インスタグラムの退会!アカウント削除方法

instagramを引退する時は退会をする事になります。退会する事とはすなわちアカウントを削除する事、今回はInstagramのアカウント削除の方法や注意点について解説します。

1.Instagram(インスタグラム)を退会したいときはアカウントの削除が必要

今回ご紹介するInstagramに限らず、大抵のサービスで会員登録をする際には、そのサービスを完全に停止するためにアカウントを削除しなければならないことがあります。厳密には退会するためにアカウントを削除するというよりは、退会をするとアカウントが削除されるという意味合いが近いでしょう。

当然削除する以上同じアカウントは基本的に二度と使うことはできません。一度退会した後、再びインスタグラムに登録したとしても同じアカウントは利用できず、情報は共有されないためその点は注意しましょう。

2.Instagram(インスタグラム)の同アカウントでの復活の可能性があるなら退会ではなく一時停止がおすすめ

一応アカウントは使用しないが、もしかしたら同じアカウントを使うかもしれない、あるいは何らかの理由でアカウントを利用できなくなったが復活できるかもしれないという人は退会とは別にアカウントの一時停止という選択肢が存在します。

一時停止中はそのアカウントでインスタグラムを利用、写真の投稿などはできませんが、アカウントが消えているわけではないので再開する事が可能です。あくまでも一時的に使わない状態である、という事を示したり当分は使わないという場合に利用すると良いでしょう。

3.Instagram(インスタグラム)の退会をしてもDMの履歴は残るので消したいときはメッセージの削除が必要

アカウントを削除すると基本的には投稿などは削除されます。ただし、例外として残るのが「ダイレクトメッセージ」です。ダイレクトメッセージとはユーザーが他のユーザーとメッセージをやりとりできる機能で、わかりやすく言えばチャットのようなもの。

投稿はあくまでもそのアカウントが一方的に行っているものであるため、投稿者のアカウントが無くなれば同時に消えます。しかしダイレクトメッセージは複数のアカウントによってやり取りされる機能であるため、例えアカウントを消したとしても送った相手、あるいは送られた相手のアカウントに履歴が残ってしまいます。そのため、完全に自身に関係する情報を削除したいという場合はダイレクトメッセージを削除する必要があります。

ダイレクトメッセージの削除は2つあり、1つは発言を削除する方法。こちらは個別の発言を取り消す方法であり、ダイレクトメッセージを開いて消したいメッセージを選ぶことで「送信を取り消し」が出るため、これを選ぶことで発言を削除できます。

もう一つは会話そのものを消す場合。こちらはIOS版とAndroid版で方法が異なり、IOS版では消したいダイレクトメッセージをスワイプする事で削除するかどうかが表示されるため、削除を選んで消すことができます。Android版はダイレクトメッセージを長押しすることで削除することができます。

そして注意点として、「ダイレクトメッセージ削除ではダイレクトメッセージをやりとりした相手側の履歴は残る」という点が挙げられます。どういう事かというと、このダイレクトメッセージを削除する方法はあくまでも「自分のInstagramで表示しない」というだけであって、ダイレクトメッセージをやりとりした相手は普通に閲覧する事ができてしまいます。言ってしまえばアカウント削除とあまり変わらないという事、そのため完璧に消したいという方は面倒ですが個別にメッセージを消していく必要があります。

4.Instagram(インスタグラム)の退会前に写真・動画・ストーリーズを保存する方法

基本的にinstagramでは画像・動画・ストーリーズは保存できないものとして認識されています。事実、外部から画像を保存したり保存できる形式に出力してダウンロードするサイト・アプリが存在しているため、基本的には保存ができません。しかしそれはあくまでも「他人の投稿」の話であり、自分自身のアカウントで投稿したものであれば問題なく保存できます。

保存方法はまずプロフィール画面から設定へ移動し、アカウントを選択。IOSであれば元の写真、Androidであれば元の投稿を選び、元の写真を保存・元の投稿を保存を選ぶことで、自分が投稿した写真が保存されます。

5.Instagram(インスタグラム)の退会前に確認すること

Instagramを退会する前に確認が必要な事がいくつかあります。

退会手順はもちろんの事前述したダイレクトメッセージを削除するかどうか、自身が投稿した写真や動画、ストーリーズを端末内に保存するかどうか、なども事前に確認しておく必要があるでしょう。

1.Instagram(インスタグラム)を退会すると復活はできない

Instagramで確認しておくべき事の1つとして、上記でも軽く触れましたが退会すると同じユーザーとして再開する事はできません。仮に再びInstagramを再開したとしても、それは新規登録をした別アカウントになります。

連続性は無く、設定や投稿履歴などの引き継ぎ・インポートは不可能であるため、本当に退会しても大丈夫かを確認しておきましょう。

2.Instagram(インスタグラム)の退会をしたアカウントでの新規登録はできない

また、退会する前に使用していたアカウントを再び登録することはできません。上記の引き継ぎができないという解説の通り、続きから再開する事ができないだけでなく、そもそも一度使用したアカウントは再度登録する事自体ができないのです。

そのため、全くの新しいアカウントを作らなければならないため、再開する際にはその手間を必要とする事になります。連続性がなくなるだけでなく、単純に手間が増えるという欠点もあるため、再開する予定があるのであれば一時停止に留めておくと良いでしょう。

6.Instagram(インスタグラム)の退会手順

それでは実際にInstagramを退会するための手順について解説していきましょう。

退会=アカウント削除であるため、当然ながらボタン1つで消去完了なんて簡単ではありません。とはいっても何かしら特殊な手順が必要だったり、条件や罰金罰則などがあるわけでもありません。あくまでも誤操作でアカウントが削除されないように、あるいは退会しないようにという理由もあっていくつかの工程があるようなもの、特に難しい事を要求されるわけではないため安心しましょう。

1.Instagram(インスタグラム)のアカウント削除のページをブラウザで開きログインする

まずはアカウント削除をするためにアカウント削除のページを開く必要があります。この際アプリから開くのではなく、インターネットブラウザで開く必要があるため注意しましょう。

IOS・Androidともにアプリから削除、あるいはアプリを削除してもアカウントを完全に削除する事ができないため、本当に完璧に削除するためにはブラウザ版から退会する必要があるのです。アカウント削除ページを開いたらログインをしましょう、自動ログイン設定なら開くとすぐに次のページに移ります。

2.Instagram(インスタグラム)のアカウントを削除する理由を選択する

ログインをするとアカウントを削除する理由を選択する画面へと移ります。理由は様々、2つ目のアカウントを作ったから、広告が多すぎるから、単純に使わなくなったから、削除したいコンテンツがあるからなどなど。

あくまでただのフィードバックであるため、真面目に選んだから退会の際になにか有利不利があるというわけでは無いため、正直なところ適当に選んでも問題ないでしょう。特に理由はないという方はその他を選んでおくと良いでしょう。

3.Instagram(インスタグラム)のパスワードを再入力してアカウントを削除する

理由を選んだ後はパスワードを入力しましょう。パスワードはログイン時のものと同じで、入力した後に下部にある赤色の「アカウントを完全に削除」を選び、OKを選択することでInstagramから退会が完了します。

もし普段から自動ログインをしていてパスワードがわからない、という場合はパスワードを記入する欄の下に「パスワードを忘れた場合」という対処方法があります。

7.Instagram(インスタグラム)の退会をしたと思ってもアカウント削除できてないパターン

退会したからアカウントが完全削除されて安心……とならないパターンが存在します。退会は確実にした、なのにアカウントがなぜか残っているというパターン、退会したと思ったら退会ができていないパターンなど。あるいは前述した通り、アプリ版の方からアカウントを削除して完全に削除できていなかったパターンなど。

アカウントを削除できていない理由としていくつか考えられるのは、まず削除ではなく一時停止していたという場合。再開できるという事はアカウントが削除できていないという事、しかしユーザー検索やプロフィールは探しても見つからない、なんてパターンがあるかもしれません。一時停止中は基本的にアカウントが無いものとして扱われるため、アカウントを削除した際と同様にユーザー検索にも出てこず、プロフィールも表示されなくなります。そのため一見削除しているように見えていた、という可能性があるかもしれません。

他には上記のアプリをアンインストールしただけ、ログアウトしただけというそもそも削除していないパターン、そして「サブアカウント」を削除しただけというパターン。通常サービスのサブアカウントと言えば、全く別にアカウントを新規登録してアカウントを複数所持している事を指しますが、Instagramにおいてサブアカウントはメインアカウントの他に最大4つまで追加できるInstagramの標準機能だったりします。

メインが別にあり、普段サブを使っていたために消したアカウントが普段使いしていたサブアカウントだった、という勘違いがあるかもしれません。とはいえメインアカウントの削除、つまり退会とサブアカウントの削除は手順が全く異なるため上記の手順を完璧に実行してかつアカウントがいつまでも消えないという場合は一度問い合わせた方が良いでしょう。

8.Instagram(インスタグラム)の退会をすることで発生するデメリット

最後にInstagramにおいてアカウントを消した事によるデメリットについて。

まず、投稿した情報、アカウントに関する情報は全て消えてなくなります。前者はストレージに保存する事で画像・動画形式でいつでも見直すことはできます。しかし、投稿した画像や動画に対してのいいね!であったり、それまで自身をフォローしてくれていたユーザーの数といった自分を評価していた記録が消えてなくなるというのはデメリットです。

例え新しく再開したとして、完全に同じ数のユーザーが再びフォローしてくれるとも限らず、もっと言えば一度削除した、という事を逃げたと受け取られて批難される事もあるかもしれません。少なくとも、一般的な目線から見ると一時停止という手段もある中で削除をしたという事は「消したいなにかがあった」と受け取られる事になるでしょう。

まとめ Instagram(インスタグラム)の退会を希望するときはアカウントを確実に削除しよう

以上、Instagramの退会について解説しました。

  • 退会するとダイレクトメッセージの履歴以外の情報は完全に消える
  • ダイレクトメッセージの履歴は発言を個別に削除しないと消えない
  • アプリのアンインストールやログアウトではアカウントは消えない

今回の内容をまとめると以上の通りとなります。ただ単純に当分使わない、再開する予定があるという方は一時停止を。二度と使わない、あるいは一新してやり直したいという方はしっかりと確実に退会するようにしましょう。

関連記事

  1. 火事の夢が暗示する夢占いの意味を解説

  2. ママ活でママとの出会いがある場所はどこ?出会える方法を徹底解説

  3. 未読無視する男性の心理とは?対処法&LINE継続テクを伝授

  4. 一人になりたい心理とおすすめの過ごし方

  5. 割合や離婚率は?できちゃった婚のリアル

  6. 男の子の名前70選!人気漢字や名づけのアイデアもご紹介

  7. 30代におすすめのナチュラルメイク方法

  8. 恋愛に最強の効果をもたらす待ち受け画面