【永久保存版】人生で1度は観たい恋愛映画まとめ【おこもりデーに】

 

連日のおこもり生活、そろそろ限界かも……。涙

 

そんな人も多いのではないでしょうか?

時間があるのはいいけれど、いざ家にいてもする事がない!?

そこで今回、恋愛メディア「フェリーチェ」では、人生で必ず観ておきたい名作の恋愛映画をまとめました。

「デートもアポも行けねえ!!!」と憤る女子の皆さん、まあ落ち着いて。

ゆっくり恋愛映画を観て、恋へのモチベをあげておきましょう。

胸キュン必至の極上ラブストーリーまとめ

画像:Amazon

君に読む物語

もはや説明不要の名作なので、観た事がある人も多いはず!

2004年に製作されたアメリカ映画。1996年にニコラス・スパークスが発表した小説、及び原作を映画化しました。

認知症症を患い過去を思い出せずにいるアルツハイマー症の老女に、男性がノートに書かれた物語を読み聞かせているするシーンから物語は始まります。

舞台は1940年のアメリカ南部シーブルック。

田舎町で貧しくも慎ましい生活を送る青年ノアは、別荘にやってきたお金持ちの少女、アリーに一目惚れし強引にデートに誘います。

美しい夏の景色のなか、2人は次第に仲良くなり付き合うようになりますが、良家のお嬢様であるアリーは、両親に二人の仲を認めてもらえません。

ひと夏の恋が終わり、ノアは大学生になったアリーに毎日手紙を出しますが、戦争が始まりノアは徴兵されてしまいます。

アリーは戦中で出会った裕福な弁護士ロンと婚約。(もちろんアリーの両親は大賛成!!)

一方で軍隊からなんとか戻ったノアは、アリーと住もうと淡い約束を交わしていた古い屋敷の改造にいそしみます。

結婚式を直前にしたアリーはけじめをつけるためにノアに会いに行きますが……。

涙と女性ホルモン、ダダ漏れ。

眼がマジで腫れるので一人で鑑賞する事をおすすめします!

ブルーバレンタイン

画像:Amazon

 

さて、先述の「君に読む物語」で主演のライアン・ゴズリングにメロメロになったら次はこちらを。

リアルすぎる結婚生活のあれこれを描いた本作。名作には間違いないんですが、「愛への夢」が壊れそうなので付き合いたての彼氏とは観ないほうがいいかもね……。

結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーンとシンディ夫妻

バリキャリを目指し苦労のすえに資格を取り忙しく働く妻シンディに対し、夫ディーンの仕事は順調ではない。うーん、バーに入り浸ってお酒を飲んでいたり、序盤から嫌な予感はプンプンです。

お互い相手に不満を募らせながらも、平穏な家庭生活を何とか守ろうとする2人だったが、状況は日に日に悪くなり……。

時間軸を逆再生しながら「結婚の理想と現実」をリアルに描いていきます。愛とは何?大切な人を守るって、どんな事?という事を淡々と説きます。

これは…離婚直前の夫婦におすすめw

ラ・ラ・ランド

画像:Amazon

 

DV夫のライアンゴズリングにハラハラしたら続いてこちらを…

えっ?もう飽きた?ゴズリングお腹いっぱい??

まあ待て。

筆者の推しが如実に現れてきましたが、ラストゴズリングはこの「ラ・ラ・ランド」で有終の美を飾りたいと思います!

舞台はアメリカ・ロサンゼルス。

女優志望のミアは、高速道路の渋滞の中に巻き込まれていたイライラ。後続車を運転していたセブに煽られて悪態をつきます。

ハリウッドにあるワーナー・ブラザースの撮影所でカフェ店員として働きつつ夢を追うミアだが、オーディションの結果は散々で、一向に役はもらえないいわゆる「売れない女優(の卵の卵くらい)」。

一方のセブはジャズピアニストで、古き良きジャズを愛でる自分の店を開くという夢を持つが、実際にはうだつのあがらない日々を過ごしています。

高速道路で最悪な出会いを果たした2人は、ある冬の日に、ひょんな事から再会を果たし……。

夢を叶えるってこういう事なんだと痛感する名作。

これから就職する新社会人なんか、良いのではないでしょうか。

ジョー・ブラックによろしく

 

はい。やっとゴズリング沼を脱しました。おめでとうございます。

続いて、ちょっと古い作品ですが思わず胸がギュッとなる「死神と人間の純愛物語」をご紹介します。

ニューヨークのメディア会社の社長であるビルは、ある夜どこからともなく響いてくるおかしな声を聞きます。

次の日、ビルは愛娘のスーザンとその恋人(自社の役員)ドリューと共にヘリで仕事に向かいます。

ビルの「ドリューを愛しているか?」との問いに微妙な反応をするスーザン。

全然好きじゃないやんけwww

ビルはスーザンに優しく説きます。「愛は情熱だ。その経験のない人生は意味のないものだ」と。

いい親父さんなんですよね。

そして、その日スーザンは仕事場近くのコーヒーショップで一人の青年と出会います。

最近この街に越してきたという青年と、たわいもない会話をかわしスーザンは不思議と惹かれてしまいます。

が、

スーザンと別れた直後、この青年は車に轢かれ亡くなります。(突然の展開!!)

その晩、ビルやスーザン達は家族で集まり食事をしますが、そこに死神として現れたのは……!?

人生の歓びとは?が静かに描かれています。

死神が初めて「愛」という存在を覚えていく経過は必見です。

プリティウーマン

画像:Amazon

 

何???この色あせなさ。

というくらい世代を超えて愛されるのがこの「プリティウーマン」です。

なんと、公開は1990年。30年前ですよ。

ジュリアロバーツの出世作でもある本作ですが、テーマが普遍的なので、今観ても全く違和感なく楽しめるんです。

 

ビバリーヒルズでの友人のホームパーティーに招かれた実業家のエドワード・ルイスは、パーティーを抜け出して友人の車を借りたものの、慣れないマニュアルシフトに手こずった上に道に迷い、ハリウッドの繁華街の路肩に車を止めます。

(いつもは運転手がいるので、運転しないんですよね)

その時、客引きをしていた売春婦のビビアンに声をかけられます。

高級ホテルまでの運転と1晩300ドルで話し相手をしてくれるよう頼みます。

ホテルではしゃぎながらも「体は売っても唇へのキスはお断り」というビビアンに興味を持ったエドは、ロサンゼルス滞在中の6日間を3000ドルで契約します。

いわゆる「今までと違う、おもしれー女wwww」って感じですね。

超ハイスペ×売春婦という対極な2人ですが、ルイスはビビアンのまっすぐさに惹かれていき……。

 

セレブの暇つぶしで契約を交わしたはずが、どんどん娼婦にハマっちゃうというもう

アメリカ的超シンデレラストーリーは痛快。

玉の輿を狙う港区女子は全員観ればいいかと。

ノッティングヒルの恋人

画像:Amazon

 

いや〜〜。ジュリアロバーツ可愛いよね!!という事で、ジュリアの出世作②をご紹介します!!

プリティウーマンは「ハイスペ×娼婦」という対極カップルでしたが、今回は「女優×陰キャ非モテ」という真逆のカップルが登場します。

バツイチのウィリアムはノッティングヒルで書店を営む冴えない男。

小さな本屋で店番する姿はなんとも陰キャ感満載です。

 

そんな彼の店にどこかで見たような女性が訪れます。

「あれ。どこかで会ったかな…あ、テレビの中だ」

彼女は、ハリウッドの有名女優アナ・スコットでした。

アナが店を去った後、ウィリアムは偶然!!街角で彼女とぶつかり、ジュースで服を汚してしまう。

なんちゅう偶然や。

 

ウィリアムは慌てて自宅に招いて服を乾かします。壮絶にエロい展開なんですが、その場では何も無く。

数日後、アナから連絡を受けてホテルに向かったウィリアムは、雑誌の記者になりすましアナと再会を果たします。

彼は、妹の誕生日パーティーにアナを誘い、食事を楽しみ、あれ?なんか良い感じ……????

しかしある夜、アナの部屋を訪ねると俳優の恋人が待ち構えているのです。

「身分違いの恋」はこれまでも散々描かれてきましたが、女性のほうが優位であるという構造は実は珍しいです。

これはバリキャリ女子、ぜひ観てください。

世界の中心で愛を叫ぶ

画像:Amazon

洋画は自分をイメージできない〜♡という女子の皆さん。

俺も洋モノは抜けないという男子の皆さん。

ここからは待望の邦画をご紹介します!!!

 

世界の中心で愛を叫ぶ。かつて一世を風靡した「セカチュー」です。

15年も前の作品なんですが、こちらも全く色あせない不朽の名作です。

主人公である朔太郎の婚約者・律子は、彼の荷物からあるカセットテープを見つけ、突然姿を消してしまいます。

いやいや、冒頭からメンヘラ全開かよ!!!

と思うんですが、これには2人の「深い記憶」にあります。

行き先が自身の故郷であると分かり、追いかける朔太郎は、ふと高校時代の甘く切ない思い出を反芻します。

初恋の彼女、亜紀とカセットテープでの交換日記をした日々。

しかし、亜紀が重い病気で余命わずかと知る朔太郎はある「逃避行」を思いつき、2人で秘密の旅に出かけますが……。

封印した記憶を思い出した朔太郎と律子はある真実に辿り着き、当時渡ることのなかった亜紀から朔太郎への最後のテープの内容を、十数年越しには聴くことになります。

 

号泣。

号泣です。

邦画ってなんかすぐ病気になるから苦手…という洋画フリークもひとまず観てください。

 

あー長澤まさみ可愛い(小声)

好きだ、

画像:Amazon

さて。

本記事はこの映画を紹介したかったと言っても過言ではない。

「好きだ、」

です!!

 

たわいもない話はできるのに、どうしても「好きだ」のひと言が言えない。

そんな相手、学生時代にいませんでしたか?

そして、そんな相手ほどいつまで経っても思い出しませんか?

 

この映画は、まさにそんな2人の17年間を静かに描いています。

 

同じ高校に通う17才のユウとヨースケ。

なんとなく2人で会ったり、話したり好意があるのはわかっているのに微妙な距離から抜け出せません。

そしてある出来事をきっかけに会わなくなってしまいます。

それから17年、34歳になった2人は偶然にも東京で再会します。

驚きの結末は、ぜひ本編を観てくださいね。

 

これは

あの時、「好きだ」と言えなかった全ての人に。

 

おうちタイムで自分を満たす♩

筆者の独断と偏見で選ぶ「恋愛映画」のおすすめ作品まとめでした♩

ゆっくりと家で過ごす時間のある今。

映画を観たり本を読んだり、自分の内実を満たす時間として過ごしましょう。

素敵な恋をイメージできたら、またレベルアップした自分なれるはず……。

素敵なおうちタイムをお過ごしください。

 

 

こちらの記事もおすすめ▼

 

関連記事

  1. たまには江ノ島でリラックスデート!カジュアル過ぎないオトナ向け湘南グル…

  2. 恋愛上手が必ず実践する『聞き方』のスキルとは

  3. 【閲覧注意】「都合のいい女」と「本命になれる女」の決定的な違い

  4. 港区女子のインスタは何故キラキラしているのか?元港区女子に聞いた実情

  5. 【男は見ろ】好きなブランドと持ち物でわかる女の特徴全部解明!

  6. Twitterランドでイきり散らかしている女は、モテる部類に入らない恋…

  7. 大人のしっぽりデートをするなら神楽坂へ。ハイスペ男子が選ぶグルメ7選

  8. ナンパ待ちしている女性の特徴や見分け方