大阪の趣味コン事情!参加方法や注意点は?

結婚相手を見つけるための活動、すなわち婚活。昨今の婚活は本当に様々な種類があり、どういった人と出会うか、あるいはどういった方法で出会うかなど、目的や手段によってどんな合コンに参加するかが変わってきます。今回はその中の一つ趣味コンについての解説と、大阪の趣味コン事情について解説します。

1.大阪で人気の趣味コンとは?

そもそも趣味コンとは何か、という所から解説を始めていきましょう。婚活と言えば基本的に結婚相手を探す活動の事、そのため婚活において最も最適な行動と言えばお見合い、あるいは合コンになります。花嫁修業も婚活と言えば婚活ですが、そもそも結婚相手を見つけないことには意味がありません。

趣味コンとはその名の通り、共通した趣味を持つ人達によって行われる合コンです。例えばスポーツ、特定のスポーツが趣味の人が集まったり、あるいは他の文化的趣味、サブカルチャー趣味など何かしら共通の趣味を持っている人である事が参加の条件となります。

1.趣味コンのメリット

趣味コンのメリットと言えばやはり話がしやすいという事。合コンに限らず他人と会話をする上で何よりも大切なのが「話が合うか」という点。片方が聞き専かつ聞き上手であれば話が合わなくともある程度会話は成り立ちますが、それはあくまで会話が成り立っているだけで楽しい会話をしているとは言えないでしょう。

しかし、趣味コンであれば当然同じ趣味を持った相手が話し相手となるため、話が合わないという可能性はまず無いでしょう。会話の前段階である話しかけるきっかけに関しても、同じ趣味を持っているという大前提がある分とても難易度が低くなるため、合コンで話しかけられなくて失敗するという人でも話しかけやすいと言えます。

また、単純に婚活として異性の出会いを探すという目的以外にも、普通に共通の趣味をもった友達を作りやすいというのもメリットでしょう。合コンと言えば異性に目が行きがちですが、同性の友達を作っておくことで仮に成果無しだとしても、次の機会に繋げやすくなります。

他にも趣味の幅を広げられるというメリットもあります。同じ趣味、と言っても大抵の場合その趣味の中でも「どういった部分が好きか」という点で別れたりするもの。例として音楽であれば、邦楽が好きなのか洋楽が好きなのかという大きい区分から、ロックやクラシックなどの音楽ジャンルの違いなどがあります。そういった「同じ趣味の違う部分が好き」という人と語り合う事で、趣味の幅が広がるという事もメリットであると言えるでしょう。

2.趣味コンのデメリット

逆に趣味コンをする上でのデメリットはあるのかというと、これが結構あるもので、前述の通り「同じ趣味であっても好きな所が同じであるとは限らない」という点。これがデメリットとなる事も珍しくありません。

例えば「政治と宗教と野球の話は争いになる」と言われることもあります。この中で野球は趣味の話に該当するかもしれませんが、野球と言えば当然「チームが対戦するスポーツ」である以上、自分の好きなチームが居る事になるでしょう。自分の好きなチームが嫌いな人が居る、あるいは自分の嫌いなチームを好きな人が居る、これでは同じ趣味を持つと言っても言い争いになる可能性があることは火を見るよりも明らか。野球に限らずともそういった好きな部分や嫌いな部分、コンテンツに対する熱意や理解の浅さと深さなどの違いから言い争いに発展しやすいというデメリットも存在しています。

また、「趣味の話しかしない」というのも出会いの場として考えるとデメリットになり得ます。なぜなら趣味の話しかしないという事は、その人の人となりを知る事ができる会話が少なくなるという事。例えば合コンの定番といえば職業やら年収やら、要するに結婚する相手に値するかを値踏みするための質問になりますが、趣味の話で盛り上がってる中でいきなりそんな質問する事は難しいでしょう。

そのため、話が合うからと付き合い始めた結果、趣味以外の部分が全く合わなかったり許容できない欠点や問題があった、という問題が出てくることも珍しくないのです。

3.趣味コンの成功率

実際趣味コンの成功率はどの程度なのか、と気になる方も居ることでしょう。これに関しては詳細なデータがありません。というのも、第一に趣味によって集まる人の割合が代わり、かつ結局の所大前提として趣味の話が合うかどうかになります。

実際の所「結婚を前提とした付き合い」を目的とした場合よりも、「共通の趣味を持った友達を作る」という目的で参加したほうが成功率は高いでしょう。そこから恋愛関係、あるいは結婚にまで発展できるかどうかは別ですが、いきなり結婚前提の付き合いというのもハードルが高いというのは合コンをしている方、婚活をしている方にとっては周知のことでしょう。

2.大阪の趣味コンで人気の趣味とは?

趣味コンを開く、あるいは参加する上で前提の条件である「趣味」について。趣味コンは基本的に一つのジャンルに限定されます。例えばスポーツ、料理、音楽といったように。しかしこの今挙げたジャンルだけでも「スポーツ観戦が好きなのかスポーツをやるのが好きなのか」「料理を作る事が好きなのか食べる事が好きなのか」「音楽を聴くのが好きなのか歌う・演奏するのが好きなのか」と言ったようにジャンルにおいてどのように好きなのかという点を考えなければ成功率は低くなるでしょう。

中でも人気なのは、男性だと料理やスポーツ、女性であればスポーツ観戦や楽器などが挙げられます。男性で料理ができる、というのは単純に「家庭的」であるというイメージを与えます。共働きが珍しくなくなった現代において結婚して専業主婦になるというのも常識ではなくなりました。しかし、それでも結婚後主婦として料理を作る事になるであろう女性からすれば、料理の大変さやこだわりを理解してくれる男性というのはそれだけで気持ちが楽になるもの。逆に働きたい女性からすれば、料理を作って待ってくれている男性というのは理解が有り、かつ助かる存在であると言えるでしょう。

次にスポーツについて。スポーツはやるのは苦手、見るのは好きという方は多いことでしょう。大抵の場合スポーツをやっているという人は、同じスポーツを見るのも好きという方が多いため、とりあえずスポーツ観戦が好きと言って損する事はあまりありません。問題は贔屓のチームの違いであり、ライバルや敵対関係のチームが好きな場合は諦めましょう。

最後に楽器、音楽を聴く事が嫌い、という人はあまりいません。特定のジャンルが嫌いという事はあっても音楽そのものが嫌いという人が居ない以上、楽器をやっているというアピールはそれだけで教養の良さや努力ができる人間であることを伝えることができます。

3.大阪で開催される趣味コンに参加する男性・女性の年齢や職業の傾向

大阪で開催される趣味コンにはどんな人が参加するのか。趣味のジャンルによって年齢層は変わってきますが、大体20~30代の方が多い傾向にあります。職業に関しても基本的には特定の職業の方が多い、という事はありませんが、特定の趣味によってはそれに関係した職業の方が多かったりもします。

例えばアニメ・漫画好きな人達が集まるような趣味コンであれば、現役作家だったりアニメーターだったり、声優などのサブカル関連の職業についている方が多かったりもします。また、お金が必要な趣味であれば、当然お金に余裕がある方が多く、時間が必要な趣味であれば時間的余裕がある方が多いと、趣味の種類によって職業の傾向が変わってきます。

4.大阪で開催される趣味コンに参加する方法

趣味コンに参加する方法についても解説していきましょう。趣味コン、要するに合コンである以上わりと気軽に参加する事ができます。それこそ大学生は「時間が有り余っており、かつ一人暮らしでもなければバイトである程度趣味についやすお金を稼げる」という時期であるため、普通の合コンの要領で趣味コンを開いたり参加することができるでしょう。

1.趣味コンイベントに参加する

最も簡単な方法は趣味コンのイベントに参加する、という方法です。合コン・街コンサイトで定期的に趣味コン系のイベントは開催されており、基本的に条件さえ合えば誰でも参加することができるでしょう。

ただ、基本的に合コンというものは集団で行われるもので、特に趣味コンは共通する趣味の人が集まる関係上、普通の合コンよりも2人きりになれるチャンスが少ない傾向にあります。そのため、ただ単純に異性目当てで該当する趣味を持っているわけでも無いのに参加してしまえば、口説く以前にその場の空気を壊しかねません。ちゃんと自分の趣味にあったイベントを選ぶようにしましょう。

費用に関してはイベントによります。単純に食事して話すだけのイベントなら安めに設定されていますが、例えば料理系の趣味コンで料理を教わるというタイプの内容になると、その分参加費が増えたりもします。

2.個人で趣味コンを企画して参加者を募る

逆に自分から企画し、参加者を募集するという方法もあるでしょう。一見すると手伝って貰える知り合い・参加者が居るような人しか企画できないようにも思えるかもしれませんが、インターネットが普及しスマートフォンで気軽にネット環境にアクセスできる昨今では、わりと簡単に参加者を集めることができます。

ただ個人で全てやるとなると、企画の組み立てや会場の確保・用意、プランの進行なども全て自分自身で行わなければならないため、そういった事が得意な方に限定されます。

3.趣味コンサークル(社会人サークル)に参加する

最後に趣味コンサークルに参加するという方法。こちらもネットで探せば簡単に見つかるため、入ること自体は簡単でしょう。参加者やリーダーの方が趣味コンを開催してくれる事もありますし、逆に自分が開催した際にも簡単に参加者が揃います。

ただし、趣味コンサークルにも趣味コンそのものを総合したサークルであったり、あるいは特定の趣味限定だったりと条件が異なるため、その辺りをしっかり調べておく必要があるでしょう。

5.大阪で趣味コンを開催する時に人気のエリア・会場

続いて大阪で趣味コンを開く際に特に人気のあるエリアや、良く利用されている会場をご紹介しましょう。まず、趣味コンで人気のエリアといえばやはり梅田でしょう。単純に大阪で最も発展しているエリアという事もあり、会場に困らないのは勿論、それぞれの趣味に適した施設も豊富に揃っています。

ただその分人が多く、かつ比較的迷いやすい地形であるため、不慣れな人だと会場にたどり着けない、なんて事だってあるかもしれません。他にも心斎橋辺りも梅田に次いで人気があります。

そして趣味コンの会場に関して。通常合コン会場と言えばバーや居酒屋といったお酒の飲めるお店になります。趣味コンも簡単なものであれば通常の合コンと変わらず、それこそ共通の趣味の人を集めた合コンとも言えるでしょう。そのため会場に関しても特に何かをするというプランも無ければ普通に合コンで人気のあるお店で構いません。

では逆に趣味コンならではの会場、例えば前述したお料理会や、サブカル関連の趣味コンにおすすめな会場をご紹介していきましょう。梅田で趣味コンにおすすめな会場は御堂筋ホール心斎橋です。最大205坪のホールを利用可能で、心斎橋駅から徒歩一分の立地のため、「広い会場が欲しい」という場合におすすめです。

6.大阪で趣味コンに参加するときの心得・成功のコツ

大阪で趣味コンに参加する上で事前に知っておくべき心得や、成功するためのコツについてご紹介していきましょう。といっても難しい事はなく、「出会いを求めすぎない」というだけで成功率が変わってきます。

それこそ同じ趣味を持つ異性の友達を作りに行くという目的で望んだ方が良く、前述の通り趣味の話ばかりになるためその人の人となりがわかりにくいため、いきなり付き合おうとしても上手くはいかないでしょう。

そして別にその場で付き合わなければならない、というわけでも無いため、むしろ広く友達を作ることで後々一緒にその趣味について語り合ったり、一緒に趣味を楽しむことができるため、出会いのきっかけを得る場として望む、というのが大切です。

7.大阪で趣味コンに参加するときの注意点

最後に趣味コンをする上での注意点について。まず、趣味について合わないと思ったらすぐに話を切り上げる事。人によっては譲れない部分があり、それが合わなければ反発してしまうもので、口論になることも珍しくありません。

こだわりすぎないように、といっても趣味に本気の人からするとそれも難しい事かもしれません。そのため、無理に妥協したりして周囲のご機嫌取りをしたり、曲げずに周囲と口論になるくらいなら話を切り上げてしまう方が良いでしょう。

まとめ 大阪でも趣味コンは盛況

以上、大阪の趣味コンについて解説していきました。

  • 趣味コンは婚活よりも友達・きっかけ作りに向いている
  • 大阪を舞台にした街コン募集はいくつもある
  • 普通の合コンと同じ要領で趣味コンが開ける

このように、大阪でも趣味コンは盛んに行われているため、何か特定の趣味を語り合いたいという人は一度参加してみると良いでしょう。

関連記事

  1. やらしいとは?地域別の意味や使い方を解説

  2. ヤンキー座りでダイエット!?その効果や方法は?

  3. 男女別!30代の人気芸能人・モデル

  4. 温泉の夢が暗示する夢占いの意味を診断

  5. ダイエット中の英語表現・表記のまとめ集

  6. ダイエット中のお弁当!選び方・作り方

  7. 40代!痩せない理由とおすすめダイエット

  8. ツイートで見かける「シコい」の意味とは?