インスタグラムによくある不具合10個と解消方法

目次

アプリにしろそれを動かす端末にしろ、機械やプログラムというものには誤作動やバグ、エラーなどがつきものです。
複雑な機械、プログラムによって動いているアプリで発生したトラブルを無知なまま対処するのは悪化の危険性があるため、扱う際には最低限の知識をつけておく必要があります。
今回はInstagramでよく発生する不具合の理由と解消方法について解説します。

1.インスタグラムによくある不具合①インスタグラムが開けない

 
インスタグラムによくある不具合、1つ目はそもそもインスタグラムが開けないという不具合。
そもそも起動しない、押しても反応しないといった症状が該当します。
原因はいくつかあり、1つ目は「アップデートしていない」というもの。
インスタグラムは基本的にオンライン環境で利用するアプリです。
そのためアプリは最新のバージョンであることが前提であり、アップデートしていないアプリは利用できません。
アプリストアなどでバージョンが合っているかどうかを確認して、もし違う場合は不具合の原因がアップデートをしていないという事になります。
また、アップデート関連の不具合として「アップデートした結果開けなくなった」というパターンもあります。
これは端末自体のアップデートであったり、インスタグラムのアップデートであったりしますが、基本的にはそのアップデートデータがそもそも不具合入りだったというお話のため、それを直すパッチが配信されるまでは利用できません。
あるいは「バージョンアップした結果端末が非対応になった」というパターンもあります。
あまり無いパターンではありますが、古い端末を利用している場合、新しい機能を追加するような大型アップデートで古い端末では対応できなくなって利用できなくなるという場合があります。
次に端末自体の不具合。上記の端末のアップデートであったり、古い端末であったりといった端末自体の問題が理由で正常に機能しないというパターンがあります。
最新機種でバージョンも問題ないという場合考えられるのが「メモリ不足」です。
生物がそうであるように、機械にも休息は必要です。稼働し続ければそれだけ寿命をすり減らし、余裕が無くなっていくもの。
スマートフォンの電源を完全に落とさずスリープモードにして利用を続けていると次第にメモリが不足していきます。
この場合は再起動をする、電源を完全に落としてしばらく放置する、余計なアプリや写真などを消して容量をあけるといった方法で解消することがあります。
また、このエラーに限らず不具合全体に関する解消方法として再インストールがあります
一度アンインストールしてからインストールし直すという方法で、アプリをアンインストールしてもアカウントは消えないため、ダウンロードとインストールの手間が必要ではありますが、最終手段として頭の隅に置いておくと良いでしょう。

2.インスタグラムによくある不具合②画像投稿エラー

 
次は画像を投稿する際のエラーについて。
こちらも複数のパターンがあり、普通に投稿そのものが機能しない場合もあれば、単体の画像は投稿できるが複数の画像を同時に投稿するとエラーが出るというパターン、投稿完了したはずなのに投稿されていないというようなパターンがあります。

2-1.文字数・ハッシュタグ上限を超えた

また、エラーではなく仕様として不具合と勘違いされやすいのが「文字数上限」「ハッシュタグ上限」です。
インスタグラムは投稿する際にキャプションへ文字を記入する事が可能ですが、文字数には2200字の上限が存在します。
同様に、検索の際に用いられるハッシュタグに関しても、一度の投稿でつけられる数は30個が上限となっています。

2-2.著作権に触れた

同じく仕様として「著作権」の存在も忘れてはなりません。
画像に写っているもの、動画で流れている音楽などが著作権にひっかかるようなものであった場合、インスタグラムがその投稿をブロックしてしまうため、その際は諦めましょう。
仕様にひっかかっておらずエラーが出るという場合の解消方法は再起動や容量の削減。
それでも直らないという場合はインスタグラムの不具合のため、直るまでアップデートを待ちましょう。

2-3.インスタに投稿した写真が黒くなってしまう不具合

Androidでインスタを利用している人は、投稿した写真が黒く表示されてしまうエラーが起こりやすいです。
これは以下の問題があると発生しやすくなっています。

  • 最新バージョンにアップデートされていない
  • 写真の画素数が高すぎる
  • 写真のサイズが大きい

まずはインスタが最新版に更新されているかを確かめます。
最新バージョンになっているなら写真の画素数やサイズを確認しましょう。
画素数が高すぎる場合は「アップロードする画質」を「ベーシック」に変更するとバグが改善される場合があります。
写真のサイズが大きい場合は写真をトリミングしましょう。
上記の方法で改善されない時はインスタのアプリを再インストールしてみるといいですよ。

3.インスタグラムによくある不具合③投稿するときに改行できない

 
インスタグラムでプロフィールやら画像の投稿をする際にコメント、キャプションを書く事があるでしょう。
この記事というものもそうですが、文字というものはびっしりと敷き詰まっているよりもある程度改行や空白があった方が読みやすくなるもので、一切の改行も空白も無い文字は読んでいるだけでも億劫になります。
実際に空白を入れたり改行して投稿したはずなのに、プレビューされたコメントは反映されていないことが……
そういう場合の解消方法はいくつか方法があります。
まず改行そのものがされないという場合、これは単純にインスタグラムの不具合です。
メモ帳などの他のアプリで記入したい文章を改行してからコピーして貼り付けてみましょう。
それで無理な場合は外部アプリでインスタグラムの投稿を改行してくれるものがあるため、そちらを利用してみましょう。
あるいは音声入力で「かいぎょう」と言う事で改行が可能になるかもしれません。
空白ができないという場合、こちらは「改行をしても空白はできない」という仕様を前提として、空白を作りたいという場合は単純にスペースを入れるとできるでしょう。
半角スペースを行の間に入れる事であたかも空白があるように見せることができます。
スペースではできないという場合は、「.」などの見えにくい文字を一文字だけいれて改行する事で擬似的な空白として使えるでしょう。

4.インスタグラムによくある不具合④位置情報が追加できない

 
次の不具合は位置情報が追加できないという場合。
インスタグラムのスポット検索やストーリーでの位置情報検索に用いられる位置情報登録。
入力したスポットの名前が間違っている、そもそも端末の位置情報アクセスをオンにしていないという不具合以前のミスを除き、位置情報が登録できないという場合の不具合は大きくわけて2つの原因があります
1つはアップデート、端末あるいはインスタグラムのバージョンが合ってないために位置情報システムを利用できないという場合。
アップデートをして解決したのであれば原因はこれでしょう。
もう1つはそもそも「位置情報が存在しない」というパターン。
無いものは追加できない、至極当然のお話です。インスタグラムはFacebookが管理する地図を元にして機能しているため、Google MapsやYahoo!マップなどの他のマップとそもそも仕様が異なっています。
つまり、単純にグーグルマップにはあるがFacebookのマップには無い、というだけの事でこの場合はエリア指定で大まかな範囲を位置情報登録するなどして妥協するしか無いでしょう。

5.インスタグラムによくある不具合⑤コメントが反映しない

 
お次はコメントに関しての不具合について。
コメントに関しての仕様として「コメントがブロックされている場合」「ユーザーのアカウントが削除されている場合」が挙げられます。
コメントがブロックされた場合、そのコメントが表示されないため当然反映されません。
ユーザーのアカウントが削除されているのであれば、そもそもコメントができないためこれもまた反映されません。
不具合として反映されないという場合、原因は端末・アプリのバージョンが合っていないかアプリのバグであるか。
バージョンをあわせても反映されないという場合はインスタグラムの方がおかしいという事であるため、アップデートで修正されるのを待ちましょう。

6.インスタグラムによくある不具合⑥アクションの通知が来ない

 
次はインスタグラムの通知に関する不具合。
インスタグラムには16個もの通知が存在し、それぞれ通知をオンオフする事が可能です。
そもそも通知の設定をオフにしているから通知が来ない、という当たり前の場合を除き、オンにしているのに通知が来ないという不具合の原因はアプリ・端末のバージョンが異なるか、スマートフォンの容量が足りていないか、です。
また、端末自体の通知機能がオフならインスタグラムでオンにしていても通知は来ないため、注意しましょう。

7.インスタグラムによくある不具合⑦カメラアプリとの連携が取れない

 
続いてインスタグラムにおけるカメラ関係の不具合について。
当然ながら端末の方でアプリによるカメラの使用を許可していなければインスタグラムでカメラ機能は使えません。
レンズが汚れている、カバーをつけているといった理由で映らないなんてパターンでもなくカメラ機能が使えない場合、カメラ自体が故障しているかアプリのバージョンが合わないかのどちらかでしょう。
デフォルトのカメラ機能が問題ない場合はインスタグラムのアプリ側の不具合のため、アップデート待ちになります。

7-1.カメラのギャラリーが変わってしまう不具合

カメラで撮った写真をインスタにアップしようとしたら、撮影した写真がギャラリーに表示されない。
時系列がバラバラで最新の写真が表示されない。
上記のようにカメラのギャラリーが変わってしまう不具合もあります。
docomoユーザーによくみられるバグの1つです。
この不具合は明確な原因が分かっていませんが、

  • SDカードの差し替えで写真の保存先フォルダが変わる
  • 古いキャッシュがスマホに残っている

上記の場合に起こりがちです。
キャッシュクリアができるアプリをインストールして、こまめに対処しておくのも1つの解決法です。

8.インスタグラムによくある不具合⑧Facebookとの連携が取れない

 
最後にFacebookとの連携が取れないという不具合について。インスタグラムはFacebookの派生にあたるため、Facebookのアカウントと連携する事ができます。
連携のオン・オフを間違えているというパターンでない場合、こちらもまたアプリのバージョンが古かったり、インスタグラムかFacebookに不具合が起きているかのどちらかになります。

9.インスタグラムによくある不具合⑨ハッシュタグがクリックできない不具合

インスタでハッシュタグがクリックできない場合にはいくつかの原因があります。

  • 通信環境が悪い
  • #(ハッシュタグ)の表示が間違っている
  • 検索ワードがマイナー
  • 相手にブロックや非公開設定されている
  • インスタの不具合

まず最初に考えられるのは通信環境が悪い場合です。
インターネット環境が悪いとハッシュタグ先の画像が表示されない時があるので、通信状況を確認しましょう。
次にハッシュタグの表示が間違っている時。
ハッシュタグは通常は青色になっているため、それ以外の色なら入力があっていません。
「半角」の#で入力していない場合には、ハッシュタグとして適応されてないのです。
また、ハッシュタグに記号や空白を使っている場合も同様です。
ハッシュタグの件数が「100件未満」であるとマイナーすぎて検索に引っかからない場合もあります。
相手にブロックや非公開設定をされていると、ハッシュタグがクリックできない時があります。
投稿が見れるならブロックはされていないので、非公開設定されていると判断していいでしょう。
インスタの不具合で一時的にハッシュタグがクリックできないことも。
普段問題なく使えていたなら、サポートへ不具合の報告をしましょう。

10.インスタグラムによくある不具合⑩いいねに関する不具合

「いいね」に関する不具合もよく見られます。

  • いいねができない
  • いいねが2つ出てしまう

この2つの不具合を詳しく解説します。

10-1.いいねができない 

いいねができない要因は2つあります。
1つは運営側があなたのいいね機能を一時的に制限する「アクションブロック」によるものです。
「アクションがブロックされています」と警告文が出たら、1日のいいねできる上限を超えてしまっている状態です。
1日経てば制限は解除されます。
次に考えられるのはインスタ自体の不具合によるもの。
インスタをアップデートした時にこの不具合が起こりやすいです。
まずはバックグラウンドで開いている全てのアプリを閉じて、インスタを再起動させましょう。
改善されない時はスマホを再起動したり、インスタを再インストールするといいですよ。
最新版にアップデートされているかの確認も忘れずに行いましょう。

10-2.いいねが2つ出てしまう

いいねをされた件数が2重に出てしまう不具合も発生しています。
例えば通常は「いいね!1234件」と表示されるはずが、「いいね!1234件1234」といったように数字が2重になってしまうのです。
この不具合はアプリ自体のバグによるものでスマホを再起動しても改善されない場合がほとんど。
1度インスタを削除して再インストールしてしまうと、データが消えてしまう可能性もあるので注意が必要です。
いいねが2つ出てしまう場合はインスタのバージョンアップを待つのが良いでしょう。

11.「フィードがリフレッシュできませんでした」というメッセージは何?

 
不具合、というよりもエラーメッセージとしてよく見る事になる「フィードがリフレッシュできませんでした」というメッセージ。
フィードとはインスタグラムのホーム画面であり、ホーム画面には最新の投稿などの情報が表示されるため、転じて最新の情報を表示している機能のことをフィードと呼ぶこともあります。
フィードがリフレッシュできませんでした、というのはつまるところこのホーム画面が正常に表示できなかった、という事を意味しており、実際このメッセージが表示された場合は投稿の情報などが表示されていない事が多いでしょう。

11-1.「フィードがリフレッシュできませんでした」というメッセージが出る原因

フィードがリフレッシュできませんでしたというメッセージが出る場合の原因はユーザー側とアプリ側のどちらかにあり、ユーザー側の場合は共通のアプリのバージョン違いの他にも、「通信速度」が関係してきます。
例えば通信制限がかかっていたり、回線が弱いWi-Fiを利用していたりすると上手く通信する事ができず、エラーメッセージが出てくることがあります。
良い回線を使ったり、回線が通りやすい場所に出たりして改善するのであれば、回線の問題であったと言えるでしょう。
逆に回線自体は問題ないという場合は、アプリ側の不具合でしょう。
こちらも他の不具合同様アップデート待ちになります。

11-2.「フィードがリフレッシュできませんでした」というメッセージが出るときの対処法

対処法に関しては基本的には上記の通り、回線状態を改善する。
アプリのバージョンを再確認する、再起動をする、端末の容量を確認するといった対処方法は大抵の不具合に共通するため、取り敢えずやってみるという事は大切です。
また、一度ネットで調べる事で、現在同じ状態の不具合をどれだけのユーザーが経験しているかによってアプリ側の不具合なのか、自分だけの不具合なのかを判断する事ができます。

12.解消方法を試してみてもエラーが発生するときはヘルプセンターに問い合わせよう

12-1.ヘルプセンターなら解決方法もわかるかも

今回ご紹介した解消方法を試しても全く直らない、原因も対処方法もまったくもって検討がつかないという場合は諦めてヘルプセンターへ問い合わせましょう。
解決方法を教えてくれるかもしれませんし、原因が判明するかもしれません。
それでも無理なら諦めるか、新しく端末を買い直す必要があるでしょう。

12-2.問い合わせの前に既知の問題を確認してみよう

インスタの不具合はアプリ自体のバグである場合と、自分で対処できる場合があります。
自分で対処できそうな問題はヘルプセンターに問い合わせる前に、1度対処方法を試してみましょう。
今回ご紹介したよくある不具合と対処方法を知っていれば、柔軟に対応することができます。
だいたいのバグは、

  1. アプリのバージョンアップ
  2. スマホの再起動
  3. アプリの再インストール

この3つで対処することができるので、まずは最新版を利用しているかを確認してみてくださいね。
 

まとめ インスタグラムの不具合が出たらまずは解消方法を試してみよう

以上、インスタグラムによくある不具合と解決方法を解説しました。

  • 不具合の原因は端末側・アプリ側のどちらか、あるいは両方であるかを確認する必要がある
  • アプリと端末は最新状態に保つと不具合かどうかがわかりやすい
  • ネットで調べて同じ症状の人がいるかどうかを確認すると不具合の情報が集まりやすい

今回の内容を踏まえた上で、不具合に直面した際はしっかりと知識を付けて対処するようにしましょう。

Avatar photo

フェリーチェ編集部

follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top