www.okinawa-americanvillage.com/

12.年末年始に国内旅行で穴場スポットを訪れるときの注意点

穴場スポットを訪れるなら、事前の準備をしっかりと行いましょう。穴場スポットは、混雑や待ち時間に悩まされることがありません。反面、人が多くないため雑誌やサイトなどを調べても、詳細な情報がない場合があります。道に迷わないためにも、事前にしっかりと調査して場所を把握しておきましょう。

人気がない場所に訪れるのであれば、安全を確保することを忘れないようにしてください。例えば穴場だからと準備をせずに山登りをして、そのまま遭難という危険もあるのです。または、実は治安の良くない場所だと知らずに迷い込む恐れもあります。情報の少ない穴場スポットを訪れる際は、しっかりと事前の調査と準備をしてください。

まとめ.年末年始は人混みを避けて国内旅行で穴場観光スポットを訪れるのがおすすめ

年末年始は海外旅行もいいのですが、以下のような理由で国内の穴場観光スポットへの旅行をおすすめします。

  • 人混みを避けられる
  • 待ち時間なくイベントを楽しめる
  • 静かな時間を満喫できる
  • 自分だけの特別な場所を見つけられる
  • 旅行から帰宅して疲れずにすむ

せっかく年末年始に休みを取れても、国内の人気スポットや海外旅行で人混みに揉まれ、帰宅後にぐったりというのは嫌ですよね。

ゆっくりとした時間を堪能するためにも、年末年始は人混みを避けて、国内にある穴場観光スポットに旅行に出かけることをおすすめします。

関連記事

  1. バイトより稼げる!おすすめのママ活とは?

  2. 銀山温泉ツアーで人気の宿・観光先は?

  3. インスタグラムの足跡機能を徹底解説

  4. 片思い中の女子必見!絶対に見逃せない男子の脈ありサインを大公開

  5. 夢占いって本当に当たるの?信じていいの?気になる夢占いを理解しよう

  6. 関東旅行におすすめの観光スポットや宿泊先

  7. 猫顔の特徴!猫に似た芸能人とメイク方法

  8. 春定番のデートスポット7選!彼氏をドキっとさせるコーデにメイクも