1月の国内旅行!おすすめ人気観光スポット

1月は新しい年の始まりですね。1月といえば初詣や成人式・箱根駅伝などさまざまなイベントがあります。学生にとって1月は、春休みの終盤でお年玉を貰って旅行に行く人も少なくはないでしょう。実は、春休み序盤の12月より春休み終盤の1月の方が旅行者がとても多いのです。

その理由は、中学校卒業生や高校卒業生は貯金やお年玉で卒業旅行に行く人が多数だから。しかしどこに行けばいいのかは迷いますよね。そこで今回は学生から大人でも楽しめる「1月の旅行におすすめのお祭りやイベントスポット」「国内絶景スポット」「冬景色を見ることができる人気温泉スポット」などを紹介します。

1.1月の旅行におすすめ!祭りやイベントが楽しめる国内人気観光スポット

初めに、「1月の祭やイベント」を楽しめる国内人気スポットを紹介します。新年のシーズンでは全国的に多くのお祭りやイベントが行われています。

その中でも老若男女が楽しめるオススメのスポットをピックアップしました。是非、1月に旅行に行く人は参考にしてください!

1.三重県 伊勢神宮

三重県旅行で伊勢神宮は大人気の観光スポットです。伊勢市駅から徒歩5分圏内で入場料は無料。また、伊勢内宮前には「おかげ横丁」というお食事所やご休憩所、お土産を探索できる昔ながらのスポットがあります。このエリアは学生やデートスポットにも人気で、食べ歩きなどもできます。

〈1月の伊勢神宮〉
毎年大晦日や初詣にはお礼参りや参拝者で伊勢神宮はとても混み合っています。特に1月は全国から多数の人が参拝するために来ます。年間800万人中、半分は1月の初詣目当てで訪れる方が大半です。

また、1月には沢山のイベントが行われます。

・1月1日歳旦祭(さいたんさい)
新玉の年の始めを寿ぎ、国家の隆昌・国民の平安・皇室の弥栄・五穀の豊穣をお祈りする新年最初のお祭りです。
〈時間・場所〉
午前7時・ 皇大神宮
午後4時・豊受大神宮

・1月7日昭和天皇祭遥拝(しょうわてんのうようはい)
皇霊殿において、昭和天皇祭が執り行わせられて、神宮では大宮司以下が遙拝式を行います。
〈時間〉
午前8時

・1月11日一月十一日御饌(いちがつじゅういちにちみけ)
四丈殿において、豊受大御神・天照大御神をはじめ、神宮内のすべての神々に御饌(食べ物)を授け、一年に一度だけ神々が御饌を共にされるお祭りです。
〈時間・場所〉
午前10時・皇大神宮前

・1月31日大祓(おおはらい)
祈年祭が執り行われるために、神職・楽師を祓い清める儀式です。
〈時間〉
午後3時

三重県伊勢神宮は初詣の超人気スポットでもあって混雑しますが、1月には伊勢神宮でしか見れない4つのお祭り・儀式が行われるので是非気になる方は行ってみてください。

2.北海道 層雲峡温泉

北海道の温泉スポットといえば層雲峡温泉(そううんきょうおんせん)ですよね。大雪山連峰の北東・切り立った大渓谷の中にあります。四季の中で冬季の訪問者数がダントツに多く、スノボーやスキーのようなアクティビティ後に入る人が多数ですね。

その為あって、層雲峡温泉は日帰り旅行者がH29年度だと1000万を超えています

また、層雲峡温泉の評判は非常に良く、

「とても静かな場所で、ゆっくり温泉に浸かれてとてもよかったです。50代/女性」
「お湯の温度もちょうど良くて、小さい子連れでも入りやすかったです。20代/女性」

などの老若男女に評判の良い口コミもあります。

また、近くには「銀河の滝」・「流星の滝」などが見れるスポットもあるので層雲峡温泉に行った際は是非行ってみてください。

〈1月の層雲峡温泉〉
・層雲峡温泉氷瀑まつり(つららまつり)
伝統的な祭りで45年続いています。石狩川沿いに造られた氷の建造物が、七色の光に照らされる神秘的な祭りです。開催期間中は花火も打ち上がりますよ!
〈時間・場所〉
1月23日〜3月15日・上川町層雲峡温泉

北海道は断崖絶壁の滝さえも凍りつくくらい寒い冬ですが、北海道でしか見られない氷瀑を見るこもできます。

スキーやスノボーの後の温泉もとても気持ちいいでしょう。層雲峡温泉は若者からお年寄りまで老若男女にとても人気のスポットです。是非、北海道に行った際は層雲峡温泉に入ってみてくださいね。

3.岐阜県 白川郷

岐阜県には人気の観光地スポットが多いですよね。例えば、白川郷・高山市・下呂温泉・新穂高ロープウェイなど幅広い観光スポットが沢山あります。その中で外国人にも人気のスポット、白川郷は年間500万人の訪問者を誇っています。また、500万人中の約半分が外国人です。なぜ外国人がそれほど多いか?それは、1995年に世界遺産に登録され一気に観光客が増えたことが要因と考えられています。

白川郷の中でも1番人気なのが城山展望台ですね。白川郷の集落を一望できるのでオススメです。夏は緑と白川郷でとても綺麗ですが、冬の白川郷の集落は一面真っ白でまた違った味わいがあります。

〈1月の白川郷〉
・白川郷のライトアップ
白川郷のライトアップは1月と2月の合計6回行われます。ライトアップは入場制限が行われるほど人気のイベントです。
〈時間〉
1月から2月の計6回

〈参加方法〉

  • 白川郷での宿舎で予約
  • バスツアーでの参加
  • 公共バスでの予約
  • 日帰りの駐車場利用での予約

予約もすぐにいっぱいになるので早めに予約するのをお勧めします。

白川郷は1年中通して楽しめて、色々な絶景が見れるスポットの一つです。特に、冬の綺麗な雪と白川郷をライトアップするイベントはとても人気です。是非、岐阜に行った際は行ってみてはいかがでしょうか。

2.1月の旅行におすすめ!絶景が楽しめる国内人気観光スポット

「1月の絶景」が楽しめる国内人気観光スポットを紹介します。1月は四季で言うと冬ですね。雪が残っており色々な場所で絶景が見れるでしょう

その中でも「見ないともったいない!」ような絶景を紹介します。是非、カメラ好きや絶景を見たい人は参考にしてください。

1.福島県 大内宿

福島県には沢山の絶景スポットがあります。例えば、達沢不動滝や一切経山、燧ヶ岳、白糸の滝など様々な人気スポットがありますね。その中でも1月だけしか絶景が見れないスポットは大内宿です。大内宿は、江戸時代の会津西街道の半農半宿の宿場の名称です。

春や夏や秋は岐阜県の白川郷の集落みたいな雰囲気で昔ながらの文化や建物を見れます。
また、高遠そばの名所でも有名な場所で、箸の代わりにネギを使って蕎麦を食べる風習があります。客数も年間通して100万人程が訪れる人気スポットです。

〈1月の大内宿の絶景ポイント〉
1月の福島県、南海津地方は豪雪地帯です。そのため、大内宿の茅葺き屋根にどっしりと雪が積り、あたり一面真っ白な景色でライトアップもされているのでとても絶景です。

また、春・夏・秋とは一味違う大内宿を堪能できますよ。1月は豪雪で間違いなく積もりますね。大内宿は二度楽しめるとして人気で、春・夏・秋で一回、冬で一回の二度堪能できる絶景スポットです。この、冬にしか見れない絶景を見ないのはもったいないですよ!

2.石川県白米千枚田

白米千枚田(しろよねせんまいだ)は、石川県の輪島市にある棚田です。とても数が多いので千枚田と呼ばれていて、実際の数は1004枚と記載されています。

日本には、数多くの人気絶景棚田スポットがありますね。その中でも石川県の白米千枚田はとても有名で「日本の棚田100選」「国内指定文化財名勝」にも選ばれています。また耕運機が使えないので、すべて手作業というのには驚きますね。

〈1月の白米千枚田の絶景ポイント〉
白米千枚田はどんな季節でも絶景なスポットすけど、特に冬はそれよりも絶景です。
冬の白米千枚田は1日中楽しめます。

朝から昼は、あたり一面雪で覆われており、真っ白で近くの海と映えていてとても綺麗ですね。陽が落ち辺りが暗くなると、「あぜのきらめき」という2万個以上のソーラーLEDによるイルミネーションイベントが行われておりとても幻想的です。

また、30分ごとに色が変わるLEDが使われているので飽きないですね。このLEDは「ペットボタル」と呼ばれており昼間の太陽光エネルギーで充電し、暗くなると自動的に発光します。

石川県の白米千枚田は「日本の棚田100選」「国内指定文化財」にも選ばれているほど素晴らしいスポットです。特に1月になると雪と棚田がマッチしとても絶景になります。また、昼は一面の雪・夜には一面のイルミネーションもされるのでとても綺麗です。イルミネーションが好きな人など是非行ってみてはいかがでしょうか。

3.長崎県 雲仙の霧氷

雲仙の霧氷(うんぜんのむひょう)とは、「雲仙」は長崎県の雲仙市のことで、「霧氷」とは氷点下の雲や霧が樹木などに着いて木に白い花が咲いたように見えます。普段の雲仙普賢岳は山袖が広く、どっしりとした山容が特徴的で九州の中では名山として多くの人に知られています。

1月の雲仙の霧氷の絶景ポイント。霧氷は条件が揃った時にしか見られないとても幻想的な光景です。

霧氷の条件

  • ①湿った季節風が吹き、霧・雲が発生する。
  • ②気温が氷点下0°C以下
  • ③上の季節風と寒波が過ぎたあと、穏やかな天候が回復した朝に美しい霧氷が観察できる可能性が高い。

上記3つの条件が揃うとミドリがびっしりとしていた山肌を覆うような霧氷が形成され、白銀の絶景が作れるので、その霧氷は冬に咲く桜のようです。

1月の雲仙普賢岳はただでさえ厳し過ぎる条件に加え、気温が高めの正午などは霜が消えます。なので朝が狙い目です。この奇跡的な絶景への観察に是非チャレンジしてみてください。

3.1月の旅行におすすめ!冬景色が楽しめる人気の温泉地

最後に、「1月の冬景色が楽しめる温泉」を国内人気温泉地を紹介していきます。冬の旅行で最も多いのが温泉旅行ですよね。また、温泉街のライトアップや熱々の露天風呂、雪見温泉など、全国には冬限定の楽しみ方ができる温泉地がたくさんあります。

1.秋田県 乳頭温泉

乳頭温泉は最近メディアなどでも放送され、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。乳頭温泉郷内には7つの温泉があります。

  • ①休暇村乳頭温泉郷
  • 美しいブナ林に囲まれています。
  • ②妙の湯
  • 渓流でモダンジャパニーズな雰囲気
  • ③黒湯温泉
  • 源泉が湧き立つ湯治
  • ④孫六温泉
  • 山の薬湯
  • ⑤蟹場温泉
  • 離れの露天風呂
  • ⑥大釜温泉
  • 懐かしい木造建築
  • 鶴の湯
  • 江戸時代より続いている秘湯

〈魅力ポイント〉
どの湯に入っても雪景色が楽しめます。

天気の良い日になると夜空の満天の星空もることができる贅沢な雪見スポットです。また、宿の方がかまくらを作っており、中に入ることも可能

宿周辺には雪燈籠も作られ、暖かい明かりが雪道を照らします。是非、温泉好きな方は行ってみてください。

2.山形県 銀山温泉

山形県には、1月になると深い雪に覆われて秘境の「銀山温泉」という温泉街があります。銀山温泉は、1689年に閉山した後に温泉宿が建てられ始めました。1968年には国民保養温泉地に指定されました。温泉街は大正から昭和にかけての木造建築の旅館が立ち並んでいてタイムスリップしたような雰囲気を味わえます。

〈魅力ポイント〉
大正時代の雰囲気が漂う銀山温泉は、NHK 「おしん」や「千と千尋の神隠し」の舞台の舞台としても有名です。春夏秋冬、四季折々楽しめますが特に冬は他とは一味違います。雪の積もった昔ながらの温泉街の景観やドラマや映画のモデルになるくらいの幻想的な温泉旅館は行く価値が充分にありますよね。

この雰囲気は他の温泉には出せないので「銀山温泉」でしか味わえないです。是非行ってみてくださいね。

3.栃木県 湯西川温泉

湯西川温泉(ゆにしがわおんせん)は壇ノ浦の戦いに敗れた平家が、河原に湧き出る温泉を見つけて傷を癒したと伝えられるほど歴史の古い温泉です。温泉を楽しめることと同時に川魚や山の幸、山椒魚・野鳥・鹿・熊などの珍味も地元料理として堪能することができます。

〈魅力ポイント〉
1月の湯西川温泉にはメイン会場に「日本夜景遺産」にも指定されているミニかまくらライトアップなどをする幻想的なかまくら祭りががあります。写真より生で見ると、迫力にテンションが上がりますよ!また、かまくらの数は約1200個と言われています。都心部で暮らしているとなかなかかまくらなどを目にする機会はないでしょう。

1月の湯西川温泉でしか目にすることができないことなど沢山あります。都心部を離れ、かまくらを見て癒されるのもいいですね。

4.新潟県 越後湯沢温泉

越後湯沢温泉は上品な雰囲気で大人のカップルにオススメなスポットです。また、越後湯沢温泉は川端康成の「雪国」の舞台になったと言われています。スキーやスノボーも近くでできるので若者にもおすすめです。

〈魅力ポイント〉
ウィンタースポーツや温泉、日本酒、冬のシーズンにとってとてもおすすめなスポットです。ゲレンデがすぐ目の前にあるのでウィンタースポーツ後にすぐに温泉に入れます。また、川端康成さんをも魅了させたゆかりの温泉旅館があります。是非、気になる方は行ってみてください!

まとめ 休日が多い1月は旅行におすすめの時期

1月に旅行に行く旅行者は多いですよね。1月の国内旅行での見どころは以下になります

  • 春夏秋と一味違った雰囲気を感じれる
  • 冬にしか体験や見ることしかできないことがある
  • 全国で様々な魅力的なイベントがこの時期に行われている

この時期にしかできない様々なメリットがあります。冬は他の時期と違って絶景を見るのにベストな時期です。1月に旅行に行く際は是非参考にしてみてくださいね。

関連記事

  1. 関西旅行におすすめの観光スポット・宿泊先

  2. 首締めセックスに興奮する理由とやり方

  3. 夢で分かる自分の気持ち!動物が出てきた意味を夢占いで徹底分析!

  4. 鳥の夢が暗示する夢占いの意味やメッセージ

  5. 国内旅行で人気の観光スポットを徹底解剖!

  6. 好きな人が夢に出た!夢占いが暗示する意味

  7. ママ活に使える!おすすめアプリ5つを解説

  8. 女性にモテるかっこいい言葉・名言特集